安い

https://internet-all.com/price_review/

携帯料金プラン見直しのすゝめ。最安で最適なプランを見つける方法

携帯料金プラン見直しのすゝめ。最安で最適なプランを見つける方法

NTTドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」を皮切りに、softbank、KDDIの大手3キャリアが相次いで大幅に値下げした新料金プランを発表しましたね。

楽天モバイルでも、赤字覚悟なのでは?と思わせるような1GB未満0円!の新料金プランを発表し、ますます目が離せない、通信業界。

一方、インターネット回線とセットでお得!がセオリーだったのに、これらの新料金プランでは、各キャリアのセット割は対象外・・・ということはご存じでしょうか?

大手キャリアに限らず、MVNO(格安SIM)各社も新料金プランが続々登場するであろう、この春は、携帯料金やインターネット回線の見直しをするチャンスです。

今回は、アナタにとって最も安く、スマホやネットを利用する方法をお伝えします。

まずは自分のデータ通信容量をチェック

人によって、データ通信の使い方は違いますよね。

ぼく個人の話になると、実は1か月のスマホのデータ容量は1GBあれば充分。
なので、楽天モバイルに乗り換えれば、携帯料金は0円に節約できる!という話になります。

WiFi接続がデータ容量節約の鍵

1か月のデータ通信容量が1GBで済んでいる理由は、まさにWiFiです。

  • 自宅にはインターネット光回線が入っている
  • 職場にもWiFi環境が整っている

家族も含め、オンライン会議やオンライン授業、オンラインゲームを同じ時間帯にかぶっても通信制限のかからない、インターネット光回線。
モバイルWiFiや置き型のWiFiとは比にならないほど安定した通信ができるのに、データ容量は使い放題です。

最近は”おうち時間”が増えているので、スマホのデータ容量もそんなに消費していない方も多いのでは?

まずは、自分の使っているデータ容量を確認してみましょう。

5Gが本格化するのはまだ数年先

5G

とはいえ、5Gも気になりますよね。
5Gのような最先端の通信はデータ通信に消費する容量が大きく、1GB未満のデータ容量で利用するのは不可能です。
5Gに対応しているドコモやソフトバンク、KDDI、楽天モバイルの4キャリアはやはり魅力的ではありますが、本格普及するのはまだ数年先の話なのです。

5Gの提供エリアに関しても、2021年2月現在、まだまだ狭く”スポット”に近い印象。

通信業界では定番の「2年契約」「3年契約」などのような所謂”縛り”のある携帯料金プランやインターネット光回線を今から契約したとしても、2年後、3年後に自分の生活圏に5Gエリアが網羅されているとは限りません。

携帯料金やインターネット回線の料金を見直し家計の節約をするには、5G利用のタイミングとしては次の契約更新月に考えでも十分遅くないのです。

新料金プランを比較

各社の料金プランを比較したいところですが、データ容量によってまちまちなので、新料金プラン・大容量プラン・低容量プランの3つに分けて比較してみましょう。

新料金プラン → ショップのサポートが必要ない人向け

キャリアNTTドコモKDDI(au)ソフトバンク楽天モバイル
ブランドahamopovoLINEMORakuten
UN-LIMIT Ⅵ
データ容量20G20G20G20G
月額料金3,278円2,728円2,728円2,178円
無料通話1回5分までなしなしかけ放題
契約オンライン限定ショップOK
※価格は全て税込

新たに発表されたNTTドコモ・au・ソフトバンクの新料金プランは、正直なところ中高年の方々には優しくないプラン。WEB上で全て完結しなければなりません。楽天モバイルはショップでもOKです。

無料通話に関しては、楽天モバイルはRakuten Linkアプリを経由しなければ無料のかけ放題にはにはなりません。また、auでは1回5分までの無料通話オプションを月額500円で利用でき、スペックを同じにすると、ドコモ・ソフトバンクと横並びになります。

ソフトバンクでは、LINEが使い放題なので、メリットを強く感じる人も多いでしょう。

大容量プラン → 5G使いたい人向け

キャリアNTTドコモKDDI(au)ソフトバンク楽天モバイル
ブランドギガホ プレミア使い放題MAXメリハリ無制限Rakuten
UN-LIMIT Ⅵ
データ容量60G無制限無制限無制限
月額料金7,315円
→4,928円~
7,238円
→4,480円~
7,238円
→4,480円~
3,278円
割引家族割
光セット割
dカード払い割
家族割
auスマートバリュー
auPAYカード払割
みんな家族割
おうち割
おうちでんき
契約2年自動更新2年自動更新2年自動更新
※価格は全て税込
※月額料金は割引の種類や家族の人数によって変わります

大容量プランでは、ドコモであればドコモ光、softbankであればソフトバンク光やAir、auであればauひかりやビッグローブ光といった、ネット回線とスマホのセット割が組めます。また、家族で契約している数に応じ、割引もしてくれるので、契約数によっては、かなりお得に利用することができます。

auやソフトバンクではデータ容量無制限ですが、テザリングには月に30GBまでの制限があるので、メインのネット回線として使うには不十分。

楽天モバイルの安さが際立ちますが、楽天モバイルの提供エリアの人口カバー率は、大手3社には遠く及ばないので、本当にデータ容量無制限で利用できるユーザーは一握りではないでしょうか。

低容量プラン → WiFi環境が整っている人向け

キャリアNTTドコモKDDI(au)ソフトバンク楽天モバイル
ブランドギガ ライトピタッとプランミニフィットプランRakuten
UN-LIMIT Ⅵ
データ容量
~1GB 
→割引後
3,465円
→2,117円~
3,278円
→2,178円~
4,378円
→2,178円~
無料
データ容量
1GB~
→割引後
~3GB:4,565円
→2,728円~
~4GB:4,928円
→3,278円~
~2GB:6,578円
→4,378円~
~3GB:1,078円
割引家族割
光セット割
dカード払い割
家族割
auスマートバリュー
auPAY払い割
家族割
おうち割
おうちでんき
契約期間2年自動更新2年自動更新2年自動更新
※価格は全て税込
※月額料金は割引の種類や家族の人数によって変わります

自分の生活圏にWiFi環境が整っている人は、データ容量が少なくていいので、安く利用することができます。

インターネット光回線(WiFi)は高いイメージを持っている人も多いでしょうが、スマホで大容量プランを契約し、自宅にWiFi環境を設けない場合よりも、結局は安く済むのです。

最初に紹介した新料金プランとは違い、低容量プランでもインターネット回線とのセット割に対応しています。たただし、ぼくのような超ライトユーザー(1GB未満)の場合は、割引の対象にはなりません。

低容量で済むならサブブランドや格安SIMも魅力的

キャリアNTTドコモ系KDDI(au)系ソフトバンク系楽天モバイル
ブランドOCNモバイル
ONE
UQmobileY!mobileRakuten
UN-LIMIT Ⅵ
データ容量
~3GB 
→割引後
1,628円
→1,408円
1,628円
→学割900円~
2,178円
→学割900円~
1,078円
割引OCN光モバイル割
家族割
家族割
学割
家族割
おうち割
おうちでんき
学割
縛り
※価格は全て税込
※月額料金は割引前の金額です

大容量プランを好む家族がいないのであれば、auユーザーはUQモバイル、ソフトバンクユーザーはY!mobileといったサブブランドへ、契約手数料無料、解約違約金無料で乗り換えができ、月額料金も安くできるので、家族そろって乗り換えもいいかもしれません。

また、UQモバイルやワイモバイルといったサブブランドは、学割が用意されており、家族も含めて3GBまで1,000円以下で利用できるプランもあります。楽天モバイルに引けを取らず、エリアも申し分なしなのでかなり魅力的です。

ドコモ系では、OCNモバイルONEを例に挙げましたが、他にもIIJやmineoなど、多くの格安SIM事業がドコモ回線に対応しています。

最安値はWiFi+楽天モバイル毎月1GB未満

楽天モバイルの新料金プラン【Rakuten UN-LIMIT Ⅵ】では、1GBまでのデータ容量であれば無料で利用できます。

なので、WiFi環境が生活圏内に整っている方は、楽天モバイルにすると最も安く利用することができます。

楽天モバイルは提供エリアが狭いデメリットが

ただし、楽天モバイルは提供エリアが狭く、Twitter上では不満も溢れています。

地下はまだ許容範囲としても、駅前でもエリア外の地域があるようで、正直、auのパートナーエリアがなければ使い物にならないレベルかもしれません。

最近は無料通話アプリなどを活用する人も多く、通常の「通話」を利用する人は少ないかもしれませんが、圏外であればデータ通信はおろか通話もできません。緊急の電話(110番や119番)ができないのはやはり不安要素ですよね。

解決!WiFi環境にいれば発着信ができる!!

楽天モバイルの問い合わせチャットで、回答を頂きました。

MEMO

・楽天モバイル圏外でもWiFi接続ができていれば
・Rakuten Link経由で発信できる
・110番や119番もOK

なので、楽天モバイル以外のモバイルWiFiルーターを一緒に持つか、楽天モバイル以外のSIMを端末にもう1枚入れる(機種が限られるけど)ことで、楽天モバイルの提供エリアの狭さに関しては解決しそうです。

オススメ!

安い・縛りなし!モバイルWiFiの「MONSTER MOBILE」とは?

エリアが狭くても楽天モバイルは1年間無料

楽天モバイルは1年間無料で利用できるキャンペーンを実施しています。
現在契約しているスマホの契約はそのままに、副回線として試しに1年間利用してみるのもいいかもしれません。

2021年夏には人口カバー率96%になる予定ですし、楽天モバイルのエリア問題も解消する予定ではありますが、実際のところどうなのでしょう。

インターネット光回線も安い時代

NTTドコモ、ソフトバンク、au、楽天モバイルの各社、インターネット光回線も提供しています。

WEB完結型の新料金プランではセット割が組めずとも、請求がまとまる・ポイントが貯まるなどのメリットはあるものの、インターネット回線の月額利用料金は決して安くはありません。

インターネット回線月額料金比較

キャリアNTTドコモKDDI(au)ソフトバンク楽天モバイル
ブランドドコモ光ビッグローブ光ソフトバンク光楽天ひかり
提供エリア
通信速度
フレッツ光と同じ・最大速度1Gbps
月額料金
(戸建)
5,720円5,478円5,720円5,280円
月額料金
(マンション)
4,400円4,378円4,180円4,180円
契約期間2年自動更新3年自動更新2年自動更新3年自動更新
契約解除料金8,000円20,000円9,500円9,500円
※価格は全て税込
※auとソフトバンクのセット割には別途550円のオプション加入が必要です

楽天経済圏ではしわ寄せが・・・

楽天経済圏を魅力に感じる人も多いでしょう。NTTドコモやau、ソフトバンクと比較すると、楽天は割引こそないものの、楽天モバイル+楽天ひかりを利用すると、楽天カードのポイントが+1倍になります。

楽天市場はもちろん、楽天でんき、楽天ガスのようなインフラもあれば、ふるさと納税やiDeCoのような節税対策まで、楽天でまとめることができ、楽天スーパーポイントを上手く活用するとかなりお得に生活できるのです。

しかし、楽天のクレジットカードである”楽天ゴールドカード”のスーパーポイントアッププログラムがこの春(2021年4月)大幅に改悪されるのをご存じでしょうか。Twitterで一時「楽天ゴールドカード」がトレンド入りするほど、楽天ユーザーには衝撃と落胆を与える内容となりました。

携帯料金のみならず、ドコモではdポイント、auではPontaポイント、ソフトバンクではTポイントを活用し、楽天経済圏に負けじと今後ますます競争が激化していくと、楽天スーパーポイントも、更に改悪する可能性もゼロではありません。

キャリアのセット割を考慮しても安いインターネット回線

安い
インターネット回線
@スマート光メガ・エッグピカラ光
提供エリアフレッツ光と同じ中国地方四国地方
通信速度最大速度1Gbps
月額料金
(戸建)
4,730円4,620円4,620円
月額料金
(マンション)
3,630円3,520円3,520円
最低利用期間新規:2年間
事業者変更:なし
3年自動更新2年自動更新
工事費無料実質無料無料
※価格は全て税込
※工事費は土日祝日実施の場合別途+3,300円発生

これらは、業界最安クラスのインターネット光回線です。
キャリアとセット割が組めるネット回線と比較していかがでしょうか?

マンションタイプでは毎月500円~、ホーム(戸建)タイプだと実は約1,000円も安くネットが利用できるのです

キャリアとセット割が組める光回線を利用中なら簡単に乗り換えできる

ドコモ光・ソフトバンク光・ビッグローブ光・楽天ひかりは、4つとも、「提供エリアはフレッツ光と同じ」です。
これは、格安SIMのインターネット回線版のようなもので、「光コラボ」というインターネット回線。

NTT東日本・西日本が提供しているフレッツ光を卸し受けて、プロバイダサービスと一体にして提供しています。

@スマート光は、同じ光コラボなので、携帯電話の乗り換えのように、実は簡単に契約を乗り換えることができます。(”事業者変更”といいます)

縛りがないインターネット回線は次の見直しの時にラク

@スマート光は、事業者変更で回線を切り替える場合は、最低利用期間は設定されておらず、縛りなしで利用できます。

@スマート光の場合
申し込み区分事業者変更転用新規
対象者ドコモ光
ソフトバンク光
ビッグローブ光
楽天ひかり等
光コラボ利用中の方
フレッツ光
利用中の方
ネット回線なし
auひかり
NURO光
電力会社系
CATV
利用中
契約事務手数料3,000円
工事費発生しない 
最低利用期間なし2年間
※更新なし
解約違約金無料2年以内:2万円
2年~:無料

2年後、3年後の通信業界はどうなっているのか、5Gがどうなっているのか。
未来予想図は明確ではありませんが、月額料金がキャリアよりも安いうえに、縛りがないので、気持ち的にも、経済的にもラクなのは、大きなメリットです。

 @スマート光公式HP

まとめ
~携帯料金やネット代はシンプルに考えよう~

さて、新携帯料金プランの比較だけでなく、インターネット回線についても紹介してきました。

従来の大手キャリアの携帯料金プランではセット割や家族割の魅力はありましたが、一方で「わかりにくい・複雑」でしたよね。

【まとめる】がゆえに、年々わかりにくくなってしまっていた、携帯料金やインターネット料金は、この2021年の新料金プラン発表を機にシンプルに考えられるようになりました。

ひとつひとつのサービスを単体で考えると、自分にとって最も安く、使い勝手のいいものを見つけることができるのです。

みなさんの、スマホ代やネット代などの通信費見直しのお役に立てたら嬉しいです(^^

https://internet-all.com/monstermobile-hikaku/

ポケットWiFi最安級のMONSTER MOBILEを縛りなしWiFi等と比較

ポケットWiFi最安級のMONSTER MOBILEを縛りなしWiFi等と比較

モンスターモバイル(MONSTER MOBILE)は数あるポケットWiFiの中でも安いことで高い人気を誇っています。

そこでこの記事では、モンスターモバイルがどれだけお得で便利なサービスなのか、縛りなしWiFiとどこよりもWiFiの月額料金、通信速度、契約期間、違約金、メリット・デメリットを比較して解説していきます。

記事の最後では、モンスターモバイルはどんな人におすすめかについても紹介しているので、参考にしてみてください。

続きを読む

https://internet-all.com/monstermobile-hikaku-3/

モンスターモバイルはMUGEN WiFi・ギガWi-Fiよりも安い!

モンスターモバイルはMUGEN WiFi・ギガWi-Fiよりも安い

昨今、ポケットWiFiの中でもクラウド上からあらゆるSIM情報を読み取り最適な通信環境を探してくれる「クラウドWiFi」サービスが話題になっています。

そこで、この記事では数あるクラウドWiFiサービスの中から評価の高い「モンスターモバイル」「MUGEN WiFi」「ギガWi-Fi」を、料金プラン・通信速度・契約期間・解約金の4つのポイントから比較します。

結論を先に述べると、モバイルWi-Fi業界最安級を宣言しているモンスターモバイルが3社の中でも料金が安くてとてもおすすめです。

それではモンスターモバイルが選ばれる理由についてご紹介します。

続きを読む

https://internet-all.com/monstermobile-hikaku-2/

モンスターモバイルはGMOとくとくBB WiMAX2+よりも安い!

モンスターモバイルはGMOとくとくBB WiMAX2+よりも安い

『安く利用できるモバイルルータは無いかな?』
『最近サービスが開始されたモンスターモバイルってどうなんだろう?』

近年モバイルルーターは数多くの業者がサービス提供をしているため、おすすめのサービスを選ぶのが難しいと感じている方多くないですか?

2020年10月からサービス開始されたモンスターモバイル(MONSTER MOBILE)は、業界最安クラスと非常に安い月額料金で利用できます。また、速度制限についても、最大で5GB/日のプランもあるため、速度制限を気にする必要がありません。

そこでこの記事では、モンスターモバイルとFUJI Wifi、GMOとくとくBB WiMAX2+を比較した上で、メリット・デメリットを紹介します。

結論を先に言ってしまうと、モンスターモバイルは長期間利用・短期間利用ともにおすすめできるポケットWiFiです。

続きを読む

https://internet-all.com/monster-mobile/

安い・縛りなし!モバイルWiFiの「MONSTER MOBILE」とは?

安い・縛りなし!モバイルWiFiの「MONSTER MOBILE」とは?

モバイルWi-Fiルーターは持ち運びができたりと便利ですが、種類がたくさんありますよね。

よく聞く「WiMAX」だけでも、BIGLOBE、DTI、GMOとくとくBB、So-netなど、様々なプロバイダから提供されています。他にも、ギガWi-Fi、どこよりもWiFi、THE WiFiなど、モバイルWi-Fiの種類は多く、いざ申し込もうと思った時に『どれが良いの?』って悩んでしまいますよね?

そんな皆さんにおすすめのモバイルWi-Fiが、2020年10月に新登場した「モンスターモバイル(MONSTER MOBILE)」です。

「安い」「契約期間の縛りなし」「プランが選べる」といった特長があるモンスターモバイルですが、今回はサービス内容を紹介し、数あるモバイルWiFiとの料金比較もしていきます。

モバイルWi-Fiの利用や乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください

※表示価格は特別な表示がない限り税抜き価格です

続きを読む

https://internet-all.com/flets-yasui-provider3/

もっとお得に!フレッツ光を安い月額料金で使えるプロバイダ3選

フレッツ光を安く使えるプロバイダ

フレッツ光を安く使う方法をお探しですか?光インターネットは2015年から「〇〇光」といった光コラボが色々と出てきていますが、やっぱりまだまだフレッツ光を使っている人は多いです。もともと全国で2,000万回線ですからね。ですが、フレッツ光は月額料金が高めなのが家計に厳しいところだと思います。

そこで今回は、「フレッツ光を使っていきたいんだけど、できるだけ安く使いたい。」という方のためにフレッツ光は変えずに、少しでも通信費を安くする方法や安く使えるプロバイダをご紹介します。

続きを読む

https://internet-all.com/internet-lowest/

【2021年版】一番安い!厳選インターネット回線をご紹介!

ここが一番安い!厳選インターネット回線をご紹介!

『できるだけ安いインターネット回線が良い』と思っている方、多いですよね。

昔と違って、今は自宅にもインターネット回線があって当たり前で、水道・電気・ガスと同じく生活の一部となっています。そのため毎月かかる通信費をできるだけ安く出来れば、それだけで節約もできます。

とは言っても、インターネットの利用頻度や住んでいる場所など、人によって環境が違いますよね。

通信費を極力安く抑えられる、厳選した安いインターネット光回線とモバイル回線、格安SIMをご紹介します。

続きを読む