ポケットwifi

https://internet-all.com/pocket-wifi-telework/

テレワーク(在宅勤務)におすすめのポケットWiFi6選と選び方

新型コロナウイルスの影響によって、会社での勤務から「テレワーク(在宅勤務)」になった人も多いでしょう。自宅のネット回線を利用してデスクワークやWeb会議を行う必要があり、ポケットWiFiの需要が高まっています。

しかし、申込みが殺到し、受付停止となるポケットWiFiが続出しているため「どこも申し込めない!」とお困りの方もいるはずです。

今回は在宅勤務(テレワーク)のポケットWiFiの選び方を解説し、現在(2020年5月26日時点)新規受付中のおすすめのポケットWiFiを紹介していきます。

テレワークにポケットWiFiを使うメリットは2つ

ネット回線には主に「光回線」と「ポケットWiFi」の2つがあります。光回線は通信速度に優れ、有線で接続するため安定感もあり、在宅勤務に向いているのでは?と思う方も多いでしょう。

しかし、これからテレワークを始めるという方にとって、ポケットWiFiは次のメリットがあります。

  • 光回線は工事が必要で開通まで時間がかかる(ポケットWiFiは工事不要)
  • ポケットWiFiの方が月額料金が安い

やはり光回線で最大のネックになるのは「工事」です。

光回線では自宅まで光ケーブルを引き込む工事を行う必要があり、申し込みから開通までに時間がかかります。サービスによっては、利用開始まで1〜2ヶ月かかることもあり、これからテレワークのには間に合いません。

また、月額料金についてもポケットWiFiの方が圧倒的に安いです。光回線の月額料金は「戸建て:5,000円程度」「マンション:4,000円程度」というのが一般的ですが、ポケットWiFiだと2,500円〜4,000円ぐらいの幅で利用できます。

仕事とプライベートでネット回線を分ける場合などを考えても、かかるコストは安いに越したことはありません。

テレワークに使うポケットWiFi選びの4つのポイント

テレワークで使うポケットWiFiを選ぶ基準についても理解していきましょう。

「どのようなポイントに注目しながらポケットWiFiを選べばいいのか」
「自分が何を重要視するのか」
「ポケットWiFiを使う目的は何か」

などを意識しながらサービスを比較してみてください。

1.最大通信速度は出ない

ポケットWiFiの端末スペックのところに「下り最大〇〇Mbps」といった通信速度が記載されていますが、基本的に「最大通信速度は出ない」と考えてください。

あの数値は「ベストエフォート値」といい、理論上可能な最大速度を記載したに過ぎず、日常的に出る通信速度はもっと遅くなります。そのため、ポケットWiFiの通信速度を比較する際には「実測値」を重要視すべきです。

実際には、最大通信速度が150MbpsのポケットWiFiなら、実測値で1~30Mbpsくらい出るのが一般的です。もちろん実測値は利用環境によって異なります。

利用するネットサービスなどに必要な通信速度が出ているポケットWiFiであれば、問題なく利用できると判断できます。

例えば、Web会議などで使用される「Zoom」が推奨する通信速度は下記の通りです。

通話60~80Kbps
ビデオ通話600Kbps
ビデオ通話(HD)1.2Mbps
ビデオ通話(グループ)1.2Mbps

通常のインターネット利用の用途別の通信速度は下記の通りです。

メールの受信、SNS、LINE1Mbps~
ウェブサイトの閲覧5Mbps~
Youtubeの動画の視聴(低~普通画質)5Mbps~

基本的に各ネットサービスを利用するのに求められる通信速度はそこまで高くありません。

常時10Mbps出るポケットWiFiであれば、テレワークでも問題なく使えるでしょう。

2.通信量が十分かどうか

ポケットWiFiには毎月利用可能なデータ容量が定められています。WiMAXだと容量無制限のプランも用意されていますが、サービスによっては月間利用量に制限が加えられています。

テレワークでは、Web会議、メールの送信、その他サイトの閲覧など、さまざまな用途でデータ量を消費します。

容量制限や速度制限にかからないためにも、各サービスでどれぐらいのデータ量を消費しているかを把握しておきましょう。

メール1送受信:500KB
50万送受信:約1GB
Zoom音声通話(10分):約6MB
ビデオ通話(10分):約100MB
Webサイト閲覧1ページ:約1.6MB
625ページ:約1GB

メールやWebサイト閲覧で制限にかかる心配はありませんが、ビデオ通話を利用したWeb会議を頻繁に行うとそれなりに大きな量となります。

Web会議を行う時間などを考えながら必要な容量のプランを選び、速度制限にも注意してください。

3.ポケットWiFiには利用可能なエリアがある

ポケットWiFiでは端末ごとに利用可能なエリアが定められています。

例えば、WiMAXであれば「WiMAX2+」と「au 4G LTE」と2つのエリアで通信が可能です。「WiMAX」「au」「ソフトバンク」「ドコモ」と端末によって対応しているネットワークを確認し、自分の家が通信可能かどうかを判断してください。

それぞれのエリアは下記のサイトから確認できます。

→ソフトバンクのエリア

→ドコモのエリア

→auのエリア

→WiMAXのエリア

4.契約期間に注意

ポケットWIFIには、「契約期間」と期間中の解約に対して発生する「解約金」が定められているものがほとんどです。例えば契約期間が2年間で解約金が10,000円なら、基本的に最低2年は使わないと解約金が発生してしまいます。そのため、最低2年は使うつもりで契約した方がいいです。

さらに注意したいのが端末代金が「実質無料」となっているポケットWiFiです。「実質無料」とは、分割払いの毎月の支払い分が割引されて無料になっているケースです。使っているうちは分割払いの端末代は無料なのですが、分割払いの期間中に解約すると端末の残債が一括で請求されてしまいます。

上記のことから、テレワークのときだけ使うなら、なるべく契約期間・解約金の縛りのないポケットWiFiを選ぶのがおすすめです。縛りのないポケットWiFiなら、テレワーク後にすぐに解約しても解約金がかかりません。端末代金も実質無料になっているものはなるべく避けた方がいいでしょう。

ただ、現在申し込めるポケットWiFiはとても限られており、縛りのないポケットWiFiは在庫切れが続出しています。

そのような時は、WiMAXのように契約期間があっても高額キャッシュバックがもらえるポケットWiFiを選び、キャッシュバックで解約金や端末の残債をカバーするのも一つの方法です。

もちろん、テレワーク後も使い続ける場合は、契約期間と解約金があるものでも大丈夫です。希望にあった条件のポケットWiFiを選びましょう。

テレワークにおすすめのポケットWiFi 6選

在宅勤務(テレワーク)におすすめのポケットWiFiは以下の6社です。

サービス名月額料金通信制限契約期間
GMOとくとくBB WiMAX2,590円〜3日間で10GB以上3年
縛りなしWiFi3,000円〜2GB/日、20GB/月なし
STAR WiFi3,380円なし
それがだいじWiFi2,380円〜20~100GB/月3年
どこよりもWIFI2,480円~20GB/月、無制限なし/2年
Ex WiFi2,980円~50~100GB/月3年

それぞれのサービスの料金や通信制限、契約期間も重要ですが、その他にも比較すべき要素はたくさんあります。

それでは1つ1つのサービスについて詳しく見ていきましょう。

GMOとくとくBB WiMAX

 キャッシュバック月額大幅割引
月額料金
1〜2ヶ月目3,609円2,590円
3〜24ヶ月目4,263円
3,344円
25ヶ月目~4,263円
事務手数料
3,000円
端末代金
0円
速度
最大1.2Gbps
通信制限
3日間で10GB
機種Speed Wi-Fi NEXT WX06
Speed Wi-Fi NEXT W06
WiMAX HOME 02
Speed Wi-Fi HOME L02
エリアWiMAX 2 + au 4G LTE
契約期間
3年
解約金
~12ヶ月目:19,000円
13~24ヶ月目:14,000円
26ヶ月目~:9,500円
キャッシュバック
27,000円

※現在「GMOとくとくBB WiMAX」は発送に2~4週間程度の遅延が発生しています。

「GMOとくとくBB WiMAX」は高額キャッシュバックが魅力のポケットWiFiです。

27,000円の高額キャッシュバックのパターンと、高額キャッシュバックのない月額料金大幅割引のパターンのどちらかを選べます。高額キャッシュバックの方は月額料金は高めに設定されていますが、最大27,000円のキャッシュバックでカバーできます。

WiMAX端末は通信速度に定評があり、テレワークでも快適に使えるでしょう。

端末は購入する契約となるので解約時の返却は不要ですが、購入すると言っても端末代は0円です。

ただし、契約期間は3年で3年以内の解約には違約金がかかってしまうため、テレワーク後も利用する予定の方におすすめです。

「3日間で10GB以上」という速度制限もあるので、利用時は注意してください。

 GMO とくとくBB WiMAX公式サイト(キャッシュバック)  GMO とくとくBB WiMAX公式サイト(月額大幅割引)

縛りなしWiFi

 通常プランライトプランWiMAXプラン
月額料金3,300円
3,000円4,300円
事務手数料1,000円
端末代金0円
最大通信速度612Mbps
1.2Gbps
通信制限2GB/日20GB/月10G/3日
機種801ZT,601HW,FS030WWiMAX W04,W05,W06
エリアSoftbank 4G LTEWiMAX 2 + au 4G LTE
契約期間/解約金なし

「縛りなしWiFi」は、契約期間の定めがなくいつ解約しても違約金0円のポケットWiFiのレンタルサービスです。契約期間がある「縛っちゃうプラン」もありますが、他のサービスよりも割高なためここではお得な「縛りなしプラン」のみ紹介しています。

「縛りなしプラン」は契約期間による縛りがないため、テレワークなど短期利用を考えている方にもおすすめです。

料金プランは「通常プラン(2GB/日)」「ライトプラン(20GB/月)」「WiMAXプラン」の3つが用意されており、どちらも月額3,000円から使える安さも魅力となっています。WiMAXプランは3つの中で一番使える容量が多く、速度も速いです。

端末は、それぞれのプランで複数の機種の取り扱いがありますが、利用する端末は選べませんので注意しましょう。

 縛りなしWiFi公式サイト

STAR WiFi

 新大容量プラン
月額料金3,380円
事務手数料2,980円
端末代金0円
速度最大612Mbps
通信制限
機種601HW,602HW,FS030W
エリアSoftbank 4G LTE
契約期間/解約金なし

「STAR WiFi」は契約期間の縛りがなく、容量無制限のプランまで用意しているポケットWiFiのレンタルサービスです。

新大容量プランは月額3,380円とリーズナブルになっているので、短期のテレワーク用に安く使いたい方にもぴったりですね。WiMAXのような「3日10GB以上」の速度制限もありません。(月額3,480円で使える「無制限プラン」もありますが、現在新規受付停止中です。)

WiMAXよりは通信速度に劣りますが「料金が安い」「縛りなし」などテレワーク向きです。

また、7日以内の返却で事務手数料と月額料金が戻ってくる「7日間お試しプラン」も実施中です。

 STAR WiFi公式サイト

それがだいじWiFi

 20GBプラン30GBプラン50GBプラン100GBプラン
月額料金2,380円2,680円2,980円3,180円
事務手数料3,000円
端末代金0円(実質無料)
速度最大150Mbps
通信制限20GB/月30GB/月50GB/月100GB/月
機種FS030W
エリアSoftbank 4G LTE
契約期間3年
解約金9,500円

※現在、それがだいじWiFiは在庫確保次第の順次発送となっています。(申し込みは可能です)

「それがだいじWiFi」は月間の利用通信量に応じた4つのプランが用意されているポケットWiFiです。

20GB〜100GBまで4つのプランがあり、100GBプランでも料金は3,180円とリーズナブルです。

テレワーク用のみでポケットWiFiを使う場合には、そこまでのデータ通信量を必要としないケースもあります。利用データ量に応じて、よりコスパの高いプランが選べるというのが「それがだいじWi-Fi」のメリットといえるでしょう。

それがだいじWiFiでは端末は購入するので解約後に返却する必要はありません。ただ、端末代(36,000円)が36回の分割払いになっており、毎月の請求分から割引して実質0円という形をとっているので、完済前に解約すると端末代を請求されてしまうので気をつけましょう。

 それがだいじWiFi公式サイト

どこよりもWIFI

 20GB(縛りなし)20GB(縛りあり)無制限(縛りあり)
月額料金2,980円2,480円3,380円
事務手数料0円3,000円
端末代金0円
速度最大150Mbps
通信制限20GB/月無制限
機種JT101JT101U2s
エリアSoftbank 4G LTE
契約期間なし
2年
解約金なし9,500円

「どこよりもWIFI」は契約期間の縛りがないプランを用意した、テレワーク向きのポケットWiFiレンタルサービスです。

料金も月額3,000円前後とリーズナブルにまとめられていますし、縛りなしの20GBでは好きな時に解約できるメリットは大きいですね。しかし、月間通信量が20GBに制限されているので、仕事内容によってはデータ量が足りない可能性も考えられるので注意してください。

2年縛りがあっても大丈夫なら、「20GB:2,480円」「無制限:3,380円」といったよりお得なプランも用意されています。

 どこよりもWiFi公式サイト

Ex WiFi

 50GBプラン100GBプラン
月額料金2,980円3,980円
事務手数料3,000円
端末代金0円(実質無料)
速度最大150Mbps
通信制限50GB/月100GB/月
機種FS030W
エリアSoftbank 4G LTE
契約期間/解約金3年/9,500円

「Ex Wi-Fi」は月額2,980円で50GB使えるというコスパの高さが魅力のポケットWiFiです。100GB以上使える大容量プランもあります。

容量無制限だと月額料金が高くなるのが気になる、という方はこういったサービスを選ぶといいでしょう。

しかし、契約期間が3年なので3年以内の解約には解約金9,500円がかかります。

Ex Wi-Fiでは端末は購入しますので、解約後に返却する必要はありません。ただ、端末代金は分割払い分を毎月割引する形で無料になっており、完済前に解約すると端末代の残債を請求されてしまうので気をつけましょう。

現在、100GBプランでは先着500名に限り10,000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施中です。

 Ex WiFi公式サイト

まとめ

在宅勤務(テレワーク)におすすめなポケットWiFiを紹介しました。

今回ピックアップしたサービスは新規受付中となっているので、テレワークでネット回線を用意しなければならない人はチェックしてみてください。

ポケットWiFiを選ぶ際は月額料金だけでなく、「実測値」や「ネットサービスの通信量」「利用可能エリア」「契約期間」などにも注目して自分に合ったサービスを選んでみましょう。

https://internet-all.com/pocket-wifi-no-kaiyakukin/

解約金しばりナシでポケットwifi!いろいろ考えた末の2つの方法とは

解約金しばりナシのポケットwifiを使って、カフェでネットを楽しむ女性

読者さんから「ポケットwifi(モバイルWi-Fiルーター)で解約金がないもの、もしくは契約期間が短いものがあれば教えてください。」とのご相談をもらいました。

解約金がない…今まで僕自身あるのが当たり前と思っていた部分もあり、こんな条件を考えたことがなかったので良い機会だと思い、考えたり・調べたりしてみての回答を、記事にしてみました。

続きを読む

https://internet-all.com/5points-how-to-choose-pocketwifi/

今ならコレ!お得なポケットwifiの選び方5つのポイントとおすすめ端末をご紹介

お得なポケットwifiの選び方5つのポイントとおすすめ端末を紹介している女性

ポケットwifiをどれにしようか迷っていませんか?一口にポケットwifiといっても種類もたくさんあって、どれが良いのか迷いますよね。ポケットwifiは今では、広くモバイルルーターの意味合いで使われていることが多いですが、もともとはY!mobile(旧イーモバイル)のモバイルルーターの商品名がPocket wfiでした。今でもそうですが、意外に知らない人も多いかもしれません。

続きを読む

https://internet-all.com/pocketwifi-mobilerouter-whats-the-difference/

今さら聞けない!?ポケットwifiとモバイルルーターの違いとは

カプチーノの上にシナモンで作ったWifiロゴ

外でも手軽にインターネットに接続できるデバイスとしてポケットwifiやモバイルルーターの違いを知ってますか?なんとなくは分かっているけど、そのままにしている人も多いのではないでしょうか?ここでは、その違いをわかりやすくお伝えしていきます!

続きを読む