ソフトバンクのポケットWiFiはどう?高いし無制限じゃないって本当?

ソフトバンクのポケットWiFiはどう?高いし無制限じゃないって本当?

ソフトバンクのスマホを使っているからと、何も考えずにソフトバンクのポケットWiFiを契約しようと思っていませんか?

結論からいうと、ソフトバンクのポケットWiFiは、月額料金も高く、データ容量も少ないのでおすすめしません。

ソフトバンクのポケットWiFiを契約すると、少ないデータ容量で他のポケットWiFiと比べて2倍以上の月額料金を払うことになってしまいますよ。

この記事を最後まで読めば、ソフトバンクのポケットWiFiをおすすめしない理由に納得してもらうことができます。

ソフトバンクのポケットWiFiとは

携帯キャリア大手のソフトバンクでは、ポケットWiFiのサービスも提供しています。

ソフトバンクと言えば、工事不要で使えるホームルーターの「ソフトバンクエアー」が人気です。

ただし、ソフトバンクエアーは持ち運びできませんので、外出先でもインターネットを使いたいならポケットWiFiが便利です。

ソフトバンクが提供するポケットWiFiなら、ソフトバンクユーザーにメリットがあるイメージがありますが、値段・速度の両面でおすすめしません。

ここからは、ソフトバンクのポケットWiFiをさまざまな側面で分析して、おすすめできない理由を解説します。

料金プランは携帯と同じ

ソフトバンクのポケットWiFiの料金プランは、原則、ソフトバンクの携帯電話の料金プランと同じとなっています。

ソフトバンクのポケットWiFiの料金プランは以下の2通りです。

プラン月額料金データ容量
メリハリプランforデータ7,480円50GB
ミニフィットプランforデータ3,980円~0~5GB

このように、上位プランの「メリハリプラン」でも、データ容量は月間50GBまでとデータ容量が無制限でない点に注意が必要です。

月額料金3,000円台で使えるポケットWiFiも多くなっていますので、下位プランの「ミニフィットプラン」でも4,000円弱の月額料金がかかるのは割高ですね。

ただし、メリハリプランで月間のデータ使用量が2GB以下の場合、月額料金から1,500円割引される特典があります。

とはいえ、割引後でも月額料金は5,980円なので、他のポケットWiFiと比べても月額料金が高額な点には違いありません。

スマホなどとのデータシェアは月額980円

ソフトバンクのポケットWiFiでは、スマホやタブレットなどとのデータシェアの場合、月額980円で利用することができます。

スマホ・タブレットの月額料金に、月額、プラス980円でポケットWiFiを利用できるというのは、一見するとお得なプランなように感じますよね。

ただし、スマホなどとのデータシェアの場合、スマホとポケットWiFiでデータ容量を分け合うことになる点に注意が必要です。

ですので、月間5GBまでのミニフィットプランでスマホを契約している場合、スマホとポケットWiFiで合わせて最大5GBまでしか容量を利用することができません。

ポケットWiFiを使う方の多くが、スマホやタブレットのパケット容量を節約するためにポケットWiFiを持ちたいと思うのではないでしょうか。

データシェアでは、ポケットWiFiを契約してもデータ容量が1MBも増えることがありませんので、ポケットWiFiを使うメリットも薄くなりますよね。

端末代もかかる

ソフトバンクのポケットWiFiを契約する際には、月額料金だけではなく、端末代金の支払いも発生する点に注意が必要です。

ソフトバンクのポケットWiFiでは、WiFi端末として「Pocket WiFi 802ZT」の購入が必要です。

Pocket WiFi 802ZTの端末価格は27,000円となっており、毎月の通信料の支払いと併せて750円を36回払いで支払わなければなりません。

ですので、下位プランのミニフィットプランの場合でも、

  • 月額料金:3,980円~
  • 端末代金:750円

と、併せて4,730円が毎月実質必要な費用となります。

ポケットWiFiでは、端末代金が無料、または実質無料の会社も多くなっていますので、30,000円弱の端末代金を支払うのはもったいないですよね。

エリアは広い

ソフトバンクのポケットWiFiでは、対応エリアが広くなっている点が唯一のメリットと言って良いでしょう。

ソフトバンクのポケットWiFiは、ソフトバンクの通信網を利用していますので、人口カバー率は99%と非常に広いエリアで利用することが可能です。

お住まいの地域でソフトバンクのポケットWiFiが対応しているか、エリア確認をしたい場合は以下のステップで簡単に確認することができます。

  1. ソフトバンクのサービスエリアマップにアクセス
  2. 製品カテゴリを「モバイルデータ通信」に選択
  3. メーカーを「ZTE」に選択
  4. 機種名を「Pocket WiFi 802ZT」に選択
  5. 地図からお住まいの都道府県を選択

以上で、地図上にソフトバンクの対応エリアが赤色になって表示されますので、ご自宅や職場のエリアが赤色になっていれば通信に問題はありません。

ポケットWiFiで人気のWiMAXでは、山間部や一部地域での対応エリアが狭い場合もありますので、エリアで比較するとソフトバンクのポケットWiFiが優秀です。

ソフトバンクのポケットWiFiで利用できる端末のスペックは?

ソフトバンクのポケットWiFiで利用できる「Pocket WiFi 802ZT」の端末スペックは以下の通りです。

下り最大通信速度988Mbps
上り最大通信速度46Mbps
連続通信時間約12時間

ポケットWiFiで現時点最速のWiMAXでは、下り最大通信速度が1.3Gbpsの端末もありますので、通信速度も目立って速い訳ではありません。

また、下り最大通信速度988MbpsはUSBでの有線接続時となっており、無線LANでの利用時は下り最大通信速度は866Mbpsとなってしまう点に注意が必要です。

ただし、下り最大通信速度はあくまでも理論値となっており、実際にネットワークに接続する際の実測値は異なります。

筆者は、下り最大通信速度758Mbpsの「Speed Wi-Fi NEXT W05 UQ WiMAX」を利用していますが、実測値は40Mbps程度です。

それでも、仕事でのネットサーフィンや動画の閲覧にストレスを感じたことはありませんので、下り最大通信速度にこだわり過ぎる必要はないでしょう。

通信制限について

ソフトバンクのポケットWiFiには無制限プランがありませんので、契約しているデータ容量を使いきったら速度制限がかかってしまいます。

ソフトバンクのポケットWiFiでは、

  • メリハリプラン:最大50GB
  • ミニフィットプラン:最大5GB

の、データ容量を使いきると、月が変わるまで最大通信速度が128Kbpsに制限されてしまいます。

128Kbpsの速度制限がかかってしまうと、スマホで速度制限を経験したことがある方は想像しやすいと思いますが、メールの送受信すら時間がかかってしまいます。

SNSなどで画像を開けないほどインターネットが遅くなってしまいますので、速度制限がかかるとポケットWiFiとしては使い物にならなくなると言って良いでしょう。

WiMAXの場合、速度制限中も1Mbpsまでの通信速度を使えますので、速度制限がかかっても動画の視聴にも問題はありません。

50GBのデータ容量だと、YouTubeの高画質動画を50時間ほど観ると消費してしまいますので、動画を良く観る方は速度制限を気にしながら使う必要がありますね。

データが勝手に圧縮されてしまうことも

ソフトバンクのポケットWiFiでは、データ容量を使いきっていない場合でも、データが圧縮・速度が制限されてしまうケースがあります。

  • VoIPを利用する通信
  • 動画、画像の一部
  • 大量のデータ通信、または長時間接続をともなうパケット通信

上記の条件に該当する場合は、データが圧縮されたり、通信速度が制限されてしまう可能性があります。

ソフトバンクでは、スマホとポケットWiFiが同じ通信網で通信を行っています。

ですので、ポケットWiFiで大きなデータを通信しようとした場合、スマホの通信に影響を与えてしまうリスクを避けるためにデータ圧縮などが行われるケースがあります。

ダウンロードした動画や画像の画質が荒れている場合などは、データが圧縮されてしまっている可能性がありますね。

また、ゲームなどのアプリによっては、データが圧縮されてしまうためにソフトバンクのポケットWiFiではダウンロードできない不具合が出たケースもあります。

データ容量を使いきっていないのに、データが圧縮されたり速度が遅くなってしまったりするのは納得いきませんよね。

ソフトバンクのポケットWiFiはおうち割 光セットの対象

ソフトバンク光を利用している場合、ソフトバンク光のポケットWiFiは「おうち割 光セット」の対象となります。

おうち割 光セットでは、ソフトバンク光とセットでソフトバンク回線を利用している場合、毎月の通信料金が永年最大1,000円割引になる特典があります。

ソフトバンク光のポケットWiFiの場合、メリハリプラン・ミニフィットプランのいずれも月額1,000円割引されますので、ミニフィットプランなら月額料金は2,980円~となりますね。

また、おうち割 光セットは、家族全員が対象になりますので、ソフトバンクのスマホ・タブレットを使っている家族全員の月額料金が最大1,000円割引の対象となります。

ただし、ソフトバンク光でおうち割 光セットが適用されるのは、月額500円~の指定オプションに加入することが条件です。

  • 光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパック
  • ホワイト光電話

の、指定オプションがセットで月額500円ですので、割引の対象が契約者本人の1名のみの場合は、実質割引額は500円となります。

また、ソフトバンク光では、契約期間によって、解約月以外での解約の場合に「解約違約金」が発生する点にも注意が必要です。

  • 2年自動更新プラン:9,500円
  • 5年自動更新プラン:15,000円

光回線とスマホを合わせると、セット割で月額料金が安くなるケースも多いですが、ソフトバンクのポケットWiFiを長く使うのかを良く考えて光回線を選ぶようにしましょう。

ソフトバンクのポケットWiFiを他のサービスと比較

結論として、ソフトバンクのポケットWiFiを使うなら、他のポケットWiFiのサービスを使った方が月額料金を抑えることができます。

ここでは、使いたいデータ容量に応じて、ソフトバンクのポケットWiFiと他のサービスを比較してみましょう。

データ容量をたっぷり使いたい方

データ容量をたっぷり使いたい方は、メリハリプランと同等のデータ容量を持つサービスと比較してみましょう。

 ソフトバンクMUGEN WiFiどこよりもWiFiFUJI WiFi
月額料金7,480円3,150円~3,180円3,400円
データ容量50GB100GB100GB50GB
下り最大通信速度988Mbps150Mbps150Mbps150Mbps
エリアソフトバンククラウドSIMクラウドSIMソフトバンク

このように、ソフトバンクのポケットWiFi以外のサービスを選べば、月額料金を半分以下に抑えることができます。

上記で紹介したMUGEN WiFi・どこよりもWi-Fi・FUJI WiFiの3社は、端末のレンタル料金も月額料金に含まれたレンタルWiFiサービスです。

FUJI WiFiでは、契約時にデポジットを預けるデポコミコースなら500円割引されますので、月額料金は2,900円と最安料金で契約することができますよ。

ソフトバンクのポケットWiFiでは、月額料金に加えて毎月750円の端末料金も発生しますので、他社との月額料金の差はより大きくなりますね。

クラウドSIMのMUGEN WiFiとどこよりもWi-Fiでは、ソフトバンク・ドコモ・auの通信網から最適なエリアを受信してくれますので、エリアもソフトバンクと同等以上です。

ただし、レンタルWiFiという性質上、端末の破損・紛失時には20,000円前後の端末代金の支払いが発生する点には注意が必要です。

→100GBなのに安い!MUGEN Wi-Fiは他と比べてどれだけお得?
→どこよりもWiFiの料金・速度・口コミ・メリット等を徹底解説
→最安級のFUJI WiFiは本当にお得?評判や速度のまとめと他サービスとの比較

データ容量は少しでOKな方

それほど多くのデータ容量が必要ない方は、ミニフィットプランと他のサービスを比較してみましょう。

 ソフトバンクどこよりもWiFiFUJI WiFi
月額料金3,980円~2,480円3,100円
データ容量5GB20GB30GB
下り最大通信速度988Mbps150Mbps150Mbps
エリアソフトバンクソフトバンクソフトバンク

データ容量がそれほど必要ない方なら、月間20GBまで使える「どこよりもWi-Fi」が最安です。

データ容量もソフトバンクのポケットWiFiの4倍、20GBまで利用することができますので、月間何本か映画を観るという方にも最適ですね。

また、FUJI WiFiでも「デポコミコース」なら500円割引が適用され、月額2,600円で利用することが可能です。

ソフトバンクのポケットWiFiと比べると、約半額程度で利用できますので、しっかり選択することで月額料金を安く抑えちゃいましょう。

まとめ:ソフトバンクのポケットWiFiはおすすめしない

結論として、ソフトバンクのポケットWiFiは料金が高いし容量も少ないのでおすすめできない、という点がお分かりいただけたでしょうか。

ソフトバンクのポケットWiFiと他のサービスを比較すると、月額料金が倍近く変わってきますので毎月の家計にも響いてしまいます。

また、無制限プランの無いソフトバンクのポケットWiFiでは、速度制限がかかってしまうとポケットWiFiとしては使い物にならなくなってしまいますね。

ソフトバンクのポケットWiFiを契約しようと思っている方は、ちょっとストップして他のサービスを検討するようにしましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*