一人暮らしの方必見!通信費節約の4つのコツを回線別に紹介

一人暮らしの方必見!通信費節約の4つのコツを回線別に紹介

一人暮らしをしていると、光熱費って思ったよりも高くないんですが、インターネット回線・スマホの通信費って結構かかっていませんか?

今よりも通信費が月々数千円でも下げられれば、その分浮いたお金で美味しいものを食べたり、旅行代金の一部にする、映画を観に行く、本を購入する、などなど別のことに使えたりしますよね(貯金や投資の一部にもまわせますね)。

ただ、通信費を下げたいけれど選択肢がありすぎて選べない、何が良いかもわからない人も多いと思います。この記事では一人暮らしに焦点を当て、僕が実践している方法も含めて通信費を節約するコツ・方法をお伝えしていきます。

これを読めば、あなたも通信会社に無駄なお金を払わずに、自分のために使うことができるようになりますよ^^

※表記している価格は税込みです。

まずは通信費にいくら払っているかを把握する

毎月の通信費(ネット回線とスマホ)をいくら払っているのか把握できていますか?

ここを自分で知っておかないと、何を節約したら良いのかが見えてきません。

使っているインターネット回線やスマホの会員ページにログインをして、契約内容と明細をチェックしてみましょう。

  • ネットやスマホのプランはいくら?
  • 不要なオプションに入っていないか?
  • 毎月いくら払っているのか?

など、料金の内訳などを知ることがとても重要です。

コツ1.簡単に節約できる方法から試してみる

おすすめできる手っ取り早い方法は、「使っていないオプションを解約する」という事です。契約時にキャッシュバックをもらうために、強制加入させられたオプションをそのままにしている人も多いです。

オプションはだいたい月額300円や500円といった料金ですが、解約すればその分すぐに節約できます。解約は会員ページからサクッとできます。

また、「プランを変更する」のも即効性のある方法です。

プランがほぼ決められている光インターネットなどの固定回線は難しいですが、スマホのプランは使い方によって選べるので、通話が少なければ通話し放題のプランから安いプランに変更する、毎月のデータ容量が余っているなら、その分プランを下げてみるのも良いでしょう。

スマホは契約している通信事業者の会員ページ、もしくはスマホ本体から毎月のデータ通信量を確認することができます。

また、今使っているインターネット回線やスマホ・ケータイのサービス自体の料金が高い場合は、「思い切って別のサービスに乗り換える」というのも効果的です。

ただし、この場合は比較検討をしなければいけないので、時間と手間が少し必要になりますが、一度変えてしまえば後は自動的に節約ができるので見直しという意味で良い方法です。

それでは、ネット回線別に具体的な節約方法を見ていきましょう。

コツ2.ネット回線(固定回線)はこう節約する

家のネット回線として、多くの人は光インターネットを利用しているのではないでしょうか。

余計なオプションも使ってないし、プランも適切なものを使っているのになぜか月額料金が高い…。『インターネットの料金をもっと安くしたい!』という人は、プロバイダやネット回線事業者の乗り換えを検討しましょう。

フレッツ光ユーザーであれば、プロバイダを乗り換えるだけでも通信費が節約できる場合があります。月額料金が安く使えるプロバイダは、以下の記事で確認できますよ^^
もっとお得に!フレッツ光を安い月額料金で使えるプロバイダ3選

また、フレッツ光から光コラボ(NTT光回線の卸し)に転用、光コラボから他の光コラボに事業者変更して、ネット回線の事業者を乗り換えて通信費を節約するという方法もあります。基本的には、フレッツ光+プロバイダよりは光コラボの方が月額料金が安い傾向にあるので、節約につながります。

月額料金が安い光コラボは、こちらで詳しく解説していますので参考にしてください。
光コラボの料金比較ランキングTOP8|ここが一番おトクに使える!

おすすめのネット回線は業界最安値「@スマート光」

上記参考記事の中で最もおすすめインターネット回線は、業界最安クラス「@スマート光」です。

NTT東西のフレッツ光回線を使っている光コラボなので、全国のフレッツ光提供エリア内であれば、どこでも利用可能です。

@スマート光引用元 @スマート光公式サイトより

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金格安プラン4,400円3,300円
通常プラン4,730円3,630円
事務手数料3,300円
→ キャンペーンで無料
工事費19,800円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
16,500円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
契約期間なし
解約金なし
提供エリア全国

こんなに安いインターネット回線は他にありません。

工事費+事務手数料無料も嬉しいポイントです。「スマホでセットでお得」なんてサービスもないので、ただシンプルに安さを求める方にはおすすめです。

@スマート光を実際に申し込んだレビューについては以下の記事をご覧ください。
@スマート光をレビュー!実際に申し込んだリアルな口コミはどう?

コツ3.ポケットWiFiのユーザーは乗り換えをしてみる

では、次にモバイル回線の節約方法を見ていきます。

ポケットWiFiを使っている人向けにはなりますが、ポケットWiFiには、GMOとくとくBB WiMAX +5G、クラウドWiFiなど様々あり、料金プランも様々です。

中でもおすすめなのが2020年10月に登場した「モンスターモバイル(MONSTER MOBILE)」です。

モンスターモバイル引用元 MONSTER MOBILE公式サイトより

このモンスターモバイルの特長は、何と言っても料金が安いところです。

 縛りなしプラン2年契約プラン
月額料金20GB/月2,640円1,980円
50GB/月3,190円2,530円
100GB/月3,938円2,948円
事務手数料3,300円
端末代金0円
最大通信速度下り:150Mbps/上り:50Mbps
回線ドコモ、au、ソフトバンク
契約期間なし2年(自動更新なし)
解約金なし1~2年目:月額料金の1か月分
3年目以降~:0円

サービス概要はこのようになっていますが、モンスターモバイルは2年契約または縛りなしが選べますが、2年契約の20GB/月プランでは月額料金1,980円とかなり安い料金で利用できます。

他のポケットWiFiよりも安く使える

参考に他のポケットWiFiと比較してみると以下のようになります。

月額料金契約期間解約金
モンスターモバイル1,980円~2年
(自動更新なし)
~24ヶ月目:1,980~2,948円
25ヶ月目~:0円
FUJI WiFi2,280円~6ヶ月
(自動更新あり)
2,280~4,980円
※更新月は0円
クラウドWiFi2,580円~なしなし
MUGEN WiFi3,718円~2年
(自動更新なし)
~24ヶ月目:3,300円
25ヶ月目~:0円
GMOとくとくBB WiMAX +5G1~2ヶ月:1,474円
3~35ヶ月:3,784円
36ヶ月~:4,444円
2年
(自動更新なし)
~24ヶ月目:1,100円
25ヶ月目~:0円

モンスターモバイルの月額料金の安さが際立ちますね。

2年契約ではあるものの自動更新ではなく最低利用期間のため、2年過ぎればいつでも無料で解約できるのが嬉しいポイントです。そのため、『最低2年は使う』という人は解約金をあまり気にする必要がなさそうですね。

モンスターモバイルを実際に申し込んだレビューについては以下の記事をご覧ください。
安いと評判のポケットWiFi「MONSTER MOBILE」を申し込んでみた!

コツ4.スマホは節約効果が大きい

最後にスマホの節約方法ですが、このパートは節約効果が大きいのでとても大事です。

特に、ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアは料金プランが分かりづらく月額料金が高い傾向にあり、それを当たり前と思って使っている人が多いです。

まずは、要らないオプションは外します。

データ通信量を、ひと月にプラン上限近くまで使っていないようであれば、データプランの容量を下げるとそれだけでも違います。日頃から自宅ではネット回線(固定回線)を使ったり、職場ではWi-Fi接続を使うようにして、スマホのデータ通信量を落としてプランを下げることもできますね。

また、自分からの通話発信をほとんどしないようであれば、かけ放題のオプションは解約しても良いと思います。

大幅な節約を狙うのであれば、格安SIMに乗り換えることによってスマホの月額料金を大手3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の1/2や、1/3に抑えることができます。キャリアで使っている電話番号もそのままポータビリティできるので(手数料が3,300円かかりますが)面倒もそこまでありません。

僕も格安スマホに変えたことで月々880円ほど安くなりました!

僕個人の例ですが、通話は基本的にLINE通話を使うので、auのガラケーの基本料金のみで月額1,320円(2年間はキャンペーンで月額275円ほどでした)、スマホはデータ通信のみ3GBで770円で使えていました。合計は2,200円ほどで、音声通話をすると若干高くなる月もありました。

これを「LINEモバイル」の「LINEフリープラン+通話」に変更したので、電話番号はそのまま月額1,320円と、さらに安くなりました♪

データ容量はひと月1GB(現在は3GB)ですが、僕の場合は家でも職場でもWi-Fiがあるので十分足ります^^

大手3キャリアのガラケーと格安SIMのデータプランを組み合わせても安くできますし、格安SIMの通話プランにするだけで劇的に通信費が安くできたりします。キャリアを使っていて通信費を節約したいのに月額6000~8,000円とか払っている場合は、解約金を払ってでも変えるのがおすすめだと個人的に思います。

ネット回線+スマホでセット割引を使った節約も一つの策

インターネット回線とスマホ・ケータイのサービスを合わせて割引を受ける事で、通信費を安くする方法もあります。ドコモ、au、ソフトバンクが大々的にやっていますよね。

それぞれセット割引が組めるインターネット回線は以下のとおりです。

スマホとのセット割引が組める主なネット回線

ただし、これはあくまで方法のひとつです。

家族でみんな同じキャリアのスマホ・ケータイを使っているなら割引額が大きいですが、一人暮らしの場合やスマホ・ケータイの契約プランによってはあまり恩恵が受けられない可能性もあります(ないよりは良いですが…)。

根本的に携帯大手3キャリアは基本料金が高いのと、セット割を使うことで逆に他への乗り換えが難しくなる可能性もあると思います。

固定回線節約の項でお伝えした、業界最安値のインターネット回線の@スマート光であれば、セット割引を加味することなくシンプルに安いので、格安SIMなどのユーザーにもおすすめです。

また、キャリアではなく格安SIMと同じ光コラボ事業者のを使うことによってセット割引も組め、さらに安い料金で使うこともできます。こちらの方がキャリアのセット割よりは通信費はトータルでは安く抑えられます。

格安SIMと光コラボのセット割比較は、以下の記事でまとめていますので参考にしてください。

まとめ

一人暮らしで通信費を節約するコツは以下の4つです。

  1. 月々の支払い額をきちんと把握する
  2. 不要なオプションは外す
  3. プランの変更をする
  4. ネット回線やスマホのサービスを乗り換える

サービスの乗り換えについては、提供エリアも関係してくるので住んでいる場所によっては難しい場合もありますが、今日からできることもありますのでぜひ実践してみてくださいね^^

一人暮らしは、どう節約するかが重要ですから。

お役に立てたらいいね・シェアをお願いします

もし、この記事が少しでもあなたのお役に立てたと感じられたら、下のSNSからひとつでいいので、いいねやシェアをして頂けませんか?

これからも役に立つコンテンツを作っていく励みになります。

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

ネット回線えらびでこんな風に困っていませんか?

  • 光コラボに興味がある
  • おトクな乗り換え方法が知りたい
  • 工事費用ナシで光回線を申し込みたい
  • キャッシュバックがもらえる特典・キャンペーンで申し込みたい
  • 月額料金が安いインターネット回線が知りたい
  • ネット回線が多すぎて選べない
  • ネット回線えらびに疲れた
  • そもそもネット回線についてよくわからない
  • 自分に合ったネット回線が知りたい
  • 自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

 

などなど、どんなことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*

ネット回線の代理店で販売やコンサルティング経験のある当ブログ管理人がお答えします。


今すぐ無料相談してみる

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*