基本の“き”!5種類のインターネット回線と、おすすめサービス3選!

基本の“き”!5種類のインターネット回線と、おすすめサービス3選!

インターネット回線を選ぶにはまず、どんな回線の種類があるのかを知っておく必要があります。

理由は、自分にあった回線を選ばないと、「使ってみて不便を感じる」、「気づかないうちに無駄に月額料金を払ってしまう」、「お得なキャンペーンを逃してしまう」と言ったことにつながります。

この記事では、まず5つのインターネット回線をお伝えし、最後に使い方別におすすめサービスをお伝えしていきますね。

お伝えしていく回線の種類はこの5つです。

  • 光インターネット
  • ホームルーター
  • WiMAX
  • ケーブルテレビ
  • ADSL

それでは見ていきましょう^^

※表記している価格は税込みです。

光インターネット

現在の主流となっているインターネット回線です。光ファイバーという線を通してデータの通信をするため、通信速度がとても速く快適にインターネットが使えます。

回線速度は最大1Gbpsが多く、ものによっては最大2Gbpsで使えるサービスもあります。ごく一部の地域では、10Gbpsのサービスも提供されています。

代表的なものとしては、NTTのフレッツ光、KDDIのauひかり、ドコモ光、ソフトバンク光ではないでしょうか。光インターネットを使うためには、基本的に工事が必要となります。

2015年の2月からNTT光回線の卸しとなる「光コラボレーションモデル」の光インターネットサービス開始以降、事業者は500社以上あるようです。多いですね^^;

光コラボ各社のロゴ

特徴として、NTTの光回線を使いつつも自社ブランドの光インターネットサービスとして提供できるので、自社サービスのスマホセット割引などを合わせて売れるということです。

例えば、ドコモ光・ソフトバンク光・OCN光などは光コラボです。他にはKDDI系列のauひかり、So-netが提供している日本最速のNURO光、電力会社が提供している光インターネットもあります。

料金的には、NTTのフレッツ光が一番高額(他にプロバイダー契約が必要なため)になってしまいます。サービスによって、料金が安かったり、魅力的なキャンペーン・特典があったり、他のサービスとのセット割引があったりと自分に合ったサービスを選ぶことができます。

メリット

  • 回線速度が圧倒的に速い。
  • 料金も昔に比べてかなり下がってきた。
  • 高額キャッシュバックや、初期工事費無料などキャンペーンが多彩。
  • セット割が使えるサービスもあり更にお得。

デメリット

  • 開通工事が基本ある(ないケースもある)。
  • 提供エリアじゃないと使えない。

ホームルーター

ホームルーター※ソフトバンク公式サイトより

LTEやWiMAXなどモバイル用の回線を使ったインターネットです。LTEには、ドコモ、au、ソフトバンクの回線を使ったものがあります。

モバイル用の回線なので、固定回線の光インターネットとは違い工事は不要です。機器をコンセントに挿してWi-Fiの設定をしたら、すぐにインターネットが使えます。

そのため、建物の都合上工事ができないマンションにお住まいの方や、工事をしたくない人、工事業者を家に入れたくない人(女性など)に選ばれています。

一部のエリアでは5G回線にも対応していて、最大通信速度は2Gbps以上で光回線を超えます。5Gの非対応エリアでも1Gbps以上の速度なので、光回線に代わるインターネットサービスとして最近注目されています。

ドコモ、au、ソフトバンク、UQモバイルのスマホなら、セット割も組めます。

メリット

  • 回線速度が速い。
  • 開通工事がない。
  • 届いた日からすぐ使える。
  • 提供エリアが広い。
  • スマホとのセット割が使えるサービスもあり更にお得。

デメリット

  • マンション・アパートで使うには料金が高め。
  • サービスによっては3日間で15GBなど通信量の制限がある。
  • 安定感やラグ・遅延は光回線より劣る。

WiMAX

wimax※UQ WiMAX公式サイトより

WiMAX +5Gという無線ネットワークを使ったインターネット回線です。形としてはモバイルルーターとして使えるため、家でも外でも電波さえ入っていればインターネットが使えます。

光インターネットと比べると、回線速度は劣りますがそれでも最大2.7Gbpsまで対応しています。製品が新しくなるごとに徐々に回線速度が上がっているのも特長ですね。

WiMAXの端末単体で17台ほどデバイスをつなげられるので、パソコン・スマホ・タブレット・ゲーム機など同時接続もできます。

UQ WiMAXがこのWiMAX回線の大元ですが、光コラボのように他の事業者に卸してもいるので、各社が独自のWiMAXサービスとして提供をしています。

モバイル回線で特有の通信速度の制限があり、連続した3日間のデータ通信量が15GBを超えると通信速度が128kbpsに低速化します。ただ、YouTubeの標準画質は見れるレベルなので普通には使えます。

メリット

  • 家でもカフェでも使う場所を選ばない。
  • 動画配信サービス(Huluなど)もHDで見れる回線速度。
  • 一度に複数台の接続ができる。
  • 開通工事がない。
  • 届いた日からすぐ使える。
  • クレードルを使うとLANケーブルで有線接続も可能。
  • 提供エリアも常に広がっている。
  • auユーザーなら「auスマートバリュー」で割引がある。
  • UQモバイルユーザーなら「自宅セット割」で割引がある。

デメリット

  • 月額料金が光インターネットと同じくらいする場合もある。
  • 無線での接続なので安定はしない。
  • WiMAXの電波は障害物に弱い。
  • 直近3日間で15GBのデータ容量制限があるが、これは酷くない。

ケーブルテレビ

JCOM

元々はテレビを観るための回線なので、インターネット回線としては通信速度が遅く、その割に費用は高いです。JCOMがケーブルテレビの中では有名です。

どうしてもテレビ用の電波が届かない地域で使われたり、テレビがメイン、ネットがサブの人は良いかもしれません。

メリット

  • インターネットの利用に関しては特にナシ。

デメリット

  • 月額料金が高い。
  • 通信速度が遅い。
  • 工事が必要。

ADSL

昔ながらの固定電話の回線を使ったインターネット回線。Yahoo!BB ADSLが有名ですね。

特徴として、地域ごとのNTTの局舎と呼ばれる建物からの距離によって、通信速度が変わります。使うのであれば2km以内が理想。プランとしては12Mや50Mなどがありますが、通信速度ははっきり言って遅いです。

Yahoo!BB ADSL

今は徐々に提供する事業者が減ってきていて、ソフトバンク系列のADSLサービスもNTT・KDDIのADSLサービスも新規受付を終了しています。

サービスの利用自体も2024年3月末をもって提供終了となり、2020年3月以降、一部の地域から順次終了しています。

理由としては、ADSLサービスの元となる固定電話の設備自体が老朽化してきていて、耐用年数がすぎてしまうのが原因のようです。固定電話自体あまり使われなくなってきていている事も原因のひとつではないでしょうか。

一覧で比較してみよう

今まで比較したインターネット回線を比較してみます。

光回線ホームルーターWiMAXケーブルテレビADSL
回線速度
工事有無ありなしなしありなし
月額料金
キャンペーン
おすすめ度★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆

この他に、 一昔前のインターネット回線「ダイヤルアップ・ISDN」もありますが、正直今は使っている人はいないと思うので省略させていただきました。

総合的なおすすめ回線はこちらの4つ

ここまで、インターネット回線の種別とそれぞれ特徴、一覧の表でも比べてきましたが、最後に当ブログでおすすめできる具体的なサービスを4つお伝えしていきます。

1.光の速さとダントツの安さ『@スマート光』

@スマート光

@スマート光は、2016年2月からサービススタートした新規の光コラボ事業者です。

もともと通信サービスの代理店をしている株式会社NEXTが提供する光コラボサービスで、特筆すべきはなんと言っても圧倒的に安い価格設定で、コストパフォーマンスに優れています。今までの最安値であろうエキサイト光を追い抜きました。凄いですね。

メリットは光コラボ単体であれば、エキサイト光を凌ぐ月額料金です。最低利用期間が2年間で解約金は高めの設定ですが、自動更新型ではないので2年間使えばいつ乗り換えたとしても解約金はかからないのもユーザーには優しいですよね。僕は自動更新型の契約は嫌いなので。

なお、最低利用期間や解約金は新規申し込みの場合で、フレッツ光からの転用や他の光コラボからの事業者変更の場合は特にありません。

コストを抑えるためかサービス内容やオプションは最小限ですが(プロバイダのメールアドレスすらありません)、高速の光インターネットをできるだけ安く使いたい人はここ一択で間違いありません。

加えて、現在は通常プランで新規申し込みをすると工事費用が無料になるキャンペーンをやっています。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金格安プラン4,400円3,300円
通常プラン4,730円3,630円
事務手数料3,300円
→ キャンペーンで無料
工事費19,800円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
16,500円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合
解約金22,000円(2年過ぎれば0円)
※新規の場合

あわせて読みたい。
伏兵あらわる!! 圧倒的、最安値を更新した@スマート光参上!

2.最強の回線速度とコスパなら『NURO光』

NURO光

2Gbpsの回線速度と、無線LAN付きで月5,500円を下回るコストパフォーマンスが抜群のNURO光。

もし、住所がNURO光の提供エリアに入っているならこちらを選ぶことをおすすめします。

 戸建て・マンション(NURO光 G2T)
回線速度2Gbps
月額料金5,200円
事務手数料3,300円
工事費44,000円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間36ヶ月(37ヶ月以降は24ヶ月の自動更新)
解約金10,450円
提供エリア北海道・関東・東海・関西・中国・九州

NURO光は、工事費も実質無料キャッシュバックも45,000円 もらえるので利用可能エリアであるならば選ばない理由がないような気もしますね。提供エリアがもっと広くなってほしいものです。

NURO光のキャンペーン・割引

  • 45,000円 キャッシュバック
  • 初期工事費が実質無料
  • 高速無線LANが標準装備
  • 設定サポートが1回無料
  • ソフトバンクスマホ・ケータイとのセット割「おうち割光セット」が組める

けっこう手厚い内容ですよね♪

キャッシュバック45,000円 はWebサイト申し込み限定でやっているようです。

45,000円 あれば、他のインターネット回線からの乗り換えで、解約金がそこそこかかったとしても相殺できそうな金額ですね。

速度が2Gbps、無線LANがついて5,200円はちょっと異常なコストパフォーマンスですね。他の光インターネット単体で、このコスパはないと思います。

なお、NURO光の詳しい内容については以下の記事でご覧いただけます。
NURO光のキャンペーンや料金、メリット・デメリットを徹底解説!
NURO光ユーザーの評判・口コミと第3者機関の評価からわかること

3.工事不要のインターネットなら 『ドコモ home 5G』

ドコモ home 5G引用元 GMOとくとくBBのキャンペーンサイトより

ホームルーターでおすすめなのは、ドコモが提供しているホームルーター「home 5G」です。

開通工事はしたくない(できない)けど、光回線のような高速通信で快適にインターネットがしたい、という人におすすめです。

購入(分割払い)
月額料金4,950円
home 5G 本体価格1,100円×36ヶ月
月々サポート-1,100円×36ヶ月
事務手数料3,300円
契約期間なし
解約金なし

データ通信量は無制限ですが、混雑する時間帯に接続したり大容量のデータ通信を行ったりすると速度制限されます。ただ、口コミを見ている限り今のところ速度制限はかかっていないようなので、使い放題と思って大丈夫です。

home 5Gの最大通信速度は5G対応エリアで4.2Gbps、5Gに非対応のエリアでも1.7Gbpsと光回線を上回っています。SNS上の利用者の口コミを見ていても、「速度が速い」と非常に評判が良いです。

気をつけたいのは、機器代金を実質無料にするためには3年(36ヶ月)の利用が条件となっています。契約期間はないのですが、最低3年は使った方がいいですね。

なお、ドコモユーザーは「home 5G セット割」で毎月最大1,100円の割引を受けることができます。主回線から三親等以内の人なら最大20回線まで割引対象になるので、家族にドコモユーザーが多いほどお得ですよ。

ドコモ home 5Gについては以下の記事で詳しく紹介しています。
ドコモのホームルーター「home 5G」の評判が良い理由!デメリットはある?

4.外出先でもインターネットを使うなら 『GMOとくとくBB WiMAX』

GMOとくとくBB WiMAX +5G

GMOのプロバイダ「とくとくBB」が提供しているWiMAX +5Gサービス。なんといってもキャッシュバック金額の高さと、月額料金4,158円~の安さが特徴です。

光インターネットと違って、工事がない・外でも使えるのがメリットで、月額料金は光インターネットと同じくらいです。

 ギガ放題プラス
月額料金1~2ヶ月目:2,079円
3~36ヶ月目:4,389円
37ヶ月目~:4,444円
事務手数料3,300円
端末代金0円
通信量無制限
回線速度最大2.7Gbps
回線WiMAX 2+, au 4G LTE, au 5G
契約期間3年(自動更新)
解約金1~12ヶ月目:20,900円
13~24ヶ月目:15,400円
25ヶ月目~:10,450円

以前は光インターネットと比べると最大通信速度が遅かったWiMAXですが、5G対応端末の登場により5G対応エリアでは2.7Gbpsとむしろ光インターネットを上回ります。

4G対応エリアでは、光インターネットの方が速度は速いです。

WiMAXは申し込み前にエリアの確認は必須ですが、はじめの20日間はキャンセルができるので、万が一使い勝手が悪くても安心です。

GMOとくとくBB WiMAX +5Gのキャッシュバックは、もらうためには手続きが必要です。うっかりしていると「キャッシュバック申請の期限が切れてて貰えなかった(泣)」となってしまうので、スケジュール管理をしっかりするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回ご紹介したインターネット回線で、特にパソコンで使うおすすめは、こちらの2つです。

  • 光インターネット
  • ホームルーター

インターネットのサービスを選ぶ前に、まずインターネット回線の種類と特徴を知っておくと、あなたの使い方にあったサービスを賢く選ぶことができますよ^^

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

ネット回線えらびでこんな風に困っていませんか?

  • 光コラボに興味がある
  • おトクな乗り換え方法が知りたい
  • 工事費用ナシで光回線を申し込みたい
  • キャッシュバックがもらえる特典・キャンペーンで申し込みたい
  • 月額料金が安いインターネット回線が知りたい
  • ネット回線が多すぎて選べない
  • ネット回線えらびに疲れた
  • そもそもネット回線についてよくわからない
  • 自分に合ったネット回線が知りたい
  • 自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

 

などなど、どんなことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*

ネット回線の代理店で販売やコンサルティング経験のある当ブログ管理人がお答えします。


今すぐ無料相談してみる

この記事を見た人はこんな記事も見ています