接戦?OCN光とauひかりの比較!速度・料金・割引…どちらがお得?

接戦?OCN光とauひかりの比較!速度・料金・割引…どちらがお得?

月額料金が安いOCN光は評判もそこまで悪くない光回線です。

対するauひかりは速度に定評があり、キャンペーンも充実していますが、やはり月額料金と工事費が高い…。

しかし、よくよく調べてみると、料金に関して差はあまりなく、キャンペーンの質が勝負のカギを握っているかもしれません。

OCN光とauひかりの2択で悩んでいる方は是非参考にしてください。

※表記している価格は税込みです。

OCN光とauひかりを速度で比較

まずは、速度・品質の比較から入りましょう。

光回線では料金が一つの基準ですが、速度も大事です。

契約した後に「10Mbps」しか速度が出なくて、スムーズに動画見れないし、ダウンロードもできない、といったことになってしまえば致命傷ですからね。

ちょっとしたことに自宅のインターネットを使うだけであれば、まずは料金を比較の対象とすべきですが、インターネットを使って仕事をしたり、動画を観たり、ダウンロードしたりすることが多い人にとっては、速度が一定以上でないと別の回線への乗り換えを検討しなければなりません。

それはなかなか面倒です…。

光コラボとauひかりの違い

速度比較をする前に基礎知識として、光コラボとauひかりの違いをしっかり押さえておきましょう。

光回線には大きく分けて以下のような種類があります。

NTT回線電力系回線独自回線
・フレッツ光
・光コラボ
 ・ドコモ光
 ・ビッグローブ光
 ・OCN光
 ・ソフトバンク光
 など
・コミュファ光
・eo光
・メガエッグ
・ピカラ光
・BBIQ
・auひかり
・NURO光

OCN光はNTTの光回線とOCNのプロバイダをくっつけてOCNが販売しているもので、光コラボの一つです。

これに対し、auひかりはフレッツ光や光コラボとは違い独自の設備を使っている光回線です。

もちろん、光回線である以上、光ファイバーという同じ技術を使ったものであることに変わりはありませんが、実は光回線によって速度は異なります

RBB SPEED AWARD 2020の結果

2021年3月に発表された、「RBB SPEED AWARD 2020」の結果をもとに速度比較をしていきましょう。これは実測に基づいた光回線の速度ランキングで、唯一基準となるものです。

<地域別最優秀賞の光回線>

エリア回線事業者名下り速度(Mbps)
北海道NURO光222.77
東北フレッツ光132.52
関東auひかり366.69
北・甲信越コミュファ光179.76
東海NURO光198.43
近畿eo光308.54
中国auひかり155.45
四国ピカラ光ネット155.68
九州auひかり159.16
沖縄フレッツ光23.84

全体的に見てauひかりが目立つ印象です。

回線契約者数はフレッツ光や光コラボの方が圧倒的に多いです。しかし、残念ながらフレッツ光はフレッツ光以外の光回線があまり手の届かないエリアでしかランキング上位を獲得できていません。どうも、契約者数が多すぎて回線が混雑してしまうようです。薄く広くといったイメージでしょうか。

これに対しauひかりは、契約者数で言えば大手二番手に位置する光回線で、東海・近畿エリアの戸建てタイプ以外ではほぼ全国に展開しています。

破格のスピードを誇るNURO光が展開するエリアの、関東、中国、九州、でauひかりの速度が勝っていることを考えると、これはauひかりの品質の良さを証明していると言っても良いでしょう。

速度に関してはやはり圧倒的にauひかりが信頼できますね^^

OCN光とauひかりを月々の料金で比較

では次に、月額料金の比較をしていきましょう。

月額料金の比較なんて、すぐに調べればわかることですが、実は月々かかる費用(お金)は月額料金だけではありません。

工事費の分割払いも月々の支払いに当然入ってきます。また、月額料金の割引やプランなどもそこに入ってくるので重要です。

月額料金

月額料金は以下のように比較できます。

 auひかりOCN光
戸建てタイプ1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
5,610円
マンションタイプ3,740円~5,500円
(設備による)
3,960円

auひかりは、戸建てタイプが「ずっとギガ得プラン」という3年契約プランが最も安く、マンションタイプは2年契約タイプの「お得プランA」がスタンダートなものです。

OCN光は2年契約プランが一般的です。

月額料金で見るとほぼ横並びと言えそうですが、マンションタイプはauひかりがどのタイプが導入されているかによって変わってきます。

工事費

次は工事費と、工事費+月額料金の比較をしていきましょう。

auひかりとOCN光の工事はこのようになっています。

 auひかりOCN光
戸建てタイプ41,250円
(初回1,194円+1,178円×34回)
19,800円
(990円×20回)
マンションタイプ33,000円
(初回1,443円+1,434円×22回)
16,500円
(825円×20回)

工事費については圧倒的にOCN光のほうが安いですね。

では、その工事費を月額料金に足してみましょう。

 auひかりOCN光
戸建てタイプ5,610円+1,178円
=6,788円
5,610円+990円
=6,600円
マンションタイプ3,740円~5,500円+1,434円
=5,174円~6,934円
3,960円+825円
=4,785円
※auひかりの戸建てタイプは1年目の場合。

大分差が開いてしまいましたね…。

しかし、ここでOCN光のほうが安いと決めるのはまだ早いです。

「auひかりは速いけど高い」「OCN光は遅いけど安い」という考えは、キャンペーンをよく調べると間違いであることが分かります。

OCN光とauひかりをキャンペーンで比較

ここからはキャンペーンの比較をしていきます。

auひかりとOCN光では様々なキャンペーンが実施されていますが、今回はこちらの3つに焦点を絞っていきます。

  • 工事費割引(実質無料)
  • スマホ・携帯割引
  • キャッシュバック

ちなみに、auひかりでは最大3万円までの違約金還元キャンペーンも行われています。

工事費割引(実質無料)

OCN光の場合、フレッツ光を使っていたなら「転用」という方法で、他の光コラボを使っていたなら「事業者変更」という手段で乗り換えることができます。

NTTの光回線設備をそのまま使い続け、契約の相手をOCN光に変えるだけでそのまま利用継続ができるのです。そのため、工事の必要はなく工事費もかかりません。

対するauひかりには、「初期費用相当額割引」という工事費を実質無料にしてくれるキャンペーンがあります

一定の条件をクリアすれば工事費を無料にできます。そもそもauひかりは工事費が高すぎるので、このキャンペーンは外せないのですが、そこまで条件は厳しくありません。

auひかりはキャンペーンで工事費が実質無料

auひかり「初期費用相当額割引(工事費実質無料キャンペーン)」引用元 auひかり公式サイトより

「初期費用相当額割引(工事費実質無料キャンペーン)」とは?

  • 特典内容:初期費用相当額を全額割引
  • 適用条件:auひかり+ひかり電話(550円/月)
    ※マンションタイプはひかり電話は不要

条件は、auひかりの新規契約と一緒に「auひかり電話(固定電話)」を契約することです。これによって工事費が実質無料になります。

ひかり電話は月額550円のため毎月550円の負担にはなりますが、それによって毎月の工事費分割代がそっくりそのまま割引されます。

よって、この割引を先ほどの比較表に当てはめると以下のようになります。

 auひかりOCN光
戸建てタイプ5,610円+1,178円-1,178円+550円
=6,160円
5,610円+990円
=6,600円
マンションタイプ3,740円~5,500円+1,434円-1,434円
=3,740円~5,500円
3,960円+825円
=4,785円
※auひかりの戸建てタイプは1年目の場合。

少しゴチャゴチャしてしまいましたが、工事費実質無料キャンペーンを適用することで、auひかりの方が安くなりましたね。

戸建タイプで工事費実質無料キャンペーンを適用するためには、月額550円のひかり電話の加入が必要になりますが、その料金を足してもauひかりの方が安いです。

スマホ・携帯のセット割

auひかりとOCN光どちらとも、スマホ・携帯のセット割を実施しています。その2つを比較しておきましょう。

OCN光のセット割は「OCN光モバイル割」です。

OCN光モバイル割

  • 内容:1契約につき毎月220円割引(最大5契約まで)
  • 条件:OCN光+OCNモバイルONE

格安SIMのOCNモバイルONEの料金が毎月少し安くなります。

auひかりのセット割はauスマートバリューと言って、こちらも同じように毎月のスマホ・携帯料金が割引されます。

auスマートバリュー

  • 内容:1契約につき毎月550円~2,200円割引(離れて暮らす50歳以上の家族を含め最大10契約まで)
  • 条件:auひかり+ひかり電話

auスマートバリューは、条件に「ひかり電話の契約」があるのがちょっとした難点ですが、先ほどの初期費用相当額割引(工事費実質無料キャンペーン)もひかり電話の契約が必要でしたので、一石二鳥と言った感じですかね^^

また、UQモバイルとの「自宅セット割」でもひかり電話の契約が必要ですが、UQモバイルの月額料金が毎月638円~858円割引してもらえます(最大10契約まで)。

キャッシュバック

キャッシュバックは光回線の事業者というより、代理店からもらえます。

今回は数ある代理店の中でも、優良店である「代理店NEXT」を焦点にして比較してみましょう。

auひかりOCN光
キャンペーンサイトauひかりOCN光_NEXT
キャッシュバック
(ネット+ひかり電話)
52,000円
+10,000円増額中!
なし
キャッシュバック
(ネットのみ)
45,000円
必須オプションなし
手続き方法申し込み時に口座情報を伝えるだけ
受け取り時期最短で翌月

残念なことに、OCN光ではキャッシュバックキャンペーンが行われていません…>_<

そのため、キャッシュバックで比較した場合には雲泥の差でauひかりの方がお得です。

キャッシュバック金額は、ひかり電話に加入する・しないによって異なります。しかし、他の代理店でよく目にする「必須加入」ではなく任意のため、ネット(auひかり)のみの契約でもキャッシュバックがもらえます。

もちろん、こちらのNEXTから申し込んでも、工事費無料やauスマートバリュー・自宅セット割など、公式で実施されているキャンペーンや割引は適用可能なので、よりお得にauひかりを始められますよ。

まとめ

今回は、auひかりとOCN光を比較してきましたが、表にまとめてみましょう。

auひかりOCN光
地域別最優秀賞の数関東・中国・九州エリアの3つ0
月々の料金5,610円+1,178円-1,178円+550円
=6,160円
※工事費実質無料を含めると安い
5,610円+990円
=6,600円
※工事費の分割代を含めると高い
スマホ・携帯割引最大2,200円×10契約最大220円×5契約
キャッシュバック最大52,000円 なし
※月々の料金は戸建てタイプの場合。

月額料金と工事費だけで見ると、『OCN光の方が安そう』と思ってしまいがちです。

しかし、工事費についてはOCN光が自己負担で、auひかりはキャンペーンによって実質無料になるため、キャンペーンを含めるとauひかりの方が安くなります。

しかも、スマホ・携帯とのセット割やキャッシュバックなどauひかりが勝る点は多々あるため、全体的に見てもauひかりのほうがおすすめと言えます。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*