【最新】2019年12月12日、NURO光がいよいよ北海道にエリア拡大!

通信速度が2ギガ(Gbps)で、世界最速のインターネット光サービス「NURO光」

そのNURO光が、この度、エリア拡大の発表をしたのを皆さんはご存知ですか?今回新たに提供エリアとなるのが、北の大地・北海道です。

この記事では、今回新たに開局する北海道エリアの詳細、申し込み時の注意点、さらにはお得なキャンペーン情報などをまとめて紹介していきます。

是非この記事をお読みいただいて、お得に快適にNURO光の利用を始めてください。

新たな開局エリアは「北海道」

今回、NURO光の新たな提供エリアに加わったのが北海道です。

北海道では、東海地方のコミュファ光、中国地方のメガエッグなど、各地域の電力系光回線が提供されていません。

したがって、NTT東日本が提供しているフレッツ光やソフトバンク光・ドコモ光・ビッグローブ光などの光コラボ系、さらには独自回線系のauひかりと、他の地方都市に比べて選べる光回線が少ないのが痛手でした。

しかし、今回NURO光の提供が始まることで、選択の幅が広がります。

速度が速い、コスパが良い、キャンペーンがお得、と三拍子揃っているNURO光が北海道に展開してきたことで、これまでの勢力図がガラリと変わる可能性も考えられます。

余談ですが、現在提供エリア(関東・東海・九州など)で放映されているCMに、北海道出身の大泉洋さんが起用されているのは何かのサインだったんですかね?(^^ゞ

それでは、北海道でのサービス提供開始に伴い、「NURO光の提供エリアがどこまで拡大したか?」をまとめてみましょう。

【提供エリア】
北海道(2019年12月12日より受付開始)
・関東1都6県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
・東海4県(愛知、静岡、岐阜、三重)
・関西2府3県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
・九州2県(福岡、佐賀)
 ※一部エリア除く

NURO光のサービスが開始された2013年4月当初は、関東エリアのみの提供でした。それから約7年近くの年月が経ち、今では東海・関西・九州までエリア拡大し、今回ついに北海道が提供エリアに加わることになりました。

ただし、残念ながら北海道全域ではありません。

提供エリア
石狩市、恵庭市、江別市、小樽市、札幌市、千歳市

以上のエリアとなっていて、道内でも比較的に南側になります。戸建て・集合住宅ともに提供が開始されます。

【補足】既にサービス提供エリアでも利用可能地域が広がる

今回の北海道への提供エリア拡大に併せて、既に提供されている関東・九州エリアでも利用可能地域が広がることが発表されました。

関東エリア
東京八王子市、町田市
神奈川相模原市緑区、横浜市都筑区
千葉野田市
栃木宇都宮市
群馬前橋市
九州エリア
福岡北九州市、那珂川市、福岡市、福津市、八女市

なお、詳細については、NURO光の公式サイト、または代理店サイトを始めとした申し込み窓口で確認できます。

申し込みや利用開始はいつから?

気になるのは、いつから申し込みが行えて、いつから利用できるか?、というところです。

新たに開局される北海道エリアでの申し込みは2019年12月12から開始されています。ただし、開通は「最短で2020年1月下旬以降」ということなので、今申し込んだとしても利用できるまで1ヶ月ちょっと時間が空きます。

ただし、開局については“順次”なので、「札幌市内の場合は早い」「小樽市の場合はもう少し時間がかかる」など、地域によって開通時期が異なる場合があるとのことなので覚えておいてください。

なお、開通までの流れを簡単に説明すると以下のようになります。

  1.  2019年12月12日以降にNURO光を申し込む
  2.  2020年1月下旬以降、順次開通予定

インターネットを申し込んでから開通まで、大体の光回線が2週間から1ヶ月程度時間を要します。ですが、これから年末年始を挟んだり、引っ越しシーズンと重なるともう少し時間がかかったりします。

申し込み時の注意点って何かあるの?

NURO光を申し込む際には

  • 申し込みは早めに行う
  • 賃貸物件の場合は工事の許可が必要
  • 工事が出来ない場合もある
  • NURO光の工事は2回ある(屋内・屋外)

などの注意点がありますが、4つめの「NURO光の工事は2回ある(屋内・屋外)」以外は、NURO光に限ったことではなく他の光回線でも当てはまる注意点です。

それでは一つ一つ見ていきましょう。

申し込みは早めに行う

これまでもそうでしたが、新たに提供エリアが拡がると開局を心待ちにしていた人が一斉に申し込み・問い合わせをすることがあります。

そして、先ほどもお伝えしたように、引っ越しシーズンとなる2月~4月前半まではネット回線業界が繁忙期に入るため、どの光回線を取り次ぐ代理店も申し込み件数がピークに達します。

したがって、ピーク時期に申し込みを行ったとしても、その後の開通工事が混み合い、なかなか日程の調整ができなかったりで待たされる可能性が出てきてしまいます。

そのことからも、申し込みを早めに行うことが得策と言えるのです。

賃貸物件の場合は工事の許可が必要

賃貸物件に住んでいる場合、事前に管理会社もしくは大家さんにNURO光の開通工事をしても問題がないかどうかを確認し、許可を得ておく必要があります。

基本的に開通工事は外壁にキズがつかないテープなどを使って行われますが、無断で工事を行った挙げ句『後々、トラブルになった…』とならないように必ず許可を取るようにしましょう。

工事が出来ない場合もある

これは、NURO光に限った話しではなく他の光回線でも同じことですが、実際に作業員の方が工事に来ても、光ファイバーを通す配管が詰まっていて「線が通せない」「他に通す方法がない」という状況に陥ってしまうと、残念ながら開通不可となるケースもごく稀にあります。

建物の構造上の問題なので、こればかりはどうにもできません。そういう判断を下された場合は、光回線の利用を諦めるしかありません。

NURO光の工事は2回ある(屋内・屋外)

エリア拡大に関わらず、NURO光が他の光回線と比べて開通まで日数を要する原因、それは工事が2回あるという点です。

その理由は、NURO光はNTT東日本・西日本が提供しているフレッツ光や、同じ光ケーブルを使っているドコモ光やソフトバンク光などの光コラボとは違い、NTTの使われていない光回線を借りて使用しているからです。

始めに、NURO光を提供しているSo-net側で機器設置などの宅内工事をし、後日、NTT側が電柱から自宅まで光ファイバー線をつなぐ屋外工事を行います。この2種類の工事は同日に行なうことができないため、開通(利用開始)までの日数がかかってしまうのです。

なお、宅内工事を土日祝日に行う場合は3,000円の追加費用がかかります(屋外工事は追加費用がかかりません)。

NURO光の開通工事について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。
 ⇒これで納得!NURO光開通までの工事内容と注意点を詳しく解説

NURO光をお得に申し込める窓口

では実際に、NURO光を申し込もうとした時に迷うのが「どこで申し込むか?」です。

家電量販店、公式サイト、代理店サイトといくつかの申し込み窓口はありますが、その中でお得に申し込めるのが代理店サイトです。NURO光を取り扱う代理店は何社かありますが、中でも、お得・簡単に申し込めるのが「アウンカンパニー」という代理店です。

こちらのキャンペーンサイトでは、

  • パターン1 最大35,000円キャッシュバック
  • パターン2 PlayStation®4プレゼント
  • パターン3 Nintendo Switchプレゼント

の中から好きな特典が選べます。

アウンカンパニーは特典が選べるという特徴だけでなく、オプション加入が必須ではない、手続きが電話一本で完了する、キャッシュバックは最短で開通月の翌月と早い、などの条件や手続き方法がシンプルなのです。

オプションに加入しなくても30,000円のキャッシュバックがもらえますし、ソフトバンクスマホ・携帯とのセット割引「おうち割光セット」を適用するために必要なNURO光でんわを一緒に申し込むと、キャッシュバックが35,000円に増額されます。

さらに、PlayStation®4やNintendo Switchといった人気ゲーム機も選択できるのは嬉しいポイントです。

NURO光お申し込みキャンペーンサイトはこちら

そもそもNURO光はどんなサービス?

ここまでは、「NURO光が北海道でも使えるようになる」という点について説明してきましたが、北海道初上陸となるため、あまり馴染みがない方もいらっしゃるかと思いますので、ここからは、そもそもNURO光がどんなサービスなのか?、NURO光のサービス内容や特徴について簡単に説明していきます。

「NURO光」はフレッツ光やauひかりなどのプロバイダで有名なSo-netが提供している光回線ですが、「So-net光」とは違い、まったくの別物です。

最大の特徴は冒頭でも書いたように、世界最速の回線速度です。フレッツ光やソフトバンク光・ドコモ光など、ほとんどの光回線が最大1ギガでサービス提供されているのに対し、NURO光の回線速度は、倍の2ギガです。

NTT東日本・西日本で提供されているフレッツ光や同じ光ファイバーを使用している光コラボは回線速度1ギガの伝送規格が使われていて、NURO光はそれらの光回線とは違い、2ギガが出せる伝送規格を使っているため速いのです。

ただし、速度に関してはベストエフォート型というサービス提供の形態をとっています。

専門的な用語になってしまいますが、これは簡単に言うと『その時々でできる限り頑張りますけど、保障はしません』的な事を意味します。したがって、必ずしも2ギガ出ますということではありません。このベストエフォート型は、インターネットサービス全般で用いられている形態なのでNURO光に限ったことではありません。

速度についてあまり掘り下げて書くと『なんのこっちゃ?…』となってしまうので、この程度にしておきます(^^ゞ

料金は安いの?サービスに何か特徴はあるの?

NURO光の速さについては分かっていただけたと思いますが、実際に利用するとなったら、気になるのは月額料金やサービス内容ですよね。NURO光のサービス内容について見ていきましょう。

NURO光の月額料金はコスパ最強

NURO光の月額料金は4,743円(税抜)です。プロバイダ一体型(プロバイダはSo-net)なので、フレッツ光のように別途契約が必要だったり追加で料金がかかるということはありません。

 NURO光 G2V
回線速度下り:最大2ギガ 上り:最大1ギガ
月額料金4,743円
事務手数料3,000円
工事費用40,000円 → 実質無料
契約期間24ヶ月
解約金9,500円
提供エリア北海道・関東・東海・関西・九州エリア

NURO光は、他の光回線のようにホームタイプ・マンションタイプで料金が違うということはなく、どちらのタイプでも同じ4,743円です。マンションの場合、契約戸数によって月額料金が変動する「NURO光 for マンション」というプランもありますが今回は割愛します。

これだけ見ると「際立って安い」という感じがしないと思いますが、他の回線は最大速度1ギガで変わらないぐらいの料金か、またはそれ以上します。そして、月額料金には

  • 最大速度1.3ギガの無線LAN機能
  • 最大5台まで使えるセキュリティサービス

2つのサービスが標準装備されています

最大速度1.3ギガの無線LAN機能

1つめのサービスは、高速無線LAN機能です。

光回線を申し込んで無線LAN機能を使おうとすると、レンタル料金(大体300~500円/月)が別途でかかったり、自分で無線LANルーターを用意する必要があります。

しかし、NURO光には、最大1.3ギガの高速無線LAN(WiFi)機能が標準装備されているので、他の光回線のように追加料金がかからずにパソコンはもちろん、スマホ・タブレット・プリンタ・テレビ・ゲーム機など、無線機能を搭載した機器とつなぎ放題なんです。

ただし、速度に関してはWiFi機能もベストエフォート

最大5台まで使えるセキュリティサービス

2つめのサービスは、セキュリティサービスです。

OSもWindows・Mac・Androidの3つに対応していますし、パソコン・スマホ・タブレットなど最大5台までインストール・利用ができます。

このセキュリティサービスも、高速無線LAN機能同様に自分で用意しなければいけないパターンが多いですが、NURO光の場合は、月額料金500円相当の「カスペルスキー セキュリティ」が標準装備されています。

家電量販店とかで販売されているセキュリティソフトは「●年版」のものが多く、気が付いたら『有効期限が…』ということもあり得て、買い替えたり期間更新が必要だったりします。ですが、NURO光の場合は標準装備になっていますから、NURO光を利用している間は自動的に継続利用できて、そういった手間もかかりません。

カスペルスキーについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。
 ⇒機能が優秀!カスペルスキーの特徴と料金、ユーザーの評判・口コミまとめ

ひかり電話は基本料金・通話料ともに安い

コスパ抜群のNURO光ですが、ご自宅で使う固定電話も一緒にしたい場合は「NURO光でんわ」がおすすめです。

NURO光でんわ月額料金
北海道・関東エリア500円
東海・関西・九州エリア300円

月額料金に関しては提供エリアによって違いがあり、東海・関西エリアの方が200円安く利用できます。

通話料金は、全国の一般固定電話どこへかけても一律7.99円(税抜)/3分です。例外を除き、今まで使っている電話番号や電話機本体はそのままで利用できるので安心です。

また、この「NURO光でんわ」ですが、実はソフトバンクの回線を使っているのために、ソフトバンクグループの「ケーブルライン」「BBフォン」などの他の電話サービスとも無料通話ができちゃうんです。親戚や長電話する友達が無料通話対象の電話サービスを使っていたら、これは嬉しいポイントですよね。

ちなみに「NURO光でんわ」にかかる費用は以下のようになります。

■初期費用

内容費用
回線工事費3,000円

■月額費用

内容費用
基本料金北海道・関東エリア:500円
東海・関西・九州エリア:300円
ユニバーサルサービス料2円~3円
通話料使った月にプラスα

初期費用はどこでも3,000円ですが、基本料金は前述にもあるように提供エリアによって違います。北海道は500円になります。

関東・関西で違いがあるのは何故なのでしょうか?

先ほどもお伝えしましたが「NURO光でんわ」はソフトバンクの回線を借りて提供していますので、その卸し料金が関東と関西で違いがあるのでしょうか?それとも、関西エリアので提供されている競合サービスとの兼ね合いなのか?正直、定かではありません(^^ゞ

なお、ユニバーサルサービス料についてですが、不定期に見直しが行われます。2019年12月利用分までは3円(税抜)ですが、2020年1月利用分からは2円(税抜)に改定されます。まぁ、1円の違いなのでそこまで気にしなくて良いと思います。

NURO光でんわについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。
 ⇒NURO光でんわのお得なメリット6つと気を付けるべき全注意点を解説

おうち割光セットでソフトバンクスマホの料金がお得に

ソフトバンクユーザーにとってメリットとなるのが、「おうち割光セット」です。おうち割光セットは、ソフトバンクスマホ・ケータイとNURO光(またはソフトバンク光/エアー)を一緒に利用することで、スマホ料金が毎月最大1,000円割引されます。

利用しているスマホの料金プランによって割引額は異なります。

対象料金サービス割引額/月
基本プラン(音声)/基本プラン(データ)
データプラン50GB+/データプランミニ1,000円
通話基本プラン
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
500円
スマ放題/スマ放題ライト
データ定額 50GB/20GB/5GB1,000円
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額ミニ 2GB/1GB

データ定額(3Gケータイ)
500円
上記以外の料金プラン
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

ご覧のように、割引額は500円または1,000円のどちらかになります。『500円割引されるなら入った方が得じゃん!』て思いますが、実は、このおうち割光セットを適用するには条件としてNURO光でんわ(500円/月)に加入する必要があるのです。

したがって、割引額が500円の人は実質±0円と、あまり恩恵を受けられなかったりします。割引額が1,000円の人は500円お得になりますけどね。

ですが、おうち割光セットでは最大10回線までのソフトバンクスマホ・ケータイが割引されるので、家族にソフトバンクユーザーが多い人はみんながお得になります。さらに、家族だけでなく恋人やシェアハウス仲間も割引対象なのも嬉しいポイントです。

工事費実質無料キャンペーン

キャッシュバックなどの特典は、先ほどご紹介した代理店サイト「アウンカンパニー」のキャンペーンがあります。それとは別に、NURO光公式では通常なら40,000円かかる初期工事費が実質無料になるキャンペーンが行われています。

NURO光の工事費40,000円は、30ヶ月に分割して支払う仕組みになっています。

 初月2~30ヶ月目
初期工事費1,351円1,333円
キャンペーンによる割引-1,351円-1,334円

初月だけ端数分がプラスされた費用になり、2~30ヶ月目は1,334円で均一です。

ですが、現在はNURO光が公式で行っているキャンペーンによって、毎月の工事費用と同額分が割引されるので、相殺されることによって実質無料になるのです。40,000円の支払いがなくなるというのは、とてもありがたいことですよね。

ただし注意点が一つだけあります。

それは、工事費が割引されている期間中、すなわち30ヶ月以内に解約してしまうと、2年契約の違約金9,500円とは別に工事費の残債分が一括請求されてしまう点です。

したがって、更新月で解約金も無料だからと言って解約してしまうと、確かに解約金は無料でも、あと6ヶ月の工事費残債1,333円×6ヶ月=7,998円…。約8,000円の残債が一括で請求されるので気をつけましょう。

万が一NURO光が提供エリア外だったら?

NURO光は回線速度もコストパフォーマンスも他の光回線に比べて群を抜いていますが、北海道で提供開始にはなるものの札幌市を中心とした一部地域のみとエリアが限られているため、道内全域で使えるようになるわけではありません。

そのため、提供エリア外の場合は他の光回線を探さなければいけません…。これもまた、数あるインターネットサービスの中から選ばなければならないため結構大変だったりします。

そんな時は以下の記事を参考にしてください。
 ⇒北海道・東北地方でおすすめできるプロバイダ3つはこれでした

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後に、この記事でお伝えしたことをまとめてみましょう。

  • 北海道が新たに提供エリアとして加わる。
  • 事前申し込みは2019年12月12日から受付開始。
  • 開通は2020年の1月下旬から順次。
  • 繁忙期になってくるので、受付は早めがおすすめ。
  • 代理店サイトでは最大35,000円のキャッシュバック特典がある。
  • 開通工事は2回あり、稀に設備上開通できない場合もある。

北海道に住んでいて『今使っているネットの速度が遅くて、どこか別の回線に乗り換えようか検討中』という方は、快適なネット環境のNURO光にしてみてはいかがですか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*