個人向け最高峰!NURO光10Gプランが知らぬ間に値下げしていました

個人向け最高峰!NURO光10Gプランが知らぬ間に値下げしていました

超高速下り最大2Gbpsでコストパフォーマンス抜群の『NURO光』に、その上の最大10Gbpsのプラン『NURO光10G』があるのを知っていましたか?

10Gbpsですよ、、速度だけ見るともの凄いですよね。

そんなに回線速度が必要なのか?という声も聞こえてきそうですが、これからは4k映像やIoTサービスなど、インターネットの通信量もどんどん増えていくと予想されるので選択肢の一つとして知っておくだけでも違うと思います。

ふと見たら開始当初よりも月額料金が下がって、サービスのスペックも上がっていたので、その内容と合わせてNURO光10Gのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

※表記している価格は税込みです。

「NURO光10G」の月額料金は以前は1万円弱でした

NURO光 10G引用元 NURO光公式サイトより

NURO光10Gの提供開始当初の月額料金は10,780円だったので、いくら10Gbpsでも個人が契約するインターネット回線としては手が出しづらいのかなぁ、という印象でした。

しかし、先日たまたまNURO光10GのWebサイトを見にいくと、なんと月額7,128円に値下がりしてました!

下り最大2Gbpsの通常プラン「NURO光G2V」の月額5,217円と比べると料金の差額は1,911円。回線速度が5倍になっていることを考えると、この数値は非常にパフォーマンスが良いように感じます。

さらに1年間は月額料金を2,750円割引

1年間限定ですが、12ヶ月間は2,750円引きの4,378円で使える特典・キャンペーンを期間限定でやっています。1年目は下り最大2GbpsのNURO光(G2V)よりも安く使えますね^^

特典・キャンペーンは2年継続の契約が条件となります。

10Gプラン月額料金
開通月(1ヶ月目)0円
2ヶ月目4,378円
3~12ヶ月目4,377円
13ヶ月目~7,127円

「NURO光10G」は集合住宅にも対応

10Gプランは今まで、提供エリアであっても戸建てのみの対応でした。

それが、5階以下の集合住宅にも対応できるようになっていました。回線速度が必要な法人からのニーズが増えそうですね。

マンションタイプのような設備ではなく、あくまで外から光回線を一本個別での引き込みになります。下り最大2Gbpsの通常のプランも回数制限が撤廃されてことを考えると、後を追っているようにも見えますね。

以上の2点が、新しくスペックアップしていた点ですが、ここからは「NURO光10G」の他の特徴もお伝えしていきます。

「NURO光10G」の提供エリアはNURO光(G2V)より更に狭い…

NURO光のデメリットとして、提供エリアが狭いことは当ブログでも何回か取り上げていますが、この「NURO光10G」は、さらに狭くなります。

公式サイトを見ると、

※NURO 光 10Gのサービス提供エリアは、関東(東京、神奈川)、東海(静岡)、関西(大阪、兵庫、奈良)です(一部エリアを除く)。

引用元 NURO光公式サイトより

という注意書きがあります。

「NURO光10G」も無線LANとセキュリティは標準装備

下り最大2GbpsプランのNURO光と同じで、「NURO光10G」も無線LANとセキュリティソフトは標準装備なのが嬉しいところですし、コストパフォーマンスに優れている所以です。

個人的には下り最大10Gbpsの性能を考えると、最大1300Mbpsになってしまう無線LANを使うよりは、有線LANでその速度を実感してみたいなぁ…

「NURO光10G」も工事費用は実質0円

4万円かかる工事費が2年継続して使う契約にすると、同じ金額だけ割引を受けられるので、工事費用を実質0円にすることができます。

途中解約をしてしまうと10,450円の解約金と、30ヶ月で分割(同額割引)されている工事費の残った金額が負担になりますので注意をしましょう。

そのため、解約金と工事費の残額がなく解約できるのは49ヶ月目の契約更新月になります。

「NURO光10G」も光でんわが使える

固定電話サービスのNURO光でんわが使えるところも、下り最大2GbpsのNURO光と同じです。

月額料金
北海道・関東エリア550円
東海・関西・中国・九州エリア330円

東海・関西・中国・九州エリアのユーザーは220円安く使えます。

「NURO光10G」の利用には10Gbps対応のLANポートが必要

有線LANで接続する場合ですが、10Gbpsに対応したLANポート(10G Base-T)とLANケーブルが必要になります。

調べてみましたが、残念ながら現時点ではノートPC用の10G Base-Tはないようです。デスクトップPC用には発売されています。

また、LANケーブルはCAT7と呼ばれている規格のものが、後々まで使えて良いと思います。興味があればチェックしてみてください。

「NURO光10G」も移転はできない

引っ越しをする時、通常の光回線は移転手続きをして引っ越し先でも同じ契約を使うことができますが、NURO光はもともと移転手続きがないため、「引っ越し=解約」になります(NURO光G2Vも同じ)。

そのため、引っ越しの予定がある人は、引っ越し後にそのエリアがNURO光の提供エリア内であれば申し込むようにしましょう。

「NURO光10G」は支払いがクレジットカードのみ

新規の申し込み時点では、クレジットカードのみとなっているようです。

下り最大2GbpsのNURO光(G2V)は、その後から口座振替に変更ができるので、こちらもそうなのでしょうか…

まとめ

月額料金が安くなって対応できる建物も増えた「NURO光10G」はこんな人に向いています。

NURO光10Gはこんな人におすすめ

  • 運よく提供エリアに住んでいる
  • 引っ越しの予定がとりあえずない
  • なによりも回線速度を重視している
  • 月6,600円台で「まぁ良いかな」と思える

提供エリアがとても狭いので使いたくても使えない人が多いとは思いますが、もし使えるという人は、「NURO光10G」を検討してみるのも面白いと思いますよ^^

NURO光は少しずつ進化している感じがして、個人的にも好感が持てます。

お役に立てたらイイネ・シェアをお願いします

もし、この記事が少しでもあなたのお役に立てたと感じられたら、下のSNSからひとつでいいので、イイネやシェアをして頂けませんか?

これからも役に立つコンテンツを作っていく励みになります。

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

ネット回線えらびでこんな風に困っていませんか?

  • 光コラボに興味がある
  • おトクな乗り換え方法が知りたい
  • 工事費用ナシで光回線を申し込みたい
  • キャッシュバックがもらえる特典・キャンペーンで申し込みたい
  • 月額料金が安いインターネット回線が知りたい
  • ネット回線が多すぎて選べない
  • ネット回線えらびに疲れた
  • そもそもネット回線についてよくわからない
  • 自分に合ったネット回線が知りたい
  • 自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

 

などなど、どんなことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*

ネット回線の代理店で販売やコンサルティング経験のある当ブログ管理人がお答えします。


今すぐ無料相談してみる

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*