Marubeni光の悪い評判と解約方法まとめ、料金やキャンペーンも徹底解説

Marubeni光の悪い評判と解約方法まとめ、料金やキャンペーンも徹底解説

通信サービスの代理店大手、丸紅テレコムが「Marubeni光」で光コラボ事業者としてサービス提供をしています。(以前は「Mひかり」というサービス名でした。)

丸紅テレコムは総合商社丸紅のグループ会社のため資金力が凄そうですね。

今回は、そんな光コラボ「Marubeni光」を取り上げて、ユーザー評判や解約方法、キャンペーンと料金、メリットやデメリットどんな人に向いているのかをまとめてお伝えしていきますね。

※表記している価格は税込みです。

はじめにお伝えしておきますが、Marubeni光は僕がおすすめできる光コラボではありません。この記事を最後まで読んでもらえればその理由も納得できると思います。

それでは早速見ていきましょう。

「Marubeni光」のよろしくない評判・口コミ

Twitterrで見ることができた口コミは主に、「ユーザーが思っていたのと違う契約内容になっていた。」というもの。

丸紅テレコム自体は通信サービスの1次代理店のため電話営業などの代理店を使って営業活動をしているとは思いますが、電話営業・訪問営業などあちらから一方的にしてくる営業には気を付けるべきです。

(Webサイトで自ら申し込みをするときも、面倒臭いですが重要事項説明などは隅から隅まで目を通して、納得してからにしましょう。)

また、下のユーザーはMarubeni光の代理店から電話営業を受けて騙されかけてます…。

本人になりすまして転用申し込みをする行為は総務省から注意されている事業者もありましたが、まだやっている悪質な代理店があるようですので注意しましょう。

「Marubeni光」の解約方法

念のため、Marubeni光の解約方法もお伝えします。

Marubeni光は、Webサイトを見てもパッと見て分かりやすいところにカスタマーサポートの電話番号を記載していません。

TOPページの右上にある「マイページ」をクリック、次のログイン画面の左下にカスタマーサポートの情報(以下)があります。

  • Marubeni光お客様センター
    フリーダイヤル:0120-152-602
    受付時間 平日9:15~18:00

フリーダイヤルなのは良いですが、平日しかやっていないんですね。

このフリーダイヤルのつながり具合はわかりませんが、ここに電話をしてオペレーターに解約の旨を伝えて手続きを進めてください。

解約の時に注意したいこと

まずは、解約金です。契約更新月での解約なら解約金はかかりませんが、それ以外での解約は以下のように解約金がかかります。

割引利用期間Marubeni光
(自動更新あり)
MarubeniBB
(自動更新あり)
4ねん割~12ヶ月以内36,000円5,000円
13~24ヶ月以内24,000円
25~36ヶ月以内12,000円
37ヶ月以降(更新月除く)9,500円
3ねん割12ヶ月以内36,000円5,000円
13~24ヶ月以内24,000円
25~36ヶ月以内12,000円
38ヶ月以降(更新月除く)9,500円
にねん割~24ヶ月以内(更新月除く)9,500円

Marubeni光の他に、プロバイダとなるMarubeniBBにも「4ねん割」「3ねん割」のしばりがあり、解約金があるのも注意したいところです…。

しかも、これも自動更新てキツすぎませんかね?

そして、忘れないでほしいのは新規申し込みをしたユーザーには開通工事費の残金もかかってくることです。

工事費の20,900円は、分割払いで「毎月697円×29回+最終月687円」なので、30ヶ月以内での解約時は上記の解約金+工事費用の未払い残金の合計額を支払うはめになります。

「Marubeni光」とは?

「Marubeni光」とは、丸紅テレコムが提供する光インターネットサービスのことです。

すでにお伝えしましたが、丸紅テレコム自体は通信サービスの取次をする大手代理店のひとつで、細々とした各代理店を管理していて、キャリア(NTTなどサービス提供元)との間を取り持つ一次代理店です。

Marubeni光はNTT東西の光回線を使いますが、光コラボレーションモデル(NTT光回線の卸し)のため丸紅テレコム自身のサービスとして提供ができることが特徴です。

他の光コラボ事業者と違う点は、プロバイダサービスを行っていないためMarubeni光は光回線のみとなります。(現在は「MarubeniBB」というプロバイダサービスを開始しています。)

それと、Marubeni光の公式Webサイトがとても見にくい造りのは何とかしてほしいですね。センスがない…。

キャンペーン・割引はあるの?

まず、キャンペーンですが数年前にやっていた新規工事費の無料も終わってしまい、キャッシュバックをやっていた代理店もほとんど見かけなくなってしまいました…。

主な割引としては、利用する契約期間を約束して月額料金が割引されるという内容です。

ただし、上でお伝えしたようにかなりしばりがキツイので解約するときの解約金が高くつく場合があるところは気を付けましょう。

料金体系について

月額料金は「4ねん割」や「3ねん割」をつけて割引を適用した料金で出しています。(プロバイダはMarubeniBB)

 戸建てタイプマンションタイプ
月額料金4ねん割4,675円
+1,023円(プロバイダ料)
3,190円
+1,023円(プロバイダ料)
3ねん割4,675円
+1,078円(プロバイダ料)
3,190円
+1,078円(プロバイダ料)
事務手数料2,200円
工事費20,900円
契約期間36~48ヶ月(自動更新)
解約金14,50~41,000円

長い契約期間と引き換えの割引を適用しても、光コラボの中では高い月額料金です。

また、解約金についてはプロバイダMarubeniBBの分も加算しています。(細かくは「解約方法」でお伝えした料金表を参照してください。)

新規の工事費用ですが、フレッツ光を基準とするならば戸建てタイプが19,800円、マンションタイプが16,500円の設定なので、なんだか高い料金設定になっていることがわかります。

「Marubeni光」のメリット・デメリット

個人的には、残念ながら他の光コラボと比べた時のメリットはありません。デメリットとしては、

  • 新規の工事費用が高い
  • 割引をつけても月額料金は高い
  • 割引のしばりが長く、解約金が高いので解約時に大変
  • キャンペーンがほぼない
  • 評判が悪い

そのため、新規での申し込みやフレッツ光からの転用乗り換え、他の光コラボからの事業者変更乗り換えであっても、Marubeni光をあえて選ぶ必要はありません。

まとめ

今回、Marubeni光については評判やサービス内容をまとめてみた結果、

  • 月額料金が高く縛りが厳しい、評判も悪いのでおすすめできない光コラボ

という事がわかりました。

長い契約期間と高い解約金で利益を取ろうとしてるんじゃないかと勘ぐってしまいます…。

他にキャンペーンやキャッシュバックのある光回線や、月額料金が安い光コラボなんて全然あります。ぜひ下の記事も参考にしてくださいね^^

この記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメント

  1. 川島 より:

    丸紅ヒカリ 高齢の母に電話で契約させられました。結局解約しました。
    新手のサギですよね
    その上解約違約金が36000円ですよ
    説明されたって理解してないのに。
    電話で文句いいましたが、高齢の母に説明したって分かるわけないじゃないっていったら、こちらでは年齢分かりませんからって鼻で笑ってましたからね 本当に感じの悪い会社です。
    皆さん騙されないように注意して下さい。

コメントを残す

*