関西地方で使えるケーブルテレビのネット回線って、お得?速い?便利?

関西地方で使えるケーブルテレビのネット回線って、お得?速い?便利?

インターネットと言えば現在は光回線が主流ですが、実は他にもいくつかあります。

ケーブルテレビ回線によるインターネット回線は古くからあったもので、現在でも一定のシェアを持っています。

関西地方でも、JCOMやBaycom(ベイコム)のインターネット回線が多くの人に利用されています。

そこで今回は、インターネット回線としてケーブルテレビの提供するものはおすすめできるのか、を色々と調べてみました。

インターネット回線の導入を検討中で、光回線とケーブルテレビで迷っている人は是非参考にしてください。

※表記している価格は税込みです。

ケーブルテレビのインターネット回線とは?

関西地方のケーブルテレビを紹介していく前に、まずはケーブルテレビの基礎知識を確認していきましょう。

ケーブルテレビのインターネット回線の仕組み

ケーブルテレビのインターネット回線は基本的に「テレビ配信のためのケーブルをインターネット回線に応用する」という形でできています。

ケーブルテレビというのは、地デジ・BS・CS・有料チャンネルを、アンテナではなく有線ケーブルで家まで引き込んで提供するものです。

例えばですが、ケーブルテレビはこのような順路で家まで配信・配線されています。

  • 電波塔+BS+CS → アンテナ → 日本デジタル配信 → 放送センター → 光ケーブル → 家

インターネットもこの配線を利用して届けますが、以下のような順路で、何らかのケーブルを通し使えるようになります。

  • 基地局 → 電線 → 家

『あれ?ケーブルテレビも光ケーブルを使ってるなら「光回線」じゃん?』と思うかもしれません。

確かに、ケーブルテレビは光ケーブルを使ってテレビもインターネットも提供しているのですが、これはケーブルテレビ用に光回線とは多少異なる様式に変更されているので、厳密に言えば「光回線」ではありません

その証拠に、ケーブルテレビは光回線と違い下り・上りに速度の差が出てしまっています

ケーブルテレビを他のインターネット回線と比較置

ケーブルテレビと他のインターネット回線を比較した場合、ケーブルテレビのインターネット回線がどのような位置にあるのか見ておきましょう。

通信速度工事の有無
光回線1~20Gbps必要
ホームルーター4.2Gbps不要
モバイルWiFi2.7Gbps不要
ケーブルテレビ回線320Mbps必要
ADSL回線50Mbps必要
1Gbps=1,000Mbps(それぞれ1秒にどのくらいデータを送れるかの単位)

インターネットに関して言えば、現在最も速いのは光回線です。

工事が必要な固定回線に限って言えば、

  1.  光回線
  2. ケーブルテレビ
  3. ADSL(電話回線)

の順で速いです(ADSLの新規受付は終了しています)。

工事が不要なインターネット回線には、モバイルWiFiやホームルーターなどがあります。

やはりケーブルテレビのインターネット回線は現在主流となっている「光回線」には勝てず、「電話回線のインターネットより速い」といったレベルにとどまります。

また、ケーブルテレビの提供するテレビサービスに関しても、同じようなものが光回線から「ひかりTV」のような形で出ているので、専売特許も失われつつあります。ケーブルテレビは元々、テレビをアンテナで受信しにくい地域のために作られたもので、電波塔の性能が飛躍的に上がった現在では、その役割も後退しつつあります。

関西地方のケーブルテレビと言えば?

では、関西地方のケーブルテレビと言えばどのようなものがあるのか見ていきましょう。

関地方では「JCOM」が広範囲をカバーしていますが、大阪府では「Baycom」も有名です。

今回はこの2つを紹介し、関西地方の代表的なケーブルテレビのインターネット回線について把握しましょう。

関西地方で使えるケーブルテレビ「JCOM(ジェイコム)」

JCOM引用元 JCOM公式サイトより

「JCOM(ジェイコム)」は関西地方の兵庫県・大阪府・京都府・和歌山県などの地域に広がっていますが、基本的なプランや内容は同じです。

関西地方で展開しているJCOM各社
JCOM 神戸・三木JCOM 神戸・芦屋JCOM 大阪セントラルJCOM 北河内
JCOM 東大阪JCOM 北大阪JCOM 京都みやびじょんJCOM 高槻
JCOM 宝塚・川西JCOM かわちJCOM 和歌山JCOMりんくう
JCOM 堺JCOM 大阪JCOM 和泉・泉大津JCOM 南大阪
JCOM 北摂

JCOMは、基本的に各地域にあったケーブルテレビの会社を買収して、吸収し、巨大化した会社です。とは言え、基本的には親会社である「ジュピターテレコム」が統括しています。

JCOM※JCOM公式サイトより引用

そのため、関西の17支局のどこでも、同じ料金・同じ速度のインターネット回線を提供してくれます。

ケーブルテレビのインターネットサービスの月額料金・速度

JCOMには「ケーブルテレビのインターネット回線」と「光回線」の2つがあります。

ただし、JCOM 大阪セントラル、大阪、東大阪、高槻、和泉・泉大津では、ケーブルテレビのインターネット回線しか提供されていません

JCOMの光回線はauひかりのサービスを使っていて、auひかりは関西地方限定のeo光と提携しています。そのため、eo光と競合しないように、auひかりも関西地方にはマンションタイプしか展開していないのです。よって、JCOMでも提供していないというわけです。

まずは、ケーブルテレビのインターネット回線を見ていきましょう。

<JCOMケーブルテレビ回線>

コース
最大速度(下り/上り)月額料金
320Mコース
320Mbps/10Mbps6,798円
120Mコース
120Mbps/10Mbps6,248円
40Mコース
40Mbps/2Mbps4,576円
12Mコース12Mbps/2Mbps3,476円
※月額料金はインターネット単体の場合。

ケーブルテレビのインターネット回線のため、上りと下りの速度が異なります。

通信速度は一番速いコースで最大320Mbpsとなっていますが、これはあくまで「最大速度」なのでこの速度が出るわけではありません

120Mコースの120Mbpsも結局最大速度にすぎないので、このサービスでスムーズなインターネットが期待できるかは微妙です。そうなると320Mコースしか選択肢がなくなってきますが、これは月額6,798円と高額です。

光回線のほとんどが最大1Gbpsの速度で、戸建てタイプが5,720円/月、マンションタイプが4,180円/月、あたりが相場です。

そのため、インターネット単体で見た場合には、JCOMのインターネット回線はおすすめできません。

関西地方で使えるケーブルテレビ「Baycom(ベイコム)」

Baycom引用元 Baycom公式サイトより

大阪府を中心に展開しているケーブルテレビの会社に「Baycom(ベイコム)」があります。

ベイコムはケーブルテレビのインターネット回線だけではなく、光回線も提供しています。

ケーブルテレビのインターネットサービスの月額料金・速度

まずは、ケーブルテレビのインターネット回線を見ていきましょう。

<Baycomケーブルテレビ回線>

コース
最大速度(下り/上り)月額料金
Baycom NET160
160Mbps/10Mbps5,731円
Baycom NET120
120Mbps/10Mbps5,522円
Baycom NET30
30Mbps/2Mbps5,016円
Baycom NET66Mbps/256kbps2,607円

ベイコムもJCOMと同様に速度が遅いコースが多いです。

また、料金に関しても160Mbpsのコースで5,731円というのは、あまりお得とは言えません。NURO光なら2Gbpsで5,200円ですからね^^;

Baycom光つながるパック

ベイコムには光回線の提供もあります。

「Baycom光つながるパック」では、最大1Gbpsの光回線+ケーブルプラス電話がセットになっていて、額料金5,390円で利用できます。

ケーブルプラス電話は固定電話のサービスで、光回線の場合は大体月額550円なので、光回線のみで月額4,840円といった感じです。これなら、確かにリーズナブルと言えます。

ただし、キャッシュバックがないのが他の光回線よりも劣る点かもしれませんが、auスマホとのauスマートバリューによって毎月最大2,200円割引を受けることができます(最大10回線)。

なお、光サービスの提供エリアは以下の地域です。

  • 大阪府エリア:福島区、西淀川区、港区、大正区、此花区、西区、浪速区、西成区、住之江区、北区・中央区の一部
  • 兵庫県エリア:尼崎市、伊丹市、西宮市、宝塚市・川西市・神戸市北区の一部

Baycom(ベイコム)の光サービス提供エリア引用元 Baycom公式サイトより

ケーブルテレビのインターネット回線は、光回線と比較するとデメリットが目立つ

JCOMとベイコムのインターネット回線をそれぞれ見てきましたが、果たして、インターネット回線としておすすめできるでしょうか?

個人的な意見としては、ケーブルテレビのインターネット回線はあまりおすすめできない、というのが正直なところです…。

ケーブルテレビのメリット・デメリットを確認していきましょう。

デメリット1.通信速度が遅い

まず始めに、昨今のサイトや動画のデータ容量を考えると、ケーブルテレビのインターネット回線ではもはや対応できない速さが必要となります。

その意味で、「ケーブルテレビのインターネット回線は遅い」ということが言えます。正直、最大320Mbpsや160Mbpsではスムーズなインターネット通信はあまり期待できません。

デメリット2.月額料金が高い

次に、ケーブルテレビのインターネット回線は「月額料金が高い」です。320Mbpsで月額6,798円というのはかなり高く、他の光回線でもあまり見当たりません。

光回線であっても、ベイコムの場合はテレビや電話とのパックで申し込まないといけないので、不要な人にとってはマイナスポイントです。

デメリット3.キャッシュバックがない

第3のデメリットとして、「キャッシュバックがない」という点が挙げられます。

ケーブルテレビのインターネット回線には違約金還元のキャンペーンがありませんが、これが必要ない人にとっては何のデメリットではありません。

しかし、キャッシュバックがないというのは誰にでも関わることです。キャッシュバックは基本的に誰でももらえるもので、現在多くの光回線で提供されています。それがないのはマイナスポイントです。

ケーブルテレビのインターネット回線よりおすすめの光回線3つ

ここからはおすすめの光回線を3つ紹介したいと思います。

その3つがこちらです。

おすすめの光回線3つ

1.NURO光
2.ソフトバンク光
3.ビッグローブ光

1つずつ特徴を見ていきましょう。

NURO光

NURO光

 戸建て・マンション(NURO光 G2T)
回線速度2Gbps
月額料金5,200円
事務手数料3,300円
工事費44,000円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間36ヶ月(37ヶ月以降は24ヶ月の自動更新)
解約金10,450円
提供エリア北海道・関東・東海・関西・中国・九州

NURO光の最大の特徴は「通信速度の速さ」と「コストパフォーマンスの良さ」です。

月額5,200円にも関わらず最大2Gbpsの速度で光回線を使うことができます。また、月額料金の中に無線LANルーターのレンタル料も含まれているため、レンタルする際に他の光回線のように別途料金がかかるということもありません。

しかも、工事費も無料でキャッシュバックももらえるため、お得に始めることができます。

NURO光のキャンペーン・割引

  • 45,000円 キャッシュバック
  • 初期工事費が実質無料
  • 高速無線LANが標準装備
  • 設定サポートが1回無料
  • ソフトバンクスマホ・ケータイとのセット割「おうち割光セット」が組める

NURO光のサービスについてはこちらで詳しく解説しています。

ビッグローブ光

ビッグローブ光 ロゴ

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金3年プラン:5,478円
2年プラン:5,698円
3年プラン:4,378円
2年プラン:4,488円
事務手数料3年プラン:3,300円
2年プラン:新規1,100円/転用2,200円/事業者変更3,300円
工事費19,800円
→ キャンペーンで実質無料
16,500円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間3年または2年(自動更新)
解約金3年プラン:11,900円
2年プラン:9,500円
提供エリア全国

ビッグローブ光は、他の光回線と比較してマンションタイプよりも戸建てタイプのほうが相対的に安いです。

工事費もキャンペーンで無料になり、3年プランで申し込むことで引っ越しの際に工事費が何度でも無料になる特典を受けられます。

スマホとのセット割も、au、UQモバイル、donedone、と3つのキャリアに対応しているなど充実しています。

ビッグローブ光のキャンペーン・割引

  • 最大35,000円 キャッシュバック
    または、最大29,000円キャッシュバック+工事費実質無料
  • 光電話加入で4,000円、光テレビ加入で5,000円キャッシュバック増額中
  • Ipv6対応の無線LANルーター無料レンタル
  • auスマホ・ケータイとのセット割「auスマートバリュー」「auセット割」が組める
  • UQモバイルとのセット割「自宅セット割」「ギガMAX月割」が組める
  • donedoneとのセット割「ネットスマホ割」が組める

ビッグローブ光のサービスについてはこちらで詳しく解説しています。

ソフトバンク光

ソフトバンク光

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金5,720円4,180円
事務手数料3,300円
工事費26,400円
→ 乗り換え時/引っ越し時のみ実質無料
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金10,450円
提供エリア全国

ソフトバンク光は料金こそ標準的ですが、キャンペーンが充実している光回線です。

スマホ・携帯割引である「おうち割光セット」や、違約金還元キャンペーンである「あんしん乗り換えキャンペーン」などもあります。また、他社からの乗り換えや引っ越しの場合のみですが工事費も実質無料になります。

キャッシュバックもオプション加入不要で最短2ヶ月後に受け取れます。

ソフトバンク光のキャンペーン・割引

  • 最大37,000円キャッシュバック
  • 乗り換え時/引っ越し時の工事費用が実質無料
  • 他社からの乗り換え費用を最大10万円還元
  • 開通するまでWi-Fiルーター(またはソフトバンクエアー)を無料レンタル
  • ソフトバンクスマホ・ケータイとのセット割「おうち割光セット」が組める

ソフトバンク光で実施中のキャンペーンについてはこちらで詳しく解説しています。

まとめ

今回は関西地方にピンポイントを当て、ケーブルテレビが提供しているインターネット回線を使うのはおすすめできるのか?、について解説してきました。

関西地方ではJCOMやBaycom(ベイコム)などのケーブルテレビでインターネット回線を提供していますが、NURO光や光コラボなどより速度が遅く料金も割高のため、僕的にはあまりおすすめしません。

インターネット単体ではなく、テレビや固定電話とセットで使うことで安く使えたりもしますが、インターネットだけを利用したい人(特に単身者)にとっては不要なオプションになってしまうのが正直なところです。

ただ、auスマートバリューを組めたりもするため、家族がauユーザーで、テレビも固定電話も使うという人は検討してみても良いかもしれません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*