JCOM導入済み「JCOM IN MY ROOM」ってどんなサービスなの?

JCOM導入済み「JCOM IN MY ROOM」ってどんなサービスなの?

最近は『インターネットがないと生活できない!』というくらい、至る所でネット環境が求められていますよね。

そして、マンションやアパートでは、「インターネット完備」という物件も増えてきています。そのような場合、インターネット料金は家賃に含まれていることが多いため、別途でインターネットの料金を払わなくていいことが多いです。

今回ご紹介する「JCOM In My Room」はまさにこれで、すでに物件にJCOMの設備が導入されている物件のことを指します。ただ、このサービス自体が提供されてまだ年数が浅いため、認知度が低いのが正直なところです…。

そこで今回は、JCOM In My Roomのサービス内容やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

※表記している価格は税込みです。

JCOM導入済み物件「JCOM In My Room」とは?

JCOM In My Room引用元 JCOM公式サイトより

「JCOM In My Room」冒頭でもお伝えしたように、すでにJCOMが導入されている物件のことを指します。

まず、JCOMとはどのようなサービスなのか見ていきます。

JCOMは「ケーブルテレビ」サービスをメインで行っている会社です。80チャンネル以上の豊富なCSチャンネルが視聴できるということもあり、現在利用している方や、以前に利用されていた方も多いのではないでしょうか。

しかも、ケーブルテレビのサービスだけではなく、ケーブルテレビの回線を利用してネットサービスやその他のオプションサービスの提供も行っています。

  • JCOM NET(ケーブルテレビ回線利用)
  • JCOM TV(ケーブルテレビ回線利用)
  • JCOM PHONE(ケーブルテレビ回線利用)
  • JCOM 電力
  • JCOM ガス
  • JCOM MOBILE

主なサービスはこちらの6つですが、この他にも、保険や日々の暮らしに役立つサービスを提供しています。

「ケーブルテレビ回線」と聞くと遅いというイメージを持つ方もいると思いますが、最近ではケーブルテレビの「光ファイバー化」や、光回線の技術をケーブルテレビ回線に組み込んだ「光ハイブリッド」なども登場し、光回線と同等の速度で提供できるところまで通信速度も進化しています。

そして、本来「JCOM NET」「JCOM TV」「JCOM PHONE」の3つのサービスは、JCOMの設備を導入し、JCOMの利用しているサービスごとに料金を支払うというのが一般的です。

しかし、今回ご紹介するJCOM In My Roomでは、そもそもこのJCOMの設備が導入されているため、自分でJCOMの申し込みをすることなくJCOMのサービスを入居当初から利用できるのです。

というのも、このJCOM In My Roomはマンションのオーナー向けに提供されているサービスで、『持っている物件の一棟全戸にJCOMを完備しませんか?』というのがJCOM In My Roomの目的です。

入居時には既にJCOMが導入されているため、工事なども必要ありません。家賃にインターネット利用料金が含まれている、もしくは、本来よりも安い特別料金で利用できるというのが我々利用者のメリットと言えます。

JCOM In My Roomのサービス内容?

JCOM In My Roomで利用できるサービスは以下の2つです。

  1. JCOM NET
  2. JCOM TV

JCOM In My Roomでは、このJCOM NETとJCOM TVを、無料または特別料金で利用することができます。

オーナーがJCOM In My Roomを契約する際に、インターネットの速度をどのくらいにするか、そして、チャンネル数はいくつ視聴できるようにするか、によって料金は異なります。

もちろん、JCOM TVであれば見たいチャンネルを別途料金で追加したり、VODでドラマ・映画を購入することもできます。しかし、JCOM NETの速度は自分だけ速い速度に変えるということはできないので、JCOM In My Roomに入居することを考えるなら、インターネットがどのくらいの速度で使えるのかということを確認しておいたほうが良いと思います。

JCOM In My Roomのメリット・デメリット

では次に、JCOM In My Roomのメリット・デメリットについて見てみましょう。

ネットサービスを選ぶなら、メリットだけでなくデメリットもしっかり知っておく必要があります。

というのも、ネットサービスには最低利用期間があることが多く、最低利用期間を過ぎないで解約してしまうと解約金が発生してしまうので、実際利用してみて合わなかったらすぐ解約するということがしづらいです。

もちろんメリットも多くありますので、まずはメリットからご紹介していきます。

JCOM In My Roomのメリット2つ

JCOM In My Roomのメリットはこちらの2つです。

  1. auスマートバリューで毎月のauスマホ料金が最大2,200円割引
  2. アンテナ不要でCS放送が視聴可能
メリット1.auスマートバリューで毎月のauスマホ料金が最大2,200円割引!

「auスマートバリュー」と言えば、auスマホ・ケータイと対象ネットサービスを同時に利用することでケータイ料金が割引されるというもの。

このauスマートバリューは、現在提供されているセット割の中でも最大割引額が1番高く、お得なセット割として知られています。

最大割引額は2,200円で、離れて暮らす50歳以上の家族を含めて最大10台まで適用可能です。auスマホ・ケータイ利用者でしか割引を受けられませんが、セット割で携帯料金がお得にできるのはメリットですね。

スマートフォン(5G/4G LTE)

料金プラン割引額
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)

※受付終了プラン
新auピタットプラン
1GBまで割引対象外
1GB超~7GBまで-550円/月
使い放題MAX 5G ALL STAR パック
使い放題MAX 5G テレビパック
使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G Netflixパック
使い放題MAX 5G with Amazonプライム
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G テレビパック
使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
使い放題MAX 4G Netflixパック
使い放題MAX 4G

※受付終了プラン
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G テレビパック
データMAX 5G Netflixパック(P)
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G with Amazonプライム
データMAX 5G
データMAX 4G LTE テレビパック
データMAX 4G LTE Netflixパック
データMAX 4G LTE
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
-1,100円/月
ピタットプラン 5G(s)
ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超~20GBまで-550円/月
※受付終了プラン
auピタットプランN(s)
auピタットプラン

auピタットプラン(s)
2GBまで
※(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外です。
-550円/月
2GB超~20GBまで-1,100円/月
※受付終了プラン
データ定額1
-1,027円/月
(3年目以降は-550円/月)
※受付終了プラン
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
-1,027円/月
※受付終了プラン
U18データ定額20
-1,551円/月
※受付終了プラン
データ定額5/8/20
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
-1,551円/月
(3年目以降は-1,027円/月)
※受付終了プラン
データ定額10/13/30
-2,200円/月
(3年目以降は-1,027円/月)

ケータイ (4G LTE)

料金プラン割引額
※受付終了プラン
データ定額1(ケータイ)
-1,027円/月
(3年目以降は-550円/月)
※受付終了プラン
データ定額2/3(ケータイ)
-1,027円/月
※受付終了プラン
データ定額5/8(ケータイ)
-1,551円/月
(3年目以降は-1,027円/月)
※受付終了プラン
データ定額10/13(ケータイ)
-2,200円/月
(3年目以降は-1,027円/月)

ケータイ (3G)

料金プラン割引額
カケホ(3Gケータイ・データ付)-1,027円/月

4G LTEタブレット/4G LTE対応PC

料金プラン割引額
タブレットプラン20

※受付終了プラン
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
-1,100円/月
※受付終了プラン
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
-1,551円/月
(3年目以降は-1,027円/月)
メリット2.アンテナ不要でCS放送が視聴可能

本来、CS放送を視聴するためにはアンテナが必要ですが、JCOM In My Roomでは元からJCOMの設備が導入されているためわざわざアンテナを立てる必要がありません

これは光回線の光テレビでも同じ(auひかり以外)ですが、「アンテナの工事費を支払わなくていい」「手間がかからない」という点はメリットと言えますね。

JCOM In My Roomのデメリット3つ

反対に、JCOM In My Roomには以下3つのデメリットがあります。

  1. 料金が高くなる可能性も…
  2. 通信速度が遅い
  3. 引っ越しをする際に少し面倒
デメリット1.料金が高くなる可能性も…

JCOM In My Roomで料金が家賃に含まれている場合、通常より安い料金でJCOM NETとJCOM TVを利用することになります。

ただ、このような全戸一括型の特徴として、「マンション棟内の戸数によって料金が上下する」という難点が挙げられます。

そのため、実際どれくらいの料金で利用できるのかはマンションそれぞれによって違いますし、JCOM In My Roomの場合はインターネットの速度によって料金が異なります。

よって、料金の安定性を考えるとデメリットとなるかもしれないことは覚えておいたほうが良いですね。

デメリット2.通信速度が遅い

JCOM In My Roomではオーナーがインターネットの速度を「12M/40M/120M/320M」の4種類から選び、入居者がその速度で利用することになります。

そのため、契約した速度が12Mbpsだった場合にはもう終わりです…。

12Mbpsという速度は、YouTubeの標準画質の動画が見れるくらいのレベルです。快適にネットを利用できるかと言ったら、そうは言えません。

320Mbpsであればそれなりに使えると思いますが、一般的な光回線の3分の1程度です。

しかも、これらの速度は理論上の最大値で、利用時にその速度が出るというわけではありません。実際にインターネット接続する際の速度は最大値の10分の1くらいのため、320Mの場合は利用時だと30Mbps前後といったところです。

デメリット3.引っ越しをする際に少し面倒

JCOMは様々なサービスを提供していることもあり、引っ越しをする際には以下のような手続きが必要です。

JCOMの引っ越し手順

  1. 引っ越しの申し込み
  2. 引っ越し内容確認、撤去工事日の調整
  3. 引っ越しの連絡(ケーブルテレビ局間)
  4. 加入手続き、設置工事日の調整
  5. 撤去工事
  6. 設置工事

全部で6ステップもあるため、結構面倒くさい気がします…。

また、次の入居先がJCOM In My Roomだと良いのですが、それ以外だとJCOMの料金を今度は自分で支払うことになってしまうため、それまでよりも割高になってしまうケースがあります。

マンションに住んでいる方で引っ越しをする方も多いと思いますので、引っ越し手続きについても考えておくといいですね。

マンションでおすすめのインターネット回線!

マンションで賃貸住宅にお住まいの場合、オーナーから工事の許可が下りないケースも考えられます。

そういった場合は、工事不要のインターネット回線(ホームルーターやポケットWiFiなど)を利用することになります。工事の許可が下りれば様々な光回線を導入できるため、選択肢も広がります。

そこでおすすめするのが、こちらの2つです。

auスマートポートは工事不要で使えるホームルーターで、ビッグローブ光は工事が必要な光回線です。ここからは、2つのサービスの料金や特徴について紹介していきます。

工事不要のauスマートポートがおすすめ

auスマートポートのイメージ画像(公式サイト参照)引用元 KDDI公式サイトより

auスマートポートはauから提供されているモバイル回線のインターネットサービスです。

auスマホとのセット割「auスマートバリュー」に対応しているため、JCOMでセット割を組んでいた場合は継続して割引を受けられますよ。

auスマートポートの月額料金・機器代金

auスマートポートの料金プランは一つのみで、「2年契約N」に加入する・しないによって月額料金が異なります。

プラン2年契約N加入の場合2年契約N未加入の場合
ホームルータープラン4,721円4,908円
ハイスピードプラスエリアモード1,105円
⇒ auスマートバリューmine適用で無料

「ハイスピードプラスエリアモード(auの4G LTE)」は通信オプションで、通常は使った月のみ1,105円がかかりますが、auスマートバリューmineを組むことで無料になります。

端末代金は22,000円で、24回/36回/48回の何れかでの分割払いです(回数は選択可能)。ただし、分割払いの途中でauスマートポートを解約してしまうと、機器代金の残債分が一括請求されてしまう点に注意が必要です。

auスマートポートには3つの特徴がある

auスマートポートの特徴は以下の3つです。

  1. コンセントに挿したらすぐにWiFiが使える
  2. 最大速度は1GBと光回線並みの速さ
  3. 引っ越し手続きが簡単

特徴1.コンセントに挿したらすぐにWiFiが使える

auスマートポートは、工事不要で機器をコンセントに挿すだけでWiFi環境が整うインターネットサービスです。

機器(WiFiルーター)からWiFiの電波を発することで、スマホ・パソコン・テレビ・ゲーム機などの対応機器でインターネット接続が行えます。

特徴2.最大速度は1GBと光回線並みの速さ

JCOM In My RoomでのJCOM NETの速度は最大320Mbpsでしたが、auスマートポートの最大速度は1Gbps

光回線と同じく最大1Gbpsのため、JCOMよりも快適に使える可能性が高いと言えます。

しかも、JCOM In My Roomのように速度によって料金が変わることもありませんし、棟内の戸数によって料金が変動することもありません。

特徴3.引っ越し手続きが簡単

JCOMでは面倒くさかった引っ越し手続きですが、auスマートポートの場合はかなり簡単です。

住所変更をするだけで引っ越しの手続きは終了。というのも、先ほど紹介した通りで、auスマートポートは工事が不要で、住所変更をしてauスマートポートを引っ越し先に持って行き、コンセントに挿せば引っ越し手続きは完了します

手間なくインターネット環境を構築できるので、かなりお手軽なサービスと言えますね。

auスマートポートについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

工事可能ならauスマートバリュー対応のビッグローブ光がおすすめ

ビッグローブ光 ロゴ引用元 BIGLOBE公式サイトより

工事の許可が下りた前提ですが、マンションタイプでも様々な光回線が利用できます。

中でも、全国で利用可能な光コラボの一つ「ビッグローブ光」は、最大1Gbpsでauスマートバリューも組めるといった特徴があります。

ちなみに、auひかりも最大1Gbpsでauスマートバリューが組めます。しかし、auひかりは独自回線を使った光回線で、ビッグローブ光をはじめとした光コラボよりも提供エリアが狭いため、ビッグローブ光の方がおすすめです。

ビッグローブ光の月額料金・工事費

ビッグローブ光の月額料金や工事費は以下のとおりです。

 3年プラン2年プラン
回線速度1Gbps
月額料金4,378円4,488円
事務手数料3,300円新規1,100円
転用・事業者変更2,200円
工事費16,500円
→ キャンペーンで実質無料
契約期間3年(自動更新)2年(自動更新)
解約金11,900円9,500円
提供エリア全国

ビッグローブ光は、3年プラン・2年プランから選ぶことが可能で、3年プランを選ぶことで「引っ越し時の移転工事費が何度でも無料になる」という特典が付いてきます。

工事費はキャンペーンによって実質無料になるため、導入費用は事務手数料の3,300円のみと安く抑えられます。

ビッグローブ光にも3つの特徴がある

ビッグローブ光にも3つの特徴があります。

  1. 固定回線のため通信が安定する
  2. スマホとのセット割が充実している
  3. 高額キャッシュバックがもらえる

特徴1.固定回線のため通信が安定する

ビッグローブ光の通信速度は最大1Gbpsです。先ほどご紹介したauスマートポートも最大1Gbpsでしたので、『同じじゃん!』と思う方も多いかもしれません。

しかし、大きな違いがあります。それは、auスマートポートは電波を使った通信方式に対して、ビッグローブ光は光回線を使った通信方式のため、ビッグローブ光の方が安定性で優れているのです。

そのため、YouTubeやNetflixなどの動画配信サービスやオンラインゲームをする時も、カクカクしたり通信が途切れたりすることなく楽しめます。

特徴2.スマホとのセット割が充実している

ビッグローブ光でもauスマートバリューが組めます。

さらに、auスマホとはビッグローブ光の月額料金が割引される「auセット割」、UQモバイルの料金が割引される「自宅セット割」、donedone(格安SIM)とのセット割「ネットスマホ割」など、セット割がとても充実しています。

複数のセット割を併用することはできませんが、自分の使い方や家族内でのスマホ環境に合わせてセット割を組めば、スマホ料金をお得にできますよ。

特徴3.高額キャッシュバックがもらえる

ビッグローブ光には高額キャッシュバックがもらえるという特徴もあります。

ビッグローブ光正規代理店の株式会社NEXTではキャッシュバックキャンペーンを実施中で、以下の特典から選べます。

  1. 35,000円 キャッシュバック
  2. 29,000円キャッシュバック+工事費実質無料

オプション加入は必須ではありませんが、光電話や光テレビを申し込むと上記の金額に最大9,000円を上乗せしてもらえます。

手続きはビッグローブ光の申し込み時に電話口で口座情報を伝えるだけとシンプルで、書類返送やアンケート回答といった手間も一切ありません。手続きが終われば振り込まれるのを待つだけです(最短2ヶ月後)。

ビッグローブ光についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

なお、マンションではビッグローブ光以外にも様々なサービスが利用可能ですので、良かったら以下の記事も参考にしてみてください。

まとめ

今回はJCOM In My Roomについてご紹介していきました。

もとからJCOMが導入されているのは良いですが、やはり速度的な問題は厳しいのが正直なところです。

自分で選ぶことができないのもやや不安は残るので、ネット環境は個人だけで完結するサービスに申し込むほうがおすすめだと僕は思います。

マンション(特に賃貸)の場合、オーナーから工事の許可が下りないケースもありますが、工事許可が下りれば自分の使い方にあったインターネット環境を整えることができますよ^^

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*