JCOMとビッグローブ光のネットを比較!気になる点をわかりやすく!

JCOMとビッグローブ光のネットを比較!気になる点をわかりやすく!

自宅の光回線を選ぼうとしても、あまりにも数が多くて迷ってしまうことはありませんか?

また、JCOMなどの「ケーブルテレビ回線」が街中で宣伝されていたり、チラシをもらったりして、『あ、地元のやつだから安いのかな?』と思ったりしてしまうこともあります。

そこで、今回は「JCOM」というケーブルテレビ会社のインターネット回線と、安くて一定の評価もある「ビッグローブ光」を比較して、それぞれの特徴を見ていきたいと思います。

※表記している価格は税込みです。

インターネット回線の比較はどこに注意すれば良い?

JCOMとビッグローブ光の比較をしていく前に、光回線やインターネット回線を比較するための手引きを簡単に見ていきたいと思います。

もちろん、すぐにJCOMとビッグローブ光を比較しても良いのですが、そうすると単純に「月額料金」を比較したりして終わってしまったりします。

しかし、光回線の比較項目はたくさんあるのでそれらをしっかり見ておく必要があるのです。

月額料金だけで即決してはダメ!

まず、大きな注意として「月額料金」だけで即決してはいけないということです。

もっと言えばホームページに載っている『○○円で使える!』という文言もあまり信用してはいけません。大体そういう時は、横に「開通6ヶ月」とか指定されていたりします。6ヶ月を超えると、それ以降は2,200円ぐらい高くなったりしてしまうのです。

昔は携帯料金などで『機種代0円!』といった広告がなされていましたが、今はそうした誇大広告も是正されています。

光回線でも、なんやかんやで結果的に一定期間「激安」になることをさも長続きするかのように宣伝しているケースがありますが、今後は是正されるかもしれません。こうした広告で顕著なのは価格.comですね。

月々の料金には「工事費」「ルーター」が含まれる

「月額料金だけを見てはいけない」と言ったからには、他にも見るべきところがあるということですが、それは一体なんなのでしょうか?

その前に、言葉の確認をしておきましょう。この記事では、光回線の月額定額の通信料金を「月額料金」として、その他のもろもろの追加料金等を含めた実際に払う月々の支払いを「月々の料金」としましょう。

「工事費の分割料金」と「ルーターのレンタル代」もチェック

月額料金の他に月々の料金に追加されるもので主なものは「工事費の分割料金」と「ルーターのレンタル代」です。

  • 通信料金:月額料金
  • 月々の料金:月額料金+工事費の分割料金+ルーターのレンタル代+オプションなど

このようになるため、単に月額料金だけで判断してはいけないのです。

よくあるのが「月額料金は安いけど、工事費の分割料金も含めると高い」とか、逆に「月額料金はそこそこだけど、工事費が無料になる」とかいった光回線の料金構成です。大体この2つが多いので、月額料金を見た後は、すぐに工事費も見ておきましょう。

ルーターのレンタル料も無料の方が良い

また、欲を言えばルーターのレンタル代も無料の方が好ましいです。

ちなみに、自宅に設置しなければならない端末は「ONU」と「Wi-Fiルーター」の2つです。

ONUは光回線をLANケーブルに変換する機器で、Wi-FiルーターはそこからくるLANケーブルをつないでLAN端子を増やしたり、Wi-Fi(無線)化して電波を飛ばしたりすることができます。

ONUとWi-Fiルーターが合体していることが多いですが、光回線の業者によっては、「高速で利用するためには専用のルーターもしくは高価なルーターが必要」という場合があります。

もちろん、5,500円前後で買える有能なルーターで十分使うことはできるのですが、レンタルが無料ならそちらを使うべきです。

速度に注意

次に、注意すべき点は「速度」です。『ネットがつながればなんでも良い』と思っている人でも速度に関しては気を付けた方が良いです。

あまりにも遅いと、最悪ホームページを一つ開くにも1分くらいかかったり、1分くらい待たせておいて結局エラーになって開かなくなります。というより、これは昔のインターネット回線の特徴で、現在の回線なら改善しているべきなのですが、今でもそうした問題は起こります。

速度の調べ方

速度に関しては2つの方法で最悪の事態を回避できます。

  • 最高速度が高い光回線を選ぶ
  • 実測速度のランキングなどで選ぶ

インターネット回線には可能な最大速度が決まっています。これが高ければ高いほど、速い速度が出る可能性が高いです。

しかし「ベストエフォート方式」という方式であるため、最大速度というのは「大体これくらい出る」という意味ではなく、「どんなにがんばってもこれ以上は絶対出ない」という速度を意味します。つまり、「最大速度以下の速度しか出ない」という意味です。

ちなみに、実際には最大速度の10分の1くらいが出ます。このことを踏まえて、光回線を選ぶには、「実測速度のランキング」が必要です。RBBスピードアワードなどの実測速度評価サイトなどを見て、ある程度速度の出る光回線を選ぶのが定石です。

特典・キャッシュバックも大事

最後に、見ておくべきなのは「特典」で、特に「キャッシュバック」です。

特典で注目すべきなのは以下の2つです。

  • スマホ・携帯割引(auスマートバリューやおうち割光セット)
  • キャッシュバック(新規契約でもらえる現金)

スマホ・携帯割引は必須項目

まず、大事なのはスマホ・携帯割引です。

もはや光回線とスマホ・携帯割引はセットで契約し、割引を受ける時代です。特に大手キャリア(au・ソフトバンク・ドコモ)でスマホ・携帯を使っている人は、この割引を適用すべきです。

キャッシュバックを忘れちゃダメ!

次に、忘れてはいけないのが「キャッシュバック」です。

キャッシュバックは、「そのことを知っているか知っていないかだけで数万円差が出る」といった代物です。現在なら大手光回線で30,000円前後が相場だったりします。

特に難しいことをしなくても、新規契約を指定の代理店で行えばキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックは、代理店同士が「自分のところで申し込んでほしいから」と思いで設定しているものなので、そこまで怪しいものではありません。

以上のことを踏まえて、JCOMとビッグローブ光の比較をしていきましょう。

JCOMのケーブルテレビ回線

まずは、JCOMのケーブルテレビ回線について見ていきます。

まず、JCOMの2つの特徴を把握しておきましょう。

JCOMの特徴は2つ

JCOMの特徴

  1. JCOMは光回線ではなくケーブルテレビ回線
  2. JCOMは地域によってサービス・料金が異なる

正確に言えば、光回線の技術も混じっていますが、基本的にJCOMはテレビのためのケーブルをインターネット回線にも応用している会社です。

つまり、元々はケーブルテレビのためのものだったケーブルが、現在は主に有料チャンネルのために使われ、さらにインターネット回線にも使われているということです。

インターネット回線というのは、要はケーブルで情報をやり取りできれば良いので、ケーブルテレビ回線でも電話線でも大丈夫です。

次に、JCOMは各地域の危機的なケーブルテレビ会社が合体してできた会社なので、地域ごとにサービスや料金が微妙に異なります。大きくは変わりませんが、元々のケーブルテレビの会社の名残があるようです。

月額料金

まずは、月額料金を見ていきましょう。

地域によって微妙に違うのですが、主な料金構成は変わりません。ただし、JCOMには、「ケーブルテレビ回線」のインターネットと「光回線」のインターネットが両方あります。

『え?JCOMはケーブルテレビ回線なんじゃないの?』と思う方もいるかもしれませんが、JCOM自体はケーブルテレビ回線しか持っていません。auひかりの光回線を借りることで、光回線のプランも提示しているというだけです。

詳細は以下を見ていきましょう。

ケーブルテレビ回線

ケーブルテレビ回線の料金は主に以下のようになっています。

最大速度(下り/上り)戸建てタイプマンションタイプ
320Mbps/10Mbps6,798円
120Mbps/10Mbps6,248円
40Mbps/2Mbps4,576円
12Mbps/2Mbps3,476円

地域によって微妙に異なりますが、ほぼこの料金構成で間違いないです。

一番速いのが320メガで料金は6,798円/月です。ちょっと高いですね…。

標準的な料金なら5,720円/月程度ですから、120メガの6,248円/月が妥当でしょうか。しかし、光回線なら最大速度1Gbps(1,000Mbps)なので、約8倍ほど速度が異なる可能性があります。

もちろん工事費やルーターのことを考えなければならないので、これだけ判断してはいけません。

光回線

JCOMにはケーブルテレビ回線だけでなく光回線もあります。

とは言っても、光回線のプランが提供されているだけで、実際はauひかりのサービスを借りているだけです。

JCOM 10G・5G・1G引用元 JCOM公式サイトより

 10G5G1G
月額料金8,756円7,898円7,348円
設置場所戸建てのみ
最大速度10Gbps5Gbps1Gbps

こちらは戸建てのみで、マンションタイプには提供されていません。

1ギガで見ても、auひかりは戸建て5,610円、マンション4,180円(設備によって異なる)となっているので、それを考えると正直高いと言わざるを得ません。

専門チャンネルや固定電話をつけると安くなる?

とはいえ、JCOMの魅力は「インターネット回線」ではありません。正直インターネット回線だけJCOMで契約するなら損でしかありません。

そのことはJCOMも自覚しているようで、ホームページでも見ても、基本的に「セット料金」で表示されています。何とのセットかと言うと、JCOMお得意の「有料チャンネル」です。

JCOMは昔から「ケーブルテレビ」がメインだったのですが、「地域のケーブルテレビ」というのも利用者が減ってきて、「有料チャンネル」(ディズニーチャンネルとか時代劇チャンネルとか)の利用者にターゲットを絞っているように見えます。

こうした有料チャンネルとのセットで月額料金が安くなったりします

オプションを追加すると、追加しないよりも安くなるって本当?

それも、ホームページで観ると、「有料チャンネルをオプションで追加するのにもかかわらず、ネットのみの時より安くなる」という逆転現象が起きています。

『なんてお得なんだろう!』と思いますが、良く見るとこれはお得ではありません

ホームページには、「通常6,531円が割引適用で月額利用料2,750円」と書かれています。

実際は6ヶ月間だけ安くてそれ以降は割高

確かにこれだけ見るとかなりお得に見えますが、ここには「ある割引」が潜んでいます。それは「WEB限定スタート割」という、6ヶ月間だけ2,750円で利用できる割引です。

「6ヶ月限定」の割引のため、最初の6ヶ月は2,750円でも、それ以降は6,531円となります。

6ヶ月目で解約してもそれなりの解約金が発生するので逃げきれません。こうした期間限定の割引には注意しましょう。

ちなみにJCOMには以下のようなサービスがあります。

インターネット光1Gコースなど
固定電話J:COM PHONE
スマホJ:COM MOBILE
テレビJ:COM(ケーブルテレビ)
電気J:COM電力
ガスJ:COMガス

工事費・ルーター

次に、月額料金以外の月々の支払いを見ていきましょう。

まずは工事費ですが、JCOM NET(ケーブルテレビ)の場合は6,600円が標準です。これはかなり安いですね。また、この工事費は無料にすることができます。

JCOMの工事費無料キャンペーンとは?

JCOM 工事費無料引用元 JCOM公式サイトより

とはいえ、指定されたプランで申し込まないと適用されません。

基本的に固定電話をプラスしたプランになり、有料チャンネルと固定電話がダブルで必要だったりもします。工事費自体が6,600円程度なので、毎月1,100円ぐらい追加するのはちょっと微妙ですね。

ルーターは有料だけど無料にでもできる

JCOMのルーターレンタルは基本的に有料です。レンタルする場合は月額550円です。

無料にするには、こちらのプランで申し込む必要があります。

  • スマートお得プラン(ネット+固定電話+有料チャンネル+動画サービス)
  • スマートお得セレクト(ネット+(固定電話)+有料チャンネル)

ちょっとオプションが『うーん…』と言った感じですね。

auスマートバリュー

JCOMにはauスマートバリューがあります。これはauひかりコースを選ばなくても適用することができます。

auスマートバリューの特徴は以下のとおりです。

auスマートバリューの特徴

  • auケータイ・スマホなどが毎月550円~2,200円割引
  • ネット+固定電話(またはテレビ)の契約が必要
  • 1世帯最大10契約まで割引対象(離れて暮らす50歳以上の家族も可)

ネットと固定電話の契約をすれば、JCOMでもauスマートバリューを使うことができます。auのスマホ・携帯が毎月550円~2,200円割引されるのです。

キャッシュバックは?

キャッシュバックについても見ておきましょう。

JCOMのキャッシュバック事情はどうなっているのでしょうか。

実は、JCOMは基本的に地域密着作戦を取っていると思われるので、ネットでの契約に関してはそこまで激しく行われていません。とは言え、ネット契約も充実させようと、キャッシュバックを設置したり、ネット限定割引を設定したりしています。

JCOMのプレゼントキャンペーンの条件と金額をチェック

今回紹介するのは、JCOM NETキャッシュバック(関東・札幌・仙台エリア)です。他にも地域別でいくつかありますが、とりあえずこれを見ておきましょう。

  • スマートお得プラン(1G+/1G/320+/320):30,000円
  • スマートお得セレクト NET1G/320M+PHONE:25,000円
  • スマートお得プラン320(UR向け特別割引):24,000円
  • スマートお得セレクト NET1G/320M:20,000円
  • スマートお得プラン ミニ:20,000円
  • スマートお得プラン(320+/320):15,000円
  • スマートお得セレクト NET320M+PHONE:10,000円

このように申し込むプランによってキャッシュバック金額が異なりますが、注意すべきは現金ではないということです。

他事業者の光(FTTH)インターネットサービス、または高速モバイル通信サービスをご利用中の方が、新規で対象プランに加入されると、QUOカードをプレゼント。

引用元 JCOM公式サイトより

残念ながらQUOカードでのキャッシュバックになります。

金額は多めに見えますが、問題点として「オプションをつけないとキャッシュバックをもらえない」「現金ではなく商品券」という2点があります。

こちらの記事ではJCOMの評判について紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。

ビッグローブ光

ビッグローブ光 ロゴ引用元 BIGLOBE公式サイトより

次はビッグローブ光を見ていきましょう。

ビッグローブ光の特徴は、光回線はフレッツ光と同じNTT回線を使っているという点です。NTTの光回線を借りているタイプを「光コラボ」と呼びます。

月額料金

月額料金ですが、2年プランと3年プランで料金が異なります。

戸建てタイプマンションタイプ
3年プラン5,478円4,378円
2年プラン5,698円4,488円

総じて、「3年プランはリスクが高くなるが、料金は安くなる」と言えます。

多くのキャンペーンが3年プランを条件としていたりするので、3年プランの方がお得なのは事実です。2年と3年の違いは、無料解約チャンスが2年ごとに来るか、3年ごとに来るかの違いです。

その他の特徴としては、最大速度が1ギガとなっています。

工事費無料・移転工事費無料・ルーター無料

さて、ビッグローブ光の工事費やルーターなど「月額料金以外で月々の支払いに含まれるもの」を見ていきましょう。

工事費は無料になる

まず、工事費ですが3年プランと2年プランで同額です。

戸建てタイプマンションタイプ
3年プラン19,800円16,500円
2年プラン

3年プランには「移転工事費も何度でも無料」という特典が付いてきます。

工事費は当然最初に開通するための工事費ですが、移転工事費というのは「引っ越しした時の引越し先での再工事」を意味しています。3年プランなら、いくら引っ越してもコストがかかりません。

2年プランの移転工事費に関しては残念ながら発生します。

ルーターは6ヶ月間無料

ルーターに関してはこのようになっています。

  • IPv6対応無線LANルーター:6ヶ月間無料
  • 機器返送手数料無料
    ※7ヶ月目以降は550円/月

最初の6ヶ月間は以下のルーターが無料でレンタルできます。

ビッグローブ光のレンタルルーター Aterm WG1200HS3引用元 BIGLOBE公式サイトより

IPv6というのは、新しいインターネット接続の規格で、これを使うとインターネットにすぐ接続できたり、夜間でも混雑せずスイスイ使えたりします。ただし、このIPv6は対応しているルーターを使わないと意味がありません、このAtermのルーターはそれに対応しています。

ただし、半年間しか無料にならないので、それ以降は自分で購入するか、レンタルを継続するか決めなければなりません。

auスマートバリュー・auセット割

さて、実はビッグローブ光でもauスマートバリューなどのセット割が組めます。

しかも、ビッグローブ光にはauスマートバリューだけでなく「auセット割」もあります。

auスマートバリュー・auセット割・自宅セット割の違い

3つの違いを簡単に言うと以下のように分類できます。

auスマートバリューauセット割自宅セット割
割引対象auのスマホ・ケータイなどビッグローブ光UQモバイル
最大割引額(1契約)550円~2,200円/月550円または1,320円/月638円~858円/月
最大割引数10契約1契約10契約
条件光電話(550円/月)なし光電話(550円/月)

auスマートバリューはすでにお伝えした通り、550円~2,200円の割引で、最大10契約まで割引が可能です。しかし、月額550円の光電話(固定電話)を契約しなければなりません。

それに対し、auセット割は550円または1,320円の割引で1契約のみである代わりに、光電話の契約は不要です。ネットさえ契約すれば、ビッグローブ光の月額料金を割引してくれるというわけです。

自宅セット割はUQモバイルの月額料金が割引になるサービスで、UQモバイル版のauスマートバリューといった感じですかね。割引額は違いますが割引数や適用条件が同じです。

キャッシュバックが豊富!

さて、ビッグローブ光はキャッシュバックも豊富です。

ビッグローブ光は、代理店で申し込むことでより多くのキャッシュバックがもらえたりしますが、特におすすめなのはこちらの代理店NEXTです。

ビッグローブ光引用元 NEXTキャンペーンサイトより

キャッシュバック特典は、35,000円 キャッシュバック、または、29,000円キャッシュバック+工事費無料から選べます。

オプション加入は必須ではありませんし、面倒な手続きもなく、最短で2ヶ月後に振り込まれます。

それだけでこれだけの金額がもらえるので超お得ですが、2022年1月現在は、一緒に光電話を申し込むと+4,000円、光テレビを申し込むと+5,000円、キャッシュバックを増額してもらえます。

2年契約でもキャッシュバックキャンペーン対象!

3年契約の方がより多くのキャンペーンを受けることができますが、代理店NEXTの太っ腹な計らいによって、2年契約でもキャッシュバック対象になっています。

キャンペーンの詳細を分類すると以下のようになります。

新規他社転用・事業者変更
契約期間3年契約2年契約3年契約2年契約
キャンペーン①35,000円 10,000円
キャンペーン②29,000円
+工事費無料

これをもう少しわかりやすくすると以下のようになります。

  • 新規+3年契約の人 ⇒ 35,000円 or 29,000円+工事費無料
  • 新規+2年契約の人 ⇒ 29,000円+工事費無料
  • 他社転用・事業者変更の人 ⇒ 10,000円

上記のキャッシュバック金額に加え、新規の場合は光電話を申し込むと4,000円、光テレビを申し込むと5,000円、キャッシュバックを増額してもらえます。

ビッグローブ光のサービス内容についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

JCOMとビッグローブ光を比較!

ここからは、JCOMとビッグローブ光の中身を項目別に比較していきたいと思います。

「月々の料金」ではどう?

月々の料金にも色々あるので、おそらく最も契約する人の多いと思われる「ビッグローブ光3年プラン戸建て」と「JCOM320メガ」を比較してみましょう。

どちらもルーターをレンタルし、工事費を追加していきます。

JCOM(1G)ビッグローブ光(3年・戸建て)
月額料金7,348円/月5,478円/月
ルーター代550円/月0円/月(6ヶ月間)
工事費(6,600円)0円
合計7,898円/月5,478円/月(6,028円/月)

やはり、ルーター代や工事費を含めてもビッグローブ光の方が圧倒的に安いですね!

「速度」はどう?

次に速度ですが、これは簡単に比較できます。

  • JCOM:1ギガ(最大10ギガのサービスも提供)
  • ビッグローブ光:1ギガ

最大速度はこのようになっていて、JCOMでは5ギガ・10ギガサービスも提供していますが正直高いです。

実測速度はどうなの?

実測速度については、RBBスピードアワードが参考になりますが、残念ながら、RBBスピードアワード2020の結果ではJCOMもビッグローブ光も良い成績を残していません。

ただし、ビッグローブ光は以前にauひかりのプロバイダ部門で優秀賞を取っています。また、RBBスピードアワードでは、光コラボの部門で優秀賞を獲得したこともあります。一方で、JCOMがランクインしたことはここ数年でありません…。

「特典」はどう?

さて、最後に特典ではどうでしょうか。

2つの特典について比べてみましょう。ビッグローブ光は代理店NEXTで申し込んだ場合です。

JCOMビッグローブ光
スマホ・携帯割引・auスマートバリュー
・自宅セット割
・auスマートバリュー
・auセット割
・自宅セット割
キャッシュバック金額0~30,000円最大35,000円
キャッシュバック条件固定電話(+有料チャンネル+動画サービス)なし

このように異なります。

ビッグローブ光の方がスマホ・携帯割引の選択肢の幅が広く、キャッシュバック条件もないため、お得です。

やはり、特典に関してもビッグローブ光がおすすめできます。

まとめ

今回は、ケーブルテレビ会社JCOMのインターネット回線と、光コラボでも人気のビッグローブ光を比較してきました。

JCOMではインターネットだけでなく、固定電話、テレビ、電気など、様々なサービスを展開していてセット利用することでお得になります。

しかし、元々の料金が高いため、割引されてもビッグローブ光の料金には適いません。

ビッグローブ光は最大1ギガで月額料金も比較的にリーズナブルです。さらに、auやUQモバイルとのセット割が組めたり、工事費無料やキャッシュバックなどのキャンペーンも充実しています。

この記事が、皆さんのインターネット選びの参考になったら嬉しいです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*