IIJmioひかりの評判はどう?口コミとメリット・デメリットまとめ

IIJmioひかりの評判はどう?口コミとメリット・デメリットまとめ

「IIJmioひかり」の評判についてお調べですか?

IIJmioひかりの提供元である「IIJ」は日本ではじめての国産プロバイダで、国内最大級のインターネットバックボーンを持っているため、安心して利用できる光回線です。

しかし、『IIJmioひかりは遅い』などの噂もチラホラ聞こえたりします。

果たして、IIJmioひかりは本当に遅いんでしょうか?また、IIJmioひかりの速度はどれぐらい出るのでしょうか?

今回は、IIJmioひかりの評判について見ていき、料金・サービス内容、メリット・デメリットなどを解説していきますので、IIJmioひかりが気になる人はぜひ最後までご覧ください^^

※表記している価格は税込みです。

IIJmioひかりの評判・口コミは?

それでは早速、IIJmioひかりの評判を見ていきましょう。

IIJmioひかりに限らず、光回線を利用する上で一番気になるのが速度についての評判ですよね?

この記事をご覧いただいている人の中で、IIJmioひかりの利用を検討していて『IIJmioひかりは遅い』という噂を耳にしてしまい、申し込みをためらっている人もいると思います。

ご安心ください、IIJmioひかりの速度の評判は良いです。

速度についての評判は良い

確かに、以前は『IIJmioひかりは遅い』という評判が多かったのですが、最近は300Mbps超えの人も多く、中には800Mbpsを超えている人もいるようです。

良い評判が増えたのは、「IPv6(IPoE方式)」の利用者が増えたことが大きく影響していると思います。

IPv6は混雑するルートを通らずにインターネット接続を行う新しい通信方式で、夜間や休日などアクセスが集中する時間帯でも速度が遅くなりにくく、快適な速度でインターネットが楽しめます。

IPv6を使う・使わないでは大きな違いがあり、特に動画視聴やオンラインゲームなどデータ容量の多い通信を行うには必須アイテムと言えます。

IIJmioひかりではこのIPv6(IPoEオプション)が月額無料で使えるため、多くのユーザーが利用し、快適にインターネットが使えているんでしょうね^^

中には「IIJmioひかりは遅い…」という声もある

もちろん、すべてのIIJmioひかりユーザーが快適に使えているわけではありません。中には、IPv6を使っていても下り速度が10Mbpsしか出ていない人もいるようです。

光回線は利用する地域や設備状況によって速度に違いが出てしまうため、同じIIJmioひかりでも速い・遅いという違いが出てしまうのです。

光コラボの中でIIJmioひかりは速度が速い方

IIJmioひかりは、フレッツ光と同じNTTの回線設備を使った「光コラボ」というサービスです。

光コラボにはソフトバンク光・ドコモ光・ビッグローブ光など様々なサービスがあり、実に300社以上あるとも言われていますが、その中でもIIJmioひかりは速い方に部類されます。

「みんなのネット回線速度」という光回線などの測定結果を集計しているサイトでは、IIJmioひかりは光コラボの中で7番目に速いんです。

光回線名下り平均速度
1フレッツ光クロス ※1175.45Mbps
2PLALA GGGG光 ※437.18Mbps
3エキサイト光 ※338.65Mbps
4enひかり ※338.55Mbps
5BB.excite光 Fit317.89Mbps
6ソフトバンク光 ※316.88Mbps
7IIJmioひかり311.29Mbps
8おてがる光299.28Mbps
13OCN光280.74Mbps
15ドコモ光 ※270.01Mbps
18So-net光266.15Mbps
23楽天ひかり245.55Mbps
※2022年11月28日の「みんなのネット回線速度」より。フレッツ光・光コラボのみを抜粋。

ランキングに反映されているのは、直近3ヶ月間で50名以上の人が測定している光回線です。

最近は最大10Gbpsのサービスを提供している光回線(名前の後ろに「※」を記載しているサービス)も多いため、それらには敵わないですが、IIJmioひかりはソフトバンク光と変わらないぐらいの結果を残しています。

最大1Gbpsしか提供していないのにこれだけの平均速度が出せるのは、正直、奇跡に近いです^^

料金・セット割についての評判も良い

IIJmioひかりは料金やセット割についての評判も良く、お得に使えている人からは賞賛の声が挙がっています。

IIJmioとのセット割によって毎月660円を割引してもらえるのは魅力です。

格安SIMで組めるセット割の割引額は110円~330円が主流のため、660円も割引してもらえるのは嬉しいの一言に尽きます。

速度も快適で、しかも料金もお得になるなら、IIJmioひかりを使ってみたくなりますね^^

IIJmioひかりとは?

IIJmioひかり引用元 IIJmioひかり公式サイトより

IIJmioひかりは、IIJ(株式会社インターネットイニシアティブ)がプロバイダと光回線をセットで提供しているサービスです。

フレッツ光と同じNTT東日本・西日本の光回線設備を使っている光コラボ(正式名称:光コラボレーションモデル)のため、IIJ自身のサービスとして一括提供されています。

IIJmioひかり公式サイト のカラーリングは個人的には好きですね^^

光コラボについてはこちらをご覧ください。

IIJmioひかりの料金やサービス内容

それでは、具体的にIIJmioひかりのサービス内容を見ていきましょう。

月額料金・初期費用・解約金について

IIJmioひかりの月額料金や初期費用などは以下のようになっています。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金5,456円4,356円
事務手数料新規:880円/転用:1,980円/事業者変更:3,300円
→ キャンペーンで無料
工事費19,800円16,500円
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
解約金3,000円
提供エリア全国

月額料金は他の光コラボと比べると少し高めの印象です。フレッツ光マンションタイプでプラン2を使っている人の場合、プロバイダ次第ではフレッツ光の方が安いかもしれません。

ただ、2022年12月1日~2023年2月28日に申し込むと、キャンペーンによって6ヶ月間の月額料金を3,696円割引してもらえます。mio割(660円割引)との併用も可能のため、6ヶ月間は、戸建てタイプが1,100円、マンションタイプは0円で利用できちゃうんです^^

また、嬉しいのが自動更新タイプではないという点です。

光回線の多くは2年または3年の自動更新になっているため、無料解約できるのは2年または3年に一度の更新月だけです。更新月以外に解約すると解約金がかかってしまいます。

しかし、IIJmioひかりは自動更新ではないため、2年過ぎれば好きなタイミングで無料解約ができるんです。

IPoEオプション(IPv6)が月額無料

最近の光回線はほとんどの事業者が新しい「IPv6」に対応していますが、IIJmioひかりも対応しています。しかも、月額無料で利用できます。

IPoEオプション(IPv6)
月額料金無料
申し込み必要

「IPoEオプション(IPv6)」は、インターネット接続する際に混雑しているルートを通らずに接続する、新しい通信方式です。このIPoEオプションを利用することで、アクセスが集中する時間帯でもインターネットが快適に楽しめるようになります。

他の光回線事業者の場合、IPv6を利用するには330円~550円ほどの月額料金がかかったりしますが、IIJmioひかりでは無料で使えます、

ただし、IPoE通信に対応したWiFiルーターが必要です。

「DS-Lite」というインターネット通信がよりスムーズに行える機能に対応したWiFiルーターを使うことでより快適に利用できますが、IIJmioひかりでレンタル(月額330円)しているWiFiルーターはDS-Lite非対応なんです。そのため、より快適に使いたいという人はDS-Lite対応のWiFiルーターを自分で購入する必要があります。

それを考えると、IPoEの料金とWiFiルーターが込みの 「ドコモ光×GMOとくとくBB」 の方が全然良いように思えます。工事費も完全無料になりますからね^^;

ドコモ光はどんな光回線?料金・速度・評判などをまとめて解説!

IIJmioひかりでは工事費無料やキャッシュバックが行われていない…

光回線にはキャンペーンが付き物ですが、他社で行われている工事費無料やキャッシュバックはIIJmioひかりでは行われていません

IIJmioひかりのキャンペーン・割引は以下のとおりです。

IIJmioひかりのキャンペーン・割引

  • 6ヶ月間3,696円割引
  • 事務手数料が無料
  • ADSL回線から乗り換えのみ工事費無料
  • 格安SIMIIJmio」とのセット割(毎月660円割引)

6ヶ月間の料金が3,696円割引

IIJmioひかりではキャッシュバックこそ行われていませんが、月額料金の割引によってお得に利用できます。

2022年12月1日~2023年2月28日の期間に申し込むと、戸建てタイプ・マンションタイプの月額料金を6ヶ月間3,696円割引してもらえます。3,696円割引×6ヶ月間ですから、22,000円のキャッシュバックがもらえるのと一緒です^^

しかも、mio割(660円割引)との併用もできるため、マンションタイプは6ヶ月間0円で利用できます。

事務手数料が無料

IIJmioひかりの事務手数料は、新規880円、転用1,980円、事業者変更3,300円ですが、キャンペーンによって事務手数料が無料になります。

これと言って適用条件もなく、キャンペーンに関する申し込み・手続きも必要ありません(自動適用)。

工事費無料はADSL回線からの乗り換えのみ

IIJmioひかりでは工事費無料キャンペーンは行われていませんが、VDSL回線からの乗り換えの場合は工事費が無料になります。

光回線が登場する前はADSL回線が主流でしたが、下り速度は最大50Mbpsで通信が不安定なこともあり、光回線の登場によって衰退…。設備の維持をしていくのが難しい状況になってしまったため、2023年1月31日~2024年3月末までに順次廃止されてしまうのです。

現在ADSL回線を利用している人は、2022年12月15日(木)までにIIJmioひかりを申し込むと最大19,800円の工事費が無料になります。

IIJmioとのセット割で毎月660円割引

IIJmioひかりは格安SIMの「IIJmio」とセット割を組むことができ、セット割「mio割」によって月額料金が毎月660円割引になります。

格安SIMは元々の料金が安いこともあり、セット割があっても割引額は110円~330円と低かったりします。しかし、mio割は660円割引と、他のSIMセット割をしている光コラボ事業者の中では一番の割引額です。

また、時期によっては月額料金割引などのキャンペーンも実施していて、2022年11月30日までは6ヶ月間の月額料金が無料になるキャンペーンが行われています。

IIJmioひかりのメリット・デメリット

サービス内容やキャンペーンを踏まえて、IIJmioひかりのメリット・デメリットをまとめておきましょう。

メリットは8つ

  • フレッツ光と同品質の最大1Gbpsの光回線
  • 提供エリアはフレッツ光と同じ
  • フレッツ光からは工事不要で「転用」(乗り換え)ができる
  • 光コラボからは工事不要で「事業者変更」(乗り換え)ができる
  • フレッツ光より月額費用が安い
  • 格安SIM「IIJmio」とのセット割がある
  • 支払い先・問い合わせ窓口がIIJに一本化できる
  • IPoEオプションを使えば快適な速度でインターネットができる

IIJmioひかりには様々なメリットや特徴がありますが、最大のメリットはIIJmioとのセット割が組めるということです。

セット割を組むことで毎月660円割引してもらえるため、IIJmioユーザーならばIIJmioひかり一択と言えます。お得になるだけでなく、支払い先や問い合わせ窓口も一本化できます。

また、IPv6(IPoEオプション)が月額無料で使えるため、動画視聴やオンラインゲームをより快適に楽しみたい人には嬉しいポイントです。

デメリットは2つ

  • 新規申し込みは初期工事費がかかる
  • 契約期間が2年間(自動更新なし)

反対に、最大のデメリットは工事費が自己負担になるという点です。

ほとんどの光回線で工事費無料キャンペーンが行われていますが、IIJmioひかりでは行われていないため、新規の場合は工事費が自己負担になってしまいます。ただ、転用や事業者変更といった乗り換えの場合は工事不要のため工事費がかかりません。

また、2年契約もデメリットと言えばデメリットですが、光回線は2年契約が主流だったりするため、IIJmioひかりだけが長いというわけではありません。なお、自動更新タイプではないため、2年過ぎれば解約金がかかりません。

【注目!】工事費用が無料の光回線7つを紹介!新規でお得に申し込もう!
光回線の解約金にサヨナラ!2年縛りがない光コラボ3選

IIJmioひかりについてよくある質問

IIJmioひかりの評判は?

記事内でも解説していますが、IIJmioひかりは速度やセット割などについての評判が良いです。

下り速度が300Mbps以上出ている人や、セット割でお得に使えている人からは、良い口コミが多数挙がっています。

詳しくは「IIJmioひかりの評判・口コミは?」をご覧ください。

IIJmioひかりは遅いの?

最近は『IIJmioひかりは遅い』という評判・口コミは減っています。

以前は『IIJmioひかりは遅い』という評判・口コミが多かったですが、IPv6(IPoEオプション)が月額無料で使えるようになったこともあり、最近は『速い』『快適な速度で使える』などの声が圧倒的に多いです。

IIJmioひかりの速度はどれぐらい出るの?

2022年11月29日時点の「みんなのネット回線速度」では、IIJmioひかりの平均下り速度は311.29Mbpsです。

平均上り速度も259.06Mbpsと速く、平均Ping値も18.46msと比較的低いため、動画視聴・オンラインゲーム・動画配信などが快適に楽しめます。

IIJmioひかりは工事費無料ですか?

IIJmioひかりは工事費無料ではありません。

ADSL回線からの乗り換えのみ工事費無料ですが、新規で申し込む場合は工事費が自己負担になります。

ただ、フレッツ光からの転用や他の光コラボからの事業者変更といった乗り換えの場合は、工事不要のため工事費がかかりません。

まとめ

今回はIIJmioひかりについて解説してきましたが、サービス内容をまとめると以下のようになります。

  • ユーザーからは速度の評判が良い
  • IPoE(月額無料)を使えばより快適に使える
  • 格安SIMとのセット割は魅力的
  • 新規申し込みの場合は工事費がかかる
  • 契約が自動更新ではなく解約金も安いため乗り換え時のリスクは低い

他の光コラボと同じように、基本的にはフレッツ光からの「転用」乗り換えの人に向いています。特にフレッツ光の戸建てタイプや、マンションタイプ光配線方式プラン1やミニからの転用はお得です。

スマホの通信量も抑えたい人は、SIMフリースマホ(docomoスマホでもOK)で「mio割」を組むとより節約ができます。

IIJmioひかりを検討している人にとって、この記事が参考になったら嬉しいです^^

お役に立てたらいいね・シェアをお願いします♪

もし、この記事が少しでもあなたのお役に立てたと感じられたら、下のSNSボタンからひとつで良いので、いいねやシェアをしていただけないでしょうか?

これからも役に立つコンテンツを作っていく励みになります^^*

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*