『ドコモ光のプロバイダBIGLOBEは遅い』という評判は本当か?

『ドコモ光のプロバイダBIGLOBEは遅い』という評判は本当か?

ドコモ光は23社のプロバイダから選べる光コラボです。

プロバイダの1つであるBIGLOBEを使っているドコモ光ユーザーからは、『プロバイダBIGLOBEは速度が遅い…』という評判が挙がっていますが、本当に遅いのでしょうか?

今回は、ドコモ光×プロバイダBIGLOBE(ビッグローブ)の評判を中心に解説し、サービスやキャンペーン内容、ビッグローブ光との違いなども紹介していきます。

※表記している価格は税込みです。

『ドコモ光×BIGLOBEは遅い』という評判は本当?

インターネットに限らずですが、使う前には何かとそのサービスの評判や口コミが気になるものです。

化粧品や雑貨、小型家電とかであればお試し使いが可能ですが、工事が必要なインターネットではそうはいきません。そんな場合には、実際に使っている人の評判を参考にするのがおすすめです。

遅いという評判は多い

BIGLOBEはプロバイダの中でも大手で利用者も多いため、評判について様々な書き込みがありますが、ドコモ光×BIGLOBEユーザーからは『遅い』という声が多く挙がっています

速度が10Gbpsに満たない方や夜だと1ケタの速度になってしまう方もいました。これだけ遅いと相当なストレスを感じているでしょうね>_<

また、プロバイダをBIGLOBEから他のプロバイダに変えたことで速度アップした方もいました。

速いという評判もある

もちろん、全ての方が『ドコモ光×BIGLOBEは遅い』と言っているわけではありません。中には、300Mbps以上出ていたり、快適に使えている方の評判もあります。

光回線の1Gbpsサービスは実測値として大体80~200Mbps出れば良い方と言われているため、300Mbps超えであれば不満なく使えていると思います。

また、IPv6対応のルーターに買い替えてたことで大幅に改善された方もいるようです。

プロバイダBIGLOBEの速度はドコモ光の中では比較的上位

プロバイダによって速い・遅いがありますが、「みんなのネット回線速度」というスピードテストのサイトではドコモ光のプロバイダごとの平均速度がランキングで紹介されています(2022年7月11日時点)。

順位プロバイダ名ダウンロード速度
1ドコモnet312.49Mbps
2GMOとくとくBB305.58Mbps
3ぷらら284.58Mbps
4OCN277.68Mbps
5BIGLOBE272.84Mbps
6@TCOM267.13Mbps
7ASAHIネット266.74Mbps
8エディオンネット266.24Mbps
9BB.excite258.78Mbps
10DTI240.48Mbps
11@nifty220.01Mbps
12
アンドライン207.05Mbps
13
楽天ブロードバンド195.51Mbps
14
WAKWAK122.94Mbps

ドコモ光で選べるプロバイダは23社ですが、ランキングに反映されているプロバイダは直近3ヶ月間で50名以上の方が測定されているプロバイダです。

これを見るとBIGLOBEの順位は5位と上位にランクインしていて、平均速度も272.84Mbpsと遅いといった印象はありません。しかし、この速度結果が測定するサイトによって違うんです。

僕の知り合いがドコモ光をプロバイダDTIで使っていて、スピードテストをした時にみんなのネット回線速度では200Mbpsを超えていたものの、サイトによっては50Mbpsというところもあったそうです。結局8社ほど試したみたいで、平均は130Mbpsぐらいと言ってました。

それを考慮すると、DTIよりも30Mbpsほど速いBIGLOBEは160Mbpsぐらいが平均速度なのかもしれません。(あくまで推測です)

ドコモ光×BIGLOBEの特徴

ドコモ光×BIGLOBE引用元 BIGLOBE公式サイトより

BIGLOBEは、ネットを使っている人で知らない人はいない、と言っても良いくらいの知名度の高い大手プロバイダです。ISDN時代から継続しているという人も多く、ネット業界の老舗として実に人気の高いプロバイダです。

ドコモ光×BIGLOBEは、「ドコモ光の光回線でプロバイダBIGLOBEを使う」というサービスです。光コラボ以前のフレッツ光のような感覚で契約することになるため、古参ネットユーザーには懐かしさがあるかもしれませんね。

以前の光回線とプロバイダが別々の契約だった時代と違うのは、あくまで光コラボという形態での申し込みとなること。つまり、フレッツ光までのような感覚を持ちつつ、支払いなどは一本化されているので細かい契約手続きは不要です。これもプロバイダを選べるドコモ光の大きなメリットのひとつです。

ドコモ光×BIGLOBEで提供されるサービス

プロバイダBIGLOBEを使うなら、BIGLOBEの光コラボ「ビッグローブ光」でも問題ありません。わざわざドコモ光×BIGLOBEを選ぶメリットは、ドコモのサービスを受けつつBIGLOBEも使えるという点に尽きます。

基本的にはプロバイダを単独契約する場合とほとんど同じものが提供されていいて、ドコモ光でプロバイダBIGLOBEを利用する際のサービスは以下のとおりです。

BIGLOBE プロバイダサービス概要
メールアドレス数最大5個
メールBOX容量5GB
ドメインbiglobe.ne.jp
セキュリティソフトBIGLOBEネットあんしんパック for ドコモ光(12ヶ月無料)
リモートサポート
訪問サポート(初回無料)
Ipv6IPoE
IPv4 over IPv6通信
その他のサービス・Wi-Fiルーター(契約期間中は無償レンタル)
・家族会員サービス(家族4人まで家族ID無料)
・メール転送サービス
・ホームページ(100MBまで)

・Webメール

無料のメールアドレスは5個まで使えたり、メール転送サービス、100MBまでのHPスペースなどのサービスもあります。Wi-Fiルーターが無償レンタルというのも嬉しい特典ですね。

ドコモ光×BIGLOBEの限定特典

ドコモ光×BIGLOBEに申し込んで受けられる限定特典についてご紹介します。

限定特典には、プロバイダでBIGLOBEを選ぶことによって受けられる特典や、別のプロバイダを選んでも受けられる特典もあります。

ドコモ光の初期費用

事務手数料3,300円
初期工事費戸建てタイプ:19,800円
マンションタイプ:16,500円
→ キャンペーンで実質無料

現在ドコモ光では、初期工事費が実質無料になるキャンペーンが行われています。

ただ、他の光回線の工事費無料キャンペーンは常設されているケースが多いですが、ドコモ光の場合は期間限定の場合もあるので注意が必要です。

ちなみに、この工事費無料キャンペーンはBIGLOBE以外のプロバイダを選んでも適用されます。

BIGLOBEならIPv6対応でインターネット通信が快適

BIGLOBEはIPv6(IPoE方式)対応だから快適にネットが使える引用元 BIGLOBE公式サイトより

昨今は、混雑回避が可能な次世代規格のIPv6に対応しているサービスがほとんどです。実際にドコモ光で選べるプロバイダ23社全てもIPv6に対応しているため、「IPv6対応」がアドバンテージというケースも少なくなってきました。

IPv6とは?

Ipv6とは、IPアドレスを事実上無限に増やすことによってインターネット接続時の混雑を回避し、通信速度の遅延を避けながら高速通信を実現する次世代の接続方式です。

インターネットの利用環境が増加してきたことによって、旧規格のIPv4ではインターネット通信時に必要なIPアドレス(住所のようなもの)の発行が間に合わなくなってきてしまいました。このIPアドレスの発行が遅くなることで、『速度が遅い…』という現象が起きてしまうのです。

それを改善するために登場したのがIpv6です。

BIGLOBEならIPv6対応無線LANルーターのレンタル料無料

BIGLOBEでレンタルしているルーター「NEC Aterm WG1200HS3」引用元 BIGLOBE公式サイトより

IPv6を利用するには対応する無線LANルーターも必要になりますが、プロバイダでBIGLOBEを選べばIpv6対応の無線LANルーターが無料で利用できます。

ドコモ光×BIGLOBEへの新規申し込み特典でNEC Aterm WG1200HS3の無線LANルーターが永年無料でレンタルできます。Wi-Fi(無線)のネットは自宅ならどこでもインターネットに繋ぐことができ、スマホのデータ通信量も消費しないというメリットがあります。

これによって毎月のスマホ料金を節約することもでき、通常なら月額330円かかるルーターのレンタル料も無料になります。長期的に見て無線LANの無料のメリットは、ネット生活においても計り知れないため、これだけでもプロバイダでBIGLOBEを選ぶ価値があると言えます。

他にもあるプロバイダBIGLOBEの無料特典

上記以外にもドコモ光でプロバイダをBIGLOBEにすることで受けられる特典があります。

利用する人は限られると思われますが、基本的には必要とされている人が限定的のため、『こういう特典もあるんだ』程度に覚えておいてください。

  • BIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光 最大12ヶ月無料
  • 訪問サポート初回無料

「BIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光」は、セキュリティセット・プレミアム(ウイルス対策)、インターネットサギウォール(ネット詐欺対策)、迷惑メールフォルダオプション(迷惑メール対策)の、3つの厳選セキュリティ対策がパックになったドコモ光×BIGLOBE限定のセキュリティソフトのパックです。

通常は月額550円のオプションサービスですが、キャンペーンによって12ヶ月間は無料になります。13ヶ月目以降は月額550円の料金がかかります。

もう一つの「訪問サポート」は、インターネットの接続設定(1台)、BIGLOBEメール設定(1アカウント)、ドコモテレビターミナルの設定(1台)などの設定をしてもらえるサービスで、1回だけ無料で利用できます。

ドコモ光でプロバイダをBIGLOBEにするメリットは?

ドコモ光×BIGLOBEは「ドコモ光でプロバイダをBIGLOBEで利用する」というサービスですが、『メリットはどこにあるの?』と疑問を持つ人も多いことでしょう。

結論を言うと、ドコモ光×BIGLOBEはドコモ光セット割以外のメリットはありません

プロバイダBIGLOBEを使いたいならビッグローブ光を利用すれば良いだけの話です。しかし、ビッグローブ光では使えないサービスがドコモ光で使えるというメリットがあります。

ドコモスマホとのセット割「ドコモ光セット割」はドコモ光専用

ドコモスマホ・ケータイとの「ドコモ光セット割」は、ビッグローブ光では利用することができません。ドコモユーザーにとって、セット割を組める唯一の光回線がドコモ光なのです。

つまり、プロバイダでBIGLOBEを使いたいドコモユーザーにとって、ドコモ光×BIGLOBEは好都合の光回線ということになりますね。

ドコモ光セット割は、ドコモのスマホ・ケータイとドコモ光をセット利用することで、毎月のスマホ料金が割引されるサービスです。

他の携帯キャリアのauやソフトバンクでもスマホとのセット割はありますが、光電話(月額550円ほどの固定電話サービス)の申し込みが必須条件になっています。しかし、ドコモ光セット割を組む場合にはオプション加入の必要はありません。

割引額はスマホ・ケータイで契約しているプランよって異なります。

「ドコモのギガプラン」を契約している場合

「ドコモのギガプラン」とは、5Gギガホ プレミア、5Gギガホ、ギガホ プレミア、ギガホ、5Gギガライト、ギガライトの総称です。

料金プラン割引額
5Gギガホ プレミア/5Gギガホ-1,100円/月
ギガホ プレミア/ギガホ
-1,100円/月
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB-1,100円/月
ステップ3:~5GB-1,100円/月
ステップ2:~3GB-550円/月
ステップ1:~1GB割引適用外

「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合

「カケホーダイ&パケあえる」の新規受付は終了していますが、契約している方はプラン変更やパケットパックの変更ができます。

料金プラン割引額
ウルトラシェアパック100-3,850円/月
ウルトラシェアパック50-3,190円/月
ウルトラシェアパック30-2,750円/月
ベーシックシェアパックステップ4:~30GB-1,980円/月
ステップ3:~15GB-1,980円/月
ステップ2:~10GB-1,320円/月
ステップ1:~5GB-880円/月
ウルトラデータLLパック-1,760円/月
ウルトラデータLパック-1,540円/月
ベーシックパックステップ4:~20GB-880円/月
ステップ3:~5GB-880円/月
ステップ2:~3GB-220円/月
ステップ1:~1GB-110円/月

新しい「ギガプラン」であれば最大で毎月1,100円割引、以前の「カケホーダイ&パケあえる」シェアパックを使っているなら最大で毎月3,850円の割引が受けられます。

光コラボでは各キャリアや格安SIMとのセット割も主流となっている中、ドコモだけは対応している光回線がドコモ光だけというのは少々扱いにくさがあります。

なお、以下の記事ではドコモ光で利用できるプロバイダ23社の中から、速度・キャンペーンでおすすめのプロバイダを紹介していますので良かったら参考にしてください。

ドコモ光のプロバイダ選びに迷っている方はこちら

ドコモ光は23種類のプロバイダから選べるので、どのプロバイダが良いかわからない方・お悩みの方は相談してみてください。

ドコモ光×BIGLOBEとビッグローブ光の違いは?

では、同じ光コラボであるドコモ光でプロバイダBIGLOBEを利用する場合と、ビッグローブ光(プロバイダは当然BIGLOBE)を利用する場合では、どんな違いがあるのか見てみましょう。

月額料金、初期費用、セット割など様々な違いがある

ドコモ光×BIGLOBEビッグローブ光
月額料金戸建て:5,720円
マンション:4,400円
戸建て:5,478円
マンション:4,378円
初期工事費戸建て:19,800円
マンション:16,500円
→ キャンペーンで実質無料
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
→ キャンペーンで実質無料
事務手数料3,300円3,300円
契約期間2年3年
解約金戸建て:5,500円
マンション:4,180円
戸建て:4,230円
マンション:3,360円
※ビッグローブ光は3年契約の場合。

月額料金で比較した場合

月額料金についてですが、ドコモ光は選ぶプロバイダによって料金が異なり、BIGLOBEの場合は、戸建てタイプが5,720円、マンションタイプが4,400円です。

比較すると、戸建て・マンションどちらもビッグローブ光の方が安いということが分かります。

しかし、最近はもっと安い光コラボも増えてきたため、マンションタイプの料金が4,400円前後だとやや高いと言わざるを得ません…。

初期工事費で比較した場合

工事費はドコモ光・ビッグローブ光どちらもキャンペーンによって無料になります。

ただし注意点があります。それは、どちらのキャンペーンも「実質無料」になるという点で、ドコモ光またはビッグローブ光を契約している期間中しか適用されないため、解約時に残っている(割引されていない)分の工事費は一括請求されてしまいます。

また、先ほどもお伝えしましたが、ドコモ光の工事費無料キャンペーンは時期によっては実施されていなかったりします。

ビッグローブ光の評判は?

先ほどはドコモ光×BIGLOBEがの評判について紹介しましたが、ここではビッグローブ光の評判について紹介します。

とは言っても、ビッグローブ光もプロバイダはBIGLOBEのため、ドコモ光×BIGLOBEと同じように遅い・速いどちらの評判もあります。

ビッグローブ光は遅いという評判

ビッグローブ光は速いという評判

どの光回線に対しても遅いという評判は付きまとうものですが、利用環境がある程度把握できる状況の情報であれば信ぴょう性は高くなります。

IPv6利用者の口コミであれば、ドコモ光×BIGLOBEでもビッグローブ光でも同じことが言えます。IPv6に切り替えた人や対応ルーターに交換した人たちはおおむね満足をしている模様です。

やはりIPv6は偉大ということですね。

もし、プロバイダでBIGLOBEにこだわるなら、ビッグローブ光の方がおすすめです。

月額料金はドコモ光×BIGLOBEより安いですし、auユーザーは「auスマートバリュー」、UQモバイルユーザーは「自宅セット割」を組むことで、毎月のスマホ料金を割引してもらえます。

まとめ

今回は、「ドコモ光×BIGLOBEは遅いという評判は本当なのか?」について見てきましたが、遅いと嘆いている方が多いことが分かりましたね。

また、ドコモ光×BIGLOBEのメリットが少ないことも分かりましたので、プロバイダでBIGLOBEにこだわるなら、月額料金も安くキャンペーンも充実しているビッグローブ光がおすすめですよ。

この記事が、皆さんの光回線選びのお役に立ったら嬉しいです^^

以下の記事では、速度が速い光回線、転用・事業者変更におすすめの光コラボ、料金が安い光コラボ、について解説していますので、是非参考にしてみてください。

こちらの記事もご参考に!

  • 速度が速い光回線をお探しの方は ⇒ こちら
  • フレッツ光からの転用(乗り換え)を検討中の方は ⇒ こちら
  • 光コラボからの事業者変更(乗り換え)を検討中の方は ⇒ こちら
  • 料金が安い光コラボをお探しの方は ⇒ こちら

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*