ビッグローブ光の引っ越し、移転?乗り換え?どっちがお得かを解説!

ビッグローブ光の引っ越し、移転?乗り換え?どっちがお得かを解説!

この記事では、「ビッグローブ光を使っている人が引っ越しする時は、どんな選択肢があるのか?」を解説していきます。

引っ越し先でもビッグローブ光をそのまま利用するのか、引っ越しを機に他の光回線に乗り換えるのか?

実は、引っ越しの際にお得に乗り換えられる光回線があるのです!

この記事で分かること

  • ビッグローブ光の引っ越し方法
  • ビッグローブ光からの乗り換えにおすすめの光回線

※表記している価格は税込みです。

ビッグローブ光の引っ越し方法

まずは、ビッグローブ光の引っ越しの方法を見ていきましょう。

ビッグローブ光を使っていた人が引っ越しをする場合は、「移転(引っ越し)」か「解約・乗り換え」のどちらかです。

  • 移転(引っ越し)・・・ビッグローブ光を解約せず、契約したまま引っ越し先でも使い続ける
  • 解約・・・ビッグローブ光を解約し、新しい光回線に乗り換える

※厳密には、ポケットWiFiやソフトバンクエアーなどの選択肢もあります。

ビッグローブ光を「移転(引っ越し)」する

まずは、引っ越し先でもビッグローブ光を使う「移転(引っ越し)」について見ていきましょう。

BIGLOBEへ「移転(引っ越し)」を申し込む

引っ越し先が決まり次第、BIGLOBEの窓口に移転手続きの連絡を入れます。その時、以下の項目を聞かれるので、あらかじめメモなどをとっておきましょう。

移転手続きの際に聞かれること

  • BIGLOBE ID
  • 移転元の回線設置場所
  • 契約者氏名
  • 移転先の住所、戸建てか集合住宅か
  • 電話番号

引っ越しが決まったら、引っ越す前に電話連絡をしましょう。その際に色々情報を集めておくとスムーズに進みます。

ビッグローブ光をはじめとした光コラボと言われるサービスの大元はNTTです。そのため、日本全国ほとんどの地域で使えると思いますが、引っ越し先で設置できない可能性もあるのでよく調べておく必要があります。

移転手続きの連絡が済んだら、実際に引っ越しをして、「引っ越し元の工事」と「引っ越し先の工事」をしてもらいます。どちらも立ち会いが必要なので都合の良い日で日程調整しましょう。ただし、マンションの場合は「引っ越し元の工事」には立ち会いが不要な場合もあります。

この後は、ルーターなどの設置や設定、ネットで住所変更などの手続きをするだけです。これで、引っ越し先でもビッグローブ光がまた使えるようになります。詳しい工事費についてはまた後で触れます。

ビッグローブ光を「解約」する

今度は「解約」について見ていきます。

これまでは「移転」の話をしていましたが、もし「乗り換え」をするのであれば、この「解約」が必要になります。解約の際は先ほどと同様、電話で解約の旨を伝えれば良いのですが、解約金(違約金)の問題があります。

■ビッグローブ光(3年プラン)
「ビッグローブ光(3年プラン)」は、36カ月単位の定期利用契約となります。定期利用期間の最終月を更新月とし、更新月中に解約の手続きがない限り、以降36カ月毎に定期利用期間が自動更新されます。定期利用期間の最終月とその翌月および翌々月を違約金不要期間とし、違約金不要期間内に解約した場合、違約金はかかりません。違約金不要期間以外の月に解約した場合は、違約金(不課税)をお支払いいただきます。

プラン名回線のタイプ違約金
ビッグローブ光
(3年プラン
一戸建(ファミリータイプ)11,900円(不課税)
集合住宅(マンションタイプ)

引用元 BIGLOBE公式サイトより

更新月(定期利用期間の最終月+翌月+翌々月)であれば解約金はかかりませんが、それ以外の月に解約すると、3年プランの場合は11,900円、2年プランの場合は9,500円の解約金が発生します。

3年プランを例に分かりやすく言えば、このようになります。

  • ビッグローブ光(3年プラン)は3年契約
  • 更新月(36ヶ月目+翌月+翌々月)に解約すれば解約金は0円
  • 更新月以外で解約すると11,900円の解約金が発生
  • 更新月に何もしなければまた3年契約が再び始まる

引っ越しは、いつするか分からなかったり、簡単に時期をずらせなかったりするので、解約金が発生する可能性は大いにあります…。

ビッグローブ光を無料で引っ越すための【3つの手段】

ビッグローブ光の引っ越しをする際には、やはりお金がかかる可能性があります。

 移転(引っ越し)の場合乗り換えの場合
解約金なし更新月以外なら発生
工事費2年プラン:自己負担
3年プラン:無料
乗り換え先によって異なる

移転の場合は引っ越し先で工事費がかかりますが、ビッグローブ光の3年プランなら何度引っ越しても移転工事費は無料です(2年プランは自己負担)。

乗り換えの場合は、原則的に「ビッグローブ光の解約金」と「乗り換え先で光回線の工事費」がかかります。ただし、乗り換えの場合は「解約金還元キャンペーン」「工事費無料キャンペーン」「キャッシュバック」の3つを備えている光回線もあるため、リスクなく引っ越しすることができます。

ということでおすすめな選択肢は3つです。

  1. ビッグローブ光の3年プランならそのまま移転
  2. auひかりの工事費無料キャンペーン+キャッシュバックで乗り換え
  3. ソフトバンク光のあんしん乗り換えキャンペーン+工事費無料キャンペーンで乗り換え

ビッグローブ光の3年プランなら引っ越し工事費が何度でも無料

ビッグローブ光の3年プランは引っ越し時の工事費が何度でも無料引用元 BIGLOBE公式サイトより

ビッグローブ光の3年プランには、「引っ越しの際の工事費が何度でも無料」という特典があります。2年プランの場合は自己負担です。

移転工事費が無料なのは嬉しいですが、これと言って「何かプラスになったり得したりするわけではない」ということも大事です。つまり、新しく光回線を始める場合は代理店で申し込むことで「キャッシュバック」がもらえる、といったメリットがあります。

しかも、引っ越しというのは「新しい光回線に乗り換えるチャンス」でもあるため、ビッグローブ光以外の光回線に乗り換えてキャッシュバックをもらうチャンスをみすみす逃すわけにはいかないのです。

引っ越しの際にビッグローブ光から他の光回線に乗り換えるのもあり

中には、引っ越しを機に『光回線を乗り換えようかな?』と考えている人も多いかもしれません。上でもお伝えしたように、キャッシュバックがもらえてお得になったりしますからね^^

様々な光回線で違約金還元やキャッシュバックなどのキャンペーンが行われていますが、中でも乗り換え先としてすすめの光回線が「auひかり」と「ソフトバンク光」です。

auひかりだと解約金はかかってしまうがキャッシュバックが高額

auひかり引用元 auひかり公式サイトより

auひかりでは、他社で発生した解約金を最大3万円還元してもらえる「auひかり乗りかえスタートサポート」というキャンペーンを行っています。

しかし、このauひかり乗りかえスタートサポートはビッグローブ光には適用できないのです。

「auひかり/auスマートバリュー対象の他社FTTHサービス/KDDIが指定するケーブルテレビ事業者サービスのいずれか」から乗りかえの場合、対象外です。

引用元 auひかり公式サイトより

ビッグローブ光はauスマホとのセット割「auスマートバリュー」が使える光回線なので、auひかり乗りかえスタートサポートの対象とはなりません。ただし、ビッグローブ光については「2017年7月14日 サービス申込み分より」と書かれているので、それよりも前に申し込んだ人であれば適用されます。

キャッシュバックで相殺!

ビッグローブ光で発生する解約金は支払うしかないのでしょうか。

実は、auひかりを代理店で申し込むと高額キャッシュバックがもらえるため、それで解約金は難なくクリアできる、ということも知っておきましょう。

auひかり引用元 NEXTキャンペーンサイトより

  • auひかり+ひかり電話:52,000円 キャッシュバック 今なら+10,000円増額中!
  • auひかりのみ:45,000円 キャッシュバック

このように高額キャッシュバックがもらえます。

ひかり電話をつけたほうがより高額なキャッシュバックがもらえますが、ひかり電話をつけなくてもキャッシュバックを受け取ることができるのです。

しかも今なら、ひかり電話をつけて「プロバイダでSo-netを選択」し「auスマートバリューor自宅セット割を適用」すると、キャッシュバックを10,000円増額してもらえます!

ビッグローブ光の3年プランの解約金は11,900円なので、楽々支払えますね^^

キャッシュバックの手続きもauひかりの申し込みと同時に完了しますし、あとはauひかりが開通した最短翌月に振り込まれるのを待っているだけで良いのです。

初期費用相当額割引(工事費無料キャンペーン)

解約金の問題を回避できたとしても、今度はauひかりで発生する工事費の問題が残っています。

auひかりの工事費は以下のようになっています。

  • 戸建てタイプ:41,250円(初回1,194円+1,178円×34回)
  • マンションタイプ:33,000円(初回1,443円+1,434円×22回)

とてもじゃないけど高すぎます…>_<

しかし、戸建てタイプ・マンションタイプ共に工事費を無料にすることができます。

auひかり「初期費用相当額割引」auひかり「初期費用相当額割引」引用元 auひかり公式サイトより

この「初期費用相当額割引」(工事費無料キャンペーン)の内容・条件は以下のとおりです。

初期費用相当額割引

  • 特典:初期工事費が実質無料
  • 条件:auひかり+ひかり電話(マンションタイプは不要)

戸建てタイプの場合は、ひかり電話(月額550円)をつけることで毎月の工事費の同額分を割引してくれます。マンションタイプではひかり電話を契約しなくても適用されます。

そういえば、代理店NEXTのキャッシュバックもひかり電話をつけることでより高額になるので、ひかり電話も申し込んで工事費を無料にするのはおすすめと言えます!

auスマートバリューでスマホも割引

auスマートバリュー引用元 auひかり公式サイトより

auひかりでも、もちろん「auスマートバリュー」が組めます。

auスマートバリュー

  • 特典:auスマホ・ケータイ・タブレットの月額料金を毎月550円~2,200円割引
  • 条件:auひかり+ひかり電話+対象のauスマホ・ケータイ・タブレット

auスマートバリューによってauスマホなどの料金を毎月割引してもらえます。割引額はauで契約しているプランによて550円~2,200円と違いがあります。また、プランによっては3年目以降に割引額が減額してしまうものもありますので、利用する際にはよく確認しておきましょう。

スマートフォン(5G/4G LTE)

料金プラン割引額
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)

※受付終了プラン
新auピタットプラン
1GBまで割引対象外
1GB超~7GBまで-550円/月
使い放題MAX 5G ALL STAR パック
使い放題MAX 5G テレビパック
使い放題MAX 5G Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G Netflixパック
使い放題MAX 5G with Amazonプライム
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G テレビパック
使い放題MAX 4G Netflixパック(P)
使い放題MAX 4G Netflixパック
使い放題MAX 4G

※受付終了プラン
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G テレビパック
データMAX 5G Netflixパック(P)
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G with Amazonプライム
データMAX 5G
データMAX 4G LTE テレビパック
データMAX 4G LTE Netflixパック
データMAX 4G LTE
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
-1,100円/月
ピタットプラン 5G(s)
ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超~20GBまで-550円/月
※受付終了プラン
auピタットプランN(s)
auピタットプラン

auピタットプラン(s)
2GBまで
※(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外です。
-550円/月
2GB超~20GBまで-1,100円/月
※受付終了プラン
データ定額1
-1,027円/月
(3年目以降は-550円/月)
※受付終了プラン
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
-1,027円/月
※受付終了プラン
U18データ定額20
-1,551円/月
※受付終了プラン
データ定額5/8/20
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
-1,551円/月
(3年目以降は-1,027円/月)
※受付終了プラン
データ定額10/13/30
-2,200円/月
(3年目以降は-1,027円/月)

ケータイ (4G LTE)

料金プラン割引額
※受付終了プラン
データ定額1(ケータイ)
-1,027円/月
(3年目以降は-550円/月)
※受付終了プラン
データ定額2/3(ケータイ)
-1,027円/月
※受付終了プラン
データ定額5/8(ケータイ)
-1,551円/月
(3年目以降は-1,027円/月)
※受付終了プラン
データ定額10/13(ケータイ)
-2,200円/月
(3年目以降は-1,027円/月)

ケータイ (3G)

料金プラン割引額
カケホ(3Gケータイ・データ付)-1,027円/月

4G LTEタブレット/4G LTE対応PC

料金プラン割引額
タブレットプラン20

※受付終了プラン
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
-1,100円/月
※受付終了プラン
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
-1,551円/月
(3年目以降は-1,027円/月)

auひかりについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ソフトバンク光なら乗り換え費用を10万円まで還元

ソフトバンク光引用元 ソフトバンク公式サイトより

次にソフトバンク光を見ていきましょう。

ソフトバンク光は、解約金還元キャンペーン+キャッシュバック、となかなかおすすめ度の高いキャンペーンを実施しています。ただ、ソフトバンク光に乗り換える場合、申し込み方法によってキャンペーンやキャッシュバック金額が異なってきます。

ビッグローブ光とソフトバンク光は、NTT東日本・西日本の回線設備を使った光コラボというサービスになります。そのため、工事不要で簡単に乗り換えができます。

しかし、引っ越し+乗り換えは同時に行えないため、引っ越し先でソフトバンク光を新規で申し込むか、引っ越し前にソフトバンク光に乗り換え(事業者変更)をして移転するか、になります。

  • 引っ越し先でソフトバンク光を新規申し込み:工事費実質無料+37,000円キャッシュバック
  • 現在の住居でソフトバンク光に乗り換えて移転:乗り換え費用負担+15,000円キャッシュバック
  • ビッグローブ光を移転し引っ越し先でソフトバンク光に乗り換え:乗り換え費用負担+15,000円キャッシュバック

あんしん乗り換えキャンペーンで解約金を全額還元

ソフトバンク あんしん乗り換えキャンペーン引用元 ソフトバンク公式サイトより

キャンペーン概要

新たにSoftBank 光/SoftBank Airにお申し込みいただいた方に、他社固定ブロードバンド回線または他社モバイルブロードバンド回線(3Gケータイ・スマートフォン・タブレットは対象外)の違約金・撤去工事費を満額※1還元いたします。

※1 キャッシュバックの対象は他社サービス解約時に発生する違約金・撤去費用・他社モバイルブロードバンド端末代金の残債です。キャッシュバック金額は合計で最大10万円となります。ただし、他社モバイルブロードバンド端末代金の残債に対するキャッシュバック金額は42,000円を上限とさせていただきます。

引用元 ソフトバンク公式サイトより

「あんしん乗り換えキャンペーン」は、「あんしん」して乗り換えられるように、「乗り換え」の時に心配な解約金を還元してくれるキャンペーンです。

ビッグローブ光で解約金などが発生しても、このキャンペーンによって負担がなくなります。

あんしん乗り換えキャンペーン

  • ソフトバンク光 or ソフトバンクエアーを新規契約(固定電話などのオプション加入の必要なし)
  • 解約金・撤去費用・他社モバイルブロードバンド端末代金の残債
  • 最大10万円まで(スマホ・携帯解約金は42,000円まで)

注目すべき点は、auひかりと違い「ひかり電話」をつける必要がないところです。

それから、解約金だけでなく、撤去費用やポケットWiFiなどのモバイルブロードバンドの端末代金残債まで払ってくれます。ソフトバンクエアーというのは、ソフトバンク光と違って工事する必要がなく、機器をコンセントに挿すだけで自宅で簡単・気軽にWiFiが使えるようになるホームルーターです。

工事をしたくないもしくはできない人にとってはおすすめです。

代理店からの申し込みで37,000円キャッシュバック

ソフトバンク光への申し込みも、代理店を通して申し込めばキャッシュバックを受け取ることができます。

ソフトバンク光引用元 NEXTキャンペーンサイトより

代理店によっては、難しい条件を設定していたり、キャッシュバックの申請がやたらと面倒だったりしますが、優良店では「高額」「条件なし」「申請も申し込み時に口座番号を伝えるだけ」と、キャッシュバックが簡単に受け取れる仕組みになっています。

この違いは、「高額で釣って申し込ませキャッシュバックを与えない」という方法か、「キャッシュバックは必ず還元し、信用や人気度を上げて次の顧客につなげる」という方法の2つによってできていると言えるでしょう。

ちなみに、こちらの株式会社NEXTは先ほどauひかりのところでも紹介した代理店で、以下のような好条件が揃っています。

  • キャッシュバック金額は最大37,000円
  • オプション加入の必要なし
  • 手続きも申し込み時に口座情報を伝えるだけ

キャッシュバック金額は、新規の場合が37,000円で、乗り換え(事業者変更)の場合が15,000円です。

代理店NEXTから申し込んでも「あんしん乗り換えキャンペーン」は利用できますので、解約金も還元してもらえ、しかもキャッシュバックももらえて、乗り換えの場合でもかなりお得に申し込めますよ^^

ソフトバンク光で実施中のキャンペーンについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

まとめ

ビッグローブ光はフレッツ光と同じくNTTの光回線を用いた光コラボなので、ほとんどどこにでも移転(引っ越し)をすることができます。

今回の記事で触れたビッグローブ光の解約金や工事費を回避する方法と詳細は、以下の3つにまとめられます。

ビッグローブ光の解約金や工事費を回避する方法

  • ビッグローブ光:3年契約の特典「引っ越し工事費が何度でも無料」を適用する ⇒ ただしプラスはない
  • auひかり:auひかり乗りかえスタートサポートは使えない ⇒工事費無料キャンペーン+キャッシュバック
  • ソフトバンク光:あんしん乗り換えキャンペーン+キャッシュバック

引っ越し先でもビッグローブ光を継続利用するのか、引っ越しを機に他の光回線に乗り換えるのか悩んでいる人はは、この記事を参考にお得に利用できる光回線を見つけてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*