限界突破WiFiの評判は悪い?速度の口コミやメリット・デメリット

限界突破WiFiの評判は悪い?速度の口コミやメリット・デメリット

限界突破WiFiは毎日5GBまでなら使い放題で速度制限もないので、通信量が多い方には魅力的ですよね。

ですが、限界突破WiFiの評判を見てみると、申し込みにあたって心配な点があることも分かってきました。

ここでは限界突破WiFiの評判、速度や速度制限に関する口コミ、メリット・デメリットについてお伝えしていきます。

限界突破WiFiを検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※表記している価格は税込みです。

限界突破WiFiってどんなサービス?特徴は?

※限界突破WiFi 公式サイトより

「限界突破WiFi」は、エックスモバイル株式会社が提供しているモバイルルーター(ポケットWiFi)のサービスです。

エックスモバイル株式会社は、モバイルルーターの他に格安SIMや固定電話といったサービスも提供しており、2014年から事業を開始しています。格安SIMの店舗数は全国で80店と、業界内でもかなり高い水準にある企業です。

限界突破WiFiのサービス内容は下記の通りです。

月額料金3,850円
初期費用
(事務手数料・端末)
0円
データ通信量1日10GB
(5~10GBは最大4Mbps)
最大通信速度(下り)150Mbps
契約期間2年(3年目以降は1年)
解約金2年目までの解約:19,800円
3年目以降の解約:5,500円

端末代0円は他社のモバイルルーターでもよく見られますが、限界突破WiFiは事務手数料まで無料なので、初期費用は0円で始めることができますね。

限界突破WiFiの評判

限界突破WiFiの評判をSNS上から集めてみました。

実際に利用している方がどのような感想を抱いているのか口コミをチェックしていきましょう。

無制限プランは終了している

限界突破WiFiはもともと容量無制限で使えるサービスとしてスタートしましたが、2020年4月から無制限での提供を終了し、通信量に以下のような制限が設けられています。

 1日あたりの通信量速度制限下の速度(下り)
5GB以上4Mbps(快適な速度)
10GB以上128Kbps(低速)

1日5GBまでは速度制限なしで、5GBを超えると4Mbpsに、10GBを超えると128Kbpsに低速化します。

提供条件が変更になった理由は、一部のユーザーが数TB(TB=テラバイト、1TB=1,000GB)の大容量通信を行ったことで大幅な速度低下が発生し、その後供給元から無制限での提供を打ち切られたためです。

2020年3月以前の契約者の提供条件は容量無制限となっているため、限界突破WiFiでは無償解約に応じるなどの措置をとっています。

当時は大きなトラブルとしてニュースにもなっていたので、知っている方も多いかもしれませんね。

無償解約などの対応について

無制限プランの終了に伴う限界突破WiFi(エックスモバイル)の対応について、口コミでは賛否両論となっています。


「危機管理がなっていない」「容量無制限なんて初めから無理だったんだ」という口コミもあれば、「今回の対応は誠実だった」「すんなり解約できたからよかった」という口コミまで様々です。

2020年の春はどんなときもWiFiで通信障害が起きたり、クラウドSIMを使った無制限WiFiでトラブルが続いていた時期だったので、ユーザーの理解は得やすかったかもしれないですね。

個人的には、速やかに無償解約に応じていますし、Youtubeで社長が謝罪を行うなど、対応は悪くなかったように思います。上記のようなトラブルがありながらも、限界突破WiFiはブランドイメージを保てている印象がありますね。

速度制限について

先ほどお伝えしたように、2020年4月以降に限界突破WiFiを申し込む方は、1日5GB以上使うと4Mbpsに、10GB使うと128Kbpsに低速化します。

この速度制限に対する評判を見てみましょう。


無制限の時に契約した人の中には「1日5GBでは足りない」という口コミもありました。通信量が減ってしまったので当然とも言えます。

これから契約する人の口コミでは、「1日5GBは十分な通信量」と評価しているものが多かったです。

速度の評判

速度制限について納得できたらあとは実測速度がどのくらいか、という点が気になりますね。速度に関する口コミは二極化していました。

まずは速いという人の口コミからです。


速いという口コミでは、実測速度で25~35Mbps出ています。

このくらいの速度が出れば、ネットサーフィンはもちろんのこと、Youtubeなどの動画ストリーミングサービスでも止まることなく動画を楽しめます。

ただ、良い口コミでも日頃は速度が遅いかのようなコメントが多いのが少し気になりますね…。

次は悪い口コミです。


モバイルルーターでは実測速度は一ケタということもあり得ますが、1Mbpsを切っている口コミが多いのが気になります。

2Mbps出ていればかろうじてYoutubeの標準画質の動画くらいは視聴できますが、1Mbpsを切っているとネットサーフィンもままならないかもしれません…。

通信障害が多い

限界突破WiFiの口コミで多いのが通信障害についてです。


限界突破WiFiは「つながらない」「回線が途切れる」といった口コミが多く、月に数回再起動しなければいけない人もいるようです。

これは端末の故障というよりも回線の問題でしょうか…。

速度と通信障害については要注意ですね。

限界突破WiFiのメリット

ここまでは限界突破WiFiの評判について見てきたので、ここからはサービス内容の具体的なメリット・デメリットを見てきましょう。

限界突破WiFiのメリットは下記の4点です。

  • 月額料金が3,850円とリーズナブル
  • 広いエリアで繋がりやすい
  • 手続きやレンタルなしで海外利用が可能
  • 端末にアプリ機能を搭載している

1.月額料金が3,850円とリーズナブル

限界突破WiFiの月額料金は3,850円なので、他社のモバイルルーターと比較してもリーズナブルな料金設定になっています。

通信量月額料金
限界突破WiFi5GB/日3,850円
MONSTER MOBILE5GB/日3,828円
どこよりもWiFi150GB/月3,900円
FUJI Wifi5GB/日4,345円

2.広いエリアで繋がりやすい

限界突破WiFiは、「au」「SoftBank」「docomo」のトリプルキャリアのエリアに対応しているので、全国どこにいても繋がりやすくなっています。

特に屋外でモバイルルーターを利用される方にとっては、ビルの中や地下鉄、カフェなどでの繋がりやすさは重要です。

ただ、口コミを見ていると繋がらないという声が多いので、トリプルキャリアという点に期待しすぎない方がいいかもしれません。

3.手続きやレンタルなしで海外利用が可能

限界突破WiFiは海外での利用も可能なので、国外に行ってWiFiレンタルの手続きなど面倒な手間なしでネットが使えます。

海外利用の細かい設定も必要ないので、そういった機械の設定などに弱い方にも便利です。

ただ、海外利用時には利用料金がかかります。対応している国は107カ国でエリアによって料金は異なるため、気になる方は公式サイトで確認してみてください。

4.端末にアプリ機能を搭載している

限界突破WiFiは、モバイルルーターでは珍しく翻訳アプリと地図アプリがインストールされており、端末には5.7インチの大きめのディスプレイが搭載されています。

モバイルルーターとしてだけでなく簡易スマホとしても使え、海外旅行や海外出張に行った際にも便利ですよ。

限界突破WiFiのデメリット

限界突破WiFiのデメリットは下記の2点です。

  • 解約金が高い
  • 最大通信速度はそこまで速くない

1.解約金が高い

限界突破WiFiを2年以内に解約すると、19,800円の解約金が発生します。

解約金の金額はサービスによって異なりますが、一般的なモバイルルーターでは10,000円程度が相場なので高めと言えますね。

実際に利用してみてイメージと違った場合、短期で解約すると負担が大きくなるので注意が必要です。

2.最大通信速度はそこまで速くない

限界突破WiFiは最大通信速度は下り150Mbpsと、モバイルルーターでは平均的な速度ですが、WiMAXと比較するとそこまで速いというわけではありません。

ただ、ネットサーフィンや動画の視聴には十分に対応できる速度なので、オンラインゲームなど大容量のデータ通信を行わない限り快適に利用できるでしょう。

限界突破WiFiの口コミ・評判まとめ

限界突破WiFiの評判や口コミを紹介してきました。

通信量についてはもともと無制限でしたが、2020年4月にサービス内容が変更されて1日5GBで通信制限がかかるようになっています。

評判を見てみると、速度が遅いという口コミと通信障害が多い点が気になります。

どんなネット回線でも速度が速い人と遅い人がいますが、限界突破WiFiは実測で1Mbpsを切っている人と通信が安定しないという口コミが多いように感じます。サービス内容は悪くないんですが、契約するには少し不安がありますね。

契約する際は、他のモバイルルーターと比較検討することおすすめします。

おまけ:1日5GB使える!おすすめのモバイルルーター

最後に、当ブログでおすすめのモバイルルーターを2つご紹介しておきます。どちらも限界突破WiFiと同じく毎日5GB使えるプランがあり評判も良いので、ぜひモバイルルーター選びの参考にしてみてください。

MONSTER MOBILE

モンスターモバイル※MONSTER MOBILE公式サイトより

 縛りなしプラン1年契約プラン
月額料金
(マンスリー)
20GB/月2,640円2,090円
50GB/月3,190円2,640円
100GB/月3,938円3,388円
月額料金
(デイリー)
2GB/日3,278円2,728円
3GB/日3,828円3,278円
5GB/日4,378円3,828円
事務手数料3,300円
端末代金0円
最大通信速度下り:150Mbps/上り:50Mbps
回線ドコモ、au、ソフトバンク
契約期間なし1年
解約金なし1年目:10,780円
2年目以降~:3,300円

MONSTER MOBILEは、限界突破WiFiと同じくクラウドSIMを使った比較的新しいサービスです。クラウドSIMと言っても、無制限での提供はしていないためどんなときもWiFiや限界突破WiFiのような通信トラブルは起きていません。

光回線の提供をしている株式会社NEXTという会社が運営しているため、安心感もありますね。

縛りのないプランも用意されているため、契約するのに不安がある方はまずお試ししてみるのもいいですよ。

料金は業界最安なので、月々の出費を抑えたい方にもおすすめです。

→安い・縛りなし!モバイルWiFiの「MONSTER MOBILE」とは?

FUJI Wifi

※FUJI Wifi公式サイトより

 通常コースデポコミコース
月額料金30ギガ3,410円2,860円
50ギガ3,740円3,190円
100ギガ4,895円4,345円
200ギガ5,995円5,445円
毎日5GB4,895円4,345円
毎日10GB5,995円5,445円
事務手数料3,300円
端末代金0円
最大通信速度下り:300Mbps/上り:50Mbps
回線プランによる(毎日5ギガ・10ギガはマルチキャリア)
契約期間・解約金なしなし
※契約時に5,500円の
デポジットを預け入れる

FUJI Wifiは、ソフトバンク・au・ドコモの中から回線を選ぶことができ、毎日5GB・毎日10GBはトリプルキャリア対応です。

通信トラブルはなくサポートの評判も良いので、安定的に運営されているイメージがあります。

料金プランが豊富で、端末をお持ちならSIMのみの契約もできますよ。

デポコミコースでは契約時に5,500円のデポジットを預け入れますが、1年後に返金されます。実質的な1年契約ですね。通常プランは完全な縛りなしなので、いきなり契約するのが不安な方におすすめです。

→最安級のFUJI WiFiは本当にお得?評判や速度のまとめと他サービスとの比較

以下の記事でおすすめのモバイルルーターをご紹介しています。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*