フレッツ光とドコモ光の違い、どちらがお得か転用メリットをどこよりも分かりやすく解説

フレッツ光とドコモ光の違い、どちらがお得か転用メリットをどこよりも分かりやすく解説

フレッツ光とドコモ光って、『2つともNTT系だから同じなの?それとも違うの?選ぶならどっちが良いの?』と疑問を持ってる人が意外と多く、当サイトの無料相談で聞かれることも多々あります。

そこで、ここではフレッツ光とドコモ光の違いと、どちらが安く使えるのか、そしてフレッツ光ユーザーが転用を考えるためのポイントを分かりやすくお伝えしていきます。

この記事を最後まで見てもらえれば、疑問がすべて解決して、どちらを選ぶべきなのか、または選ぶためのポイントも理解できるようになりますよ。

フレッツ光とドコモ光の根本的な違い

フレッツ光は、ご存知の通りNTT東日本、NTT西日本が提供する光インターネット用の回線サービスです。設備を収容する建物(局舎)や電柱、光ファイバー線、終端装置などの設備をNTTが自前で持っていて、それをユーザーに提供しています。

フレッツ光でインターネットを使いたい場合は、プロバイダを別で契約することでインターネットに接続することができます。

対して、ドコモは携帯電話の設備はありますが、光インターネット用の設備は持っていないので、光回線の設備をすべてNTTから卸してもらい(卸し料金をNTTに支払って)、「ドコモ光」というドコモブランドの光インターネットとして売っています。

ドコモ光は、20社以上の対象プロバイダの中から1つを選んで契約をします。

ドコモのサービスとして提供をするので、お客さんの対応も基本はすべてドコモ光が行います。請求もドコモからになります。

ですが、設備はすべてNTTのものを使っているので、

  • 提供エリア
  • 光ファイバーの品質
  • 光回線による電話やテレビのサービス
  • ONUなどの終端装置
  • 開通工事の時の工事業者

は、すべてフレッツ光と同じです。

この仕組みを「光コラボレーション」といい、ドコモ光の他にもソフトバンク光やOCN光など数百もの光コラボを使ったサービスがでてきています。光コラボについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。
 ⇒光コラボ完全ガイド

光コラボを使うと、サービス提供をする事業者側が料金など自由に設定ができること、もともとの自社サービスを合わせて提供できるので、ドコモ光はドコモのスマホ・携帯電話とセット割引を組めるんですね。

ユーザー側としては、選択肢の幅が広がり、色々な特徴がある光コラボ事業者の中から選べるというメリットがあります。

余談ですが、NTT東日本・西日本はフレッツ光とドコモのセット割をしたいけど、独占禁止法か何かの法に触れてしまいできないので、その代わりドコモのために光コラボをできるようにしたとの噂もあります。

繰り返しますが、ドコモ光はNTT光回線の設備を使った「ドコモブランドの光インターネット」なので、フレッツ光とは商品・サービスとしてはまったくの別物ということです。

ここまででフレッツ光とドコモ光の根本的な違いはわかったと思いますが、次は気になっている人が多い料金的な部分の違いを見ていきましょう。

 

フレッツ光とドコモ光、総合的にどちらが安いの?

フレッツ光とドコモ光をどちらにするか迷ってる人は、この料金の違いを参考にしてもらって決めるのがいいのでは、と思います。

理由は、ドコモ光などの光コラボはだいたいフレッツ光よりは月額料金が安いんですが、フレッツ光のプランは建物状況によって違う(マンションタイプ)ため逆に高くなる場合もあるからです。

ファミリータイプの月額料金を比較

まずは、ファミリータイプでそれぞれの月額料金の比較をしてみます。

 ドコモ光NTT東日本NTT西日本
ネット回線5,200円4,700円4,300円
プロバイダ500~1,200円
合計 5,200円 5,200~5,900円  4,800~5,500円

ドコモ光は定額なので変わりませんが、NTT東西はえらぶプロバイダの月額料金によって支払う合計金額が変わります。

NTT西日本は割引が特殊で、上の表の光回線料金から8年間かけて少しずつですが、さらに3,610円まで安くなるので本当に長く使っていける人は一番安くできるでしょう。

ただし、ドコモ光はドコモスマホとのセット割引が使えるので、通信費全体を見て安くなるならドコモ光を選ぶべきです。

ひとりの場合は最大1,100円、シェアパックならファミリータイプで最大3,200円、マンションタイプで最大3,000円がドコモの料金から割引されます。

マンションタイプの月額料金を比較

次にマンションタイプでの料金比較をしていきます。

 ドコモ光NTT東日本NTT西日本
ネット回線4,000円ミニ:4,050円
プラン1:3,450円
プラン2:3,050円
ミニ:3,950円
プラン1:3,250円
プラン2:2,850円
プロバイダ500~900円
合計4,000円 ミニ:4,550~4,950円
プラン1:3,950~4,350円
プラン2:3,550~3,950円
 ミニ:4,350~4,750円
プラン1:3,750~4,150円
プラン2:3,350~3,750円

フレッツ光のマンションタイプでややこしいのは、建物によって設備が違い、その設備によって月額料金が違うところです。

ミニは4世帯以上、プラン1は8世帯以上、プラン2は16世帯以上の契約が見込めるような規模の建物に設置されています(ユーザーがプランを選ぶことはできません)。

20世帯以下のマンション・アパートならだいたいミニかプラン1だと思いますが、住んでいる集合住宅がどのプランかは実際に申し込んでみないと判りません。

ドコモ光は定額4,000円なので、フレッツ光のミニや、プラン1で高いプロバイダを使うよりは安く使えるということです。そして、ドコモのセット割引があるのでドコモユーザーは割引額も考えてメリットが大きいならドコモ光ですね。

ひとりの場合は最大1,100円、シェアパックならファミリータイプで最大3,200円、マンションタイプで最大3,000円がドコモの料金から割引されます。

「ドコモ光セット割」の詳細

「ドコモのギガプラン」を契約している場合

「ドコモのギガプラン」とは、5Gギガホ/5Gギガライト/ギガホ/ギガライトの総称になります。

料金プラン割引額
5Gギガホ-1,000円
ギガホ-1,000円
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB-1,000円
ステップ3:~5GB-1,000円
ステップ2:~3GB-500円
ステップ1:~1GB割引適用外

「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合

「カケホーダイ&パケあえる」の新規受付は終了していますが、契約している方はプラン変更やパケットパックの変更ができます。

料金プラン割引額
ウルトラシェアパック100-3,500円
ウルトラシェアパック50-2,900円
ウルトラシェアパック30-2,500円
ベーシックシェアパックステップ4:~30GB-1,800円
ステップ3:~15GB-1,800円
ステップ2:~10GB-1,200円
ステップ1:~5GB-800円
ウルトラデータLLパック-1,600円
ウルトラデータLパック-1,400円
ベーシックパックステップ4:~20GB-800円
ステップ3:~5GB-800円
ステップ2:~3GB-200円
ステップ1:~1GB-100円

フレッツ光からドコモ光にするメリットはある?

フレッツ光を使っていて、ドコモ光など光コラボと言われる回線に乗り換える方法は「転用」と呼ばれ、工事費用がかからず、終端装置もそのままで契約を変更することができます。

フレッツ光ユーザーがドコモ光へ転用するメリットは、「ドコモとのセット割も合わせて、通信費全体が安くなるのであれば変えたほうが良い」ということになります。

また、この後でお伝えしますがドコモ光では20種類以上のプロバイダから選べて、「GMOとくとくBB」を選ぶことによって回線速度も快適に使えるので、この部分もメリットと言えます(月額料金にプロバイダ料金込み)。特に今のプロバイダで、夜に速度が遅くなってしまう人には最適です。
 ⇒光コラボへ転用時の注意点9つ!乗り換え時のメリットと共に解説!

 

フレッツ光・ドコモ光を申し込むときの注意点

フレッツ光にはキャンペーンがない…

NTTが光コラボのビジネスモデルを始める前までは、フレッツ光でも工事費無料、キャッシュバック〇万円などのキャンペーンが一般的でしたが、光コラボを境にキャンペーンがなくなりました。

光コラボ事業者と競争しないためと、自分たちがキャンペーンをつけて利益を落とすより、光回線を卸して使ってくれてる光コラボ各事業者がユーザーを集めれば、卸し料金が安定的にNTTのフトコロに入ってくるからなのかなぁ?と個人的には考えています。

そういった意味でも、これから新規でフレッツ光に申し込むよりは、キャンペーンがついてくる光コラボで申し込むことが賢い立ち回りです。

ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」がベスト

ドコモ光×GMO

20種類以上あるドコモ光のプロバイダで、「v6プラス」と呼ばれる次世代通信に対応しているので快適にネットが使えます。「GMOとくとくBB」のWebサイトを見ると、下りの全国平均速度が200Mbps以上出ているようです。

ちなみに「v6プラス」というのは、データが混み合って速度が低下する原因になるルートを通らずにインターネット接続ができる通信技術なんですよ。
 ⇒光コラボの速度UP。v6プラスのサービス内容・知識をどこよりもわかりやすく解説

またキャンペーンもなかなか充実しています。

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン

  • 新規の工事費用が無料
  • キャッシュバックが最大20,000円※1
  • dポイントが2,000ptもらえる※2
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターが0円レンタル
  • 出張サポートが1回無料
  • セキュリティソフトが12ヶ月無料
  • ドコモスマホ・ケータイとのセット割引が使える
    ※1 プロバイダ「GMOとくとくBB」からのキャンペーン。条件として「ひかりTV for docomo(2年割)」+「DAZN for docomo」の申し込みが必要。
    ※2 ドコモからのキャンペーン。新規・転用・事業者変更ともに2,000ptもらえます。

ドコモ光の2年しばりとは別にあった、v6プラス対応Wi-Fiルーター0円レンタルの最低利用期間(3年しばり)が2017年12月からなくなりました。ドコモ光のしばりだけになったので、さらに申し込みやすくなっています。

◆キャンペーンサイト:ドコモ光×GMOとくとくBB

ドコモを使っていないなら?

ドコモを使っていなければフレッツ光を選べば良いの?と思うかもしれませんが、そうではありません。

auを使っていれば、セット割「auスマートバリュー」が使えて、工事費用が0円、キャッシュバックも52,000円もらえる「auひかり」(他社から乗り換えの費用の還元もあり)。

ソフトバンクを使っているなら、提供エリアは狭いけど回線速度が2Gbps、セット割「おうち割光セット」が使えて、工事費用が0円、キャッシュバックも45,000円もらえる「NURO光」

これらの光回線は、提供エリアからしてNTT系の光回線(フレッツ光、光コラボ)とは違いますが、もし提供エリアに入っていれば、使い勝手やキャンペーン内容が非常に良く、それぞれのキャリアスマホとのセット割があるので検討するべきネット回線と言えます。

 

まとめ

フレッツ光とドコモ光の根本的な違いや、料金部分の比較をお伝えしました。

繰り返しますが、ドコモ光はフレッツ光とは別のサービスです。新規で「フレッツ光とドコモ光どちらにするか」また、「フレッツ光からドコモ光に転用をしようか」迷っているなら、

  • ドコモのセット割も含めて、どちらが通信費が安くできるか

で判断をすることが大事なポイントですよ^^ ぜひ、この記事を参考にしてあなたの状況に合ったネット回線を選んでください。

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*