ドコモ光のプロバイダ「ドコモnet」は遅い?評判は?

ドコモ光のプロバイダ「ドコモnet」は遅い?評判は?

ドコモ光は20社以上のプロバイダから選べる光コラボですが、その中の一つに「ドコモnet(ドコモネット)」があります。

ドコモが提供しているプロバイダのため、回線やプロバイダに関するサポートをまとめてドコモが行ってくれるなど魅力はありますが、実際にドコモnetを利用している人からの評判はどうなのでしょうか?

この記事では、評判に加え、サービス内容や料金・特典、さらには他におすすめのネット回線について詳しく紹介していきますので、参考にしてみてください。

※表記している価格は税込みです。

ドコモ光のプロバイダ「ドコモnet」は遅いという評判は本当?

ドコモnet(ドコモネット)に興味はあるものの、『速度は問題ないかな?』と不安に思っている方もいるかもしれません。

実際、ドコモnetは高速通信を実現するIPv6に対応しているのにも関わらず、『ドコモnetは遅い』といった評判を聞きますが、実際にドコモ光でプロバイダをドコモnetで利用している人からの評判は良くないのでしょうか?

『ドコモnetは遅い』という評判


メンテナンス中であることも関係していると思いますが、速くて16Mbpsという書き込みを見つけました。

通常時にどれぐらいの速度が出ているのか気になりますが、もし50Mbps以下だとしたら遅いと言わざるを得ません。


パッと見だと『速いじゃん!』と思った方もいるかもしれませんが、よく見ると260kbpsと1Mbpsにも達していません。0.26Mbpsです…。

『光回線って何?』、ホントそう思っちゃいますよね>_<


こちらの方は、IPv6を利用しているのも関わらず、下り速度が13MbpsとモバイルWi-Fi以下の速度です。これでは光回線を申し込んだ意味があまりないですね。


あまりに遅すぎて『障害なのか?』といった書き込みもありました。

下り6.12MbpsはIPv6が切れてしまった時の速度のようですが、『混雑時に10Mbpsしか出ないというのは噂通り』とあるように、特にIPv4では夜間などの回線速度はあまり期待できないようです。


『夜になると遅い』と嘆いている方もいます。

実際にどのぐらいの速度が出ているかは分かりませんが、遅すぎるとドコモnetではなく別のプロバイダに変えたくなりますよね。


こちらの方は、通常時の下り速度は93.2Mbps出ているものの、混雑時は10.3Mbpsとかなり低下しています。夜間などの混雑時は速度が低下することもありますが、それにしても10Mbpsは遅すぎますね。

『ドコモnetは速い』という評判

ドコモnet利用者全ての方が遅いと言っているわけではなく、速度に満足している人の評判もあります。


350Mbpsとかなり速い速度が出ている方もいます。

光回線の1GBサービスは大体80~200Mbps出れば良い方と言われていますが、これだけ速いと快適に使えますね。


こちらの方は下り速度が500Mbps超えとかなり速い速度が出ています。これだけ速ければWi-Fi接続の台数が多くても影響なさそうですね。


下り284.08Mbpsと高速通信が行えている方もいます。

これだけ速ければ、NETFLIXやYouTubeなどの動画配信サービスや大容量データのダウンロードも支障なく楽しめそうですね。

このように、ドコモnet(ドコモネット)に関しては、『500Mbpsを超えている』といった声もある一方で、『10Mbps程度しか出ない』という声も少なくなありません。

そのため、評判を簡単にまとめると「プロバイダでドコモnetを使っている人からは速度が遅いという声が多い」と言えそうです。

プロバイダのドコモnetはスピードテストで上位にランクイン

みんなのネット回線速度」というスピードテストのサイトではドコモ光のプロバイダごとの平均速度がランキングで紹介されていますが、ドコモnet(ドコモネット)は第3位にランクインしています。

順位プロバイダ名ダウンロード速度(平均)
1ASAHIネット315.01Mbps
2GMOとくとくBB291.5Mbps
3ドコモnet268.61Mbps
4OCN248.87Mbps
5plala(ぷらら)245.95Mbps
6DTI237.29Mbps
7エディオンネット235.77Mbps
8@TCOM235.77Mbps
9BIGLOBE235.34Mbps
10タイガースネット227.93Mbps
11@nifty226.08Mbps 
12
BB.excite217.23Mbps
13
andline207.12Mbps
14
WAKWAK175.84Mbps
15
楽天ブロードバンド143.19Mbps
16
hi-ho99.46Mbps

ドコモ光で選べるプロバイダは24社ですが、ランキングに反映されているプロバイダは直近3ヶ月間で50名以上の方が測定されているプロバイダです。

ドコモnetは第3位で、平均速度も268.61Mbpsとかなり速い速度ですが、実はこの速度結果が測定するサイトによって違うのです。

僕の知り合いがドコモ光をプロバイダDTIで使っていて、スピードテストをした時にみんなのネット回線速度では200Mbpsを超えていたものの、サイトによっては50Mbpsというところもあったそうです。結局8社ほど試したみたいですが、平均は130Mbpsぐらいと言ってました。

それを考慮すると、DTIより30Mbpsも速いドコモnetは150~170Mbpsぐらいの平均速度なのかもしれません。(あくまで推測です)

速度に関しては特に不満なく使えると思いますが、申し込み時のキャンペーンを踏まえると、第2位のGMOとくとくBBでドコモ光を利用するのがおすすめです。

プロバイダのGMOとくとくBBについては後述しますが、今すぐ知りたいという人はこちらでジャンプできます。

プロバイダのドコモnetとは?

ドコモnet ロゴ引用元 docomo公式サイトより

そもそも、ドコモnet(ドコモネット)とはドコモが提供しているプロバイダです。

ドコモ光は24社のプロバイダから選べますが、『ドコモが提供しているプロバイダだから、サービスもきっと1番良いに決まっている』と勢いで申し込んでしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、プロバイダによっては利用できるメールアドレス数やメールBOX容量、Ipv6対応の無線LANルーター無料レンタルなど、サービス内容が異なります。

そのため、よく吟味した上でプロバイダ選びを行わないと後悔することにもなりかねませんので、しっかり確認した上で決めましょう。

ドコモnetの特徴として、主に以下の2点が挙げられます。

  1. ドコモ光のプロバイダの中では料金体系が安いタイプAに属する
  2. 10Gbpsプランにも対応している

それでは、ドコモnetのサービス内容を見ていきましょう。

ドコモnet(ドコモネット)で提供されるサービス

プロバイダのドコモnetで提供される基本サービスは以下のとおりです。

ドコモnet プロバイダサービス概要
メールアドレス数1個
メールBOX容量10GB
ドメインdocomonet.jp
セキュリティソフトネットワークセキュリティ(12ヶ月無料)
リモートサポート
訪問サポート
Ipv6IPoE
IPv4 over IPv6通信
その他のサービス・Webメール
・メール転送サービス
・マルウェア不正通信ブロック機能

メールアドレスは1個だけですが、メールBOXは10GBと大容量です。

セキュリティソフトが12ヶ月無料になっていて、最大3台までのパソコンにインストールすることができます。無料期間終了後は月額385円になります。

BIGLOBEやDTIなどプロバイダによってはIpv6対応のWi-Fiルーターを無償レンタルしていたりもしますが、ドコモnetではそのサービスは行われていません。

マカフィーインターネットセキュリティが12ヶ月無料で使える

マカフィー インターネットセキュリティ引用元 docomo公式サイトより

ドコモnetを利用するメリットのひとつに、「マカフィーインターネットセキュリティ」というウイルス対策ソフトが12ヶ月無料で使えることが挙げられます。

マカフィーインターネットセキュリティとは、ウイルス対策やスパイウェア対策などの基本的なセキュリティ対策に加え、迷惑メール対策や保護者機能などを備えた総合セキュリティソフトです。

これなら、お子さまがいる家庭でも安心してインターネットを利用できますね。

月額料金は4,400円から利用可能

 戸建てタイプマンションタイプ
タイプA5,720円4,400円
タイプB5,940円4,620円
タイプC5,720円4,400円
単独タイプ5,500円+プロバイダ料4,180円+プロバイダ料
※2年契約プランで申し込んだ場合。2年契約なしの場合はそれぞれ+1,650円。

ドコモ光は、タイプA・B・Cのプロバイダの中から選択できます。

今回紹介しているプロバイダのドコモnet(ドコモネット)はタイプAに属しているため、ドコモ光でプロバイダをドコモnetにした場合の月額料金は、戸建てタイプが5,720円、マンションタイプが4,400円になります。

初期費用はキャンペーンで実質無料

事務手数料3,300円
初期工事費戸建てタイプ:19,800円
マンションタイプ:16,500円
→ キャンペーンで実質無料

現在ドコモ光では、初期工事費が実質無料になるキャンペーンが行われています。

ただ、他の光回線の工事費無料キャンペーンは常設されているケースが多いですが、ドコモ光の場合は期間限定の場合もあるので注意が必要です。

この工事費無料キャンペーンはドコモ光公式で実施されているため、ドコモnet(ドコモネット)以外のプロバイダを選んでも適用できます。

ドコモnetのIPv6インターネット接続

先ほど紹介したTwitterの評判の中で何度か登場した「IPv6」や「IPv4」という名前、これはインターネットへの接続方式の違いを表しています。

簡単に説明すると、これまでは「IPv4(PPPoE方式)」と呼ばれる方法でインターネットに接続してきましたが、インターネットの利用者が増えたことでこの接続方法だけでは混雑が生じ、速度の低下が起きるという事態が発生します。

そこで新たに登場したのが「IPv6(IPoE方式)」と呼ばれる新方式の接続方法で、新しい接続方法は利用者も少ないため混雑を避けて快適にインターネットに接続することができるのです。

ドコモnet(ドコモネット)では、新方式のIPv6インターネット接続と、従来方式によるIPv4インターネット接続の両方のネットワークを使えます。

これにより、IPv6に対応したWEBサイトなどへ接続する際は、従来のIPv4とは異なる新たなIPv6のネットワークに流すことで、より快適にインターネットを利用できるようになります。IPv6とIPv4の切り替え操作も特に必要ありません。

ドコモ光ルーター 01について

ドコモ光ルーター01引用元 docomo公式サイトより

ドコモ光から提供されている無線LANルーターに「ドコモ光ルーター 01」(月額330円)があり、docomoがワンストップでサポートしてくれます。

ドコモnet(ドコモネット)では、「ドコモ光ルーター 01」を所有しているの場合、ネットトータルサポートセンターへ電話するだけでオペレーターがプロバイダ情報の確認から初期設定まですべて遠隔で代行してくれます。このようなサービスを利用できるプロバイダはドコモnetだけです^^

『自分で接続や設定をするのは不安』という人には安心できるサービスですね。

ドコモnetは10ギガにも対応

ドコモ光の基本プランの最大速度は上り・下りともに最大1Gbpsですが、ドコモnet(ドコモネット)は2020年4月から提供開始になった「ドコモ光 10ギガ」にも対応しているため、最大速度10Gbpsの利用も可能です。

10ギガタイプを利用する場合は月額料金が7,150円となりますが、速度を重視したい人や家族でインターネットを同時に使う人、オンラインゲームをする人などには非常に嬉しいサービスですね。

2021年9月時点での対象エリアは東京都・大阪市・名古屋市の一部とまだ狭いですが、順次拡大されることが予想されます。

なお、「ドコモ光 10ギガ」を利用する場合、別途10Gbps対応ルーターが必要です。

ドコモ光ならプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ

ドコモ光×GMO引用元 GMOとくとくBB公式サイトより

ドコモ光は24社のプロバイダから選択可能ですが、速度やキャンペーンを考えると、新規でドコモ光の申し込みを検討している人にはドコモnet(ドコモネット)よりもGMOとくとくBBがおすすめです。

月額料金はGMOとくとくBBもドコモnetと同じタイプAのため同額ですが、ドコモnetとGMOとくとくBBの大きな違いは速度とキャンペーン内容にあります。

GMOとくとくBBの下り平均速度は300Mbps超えと速い!

GMOとくとくBBの速度は、公式サイト内で平均速度が下り346.38Mbps・上り300.65と公表されているほどです。

また、Twitterの書き込みからも満足度が高いことが窺えます。


こういった評判が多くあるため、GMOとくとくBBは高速通信がより期待できるプロバイダと言って良いでしょう。

また、GMOとくとくBBではドコモnet(ドコモネット)にはないお得なキャンペーンが用意されています。

GMOとくとくBBはキャンペーン特典が充実

GMOとくとくBBの特徴としてキャンペーンの豊富さが挙げられます。

  1. 最大20,000円 のキャッシュバック
  2. Ipv6対応の無線LANルーターを無料レンタル

プロバイダのGMOとくとくBBでドコモ光を申し込むと、最大20,000円 のキャッシュバックがもらえます。

最大20,000円 をもらうためにはテレビサービスなどのオプション加入が必要ですが、オプション加入なしでも5,500円のキャッシュバックをもらえるのは魅力です。

また、GMOとくとくBBではIPv6対応の無線LANルーターを無料レンタルできます。他のプロバイダでは、自分でルーターを購入する必要があったり月額330円〜550円のレンタル料金が発生することが多いですが、GMOとくとくBBでは永年無料でIPv6対応の無線LANルーターを使用できますよ。

以上のことからも、GMOとくとくBBは、初期費用をかけずに、すぐに高速インターネットを始められるプロバイダのためとてもおすすめです。

ドコモ光×GMOとくとくBBの評判については、以下の記事で紹介しています。

安いネット回線にこだわるなら「@スマート光」がおすすめ

@スマート光引用元 @スマート光の公式サイトより

『ドコモ光は料金が高いから安いネット回線に乗り換えたい』『少しでも安いインターネットを使いたい』という人には、業界最安値の@スマート光がおすすめです。

 戸建てタイプマンションタイプ
回線速度1Gbps
月額料金格安プラン4,400円3,300円
通常プラン4,730円3,630円
事務手数料3,300円
→ キャンペーンで無料
工事費19,800円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
16,500円
→ キャンペーンで無料
※通常プランの場合
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合
解約金24ヶ月(自動更新なし)
※新規の場合

特長は何と言っても料金の安さで、数ある光コラボの中でも最安値です。また、ドコモ光とは違い、通常プランであればいつ申し込んでも工事費無料キャンペーンを受けられます。

ドコモnet(ドコモネット)と比べても料金差は明らかで、年間に換算すると1万円近く違ってきます。また、契約期間も自動更新ではなく最低2年のため、2年過ぎればいつ解約しても解約金がかかりません。

スマホとのセット割こそありませんが、元々のネット代が安いため、浮いた分をスマホ代に充てるという節約もできますよ。

@スマート光は速度や料金についての評判も良い

@スマート光については『料金が安い』『快適に使える』など様々な書き込みがあり、Twitterでの評判も上々です。

@スマート光は対応の良さでも評判が良い

また、サービスだけではなく『対応が良い』といった書き込みも多いです。


@スマート光については以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

今回はプロバイダのドコモnet(ドコモネット)について紹介してきました。

ドコモnetの主な特徴は、以下の2つが挙げられます。

  1. ドコモ光のプロバイダの中では料金体系が安いタイプAに属する
  2. 10Gbpsプランにも対応している

ドコモnetはドコモが提供しているプロバイダのため、ドコモがワンストップでサポートしてくれる点は魅力ですが、速度に関する評判はそこまで良いとは言えません。

もしドコモ光にこだわるなら、ドコモnetよりも高速通信が期待できて、キャンペーンも充実しているプロバイダのGMOとくとくBBがおすすめです。

また、ドコモ光にこだわりがなかったり、現在ドコモ光でプロバイダをドコモnetで使っていて速度に不満があったり、料金を安くした場合は@スマート光がおすすめです。

この記事を参考に、最適なネット回線選びをしてみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*