格安SIMの知識や選び方、サービスの紹介

格安SIMについて知っておくべき知識や、メリットや注意点、選び方やおすすめなどを紹介しています。

1.格安SIMって何?

 

2.格安SIMの選び方

 

3.格安SIM選び

https://internet-all.com/iijmio/

IIJmioはおすすめ?料金や評判、メリット・デメリットのまとめ

IIJmioはおすすめ?料金や評判、メリット・デメリットのまとめ

IIJmio(アイアイジェイミオ)は、株式会社インターネットイニシアティブが提供する、個人向けインターネットサービスです。

IIJmioでは、音声通話機能付きSIM・SMS機能付きSIM・データ通信専用SIMなど、自分に必要な機能だけをチョイスできるので、ムダなくインターネット・スマホを利用できます。

日本初の「esim」も選択できるので、お使いのキャリア・電話番号はそのまま、データ通信の料金だけを賢く節約できちゃいます。

今回は、IIJmioの特徴やメリット・デメリットを解説します。

IIJmioとは?どんなサービス?

IIJmioは、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供する、個人向けインターネットサービスです。

IIJ(アイアイジェイ)はインターネットイニシアティブの頭文字、mio(ミオ)は「私の」「私のもの」という意味のイタリア語を組み合わせて、ブランド名称は「IIJmio」となっており、読み方は「アイアイジェイミオ」です。

ブランド名称のとおり、IIJmioは自分好みのサービスを自由に利用できるインターネットサービスの提供がコンセプトとなっています。

インターネットイニシアティブでは、法人向けのサービスを主に提供しており、ビジネスユーザーにも支持される高い品質・信頼性のサービスを個人で楽しめます。

インターネットイニシアティブは、独自サービス型SIMの保有回線数シェア1位の会社なので、格安SIMを信頼できる会社で契約したい方にもベストですね。

2021年4月1日スタート☆IIJmioの新料金プラン

IIJmioは、ドコモ・auのどっちも選べるマルチキャリア対応で、自分好みに料金プランを契約できます。

IIJmioでは、必要な機能に合わせた3つのSIMカードとeSIMを選べます。

  • 音声通話機能付きSIM
  • SMS機能付きSIM
  • データ通信専用SIM
  • eSIM

それぞれの料金プランをチェックしていきましょう。

プラン\データ容量2GB4GB8GB15GB20GB
インターネット通信音声通話SMS
音声通話機能付きSIM
780円980円1,380円1,680円1,880円
インターネット通信SMS
SMS機能付きSIM
750円950円1,350円1,650円1,850円
インターネット通信
データ通信専用SIM
680円880円1,280円1,580円1,780円
eSIM
eSIM
400円600円1,000円1,300円1,500円
※税抜き価格
※ドコモ網(タイプD)・au網(タイプA)共通

 メイン回線でキャリアの携帯電話のように使いたいひとは、音声通話機能付きSIMであれば、通話もSMS(ショートメール)もできます。インターネットのデータ容量で選べば、自分の選択すべきプランが見えるでしょう。

格安SIMのIIJmioは、低容量から大容量まで、選びやすくなっていますね。

データ容量が繰り越しできる

上記どのプランも、データ容量の有効期限は、データが付与された月の翌月末日まで。(利用開始月のみ、日割り付与)

なので、余ったデータ容量は翌月までであれば繰り越しされるということです。

データ容量超過後や節約モードでは最大300kbps

データ通信は、ドコモ網を利用するか、au網を利用するかによって速度も提供エリアも異なります。

  • タイプD・・・NTTドコモのLTE/3G網
  • タイプA・・・auの4G LTE網
  • eSIM  ・・・NTTドコモのLTE/3G網

契約しているデータ容量を使い切ってしまった場合は、上記に関わらず、最大速度300kbpsのデータ通信速度になります。

また、高速通信が特に必要ない場合は、高速データ通信OFFにすることで、最大速度300kbps通信にすることができるので、データ容量の節約をすることができます。

3日で366MBで通信速度規制がかかる

低速通信利用時でもある程度の通信制限があります。(低速化なら使い放題というわけではない)

最直近3日間あたり366MBを超過した場合は、速度規制がかかるので、本格的に使えないレベルになるのかもしれません。

縛りなし!最低利用期間は利用開始月の翌月末まで

IIJmioの最低利用期間は、利用開始月の翌月末まで。
2年縛りなどの契約の縛りはありません。

もしも、最低利用期間に達せずに解約したい場合は、契約して8日以内であれば、初期契約解除制度を使えます。

ただし、音声通話付SIMを契約した場合は、【音声通話機能解除調定金(1,000 円(不課税)】と、他社へ番号を引き継ぎたい場合は【転出手数料(3,000円(税抜)】が別途必要です。
音声通話機能解除調定金は、IIJmioの利用開始月から13か月目以降は発生しません。

プラン変更が無料でできる

現在IIJmioのユーザーが、新料金プランへのプラン変更を希望する場合、手数料などは発生せず、無料でプラン変更ができます。
※ただし、従量制プラン・eSIMデータプラン ゼロ・IIJmioモバイルプランサービス(エコプラン)は対象外

プラン変更は、申請した月の翌月1日から適用になりますが、末日は申し込み受付が停止されるので注意が必要です。
また、旧プランから新料金プランへプラン変更をした場合、元のプランへは戻れません。

データ容量シェア・プレゼント機能無料!(2021年6月から)

データ容量のシェアは、同一mioID内でのギガプランのみ、最大10回線まで。
データ容量のプレゼントは、同一mioID内での別回線へデータ容量を移すことができる機能です。

いずれも、同一mioID内でなければならないので、名義が違うもの同士でのデータのシェアやプレゼントができることではありません。
逆に言うと、家族間で、契約者名義を同じにすれば、データ容量のシェアやプレゼントができる、ということですね。

1ギガ200円(税抜)でチャージOK!

データ容量が足りない月は、1ギガあたり200円でチャージすることができます。(かなりお安いです)
旅行や帰省など、データ容量を普段より多く使いそうなときでも安心です。

5Gオプション無料!(2021年6月から)

5G通信も対応し、無料で利用できるようになります。

ただし、eSIMとドコモ網のSMS機能付きSIMは対応していないので、5G通信を期待しているのであれば、タイプAのSIMで契約すると安心でしょう。

会員専用アプリで更に快適に!(2021年6月から)

データ容量の残量の確認や、データ通信量が照会できたり、高速通信のON/OFFが簡単にできる機能が搭載したアプリがリリース予定。

データのチャージやサポートもアプリで完結できると、ユーザーも快適ですね。

 

公式サイト:IIJmio

通話料金プラン(みおふぉんダイアル)

さて、IIJmioのデータプランについて一通り見てきました。
音声通話SIMを契約する場合は、通話料金プランも選択しなければなりませんので、ここでチェックしておきましょう。

IIJmioの通話料は、タイプD(ドコモ網)・タイプA(au網)共通で30秒あたり20円となっています。
ファミリー通話割引が用意されているので、同一mioIDで契約中の、同一契約者名義間では30秒あたり16円と20%割引されるので、家族との通話はお得です。

また、専用アプリで簡単に利用できる「みおふぉんダイアル」で通話すれば、通話料を半額に抑えられます。

通話料金プランなし
(みおふぉんダイヤル利用時)
みおふぉんダイアル
通話定額3分
みおふぉんダイアル
通話定額10分
月額料金無料+通話料600円830円
無料通話誰とでも:10円/30秒
家族間:8円/30秒
誰とでも:1回3分無料
家族間:1回10分以内無料
誰とでも:1回10分無料
家族間:1回30分以内無料
※税抜き

みおふぉんダイアルは無料で使えるので、通話の際にはアプリを経由するようにしましょう。

さらに、IIJmioでは、【通話定額3分】【通話定額10分】の、2つのプランでかけ放題の通話定額オプションを利用できます。

かけ放題プランでは、規定の時間内の通話なら月間何度かけても定額です。

他社のかけ放題プランでは、10分以内の通話を何度でもかけ放題など、1つのプランに限定されているのが主流ですが、IIJmioならさらにスモールなプランを選べるのがメリットですね。

初期費用

IIJmioでは、初期費用として3,000円に加え、契約するキャリアに応じたSIMカード発行手数料が必要です。

  • タイプD(ドコモ):394円
  • タイプA(au):406円

なので、ドコモ回線の場合は3,394円、au回線の場合は3,406円が初期費用となります。

期間中は、実質SIMカード発行手数料のみで契約できるので、お得にIIJmioを使っちゃいましょう。

気になる!eSIMデータ通信

IIJmioのeSIMサービスは、ウェブサイトからの契約で即時利用できるデジタルSIMです。
IIJmioでは、日本初の「eSIM」で、現在のスマホ契約はそのまま、データ通信だけをお得なIIJmioのプランに分けることもできます。

例えば、「楽天モバイルが安くて使いたいけど、提供エリアに不安がある・・・」こんな方など、eSIM対応のスマホであればIIJmioのeSIMも契約すれば、ドコモの通信網も楽天モバイル契約のスマホで利用できる、というわけです。

eSIMの対応端末では、既に利用しているキャリアと併用できるので、通信量に応じてSIMを切り替えて利用できます。

通常、キャリアで1GBのデータ量を追加すると1,000円程度が必要なので、20ギガ1500円(75円/1GB)~2ギガ400円(200円/1GB※チャージ時と同額)でドコモ網のデータ通信が利用できるのは、かなりメリットに感じる人も多そうです。

家族割の縛りなどでキャリアを変えられないけど、お得なデータ通信を利用したいという方にも、eSIMがおすすめです。

IIJmioのその他のメリット

多くのメリットはこれまで紹介してきたとおりですが、他にも格安SIM大手のIIJmioならではのメリットが沢山ありますので紹介していきましょう。

最新のiPhoneをはじめとした400以上の端末に対応

IIJmioのSIMカードは、最新のiPhone12をはじめとした、スマホ・タブレット400以上の端末で動作確認されています。

対応する端末が幅広いから、手持ちの端末をそのまま使いたい方や、使っていないスマホ・タブレットを再活用したい方にもおすすめです。

新発売の機種や、最新のOSの動作確認の検証結果も随時ウェブサイトにアップされるので、最新機種にこだわって使いたい方も安心ですね。

人気のスマホを購入できる

SIMカードと合わせてスマホを購入したい場合も、IIJmioでは40機種以上のスマホを取扱いしています。

XperiaやAQUOSをはじめとした最新機種から、MVNO限定のお買い得なスマホまで幅広く取り扱いしているので、サブ機購入はもちろん、初めてのスマホにもおすすめできますね。

IIJmioでは、一括払い、または24回払いで端末を購入できるので、24回払いなら特価のスマホの場合、毎月数百円の負担で購入可能です。

また、IIJmioの会員なら、端末のみを購入することも可能です。

全国15万か所で使えるIIJmio WiFi by エコネクト

IIJmioでは、日本全国15万か所のWi-Fiスポットを利用できるオプション「IIJmio WiFi by エコネクト」を利用できます。

IIJmio WiFi by エコネクトでは、BBモバイルポイント、Wi2に対応しており、カフェや飲食店・ホテルなどでのWi-Fi接続が可能です。

アプリで設定しておけば、Wi-Fiスポットに自動接続してくれるので、毎月のデータ量を消費せずに高速でインターネットを利用できますね。

IIJmio WiFi by エコネクトは、月額362円で利用できるので、外出先でスマホやタブレット・PCを使う機会の多い方にもおすすめです。

IIjmio ひかりとセットで毎月600円オフ

IIJmioは、「IIJmioひかり」とまとめて契約すれば、セット割「mio割」で月額料金が毎月600円オフになります。

mio割はお申し込み不要となっており、IIJmioひかりとIIJmio SIMサービスが利用開始になった当日から、日割りで割引が適用されます。

IIJmioひかりの月額料金は以下のとおりです。

マンションタイプ3,960円
ファミリータイプ4,960円

自宅用のインターネット回線も合わせて契約したい方は、IIJmioのサービスにまとめれば毎月の料金を節約できますよ。

公式サイト:IIJmio

IIJmioのデメリット

それでは、デメリットもチェックしておきましょう。
IIJmioを契約する前に知っておくべきデメリットを解説します。

専門の店舗はない

IIJmioでは、専門の店舗がなく、イオンや家電量販店などで取り扱いがあるのみとなっています。

IIJmioのサービスについて、専門的な知識を持ったスタッフではありませんので、契約に関する相談やサポートなどが受けにくい点がデメリットですね。

Y!mobileなどの格安スマホサービスでは専門ショップがあるので、対面でサポートを受けたい方には寂しいですね。

ただし、IIJmioのサポートは電話・メールで受けられるので、通常の使用で困ってしまうケースは多くありません。

低速の利用でも速度制限がある

IIJmioでは、低速で利用している場合でも、直近3日間で366MB以上のデータ量を使うと、一時的に速度制限がかかってしまいます。

IIJmioでは、クーポン残量がない場合や、クーポンをオフにしている場合、最大200kbpsの低速通信で利用できます。

低速通信を活用することで、契約中のデータ量を消化せずに通信できますが、3日縛りがあるので低速通信も使い放題というわけではありません。

他社の格安SIMでは、低速通信なら使い放題というプラン・オプションもあるので、低速利用でも速度制限がかかる点はデメリットですね。

昼や夕方は通信速度が遅くなりがち

IIJmioでは、昼や夕方などの回線が混み合う時間帯に、通信速度が遅くなってしまうことがあります。

IIJmioに限らず、MVNOのサービスは、キャリアの通信網をそのまま利用しています。

ドコモやauの通信網を利用できるので、大手キャリアと変わらないエリア・品質で通信できる点はメリットですが、回線が混み合った時間帯は通信品質を保つためにMVNOの通信速度に制限がかかってしまうことがあります。

昼休みや、出勤・退勤の電車内で快適にインターネットを使いたいという方には、デメリットになってしまいますね。

メールアドレスがない

IIJmioでは、キャリアのメールアドレスは取得できません。

各キャリアでは、

  • ドコモ:@docomo.ne.jp
  • au:@au.com/@ezweb.ne.jp

といったメールアドレスが利用できますが、IIJmioではドコモ・auでプランを契約してもメールアドレスは取得できません。

ただし、メールアドレスを使いたい場合には、Gmailなどのフリーメールを利用できるので、大きなデメリットとは言えませんね。

IIJmioの評判はどう?

ここでは、IIJmioを実際に利用している方の口コミを見てみましょう。

IIJmioでは、初期費用が1円に割引されるキャンペーンや端末のセールを開催しているので、キャンペーンを狙って契約しようと思っている方も多いようです。

IIJmioでは、SIMカードを刺さずに利用できるeSIMで契約できるので、スマホを2台持ちせずにデータ通信だけを分けられます。

ライフスタイルに合わせて、柔軟な契約ができるのもIIJmioのメリットですね。

続いて、良い口コミだけではなく、悪い口コミも見てみましょう。

IIJmioに限らず、格安SIMでは大手キャリアの通信網を利用しているので、回線の混み合う時間帯には通信速度が遅くなってしまう可能性があります。

実際にIIJmioを利用した方からの評判を参考に、自分に合ったサービスかどうか検討してみましょう。

IIJmioはこんな人におすすめ!

IIJmioは、次のような方におすすめできるサービスです。

最小限の機能でSIMカードを使いたい方

IIJmioのコンセプトは、自分好みのサービスを自由に利用できるインターネットサービスの提供となっています。

コンセプトのとおり、IIJmioでは機能別のSIMカードや、必要なデータ量に合わせたプランを選択できます。

かけ放題オプションを付ける場合でも、1回の通話時間が10分・3分と柔軟に選択できるので、本当に自分が必要な機能だけを利用できます。

通信サービスでは、過剰なオプションや使い切れない大容量のプランが主流ですが、IIJmioならムダなく自分に必要なインターネット環境を構築できますよ。

家族でお得にスマホを利用したい方

IIJmioでは、ファミリーシェアプランでお得に家族とデータ量をシェアできるので、家族でお得にスマホを利用したい方におすすめです。

ファミリーシェアプランでは、毎月12GBのデータ容量から、契約中の家族全員に100MBずつのデータ量が分配されます。

データ量を使い切った家族には、さらに100MBが追加されるので、ほとんどデータ量を使わない家族や、たくさんデータを使いたい家族のどちらもお得ですね。

さらに、IIJmioでは、家族感での通話料金も20%オフになる特典があるので、家族をお得に繋いでくれますね。

契約中のキャリアと別でデータ通信をしたい方

契約中のキャリアから乗り換えずに、データ通信だけを格安SIMに分けたいという方に、IIJmioはおすすめです。

IIJmioのeSIMは、SIMカードなしで使えるデジタルSIMなので、eSIM対応端末ならキャリアのSIMカードと切り替えて利用することができます。

キャリアを変えたくはないけど、データ通信のコストだけを下げたいという方にも便利に利用できますね。

こんな人には向かないかも

IIJmioは、昼や夕方の回線が混み合う時間帯に通信が遅くなってしまうので、いつでも快適にインターネットを使いたい方には不向きです。

また、低速モードで利用している場合でも、3日間で366MB以上のデータ量を使うと速度制限がかかってしまいます。

使い放題でデータ量を使いたい方は、低速モードで使い放題オプションの付いた格安SIMも要検討ですね。

IIJmioにMNP転入する方法

IIJmioにMNP転入する場合は、簡単な流れで転入することができます。

まず、契約中のキャリアで「MNP予約番号」を発行します。

MNP予約番号は、店頭だけではなく、電話・インターネットでも発行できるので、簡単に発行することが可能です。

MNP予約番号を発行したら、以下の3ステップでIIJmioへのMNP転入が可能です。

  1. IIJmioにMNP転入で申し込みをする
  2. SIMカードが届いたら端末にSIMカードを挿入する(お使いのスマホをそのまま利用する場合は入れ替える)
  3. IIJmioオンデマンド開通センターに電話をして、開通手続きをする

開通手続きは電話対応なので、オンラインでの操作に自信がない方でも簡単にMNP転入できますね。

ただし、IIJmioにMNP転入する際には、MNP予約番号の有効期限が7日以上残っている必要があるので、予約番号を発行したらすぐにIIJmioに申し込みするようにしましょう。

IIJmioの解約方法

IIJmioの最低利用期間は利用開始日の翌月末日となっており、以降はいつでも解約金なしでIIJmioを解約できます。

解約をしたい場合は、IIJmioの会員専用ページ内「解約をご検討中のお客様へ」をクリックすると、解約手続きに進めます。

月途中での解約の場合は、解約日は月の末日となるので、SIMカードは解約日まで利用できますが、解約

月の月額料金の日割りなどもありません。

ただし、音声通話機能付きSIMカードを契約中の場合、利用開始日から12か月以内に音声通話機能を解除した場合、音声通話機能解除調停金が必要です。

音声通話機能解除調停金は、[2ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数] ×1,000円となっており、契約の翌月に解除した場合は11,000円が発生します。

また、他社にMNPで転出する場合は、転出手数料として3,000円が必要です。

IIJmioに関するQ&A

ここでは、IIJmioの良くある質問に答えていきましょう。

1.申し込み月の月額料金は日割り?

IIJmioでは、利用開始日から月額料金が発生し、利用開始月の月額料金は日割り計算となります。

なので、月初を待つなど契約のタイミングを考える必要はなく、いつ契約してもデメリットはありません。

2.支払い方法はクレジットカードのみ?

IIJmioの支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

デビットカードや、国際ブランド付きのプリペイドカードも対象外となっているので、クレジットカードをお持ちで無い方は作っておく必要があります。

3.プラン変更はできる?

IIJmioのプラン変更は、会員専用ページから簡単に手続きできます。

プラン変更の適用は、お申し込み翌月1日からとなっており、変更前のプランで余ったデータ量や追加済のデータ量は繰り越しされます。

ただし、毎月末日(末日0時以降)はプラン変更のお申し込みができません。

4.機種変更の方法は?

IIJmioでは、変更後の端末がmioモバイルで利用できる端末なら、機種変更することができます。

機種変更の場合は、変更後の端末にSIMカードを装着後、APN設定をする必要があります。

Androidの場合のAPN設定の流れは以下のようになります。

  1. スマホの電源を切りSIMカードをセットする
  2. 「設定」→「無線とネットワーク」→「もっと見る」を選択
  3. 「モバイルネットワーク」を選択
  4. 「アクセスポイント名」を選択
  5. 「IIJmio」を選択し、設定完了

APN設定の流れは、IIJmioのホームページに詳しく解説されています。(https://www.iijmio.jp/service/manual/hdd/)

ただし、IIJmioで販売しているAndroidスマホは、ほぼ設定不要でSIMカードを挿すだけで機種変更が完了します。

5.契約中にSIMカードのサイズ変更はできる?

SIMカードのサイズ変更は、オンライン、または店舗で受付しています。

  • 会員専用ページ
  • BIC SIMカウンターの一部店舗
  • ヨドバシカメラ通信なんでも相談カウンターの一部店舗

SIMカードのサイズ変更の手数料は、オンラインの場合は2,000円、店舗での手続きの場合は3,000円となっています。

6.テザリングはできる?

IIJmioでは、テザリングの利用に制限は設けられておらず、対応端末ならテザリングを利用できます。

eSIMでの利用の場合でも、テザリングを利用することが可能です。

7.海外で使える?

音声通話機能付きSIMなら、海外での音声通話・SMSの利用が可能です。

ただし、海外でのデータ通信には対応していませんので、データ通信専用SIM、SNS機能付きSIMは海外で利用できません。

まとめ:必要な機能だけをカスタムできる格安SIMサービス!

IIJmioは、自分好みのサービスを自由に利用できるインターネットサービスとなっており、必要な機能だけを無駄なく利用することができます。

ドコモ・auのキャリアに対応しているので、今お使いのキャリアから番号・スマホを変えずにMNPで転入することができます。

また、日本初のeSIMに対応したサービスなので、今のキャリアの契約はそのまま、データ通信だけをお得なIIJmioのSIMで利用することも可能です。

使いたい機能だけを無駄なく利用したい、という方には最適な格安SIMサービスと言って良いでしょう。

公式サイト:IIJmio

https://internet-all.com/softbank-on-line/

ソフトバンクとLINEの新ブランド「LINEMO」とは

ソフトバンクとLINEの新ブランド「LINEMO(ラインモ)」とは

「LINEMO(ラインモ)」は、2021年3月17日から提供開始するソフトバンクの新ブランドです。

現行のキャリアの標準的なプランと比較するとかなり低価格になっているので、気になっている人も多いと思います。

ここでは、「LINEMO」のサービス内容、現行プランやY!mobileなどとの比較や申し込む上での注意点などを解説していきます。
「LINEMO」についての理解を深めて、申し込みの際の参考にしてみてください。

続きを読む

https://internet-all.com/mineo/

mineoって評判は良いけどどうなの?料金やサービス内容のまとめ

mineoって評判は良いけどどうなの?料金やサービス内容のまとめ

格安SIMに乗り換えようと思って、「mineo」ってどんなサービスなんだろうと迷っていませんか?

結論から言うと、スマホ料金を少しでも安く抑えたい方にはmineoへの乗り換えがおすすめです。

格安SIMに抵抗がある方も、顧客満足度の高いmineoなら乗り換えたあとの安心感にも満足できますよ。

今回は、mineoの特徴やメリット・デメリットを解説します。

続きを読む

https://internet-all.com/docomo-ahamo/

ドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」とは?ahamoの情報まとめ!

ドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」とは?ahamoの情報まとめ

ドコモの新料金プランahamoは、格安SIMに劣らないほどの低価格とドコモの通信品質が利用できる一石二鳥のプランです。

今回解説する、ahamoを契約する前に知っておいていただきたい点を以下にまとめました。

  • ahamoはどんなプランなのか?
  • 他のプランと比較してお得なのか?
  • 他社と比較してお得なのか?
  • ahamoの注意点はなにか?

ahamoの提供開始は2021年3月からです。それまでにこの記事を読んで、ahamoについて納得した上でスムーズに契約をしましょう。

続きを読む

https://internet-all.com/how-to-choose-sim/

失敗のない格安SIMの選び方

自分に合った格安SIMを選べると、これまでよりも通信費を抑えることができます。ですが、逆にピタリと自分に合わない格安SIMを選んでしまうと、高い料金を無駄に支払うことになりかねません。

ここでは、どのようなステップを踏めば自分に合った格安SIMを選ぶことができるかをお伝えします。

続きを読む

https://internet-all.com/sim-pros-cons/

格安SIMのメリット・デメリット

格安SIMは呼び名の通り、大手キャリアより料金が安く使えるところが売りです。格安SIMを使っている人も、これから格安SIMを使おうと検討している人もそこが一番魅力に感じているところだと思います。僕も個人的に、格安SIMを使っていて月額の料金はかなり抑えられています。

メリットの多い格安SIMですが、デメリットというか注意点もあるので、特に検討中の人は一度読んでおくことをオススメします。

続きを読む

https://internet-all.com/sim-why-reasonable/

格安SIMが安く使える理由と実際の料金は?

格安SIMは分かったけど、じゃあ、なんで格安SIMは大手キャリアに比べて安くできるの?と思う人がいるかもしれません。その理由と格安SIMを使うと、大手キャリアに比べてどのくらい安くできるかをお伝えします。

続きを読む

https://internet-all.com/sim-basic-knowledge/

格安SIMの基礎知識

格安SIMのスマホを見る女性

最近、スマホの契約のことで「格安SIM」(SIM=シムと読む)という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。でも、これだけだと何が格安で、どうなるのか全然わかりませんよね^^;

当ブログでも、格安SIMやスマホの契約の問い合わせも増えてきていますので、これを機会に格安SIMの記事も書いていくことにしました。

まずは、「SIMってなに?何のことか、まったく分かりない」という方のために、格安SIMの基礎的な知識がわかるようにこのガイドを作りましたので見てみてください。

これを読めば、「あぁ~、格安SIMってこういうことなのね。」と理解が深まりますし、通信費の節約につながります。

続きを読む

https://internet-all.com/aeonmobile/

業界最安級のイオンモバイルはおすすめ?評判やメリット・デメリット

業界最安級のイオンモバイルはおすすめ?評判やメリット・デメリットのまとめ

業界最安級の料金を掲げる格安スマホの「イオンモバイル」

「スマホ代を安く抑えたい方」「通信費の節約がしたい方」にとって、注目すべき格安スマホといえるでしょう。

しかし、格安スマホを選ぶ上で、料金の安さだけでなく、回線の速度や通話料金、評判など、さまざまな項目をチェックしなければなりません。

そこで今回はイオンモバイルの料金や評判、メリット、注意点、申し込み方法などを解説し、格安スマホとしておすすめかどうかを確認していきます。

続きを読む

https://internet-all.com/nurohikari-ouchiwari/

ワイモバイルはNURO光と「おうち割」が組めないって本当?

ワイモバイルはNURO光と「おうち割」が組めないって本当?

ソフトバンクのサブブランドとして高い人気を誇る格安スマホ「ワイモバイル」。

ワイモバイルでは「おうち割光セット(A)」というソフトバンク光・ソフトバンクエアーを対象にした、スマホ料金が安くなるセット割があります。

ソフトバンクスマホとネット回線のセット割では、ソフトバンク光・ソフトバンクエアーに加えNURO光も適用対象になっていますが、ワイモバイルとNURO光では適用対象外となっています。

この記事では、ワイモバイルのおうち割光セット(A)の適用条件や注意点を紹介し、ワイモバイルユーザーはNURO光とソフトバンク光のどちらを使うべきか?という点も比較し解説しています。

記事の最後には、NURO光とソフトバンク光をそれぞれお得に申し込める窓口も紹介していますので、参考にしてみてください。

続きを読む