auユーザーにはビッグローブ光とauひかりどっちがおすすめ?

auユーザーにはビッグローブ光とauひかりどっちがおすすめ?

スマホ・携帯電話のキャリアをauで利用していると、光回線とセットで割引が受けられるauスマートバリューを適用させたいと思う方も多いのではないでしょうか?

auスマートバリュー対象の光回線はいくつかありますが、その中でもサービスやキャンペーンが似ている2つの光回線があります。

それは「auひかり」と「ビッグローブ光」。

結論から言ってしまうと、よりお得に使えるのは「auひかり」なのです。

今回はこのような結論に至る理由を、2つの光回線を徹底比較し、auひかりに潜む弱点も一緒にご紹介していきます。

auひかりとビッグローブ光の違い

auひかりとビッグローブ光は、どちらも「光ファイバー」という技術を使った光回線です。

しかし、この2つは別の回線を使っているので、エリアや特徴もそれぞれ異なってきます。

「ビッグローブ光」は光コラボ、「auひかり」は独自回線

少しややこしいので、簡単に表にすると以下のようになります。

事業者名光回線プロバイダ
ビッグローブ光フレッツ光BIGLOBE
auひかりauひかり選べる7つのプロバイダ
BIGLOBE、So-net、@nifty、@TCOM、
AsahiNet、au one net、DTI

ビッグローブ光はNTT西日本・東日本が提供するフレッツ光と同じ回線を使っていて、このような事業者が「光コラボレーション」(通称:光コラボ)と言われるサービスです。

それに対し、auひかりでは事業者独自の回線を使っています。

また、プロバイダはビッグローブ光では1つしかないため選ぶことができませんが、auひかりでは7つのプロバイダから選ぶことができます。

光コラボとは?

そもそも光コラボとは、NTT西日本・東日本が提供元のフレッツ光回線を各回線事業者が借りて、各々がそこに独自のサービス(スマホとのセット割など)を付加して各社のブランドとして販売するモデルのこと。

光コラボのおかげで、回線速度などの品質は保ったままに各事業者が付加サービスや価格を競争し合い、私たち消費者によりお得に多様なサービスが提供されるようになりました。

光コラボのメリットは他にもいくつかありますのでご紹介します。

インターネット料金の支払いや問い合わせなどを1つにまとめられる

光コラボは基本的にネット回線とプロバイダがセットになっているものがほとんどです。

そのため、請求が1つにまとめられて引き落とされるだけでなく、不具合などトラブルの際にも窓口が1つになるので惑わされることもなくなります。

安定・安心の光回線を利用できる

NTTの提供する光回線サービス「フレッツ光」はNTT東日本・西日本ともに全国規模で展開しており、他の光回線事業者と比べてもトップシェアを誇ります。

光コラボはフレッツ光と同じ光回線ですので、トップシェアを誇るフレッツ光と同品質の回線を利用することができるのです。

auひかりのように独自の光回線が信用できないとは言いませんが、やはり大手ならではの安心感はありますね。

対応しているエリアが広い

フレッツ光はすべての都道府県が対応エリアとして指定されており、その広さもトップレベルです。よって、光コラボのサービスも同じ広さが対応しているということになります。

光コラボ回線事業者によっては対応エリアを指定している場合もありますので、予め確認しておく必要があります。

今回紹介する光コラボ回線事業者「ビッグローブ光」の対応エリアは下記のリンク(フレッツ光公式サイト)から確認することができますので、貼っておきますね。
 ⇒NTT東日本エリアの方はこちら
 ⇒NTT西日本エリアの方はこちら

 

月額料金で比較

auひかりとビッグローブ光の回線の違いがわかったところで、1番気になる料金の比較をしていきます。

比較する前に1つ知っていて欲しいのは、月額料金が安いからと言ってお得とは限らないということです。

月額料金が高くなっていてもキャンペーンの割引を差し引くと安くなったり、高額な工事費を請求されてしまい2年間など長期的に見ると結局高い料金を払う羽目になる、なんてことにも成りかねません。

月額料金が安いのは嬉しいことですが、あくまで比較の一部として広く長い目で見ることが重要になります。

ホームタイプの場合

戸建ての方はホームタイプ/ファミリータイプとなり、どちらも3年契約が最安値となっています(ビッグローブ光は2年契約も選べます)。

2つの月額料金は以下の通りです。

開通からの年数ビッグローブ光auひかり
1年目4,980円5,100円
2年目4,980円5,000円
3年目4,980円4,900円

ビッグローブ光の方が安いように思えますが、auひかりでは1年ごとに100円ずつ割引されていくため、3年使った場合の月額料金の誤差は実質20円となります。

また、auひかりではau one net以外のプロバイダを選択すれば月額料金が割引になるキャンペーンもあったりするので、月額料金に大きな差はないと言えるでしょう。

先程もお伝えしましたが、auひかりは7つのプロバイダの中から選ぶことができますが、その中でも一番キャンペーン内容が良い「So-net」を選ぶのが個人的にはおすすめです。
 ⇒auひかりのプロバイダ選び、おすすめできるのは“この3つ”。

マンションタイプの場合

マンションタイプの場合、戸建てタイプ同様にビッグローブ光では3年契約・2年契約のどちらかを選ぶことができますが、 auひかりの場合は2年契約となります。

3年契約の方が安いので、下記の比較表のビッグローブ光の料金は3年契約で比較してみましょう。

 ビッグローブ光(3年契約)auひかり(2年契約)
月額料金3,980円3,800円

マンションタイプの場合はauひかりの方が安いと言えますね。

月額料金が安い上に、契約年数も短いので違約金などを払うリスクも少ないため、マンションタイプはauひかりの方がおすすめです。

 

初期工事費用を比較

月額料金の他に気になる大きな費用と言えば、初期工事費と解約金ですよね。

この2つについて詳しく見ていきましょう。

初期工事費

初期工事費は数万円と高額になるため、分割され月額料金に上乗せされることが多いです。

auひかりとビッグローブ光でも、同様の方法で支払う形になります。

 ビッグローブ光auひかり
ホームタイプ30,000円(750円×40回)
→ キャンペーンで実質無料
37,500円(625円×60回)
→ キャンペーンで実質無料
マンションタイプ27,000円(675円×40回)
→ キャンペーンで実質無料
30,000円(1,250円×24回)
→ キャンペーンで実質無料

ここで注目するべきは分割回数です。

auひかりの24回払い以外は、3年契約の間に全て支払うことができず、契約を更新することを前提にされていることがわかります。

3年契約を更新したとして6年もの間、引っ越しや別のインターネット回線サービスに乗り換えたいと思うこともあるでしょうし、困ってしまいますよね…。そういう時は他社の違約金還元(乗り換えサポート)やキャッシュバックを利用して、工事費の残債に充てる方法がおすすめです。

なお、工事費に関してはキャンペーンを利用することで実質0円にすることが可能なのです。

auひかりの初期工事費用相当額割引(工事費無料キャンペーン)

auひかりでは公式キャンペーンとして、ひかり電話を一緒に申し込むことで工事費用相当額を月額料金から割引(相殺)されるというものがあります。

ホームタイプなら625円×60回、マンションタイプなら1,250円×24回と割引されますが、ここで問題になるのは一気に無料となるわけではないということです。

マンションタイプは2年間使うことで、工事費も自然と完済され無料にすることができます。しかし、ホームタイプは60回に分けて割引がされるので、60ヶ月内に解約してしまうと残りの工事費が一括で請求されてしまうのです。

解約月別、ホームタイプ(3年契約)の場合の解約時にかかる費用
解約した月支払い済の工事費工事費の残債解約金解約時の支払い合計
36ヶ月22,500円15,000円0円15,000円
50ヶ月31,250円6,250円15,000円21,250円
60ヶ月37,500円0円15,000円15,000円
72ヶ月37,500円0円0円0円

少しややこしくなってしまいますが、契約更新月である36ヶ月目と工事費が完済される60ヶ月目では解約時に支払う費用は同じです。

72ヶ月目に解約することがベストですが、6年間も使わないという方は、36ヶ月目か60ヶ月目以降に解約するのが解約時の費用をできるだけ抑えることができる方法でしょう。

ビッグローブ光の選べるキャンペーン

ビッグローブ光の正規代理店「株式会社NEXT」では、選べる2種類のキャンペーンが用意されています。

  1. 最大35,000円キャッシュバック
  2. 最大26,000円キャッシュバック+工事費無料or割引

2つ目の「最大35,000円キャッシュバック+工事費無料or割引」を選ぶことで、auひかりと同じように工事費用相当額の割引がされます。加えて、最大26,000円のキャッシュバックがもらえるというなんとも太っ腹なキャンペーンですね。

また、光電話や光テレビを一緒に申し込むことでさらに最大9,000円のキャッシュバックが増額してもらえますし、キャッシュバックの振込時期はなんと業界最速の最短2ヶ月と早いのは嬉しいですね。

しかし、auひかりと同じくホームタイプなら750円×40回、マンションタイプなら675円×40回と月々の料金に割引されるため、支払いの途中で解約をしてしまうと残りの工事費が一括で請求されます。

ホームタイプ(3年契約)の場合、解約はいつのタイミングが良いのか見てみましょう。

解約月別、ホームタイプ(3年契約)の場合の解約時にかかる費用
解約した月支払い済の工事費工事費の残債解約金解約時の支払い合計
36ヶ月27,000円3,000円20,000円23,000円
40ヶ月30,000円0円20,000円20,000円
72ヶ月30,000円0円0円0円

ビッグローブ光は最低でも40ヶ月は利用することが、72ヶ月目に解約する場合の次に安く解約する方法と言えますね。

他社からの乗り換えキャンペーン

auひかりでもビッグローブ光でも解約時の費用がとてもネックになってきますが、乗り換えで解約する場合、各社が実施しているキャッシュバックキャンペーンなどで補填してもらえる可能性もあります。

今回のビッグローブ光では残念ながらそのようなキャンペーンは実施していませんでした。

しかし、auひかりでは「auひかり新スタートサポート」というキャンペーンを実施しています。

他社からの乗り換えで違約金を最大30,000円までキャッシュバックし、さらに上乗せで最大25,000円のキャッシュバックがもらえるというものです。キャッシュバック金額は選ぶプロバイダによって異なります。

 

auスマートバリューはどちらも対象なの?

さて、ここまで2つの事業者を様々な視点から比較してきましたが、携帯キャリアでauを利用しているユーザーにとって注目するのは「auスマートバリュー」です。

光回線のオプションのひかり電話とセットでお得になるauスマートバリューは、auひかりはもちろんビッグローブ光でも対象となります。

auスマートバリューとは?

auスマートバリューは光回線のオプションとして固定電話サービスをつけることで、auのスマホ・携帯代の割引が受けられるというものです。

概要は以下の通りです。

 ビッグローブ光auひかり
適用に必要な加入オプションビッグローブ光電話
(500円/月)
auひかり電話
(500円/月)
対象となる回線数最大10回線まで(別居する50歳以上の家族も対象)
割引内容500~2,000円割引/月

内容はほぼ一緒ですね。

家族でauスマートバリューを適用するためには同じ住所、同じ固定番号が必要となりますが、50歳以上の場合は特例として別住所でも適用可能です。

スマートフォン(5G/4G LTE)

ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)

※受付終了プラン
新auピタットプラン
1GBまで割引対象外
1GB超~7GBまで翌月から
500円/月割引
データMAX 5G
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 4G LTE
データMAX 4G LTE Netflixパック

※受付終了プラン
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN

auデータMAXプラン
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
翌月から
1,000円/月割引
auピタットプランN(s)

※受付終了プラン
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
2GBまで
※(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外です。
翌月から
500円/月割引
2GB超~20GBまで翌月から
1,000円/月割引
※受付終了プラン
データ定額1
データ定額1cp
翌月から最大2年間
934円/月割引
3年目以降ずっと500円/月割引
※受付終了プラン
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
翌月から
934円/月割引
※受付終了プラン
U18データ定額20
翌月から適用期間中
1,410円/月割引
※受付終了プラン
データ定額5/8/20
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
翌月から最大2年間
1,410円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引
※受付終了プラン
データ定額10/13/30
翌月から最大2年間
2,000円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引

ケータイ (4G LTE)

※受付終了プラン
データ定額1(ケータイ)
翌月から最大2年間
934円/月割引
3年目以降ずっと500円/月割引
※受付終了プラン
データ定額2/3(ケータイ)
翌月から
934円/月割引
※受付終了プラン
データ定額5/8(ケータイ)
翌月から最大2年間
1,410円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引
※受付終了プラン
データ定額10/13(ケータイ)
翌月から最大2年間
2,000円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引

ケータイ (3G)

カケホ(3Gケータイ・データ付)翌月から
934円/月割引

4G LTEタブレット/4G LTE対応PC

タブレットプラン20

※受付終了プラン
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
翌月から
1,000円/月割引
※受付終了プラン
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
翌月から最大2年間
1,410円/月割引
3年目以降ずっと934円/月割引

ビッグローブ光×auセット割と光☆SIMセット割

ビッグローブ光には、その他にも2つのスマホセット割引があります。

auユーザーにおすすめなのはauスマートバリューと言えますが、場合によってはauセット割の方がお得になる場合があります。

ビッグローブ光×auセット割

auセット割はビッグローブ光とauスマホを使っている方なら誰でも対象となります。

auスマートバリューとは違い、ビッグローブ光電話への申し込みが要らないので手軽に利用することができます。

しかし、割引金額は1,200円または500円で割引は1世帯1人までと、auスマートバリューよりも内容は劣ってしまいます。そのため、auユーザーが自分だけであれば、光電話の500円もかかることなく最大1,200円の割引が受けられます。

スマートフォン

※受付終了プラン
データ定額5(V)/8(V)/10(V)/13(V)/20(V)/30(V)
U18データ定額20
U18データ定額20(V)
データ定額5cp
データ定額5cp(V)
LTEフラット
LTEフラット(V)
ISフラット
プランF(IS)/プランF(IS)シンプル
1,200円/月割引
データMAX 5G
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 4G LTE
データMAX 4G LTE Netflixパック
auピタットプランN(s)

※受付終了プラン
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN

auフラットプラン7プラス
データ定額1(V)/2(V)/3(V)
auピタットプラン ※カケホ/スーパーカケホのみ。シンプルは対象外。
auピタットプラン(V) ※カケホ(V)/スーパーカケホ(V)のみ。シンプル(V)は対象外。
auピタットプラン(S) ※カケホ/スーパーカケホのみ。
auフラットプラン20/30
auフラットプラン20(V)/30(V)
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン5(学割専用)
データ定額3cp
データ定額3cp(V)
シニアプラン
シニアプラン(V)
ジュニアスマートフォンプラン
ジュニアスマートフォンプラン(V)
LTEフラットcp(1GB)
500円/月割引

ケータイ (4G LTE)

※受付終了プラン
データ定額5/8/10/13
1,200円/月割引
※受付終了プラン
データ定額1/2/3
500円/月割引

ケータイ (3G)

カケホ(3Gケータイ・データ付き)500円/月割引

4G LTEタブレット/4G LTE対応PC

※受付終了プラン
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
1,200円/月割引

光☆SIMセット割

こちらはおまけですが、光☆SIMセット割はBIGLOBEモバイルという格安SIMとビッグローブ光を一緒に利用すると割引が受けられるというものです。

割引額は300円と低くauユーザーにとってはなんの関係もありませんので、今回は大きく触れないことにします^^ゞ

 

申し込みは代理店NEXTがおすすめ

代理店NEXTでは、auひかり・ビッグローブ光ともに高額キャッシュバックキャンペーンを実施しています。

auひかりは最大52,000円キャッシュバック

auひかり引用元 NEXTのキャンペーンサイトより

 キャッシュバックキャンペーンの概要
キャッシュバック(ネット+電話)最大52,000円
キャッシュバック(ネットのみ)最大45,000円
必須加入オプションなし
申請方法電話で振り込み口座を伝えるだけ
受け取りまでの期間最短1ヶ月後

auひかりの場合、キャッシュバックとは別に公式で実施している工事費無料や違約金還元などのキャンペーンも併せて受けられますよ^^

auひかりについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
 ⇒auひかりのキャンペーンと料金、メリット・デメリットを詳しく解説

◆キャンペーンサイト:auひかり

ビッグローブ光は最大35,000円+工事費無料or割引

ビッグローブ光引用元 NEXTのキャンペーンサイトより

 キャッシュバックキャンペーンの概要
キャッシュバック①最大35,000円
キャッシュバック②最大26,000円+工事費無料or割引
必須加入オプションなし
申請方法電話で振り込み口座を伝えるだけ
受け取りまでの期間最短2ヶ月後

ビッグローブ光の場合、光電話や光テレビを一緒に申し込むことで最大9,000円もキャッシュバックを増額してもらえます。

ビッグローブ光の評判・口コミについては以下の記事をご覧下さい。
 ⇒『ビッグローブ光は遅い』という評判や口コミは本当なの?

◆キャンペーンサイト:ビッグローブ光

 

まとめ

auひかりとビッグローブ光は月額料金に大きな差はなく、auスマートバリューの条件や内容もほとんど同じでした。

そのため、キャッシュバック金額が高くプロバイダも自由に選ぶことができるauひかりをおすすめします。

しかし、固定電話が必要ないという方は、ビッグローブ光のauセット割の方がお得になるケースもあります。

また、auひかりはNTT東西のフレッツ光回線を使った光コラボではないため、ビッグローブ光と比べると対応しているエリアが狭いのが弱点なので、対応していなかった場合にはビッグローブ光を選ぶしかありません。

このように、固定電話の必要性やエリアを考慮して選ぶのがauユーザーにとって、最もお得な光回線を選ぶことに繋がります。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*