【2019年度版】ここが一番安い!厳選インターネット回線をご紹介!

一番安いインターネット回線が一目でわかって嬉しい!

できるだけ安く使えるインターネット回線をお探しではありませんか?

昔と違って、今はインターネット回線はあって当たり前、水道・電気・ガスと同じくインフラとなっています。
毎月かかる通信費をできるだけやすく出来れば、それだけで節約もできます。

とは言っても、ひとりひとりでインターネットの使い方や住んでいる場所などの環境が違いますよね。

この記事では、通信費を極力安く抑えることができる厳選したインターネット回線をご紹介していきます。 光インターネットモバイル回線格安SIMのそれぞれで月額費用が極力安く使えるサービスを選びました。

1.光インターネット

「家のパソコンでがっつりインターネットを使いたい」

Youtubeや動画配信サービス、オンラインゲームなどを速度制限を気にしないで思いっきり使いたい人は回線速度が高速の光インターネットがベストです。

また無線LANルーターを使えば、家族それぞれのPC、スマホやタブレットなど複数のデバイスからでも高速のインターネット接続ができるのも魅力です。
必要があれば、固定電話もオプションで光インターネットにくっつけられるのもメリットの1つです。

光インターネットを戸建て向け・集合住宅向けそれぞれで、最安値で提供しているサービスは当ブログでは何度かご紹介していますが、「@スマート光」が今のところ、戸建て向け/集合住宅向けで光インターネット単体では最安値で使えます。 

業界最安値『@スマート光

スマート光コラボレーション
詳しくは、「伏兵あらわる!! 圧倒的、最安値を更新した@スマート光参上!」を読んでみてください。 料金をまとめておきますね。

 マンションファミリー
月額料金3,300円 4,300円
新規・転用の
手数料
3,000円
新規工事費15,000円 → 0円18,000円 → 0円
最低利用期間2年間(自動更新なし)
解約金20,000円
割引き

月額料金も魅力ですが、初期工事費が無料のようですよ。凄いですね♪
※11月2日追記:11月からキャンペーン内容が変わっていて、新規・転用の事務手数料が3,000円かかってしまいます(汗)

新規工事費はまだ無料でできるようなので、検討中の方はキャンペーンがあるうちに申し込むとお得ですね。
最低利用期間が2年だけというのも、良心的だと思います。 光インターネットをできるだけお得な料金で使いたいという人にはうってつけのサービスですよ^^ ⇒@スマート光をレビュー!実際に申し込んだリアルな口コミ

◆公式サイト:@スマート光  

2.モバイルWi-Fiのネット回線

  • 「家でも外でもインターネットが使いたい」
  • 「光インターネットよりもコストを下げたい」
  • 「インターネットはほどほどに使う」
  • 「回線工事はしたくない」

という人向けです。 情報収集や、SNS、ネットショッピング、ブログや動画を見るくらいの使い方であればモバイルルーターでも良いと思います。
モバイル回線の中で、回線速度や速度制限を考えると使い勝手が良いのはWiMAX2+です。僕も個人で使っています。

WiMAX2+はプロバイダーを選ぶことができますが、最安値と言えるサービスは、

キャンペーンが豊富『GMOとくとくBB WiMAX2+』

GMOとくとくBB WiMAX2+「月額料金大幅割引き2,590円~」キャンペーンの画像

「GMOとくとくBB」は以前からWiMAX2+のキャンペーンに力を入れているプロバイダーです。

キャンペーンはキャッシュバックなどもありますが、月々の月額料金を大幅に割引きできるキャンペーンを選ぶと「月額2,190円~(3年契約)」でWiMAX2+を使うことができます。

もろもろの料金はこんな感じです↓↓

【ギガ放題プランと通常プランの月額料金】

 3年契約開通月1ヶ月目~2ヶ月目3ヶ月目~24ヶ月目25ヶ月目以降
ギガ放題日割り2,190円3,353円4,263円
通常プラン日割り2,190円2,690円3,609円
 2年契約開通月1ヶ月目~2ヶ月目3ヶ月目~24ヶ月目25ヶ月目以降
ギガ放題日割り2,590円3,353円4,263円
通常プラン日割り2,590円2,690円3,609円

※通常プランは月間に7GBのデータ通信量制限があります。

3年契約のプラン(auのLTE回線がオプション料なしで使える)でいいよ、という人は、月額2,190円~使うことができます。

また、2年契約が良いという人も2,590円~と安く使うことができます。

ギガ放題のプランだと、月額3,353円なのでこの料金で見ておいた方がいいでしょう。通常プランで大丈夫という人は、月額2,699円で使っていくことができます。

ちなみに、プランは無料で途中変更もできるので、まずは「通常プラン」、月間7GBは超えて速度制限が気になってきたら、「ギガ放題」に切り替えるという無駄のない使い方もできます。

【初期費用】

  料金
端末代金 0円
配送料 0円
事務手数料 3,000円

WiMAX2+の端末代金や送料は一切かからないのが嬉しいですね。(ドコモ系のモバイル回線は端末代金が月額料金に盛り込まれていたりします。) 【最低利用期間と違約金】

最低利用期間24ヶ月(自動更新)
違約金1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目~:9,500円

WiMAX回線なので直近3日間のデータ通信量が10GBを超えない限り速度制限は入りませんし、速度制限が入っても動画は見られるレベルなのでそこまで問題はありません。(自身で経験ずみ)

  • インターネット回線はモバイルで充分。
  • 工事をしたくない。(もしくは出来ない)
  • 外でもWi-Fiでつながるインターネット環境がほしい
  • できるだけ安くモバイル回線がほしい

という人にはピッタリです。 先にもお伝えしたように、GMOとくとくBBはWiMAX2+のキャンペーンが豊富なので、キャッシュバックなど他のキャンペーンにも興味があれば「【WiMAX編】 GMOとくとくBB|4つのキャンペーンと評判・口コミまとめ」を見てくださいね。

◆公式キャンペーン:「GMOとくとくBB」 WiMAX2+が月額2,590円~  

 

3.格安SIM編

「携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)の月額料金が毎月高くて困るよ~」という方は格安SIMに変えるのがベストプラクティスです。

少し前までは、デジタル系に強い男性が主なユーザーのイメージでしたが、最近は若い女性やファミリー層も使うようになってきています。

各サービスも、データ使い放題・音声話し放題、家族向けシェアプラン、豊富なスマホなどを取り揃えてきているので、ハードルが下がってきています。

格安SIMは、どの事業者も基本的にデータ通信だけの「データ専用プラン」と通話もできる「通話プラン」を用意しているので、それぞれ月額料金が安く使えるサービスと、高速通信(LTE)ではなく低速(200kbps)での最安サービスもお伝えします。

まずはデータ専用プランから見ていきまます。

DMMモバイル

画像

最近は、ビットコイン取引きなど多方面にサービス展開しているDMMグループの格安SIMです。

その特徴は、プランがデータ容量で1~20GBまで細かく分かれているため、自分の使い方に合ったプランを選ぶことができます。家族や友達を使えるパケットのシェアコースにも対応しています。

ここでは、データ専用プランで取り上げていますが、他のプランも合わせると下のようになります。

ライトプラン(回線速度は最大200kbps)

 

プランの種類データSIMプラン通話SIMプラン
ライトプラン440円1,140円
1GB480円1,260円
2GB770円1,380円
3GB850円1,500円
5GB1,210円1,910円
7GB1,860円2,560円
8GB1,980円2,890円
10GB2,190円2,890円
15GB3,600円4,300円
20GB4,980円5,980円

高速データ通信プラン

編集
 1GB2GB3GB5GB7GB8GB10GB15GB20GB
データSIMプラン480円770円850円1,210円1,860円1,980円2,190円3,280円3,980円
通話SIMプラン1,260円1,380円1,500円1,910円2,560円2,680円2,890円3,980円4,680円

データ1GBで480円

次に通話プランで見ていきます。

SNSがカウントフリー『LINEモバイル』

LINEモバイルの「LINEフリープラン」画像 ご存知の人もいると思いますが、『LINE』が提供している格安SIMです。格安SIM事業者としては、後発組に入ります。ソフトバンクとの資本提携・業務提携もニュースになりました。

実は、僕自身も使っているので「LINEモバイルを徹底レビュー!4つの選んだ理由とリアルな口コミ」は参考になると思いますよ。 LINEモバイルの特長は次の7つ。

  • 各プランの月額料金が安いこと
  • 回線速度も速い
  • LINEやSNSがカウントフリー
  • LINEの年齢認証もできる
  • 10分のかけ放題オプションあり
  • 余ったデータは翌月へ繰り越し
  • LINEモバイル同士はデータを分け合える

LINEのデータ通信が0円の「LINEフリープラン」と、Twitter、Facebook、Instagramのデータ通信も0円になる「コミュニケーションフリープラン」から選べます。 (さらにLINE MUSICもカウントフリーになるプランもありますが、ややこしくなるので割愛します。) 他の格安SIMサービスに比べて、プランがシンプルなため、自分の使い方に合ったプランを選びやすいと思います。 【プランごとの月額料金】

 プランLINEフリーコミュニケーションフリー
1GB3GB5GB7GB10GB
データ通信500円
+SMS620円1,110円1,640円2,300円2,640円 
+通話1,200円1,690円2,220円2,880円3,220円
カウントフリーLINEのみLINE、Twitter、Facebook、Instagram

僕は、家や職場でWi-Fi接続が多いので、LINEフリープランの通話SIMを使っていますが、容量の1GBで足りています^^ 余った分の繰り越しもありますからね。 また、格安SIMは「通話のかけ放題がない」と言う人もいますが、この月額料金プランの他に、10分までの通話が何度でも無料の「10分電話かけ放題オプション」が+880円/月で使うこともできますよ^^ 【その他の料金】

 データSIM通話SIM
初期費用3,000円
契約期間 なし 利用開始日の翌月から
12か月後の末日まで。
解約金なし9,800円

この初期費用の他に、通話SIMでMNP(番号ポータビリティ)をする場合は、乗り換え前の事業者から手数料と、解約金がかかる可能性もあるので事前に計算しておきましょう。 LINEモバイルはドコモ系の格安SIMなので、今使っているドコモのスマホ、またはSIMロックを外した状態のキャリアスマホ(auスマホは難しい)で使えるのも嬉しいところ。SIMフリーのスマホも一緒に欲しい人も、セットで申し込めるので良いと思います。 キャンペーンも随時やっているので検討している人はチェックしておきましょう。

◆公式サイト:LINEモバイル  

 

まとめ

いかがしたでしょうか? インターネット回線をいろいろ調べると、高額キャッシュバックなどのキャンペーンをやっているサービスもありますが、

  • 不要なオプションに入らされる
  • もらえるまでに1年くらいかかる
  • 手続きが面倒くさい

と大変だったりします。それなら、「毎月払う料金が安ければそれだでいいんじゃない!?」と思って今回の記事にしてみました。 今回お伝えした、月額料金が安く使えるそれぞれのネット回線をおさらいすると次の3つ。

ぜひ、あなたのネット回線えらびの候補として役立ててくださいね^^  

お役に立てたらイイネ・シェアをお願いします♪

もし、この記事が少しでもあなたのお役に立てたと感じられたら、
下のSNSボタンの中からひとつでいいので、イイネやシェアをして頂けませんか? これからも価値あるコンテンツを作っていく励みになります^^*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

ネット回線えらびでこんな風に困っていませんか?

  • 光コラボに興味がある
  • おトクな乗り換え方法が知りたい
  • 工事費用ナシで光回線を申し込みたい
  • キャッシュバックがもらえるキャンペーンで申し込みたい
  • 月額料金が安いインターネット回線が知りたい
  • ネット回線が多すぎて選べない
  • ネット回線えらびに疲れた
  • そもそもネット回線についてよくわからない
  • 自分に合ったネット回線が知りたい
  • 自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

 

などなど、どんなことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*
ネット回線の代理店で販売やコンサルティング経験のある当ブログ管理人がお答えします。


今すぐ無料相談してみる

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*