WiMAXの機種変更【完全無料】は9月30日まで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
WiMAXタダ替えで機種変更

従来のWiMAXの端末を使っていてWiMAX2+にしようか検討している方へ、各WiMAX事業者がタダ替えキャンペーンを実施しているのをご存じでしょうか?

この記事を読めば、WiMAX2+へのタダ替えキャンペーンの内容やメリット、注意点、タダ替えをしない方がいい人のケースなどタダ替えの全てがわかります。

 

1.タダ替えキャンペーンとは

今まで使っていたWiMAX端末を

  1. 使っているWiMAXの解約金:0円
  2. WiMAX2+登録料:0円
  3. WiMAX2+機器代金:0円
  4. ギガ放題プランが、通常プランと同額で使える。
    (例)UQ WiMAXならギガ放題を3,696円/月で25ヶ月利用可能!

で機種変更ができるという、至れり尽くせりな乗り換えキャンペーンです!

しかし、このキャンペーン内容は9月30日まで。10月1日からは無料だった登録料:3,000円が発生してしまいます。もうタダ替えとは言えないですね…

 

2.タダ替えキャンペーンのメリット

2-1.解約金が0円

通常は、WiMAXを解約する際に契約更新月でなければ解約金がかかります。ただし、このキャンペーンを利用すれば契約更新月以外でも解約金なしで機種変更が可能です。

 

2-2.WiMAX2+登録料も0円(9月30日まで!)

WiMAX2+の端末代はどこでも0円でキャンペーンをやっていますが、登録料3,000円は、どのWiMAX事業であっても必ずかかります。これが無料で機種変更できるのでお得ですよね。

 

2-3.ギガ放題プランが25ヶ月もお得に使える

WiMAX2+を機種変更ではなく新規で契約した場合、ギガ放題プランは利用開始月~2・3ヶ月目の間だけ通常のプランと同額で利用できます。(WiMAX事業者によっては無料にしている所もある)

これが、利用開始月から25ヶ月間もWiMAX2+の通常のプラン(ギガ放題でない方)と同額で使えます!

 

3.タダ替えの注意点

3-1.同一事業者であること

WiMAXを契約しているWiMAX事業者でないと、タダ替えのキャンペーンは受けることができません。
例えば、今のWiMAXはUQ WiMAXで契約していて、BIGLOBE WiMAX2+へタダ替えは出来ないということです。

どこのWiMAX事業者で契約したかわからない人は、UQ WiMAXで使っているWiMAX機器のMACアドレスから契約先を調べてくれます。

WiMAX契約先お問い合わせ窓口

 

ちなみにMACアドレスというのは、WiMAX端末の背面や内側に記載されています。調べるときは、下の写真を参考にしてくださいね。

WiMAXのMAXアドレスはここ

 

3-2.新規キャンペーンとの併用不可

各WiMAX2+の事業者が行っている他のキャンペーンとの併用はできません。キャッシュバックや、タブレット端末プレゼントなどのキャンペーンは受けられませんのでご注意を。

 

4.今、変えないとどうなる?

UQ WiMAXからはWiMAXの速度について以下のように、アナウンスされています。

WiMAXの速度変更エリアについて

WiMAX 2+のキャリアアグリゲーションを導入したエリアでは、2015年10月末までにWiMAXの通信速度は、順次下り最大40Mbpsから13.3Mbpsに変更となる予定です。

実際にどのくらい影響があるかはわかりませんが、10月末までに現在使っているWiMAXの実効速度が落ちる可能性があるということです。

ただし、

 

5.次のような人は無理にタダ替えする必要はない

5-1.WiMAX2+で新規のキャンペーンを狙っている人

できるだけ多くのキャッシュバックや、タブレット端末などの新規向けキャンペーンを受けたい人は、タダ替えを選ぶ必要はないと思います。各WiMAX事業者のWiMAX2+新規向けキャンペーンについては、【保存版】WiMAXのおすすめサービスと各社徹底比較!を読んでください。

 

5-2.常にノーリミットモードを使いたい人

WiMAXの回線速度で、3日間3GBの速度制限のないノーリミットモードが都合いい人もタダ替えをする必要はないと思います。あとは、先にも書いたWiMAXの下り最大40Mbpsから13.3Mbpsになった時に、充分な回線速度が維持できていれば問題ないでしょう。

 

まとめ

WiMAXからWiMAX2+への機種変更を前向きに検討しているなら、完全無料でタダ替えできる今がチャンスです!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます

宜しければ、最後にこの記事をソーシャルメディアでシェアして頂けると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたにおススメの記事

SNSでもご購読できます。