お得に転用したい!光コラボ13サービスの特徴を比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
転用どうする。宮古島で光コラボ13サービス比較

光コラボレーション(NTT光回線の卸し)が始まったことによって、たくさんの光インターネットサービスが始まりました。フレッツ光ユーザーは転用によって、光回線はそのままで好きな光コラボサービスに乗り換えてお得に光インターネットが使うことができます。

ただし、サービスがたくさんあると、「どのサービスが自分の状況にあっているのか」「自分にとって、どこが一番お得なサービスなのか」を選ぶことは難しくなってしまいますよね。

そこで今回は、主要な光コラボや、料金的にお得な光コラボサービスをピックアップして比較しました。この記事を読めば、あなたにあった光コラボ探しの参考になると思います。それでは見ていきましょう。

転用のメリット

まずはフレッツ光からの転用のメリットを確認しておきましょう。メリットがなければそのままでもいいですからね。

基本的にフレッツ光よりも安く利用ができる

光コラボ事業者の独自サービスを受けられる

まず、第一に料金的なメリットが大きいです。単純に月額料金がフレッツ光より下がるだけでも価値はあるでしょう。また、スマホやSIMカードとのセット割りを使える光コラボサービスもあるため、条件があえば更にメリットが大きくなります。

また転用乗り換えは工事が発生しないので、手間もなく光コラボに乗り換えることができます。

光コラボ13サービス比較一覧表

光コラボの主要なサービス・お得なサービスを一覧表にしました。

サービス名ファミリ―タイプマンションタイプ独自サービス
ドコモ光5,200円4,000円ドコモ光パック
@nifty光5,200円3,980円auセット割
So-net光5,200円4,100円auセット割
ソフトバンク光5,200円3,800円スマート値引き
ASAHIネット光5,180円4,080円SIMセット割/auセット割
hi-ho光5,100円3,900円SIMセット割
OCN光5,100円3,600円SIMセット割
biglobe光5,080円4,180円SIMセット割
IIJmioひかり4,960円3,960円SIMセット割
U-NEXT光4,910円3,910円SIMセット割
ぷらら光4,800円3,600円ひかりTVセット割
DTI光4,800円3,600円SIMセット割/auセット割
スマート光4,300円3,300円なし

この表からわかることは、セット割を基準として選ぶ場合、docomoのスマホを使っているならドコモ光、Softbankスマホを利用ならSoftbank光、auスマホなら料金的にみてDTI光、格安SIMとのセット割ならSIMと同じ光コラボを選ぶのがポイントです。

また月額料金だけを極力安くしたい場合は、最安のスマート光となります。

光コラボ各サービスの特徴

ドコモ光

docomoの携帯・スマホを使っているなら「ドコモ光パック」で通信費をトータルで安くすることが可能。ただし元の月額料金が高いため、スマホ1台でのセット割は微妙。家族全員がdocomoユーザー、さらにシェアパックに入っている場合は恩恵が大きい。

対応プロバイダーが20種類以上あるため、プロバイダーを変えずに転用できるケースも多い。

ドコモ光の料金・サービス内容、メリット・デメリットまとめ

@nifty光

老舗プロバイダ@nifityの光コラボ。転用の月額料金は高めの設定。auセット割が使えます。

@nifty光の料金・サービス内容、メリット・デメリットまとめ

So-net光

プロバイダ大手So-netの光コラボ。長期割引きがある分、契約期間は長い。auセット割が使えます。

So-net光コラボレーションの料金・サービス内容、メリット・デメリットまとめ

Softbank光

Softbankでも携帯・スマホのセット割「スマート値引き」でスマホ料金が1台につき最大2,000円安くなります。Softbankもそうですが家族全員がSoftbankスマホを使っているなら、かなり割引きされてお得に使えます。

ソフトバンク光の料金・サービス内容、メリット・デメリットまとめ

AsahiNet光

プロバイダAsahiNetの光コラボ。月額料金は最初の1年目に割引きされ、長期割引きも受けられる。AsahiNetのSIMセット割、auセット割も使えます。

AsahiNet光の料金・サービス内容、メリット・デメリットまとめ

hi-ho光

IIJグループのプロバイダhi-hoの光コラボ。これと言った特徴が見当たりません^^;  hi-hoの格安SIMとのセット割が使えます。

hi-hoひかりの料金、メリット・デメリット、評判まとめ

OCN光

プロバイダ最大手OCNの光コラボ。初めの初年度は月額料金が割引。OCNのSIMカードを使っているユーザーはセット割で通信費がお得になります。

OCN光の料金・サービス内容、メリット・デメリットまとめ

ビッグローブ光

大手プロバイダの1つBiglobeの光コラボ。月額料金は他と比べても高めの設定。BiglobeのSIMカードを使っているユーザーはセット割で通信費がお得になります。

ビッグローブ光の料金・サービス内容、メリット・デメリットまとめ

IIJmioひかり

プロバイダIIJの光コラボ。IIJ SIMとのセット割、mio割りが使えます。

IIJmioひかりの料金・サービス内容、メリット・デメリットまとめ

U-NEXT光 コラボレーション

老舗プロバイダ@nifityの光コラボ。転用の月額料金は高めの設定。auセット割が使えます。

U-NEXT光コラボレーションの料金・サービス内容、メリット・デメリットまとめ

ぷらら光

NTT系の大手プロバイダplalaの光コラボ。スマホやSIMとのセット割りはなし。plalaが提供しているひかりTVとのセット割が使えます。

DTI光

プロバイダDTIの光コラボ。月額料金は安めの設定。auセット割/DTI SIMとのセット割りが使えるなd割引の選択肢も多いため、バランスのいい光コラボです。

DTI光の料金・サービス内容、メリット・デメリットまとめ

スマート光 コラボレーション

光インターネットとしては新規参入のサービス。スマホやSIMとのセット割りは一切ないが、初期工事費0円、月額料金が最安値のため、できるだけ料金を低く使いたい方にはピッタリです。

スマート光コラボレーションの料金・サービス内容、メリット・デメリットまとめ

光コラボの注意点もよく知っておこう

転用は、フレッツ光から工事もなく簡単に光コラボに乗り換えられて、しかも月額料金も安くなるのでお得なことしかないように見えます、

ですが、注意点もあるのできちんを理解をした上で転用をすることがいいでしょう。ここに光コラボの注意すべきポイントを4つ書いておきます。

  1. フレッツ光のプランによっては月額料金が高くなる場合がある
  2. 工事費用がかかる場合がある
  3. ネットの実効速度が変わる可能性がある
  4. 光コラボからフレッツ光には戻せない

詳しくは、こちらの記事で書いてありますので、気になる人は読んでみてください。
光コラボへの転用はここに注意!乗り換えのメリットと7つの注意点

まとめ

いかがでしたでしょうか。転用するときの光コラボサービス13種類の特徴を比較してみました。今回の比較内容をまとめます。

  • docomoスマホユーザーはドコモ光
  • SoftbankスマホユーザーはSoftbank光
  • auスマホユーザーはDTI光
  • 月額料金の安さならスマート光

光コラボはたくさんあるので、どうしても選ぶことや比較が大変です。この記事で、転用先の光コラボを絞り込みやすくなると思いますので、ぜひ光コラボ選びの参考にしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

インターネットの事なら何でもご相談ください

インターネット選びの無料相談はこちら。

■光コラボに興味がある
■おトクな乗り換え方法が知りたい
■工事費用ナシで光回線を申し込みたい
■キャッシュバックがもらえるキャンペーンで申し込みたい
■月額料金が安いインターネット回線が知りたい
■インターネット回線が多すぎて選べない
■ネット回線選びに疲れた
■そもそもインターネット回線についてよくわからない
■自分に合ったインターネット回線が知りたい
■自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

などなど、些細なことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*
元代理店スタッフの管理人がご相談にお答えします。


今すぐ無料相談してみる

あなたにおススメの記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*