ぷらら光はおトクだけど落とし穴があるので、ここに注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
失敗が発覚した男性

インターネット料金はできるだけ安く抑えたいですよね?

このブログでも光コラボはフレッツ光に比べてコストパフォーマンスが良いので頻繁に話題として取り上げていますが、ぷらら光は解約金しばりがない光コラボの1つなので 「おぉっ、やるな!ぷらら!」と思っていました。

ただ、よくよくサイトを見ていたら落とし穴があったんです。

今回はそこに落ちないための記事を書いてみました。ぷらら光を検討している人は要チェックです。

 

まず、ぷらら光とは

ぷらら光

ぷらら光は、もともとインターネットプロバイダーとして接続サービスを提供してきた「ぷらら」の光インターネットサービスです。

プロバイダー契約数シェアは5位のメジャープロバイダー(2015年3月末時点)なので、フレッツ光で使ったことがある人も多いのではないでしょうか。

ちなみに、ぷららの正式名称は株式会社NTTぷらら。OCNやドコモと同様のNTT系列の企業です。

月額料金もフレッツ光に比べて断然安く使えますし、現在プロバイダーとしてぷららを使っている人は、ぷらら光への乗り換えがしやすいのも特長です。

あまり知っている人はいないかもしれませんが、フレッツ光のオプションとして提供されている 「ひかりTV」のサービス提供元でもあります。(ひかりTVとは光インターネット経由で、専門チャンネルや映画・ドラマなどのコンテンツが視聴できる映像サービスです。)

 

そして、ここがぷらら光の落とし穴

落とし穴

月額料金は先ほど書いたように、使いやすい料金設定ですし、自社サービス「ひかりTV」とのセット割りもあります。

月額費用初期費用解約金最低利用期間
 マンションファミリー事務手数料工事費用
通常料金3,600円4,800円0円*10円*2
ひかりTVセット4,500円5,700円

*1 ) 転用手数料0円キャンペーン。通常は新規・転用ともに3,000円。
*2) 転用時の場合。 新規申し込みの場合:ファミリータイプは18,000円、マンションタイプは15,000円。

 

もともと最低利用期間と解約金がないので、いつでも乗り換えや解約ができるのもストレスがないのもユーザーに優しいですよね。

ここまでは、いいと思います。

 

何が問題なのかというと、ひかりTVを申し込んでしまうと「ひかりTV2ねん割」という割引きが適用されるため、24ヶ月間の利用を条件に毎月1,000円割引きされます。つまり、最低利用期間が24ヶ月でその間に解約すると9,000円の解約金がかかります

 

しかも、このセット割りの割引きが非常にわかりづらく設定されています。

「ひかりTV2ねん割」の他に、「ひかりTVセット割」というものがあります。これば月額料金から600円が割引されるもので最低利用期間・解約金は特になしです。

さらに、ひかりTV対応チューナーのレンタル料もかかるんです。セット割の場合、通常のレンタル料金500円が12ヶ月間0円となっていますが、それって13ヶ月目以降はかかるってことですよね。

 

とりあえず、ひかりTVセットにした場合、どれくらいの費用になるのか分かりやすくするために表にしてみました。

 1ヶ月目~12ヶ月目13ヶ月目~24ヶ月目25ヶ月目以降
ひかりTV2ねん割‐1,000円‐1,000円割引きなし
ひかりTVセット割-600円-600円-600円
ひかりTV対応チューナー0円500円500円
マンションタイプのセット料金4,500円5,000円6,000円
ファミリータイプのセット料金5,700円6,200円7,200円

結局、13ヶ月目~は料金が上がっていきます。25ヶ月目以降に至ってはもの凄い金額ですよね。

別に、ひかりTV自体が悪いと言っているわけではありません。自分の好きな専門チャンネルが見れたり、家族みんなで映画やアニメなど楽しめたりするのは良いサービスだと思います。

 

ただ…この料金体系はいかがなものでしょうか?

 

光コラボサービスとして低価格を打ち出した場合、そこの利益はほとんどでないでしょう。なぜなら、NTT東西への卸し料金でほとんど持っていかれるからです。その代わり、付帯する自社サービスで利益を確保しようというのも分かります。

ですが今は、Netflix・Hulu・dTVなどの、

・安価な定額料金
・レンタルチューナーとかを使わずオンデマンドで視聴できる
・解約金なし

のオンライン動画j配信サービスが主流となっています。

夏休みはこれで決まり!動画配信サービスで映画・ドラマ三昧のススメ

ひかりTVはチャンネルサービスもあるので、一概にこういうサービス内容にするのは難しいのかもしれませんが、料金体系は時代遅れというかユーザーが付いてこないんじゃないかなぁ、と思うのは僕だけでしょうか。

また次のような声がネット上でありました。

このオプションは「ひかりTV」のことでしょうが、勝手につくというのは怖いですね。ぷらら光のどこかの代理店の販売方法に問題があるんだと推測できますが…

電話営業や訪問営業には気を付けて契約はしないようにするのが得策です。

 

回線速度が遅くなる

speeddown

ひかりTVのこととは関係ありまんが、少しネットで調べてみるとぷらら光の意外な評判が出てきましたので参考までに載せておきます。

‏ぷらら光に変えて回線速度が遅くなっている人が出てきているようです。それと「サポートに電話がつながらない」という状態はかなり厳しいですね。

ぷらら光は光コラボレーションモデルと呼ばれるもので、回線はNTTフレッツ光の回線を利用していますが、ぷららのプロバイダー機能が原因なのかは確かめようがないですね。ただ中には回線速度に支障がない人もいるようです。実際は遅くなった人が声を上げているので、多く見えているだけかもしれません。

ぷらら光を検討している人は、こういった利用者の口コミを判断材料にしてみることをおススメします。

 

まとめ

全て納得した上で、「よしやってみよう!」という人は全然アリだと思いますし、最初からひかりTVとのセットを狙っている人にはぷらら光はおススメできます。

ただ、あまりきちんとした説明をされなかったり、よく分からないまま、ぷらら光のひかりTVに入ってしまうとトラブルや失敗の原因になります。解約金や最低利用期間がないメリットで、ぷらら光を申し込む人は尚更です。

まずは、きちんと理解することが大事ですね。

ぷらら以外でもおトクに使える光インターネットはこちらで紹介しています。
↓↓↓

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます

最後にソーシャルメディアのどれかでシェアして頂けると喜びます^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

インターネットの事なら何でもご相談ください

インターネット選びの無料相談はこちら。

■光コラボに興味がある
■おトクな乗り換え方法が知りたい
■工事費用ナシで光回線を申し込みたい
■キャッシュバックがもらえるキャンペーンで申し込みたい
■月額料金が安いインターネット回線が知りたい
■インターネット回線が多すぎて選べない
■ネット回線選びに疲れた
■そもそもインターネット回線についてよくわからない
■自分に合ったインターネット回線が知りたい
■自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

などなど、些細なことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*
元代理店スタッフの管理人がご相談にお答えします。


今すぐ無料相談してみる

あなたにおススメの記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*