ONLY Mobileの怪しい勧誘と評判、料金プランを徹底解説

怪しい勧誘をするドイツ人ハーフ

ONLY Mobileは郊外のイオンやショッピングモールでブースを立てて勧誘をやっています。勧誘を受けた人で名前を今まで聞いたことがなければ「何それ?」と思ってネットで評判も探しちゃいますよね^^;

「パソコンやタブレットが無料!」と宣伝しているので一見お得そうですが、申し込みはちょっと待ってください。

昔から「無料(タダ)より高いものはない。」といいますよね。ここでは、ONLY Mobileのよろしくない評判や料金プランのからくりを細かく検証、そして契約をする時の注意点や解約についてもまとめていきます。

ONLY Mobileから勧誘を受けた・検討している人はぜひ参考にしてください。

1.ONLY Mobileとは

まったく聞いたことがないという方のために説明しておきます。

ONLY Mobileは、株式会社ベネフィットジャパンが提供しているモバイルルーターのネット回線です。設備をドコモやY!mobileから借りて自社サービスとして提供しています(MVNOというやつですね)。

料金プランはデータ通信量により分かれていて、タブレット・ノートパソコンとのセットプランが用意されています。

ONLY Mobileのここが罠

ONLY Mobileは都心よりも、郊外にあるイオンモールなどのショッピングモールでブースを開いて営業活動をしているようです。

イオンモールのOnly Mobileブース出典:https://spotclip.jp/spots/359684

ターゲット層は女性やシニア層、初心者としているようですが、要はインターネット回線やパソコンに詳しくない人たち(俗に言う情報弱者)をターゲットにしていると考えられます。

一昔前にYahoo!BBがやっていた、駅前や店先でブースを構えてモデムを配る方法と似ています。(僕も当時アルバイトでやっていました^^;)

ONLY Mobileの勧誘方法としては、チラシ入りのポケットティッシュを配りそれを手にした人に「タブレット・パソコンが無料でもらえる」と声をかけて足を止めさせてから契約をとっているようです。

タブレットかパソコンが0円と勧誘はしますが、実際にはONLY Mobileの契約が必要になり、しかもモバイルWi-Fiルーターとデバイス代金はタダではなく割賦販売として月額料金に盛り込まれるという内容です。

無料・0円と勧誘しておいて契約するとデバイス代は分割で購入したことになっていて毎月ちゃっかり代金を取られている… これは消費者を騙して契約をとる手口なのではないでしょうか。

2.ネットでの評判・口コミ

ネット上で調査してみるとONLY Mobileの評判がけっこう出てきますね。まずは、ブース営業についての評判からです。

次に契約をしてしまったユーザーの口コミです。速度は遅い、制限はかかる、無料と説明されたパソコンは分割購入になっている、対応が悪い、と散々ですね…

ONLY Mobileが快適に使えているユーザーももちろんいます。モバイルWi-Fiルーターは、速度制限がかかっている状態でなければ電波の入り具合が使い勝手を左右します。

3.料金体系・プランはどうなってるの?

ここからONLY Mobileを契約するとどのくらい料金がかかるのか見ていきます。

 Xi®使い放題
Xi® 25
速度制限3日間で2GB月間で25GB
月額料金タブレット
プラン
36ヶ月間:5,900円
37か月目~:3,600円
36ヶ月間:5,900円
37か月目~:3,900円
 PCプラン36ヶ月間:6,600円
37か月目~:3,600円
36ヶ月間:6,600円
37か月目~:3,900円
事務手数料3,000円
契約期間3年
(自動更新あり)
解約金9,500円
+ルーター端末代(50,400円)の残金

+タブレット代(54,000円)、
またはPC代(79,200円)の残金

※3年目以降は1年ごとの契約となり、契約更新月以外の解約は4,320円の解約金になります。

「Xi®使い放題」プランは月間のデータ通信量に制限はないですが、連続した3日間で2GBを超えると速度制限(128kbps)、「Xi® 25」プランは連続3日間のデータ通信量の制限はないですが、月間で25GBを超えると速度制限(128kbps)がかかります。

ちなみに128kbpsの通信速度だとほぼ何もできないような状態になります。(Webサイトすらろくに見れません)

タブレットやパソコンを使うと、3日間で2GBや月間25GBのデータ通信量はすぐに突破してしまう可能性が高い(使い方にもよります)ので、速度制限かかってモバイルルーターがただの置物になるんじゃないかなぁ、、と個人的には強く感じます。

そもそも「使い放題」プランなのに連続した3日間でデータ通信量の制限があるのなら使い放題とは言えないですよね。

料金表を見てもらうと分かりますが、申し込んでから36ヶ月間は異様に月額料金が高いのは、モバイルWi-Fiルーターの端末代とタブレット・パソコンの機器代を分割で払うことになるからです。(スマホ(ドコモの場合)で言うところの月々サポートのような割引きはされてこの料金です。)

あくまでも「無料ではなくてユーザーが分割で購入する」という契約内容です。

そのため、一度契約をしたら3年は使い続けないと機器代を含めた解約金を一括請求されるので注意が必要です。

4.モバイルルーターとタブレット・PCを調べてみると…

ONLY Mobileで分割購入となるモバイルWi-Fiルーターですが50,400円となっています。機種は、FS030W(富士ソフト製)です。

富士ソフト +F FS030W FS030WMB1の商品画像

この端末はSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターで、LTE通信での回線速度が最大150Mbps。バッテリーの持ちはWi-Fi利用時は最大20時間とけっこう長く使えるようです。

Amazon で見てみると11,470円で購入できることが分かります。(記事執筆時の価格)

もうお分かりだと思いますが、市場で10,000円ちょっとで売られている製品をONLY Mobileは3年も縛って50,400円で売っています。ぼったくりもいいところですね。

同じように、タブレット端末とパソコンも見ていきます。

ONLY Mobileのセットプランで購入となるタブレットは、「NEC LAVIE Tab(THY-BOSD 17032)」です。

NEC PC-TE510BAL LAVIE Tab Eの商品画像

この製品の型番 THY-BOSD 17032 はビジネスモデルとして販売されていますが、2015年の7月に発売された製品でNECではすでに販売終了しています。個人ユースとしては、型番 PC-TE510BALが同等のスペックなのでこちらで価格を見てみると、Amazon では21,799円で購入ができます。(記事執筆時の価格)

これを、ONLY Mobileは54,000円で売っている…3万円以上の差がありますね…

スペック(仕様)の表記が違う!?

このタブレットもう一つ気になったのがスペック表示です。メーカーであるNECの公式サイトとONLY Mobileが掲載しているPC-TE510BALのスペック内容が下のように違いが見られます。

 NEC ONLY Mobile
本体寸法247.4(W)×8.99(D)
×171.9(H) mm
246.8(W)×172.5(D)
×7.2(H) mm
本体質量522g約485g
プロセッサーMT8165 1.7GHz
(4コア)
APQ8053 2.0GHz
(8コア)
システムメモリ2GB3GB
プラットフォームAndroid 5.0Android 7.1
無線LANIEEE802.11a/b/g/nIEEE802.11a/b/g/n/ac

この違いはなんなんでしょうか?  2015年の製品なのにONLY Mobileがスペックを意図的に水増しして掲載しているのだとしたら詐欺なんじゃないでしょうか?

ちなみに、ONLY Mobileが掲載しているスペックは、NECの最新タブレット「TE510/HAW」と同じことも分かりました。

Webサイトの端末名表記を間違えていて、実際はこの最新モデルであればユーザーもまぁ納得だとは思いますがなんか怪しいですよね… この最新タブレットだったとした場合、Amazon での価格は34,430円(記事執筆時の価格)です^^;

 

そして、3つめとしてセットプランのパソコンの価格を見ていきます。

ONLY Mobileのセットプランで購入となるパソコンは、「東芝 dynabook B45」です。タブレットと同様にビジネスモデルですね。

東芝 PB45BNAD4RAAD11 dynabook B45/Bの商品画像

Amazon では41,154円で購入ができますが(記事執筆時の価格)、ONLY Mobileだと79,200円で売っているので、タブレットと同じく3万円以上の差があります。

どう考えてもONLY Mobileで購入扱いになるモバイルWi-Fiルーターやタブレット・パソコンは自分で調べてAmazonなどのECサイトで買った方が安上がりなことがわかります。

5.このビジネスモデルはなんなの?

ONLY Mobileのサービス提供をしている会社を調べてみると、株式会社ベネフィットジャパンという東証マザーズに上場している企業です。

事業は主に、ONLY Mobileのようなモバイル回線と格安SIMの通信事業、ソフトバンクの代理店事業、他ににウォーターサーバーなども手掛けています。

投資家向けの資料を見てみると、売り上げのほとんどはONLY Mobileが占めていますね。ユーザーの評判は見ての通り良くはないですが、加入者数は順調に右肩上がりのようです。

通信事業は基本的にストック型と呼ばれるビジネスモデルなので、ユーザー数を増やすと後からどんどん利益が増えていきます(月額課金のため)。ONLY Mobileはデバイスを割賦販売でセット売り、オプションを付けて顧客単価を上げています。

この記事の冒頭でも書きましたが、資料を見るとベネフィットジャパンは競合会社との差別化として次のような戦略をとっています。

  • ターゲット:女性・シニア層・初心者
  • 商品アイテム:モバイルWi-Fi+タブレット・PC、コミュニケーションロボット
  • エリア:大都市圏を除く地方都市
  • 販売チャネル:郊外のショッピングモール等での対面販売

ブースを開くための場所代や営業スタッフの人件費、代理店を使った場合の報奨金などの負担はあるでしょうが、「パソコン無料です!」というような切り口で買い物客の足を止めさせて、結局はモバイルWi-Fiルーターを含めたデバイス代金が割賦販売の契約になる手口は悪質なのではないでしょうか? そしてデバイス代金も市場より3万円以上も高い価格を取っているのもえげつないですね。

正直言って、地方のショッピングモールに買い物にきている中のITリテラシーが弱い人たちから搾取するビジネスモデルなんじゃないかと勘ぐってしまいますね。

6.契約をする時の注意点

もしONLY Mobileを契約するのであれば、役に立つだろうという事をリストアップしておきます。(ONLY Mobileだけではないですが、ネット回線の電話勧誘・訪問勧誘・ブース勧誘など向うからやってくる営業全般に当てはまります。)

  • パソコン無料などという言葉に乗せられない
  • タブレットやパソコンが必要なら他で安く手に入れられるか調べる
  • モバイルWi-Fiルーターが必要なら他で安く手に入れられるか調べる
  • もし契約をするのであれば契約書を隅々まで自分で確認する
  • 疑問に思うことはすべて質問する

営業スタッフが最後まで「パソコンは無料」とウソをついて契約を取ろうとしたとしても、契約をするなら自分の目で契約書を隅々まで確認することで自分を守ることができます。

全部チェックして自分が完全に納得できたのであれば契約をしても良いと思います。

もし騙されてしまったら?

ツイートでの評判にもありましたが、営業スタッフから「パソコンはプレゼントです!」とウソの説明を受けて契約、料金請求を見ると分割購入したことになっている…

こんな時には(こうならないために契約書は確認しましょう)、消費者センター に相談するのが手っ取り早い方法です。相談員の方が力になってくれます。

カスタマーサポートに電話しても、説明を受けた録音を取っているわけでもない限りはきっと埒が明かないでしょう。

7.解約の連絡先と注意点

ここでONLY Mobileの解約先も載せておきます。カスタマーサポートの連絡先が2つあり、1つは申し込み前の問い合わせや相談・申し込み用の連絡先。もう1つは、ユーザー向けの連絡先です。解約の連絡先として後者を載せておきます。

オンリーモバイル カスタマーサポート

050-3387-0630

受付時間 11:00~19:00(年末年始・指定日を除く)

解約の注意点ですが、契約プランの更新月でなければ解約金がかかります。また、モバイルWi-Fiルーターの端末代と、分割で購入したパソコンやタブレットの代金が払い終わっていなければ、すべて一括で請求されてしまうので高額になってしまう場合もあります。

解約は毎月20日までに手続きをすれば当月での解約になりますが、21日以降の場合は次の月での解約となってしまうので早め早めに行動するようにしましょう。(解約月の月額料金は日割りになりません。)

解約手続きをした後は、最後の作業としてSIMカードを返却する必要があります。返却をしないと3,000 円 ( 税抜 ) の紛失手数料が発生するので捨てたりしたらダメですよ。

まとめ

いかがでしょうか? ONLY Mobileについて評判や料金プラン、ビジネスモデルなどまとめてきましたが、一言でいうと次のような理由で個人的にはおススメできません

  • 月額料金が高い
  • 市場よりも高額でモバイルWi-Fiルーターとデバイスが分割購入になる
  • 3年しばられる
  • データ通信量の制限が厳しい
  • 速度制限(128kbps)にかかると使い物にならない

また、ブースでの営業スタッフが「パソコン無料」と事実とは違う呼びかけをして契約を取ろうとしているのも気に入りません。

社名についているベネフィット(利益)は確かにありますが、ユーザー側にではなくサービス提供側の利益のことようです。この記事を読んでくれた人は、ONLY Mobileの罠にはまらないことを願います。

 

モバイルWi-Fiルーターでネット環境が欲しい場合ですが、個人的には次のような理由でWiMAX2+がおススメです。(僕も使っています)

  • 端末代が無料
  • 回線速度も最大440Mbpsと速い
  • 月額料金が適正
  • データ通信量の制限もゆるい(連続3日間で10GB)
  • 速度制限が入っても1Mbps程度の速度はでる
  • キャッシュバックなどキャンペーンが充実している

キャンペーン比較や僕のレビュー記事もあるので、気になる人は「モバイルWi-Fi完全ガイド」を参考にしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

モバイルWi-Fiの知識やお得なキャンペーンがまとめてわかる

WiMAX2+をメインにモバイルWi-Fiの知っておくべき知識や、お得なキャンペーン、端末比較やレビューなどの情報を手に入れることができます。

【主な内容】

  • WiMAXの基礎知識
  • 得するWiMAXキャンペーン
  • WiMAXの端末えらび
  • 僕が実際に使ってみたレビュ―
  • 短期レンタルのモバイルWi-Fi
  • お店で使える無料Wi-Fi

ぜひ快適なWi-Fi環境づくりの参考にしてください。


モバイルWi-Fiガイドを今すぐチェック

facebookでの購読が便利です

SNSでもご購読できます

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメント

  1. 古馬 より:

    最悪です。2年縛りと説明されてたはずが、3年縛り、1年4か月で解約しましたがWi-Fiルーターのみで、解約金1万とルーターの残り支払額は1300*(12+8)消費税がプラスされ¥39746請求されました。3日で2ギガの契約にもかかわらず、1ヵ月20ギガ行くはずが12ギガいけば上等ほとんど詐欺です。もしクーリングオフ期間内の人がいたら即刻解約をお勧めします。

コメントを残す

*