オフィス光119の3つの評判・特徴や料金体系、解約方法をまとめてわかったこと

オフィスで働く女性

今あなたは、オフィス光119の営業電話がかかってきたので、一体どんなサービスなのか?この会社は信頼ができるのか?と調べていると思います。

オフィス光119は㈱東名が提供をしている光コラボ(NTT光回線の卸し)です。どんなリストを使っているのかは知りませんが、フレッツ光のユーザーに営業電話をして、今より安くなるという内容で、オフィス光119に転用乗り換えを勧めているようです。

この記事では、オフィス光119の評判・口コミと、特徴や料金体系、メリットとデメリット、初期契約解除や解約についてもお伝えしていきます。

不安な方は、特に他の人の評判や口コミが参考になると思います。

1.オフィス光119の評判・口コミ

オフィス光119自体がメジャーではないため、そこまで評判や口コミはないのかなと思っていましたが、色々と調査するうちに電話での営業に問題があるような評判が多く見受けられました。

ネット回線のような通信サービスは、事業者が販売代理店を使って営業をしてもらう形態(Webサイト、テレアポ、訪問営業、不動産提携など)が多いですが、オフィス光119の場合、事業者である東名が直接、電話営業をしているようなんです。ちなみに、0800から始まる電話番号からかかってくるようですよ。

主な評判としては3つ。

1-1.営業電話がしつこい&態度が悪い

東名からかかってくる営業電話がしつこい、態度が悪いという口コミです。

オフィス光119、電話営業の口コミ2

 

 

 

 

一方的に営業電話をかけてきて、貴重な相手の時間を奪ったあげくに態度が悪いとか最低ですね…

オフィス光119、電話営業の口コミ1

 

 

 

 

1-2.説明内容と違う

実際にどういう説明があって契約になったのかはわかりませんが、下のように電話営業では言った言わないみたいなケースになることもあり、一旦、契約が切り替わってしまうとユーザーが痛い目をみる場合が多いので、もし契約をするにしても「書類を確認してから判断する。」など自分を守る工夫をする必要があると思います。

オフィス光119、電話営業の口コミ3

1-3.このサービス・会社は大丈夫なの?

この口コミが一番多い気がします^^; そもそも「申し込み手続きは電話のみ」とかは怪しいですね。今は初期契約解除

 

オフィス光119、電話営業の口コミ4

オフィス光119、電話営業の口コミ5

オフィス光119、電話営業の口コミ6

フレッツ光のプランをオフィス光というプランに変更すると料金が下がるという言葉が目立ちますが、フレッツ光から光コラボへの転用は立派な「契約の変更」です。

営業電話では「電話での手続きで、フレッツ光の料金が今より安くなる。」と言って契約が変わるとは説明していないのでしょうか… (受け手が理解できていない場合もありますが…)もし、誤解を招くような説明内容であれば悪質ですね。

そもそも、少しでも怪しい・おかしい・信用できなさそう、と感じたら契約はするべきではないと個人的には思います。

フレッツ光から乗り換えたいのであれば、ネットで検索して自分に合ったキャンペーンや条件のネット回線を選ぶべきです。

「そのままで安くなる」は危険!こんなインターネットの代理店には気をつけろ!

2.オフィス光119とは

オフィス光119Webサイト画像

オフィス光119は光コラボ(NTT光回線の卸し)のひとつです。

オフィス向けに、通信サービスやオフィス機器、Web製作、トラブル快活など様々なサービスを提供している株式会社東名が運営しているので、SOHOや店舗をターゲットにした光インターネットという位置付けです。

光コラボ全般に言えますが、事業者が光回線とプロバイダー、その会社の独自サービスを含めてワンストップでユーザーにサービスを提供できる光インターネットです。(オフィス光119のプロバイダーは自社のオフィスBB119)

光コラボのメリットは、光回線や提供エリアはフレッツ光と同じですが、支払いやカスタマーサポートは提供事業者ひとつになるところや、料金体系も独自で設定できるため、フレッツ光よりも安くなる場合があります。

2-1.キャンペーンや割引きはあるの?

オフィス光119がそもそもSOHO・店舗向けの光コラボというのもあると思いますが、特にキャッシュバックや新規の工事費無料などのキャンペーンはやっていません。

評判を見る限りでは、新規ユーザー獲得よりもフレッツ光のユーザーに営業をかけて「転用」でオフィス光119に乗り換えてもらっているんだと思います。

割引きは「さんねん割」という3年契約を約束する代わりに、月額料金の割引きがあります。

2-2.料金体系をおしえて

オフィス光119のプランは大きく分けて3つあります。

  • オフィス光119 ベーシック
  • オフィス光119 アドバンス
  • オフィス光119 スマート

それぞれ用途が違うように設計されているのでひとつひとつ見ていきます。

オフィス光119 ベーシック

ベーシックは、定額料金プランなのでネットを普通に使う人に向いています。月額料金がフレッツ光に習って細かく分かれているのが、消費者にはわかりづらいところです。

 東日本西日本
マンションファミリーマンションファミリー
月額料金※13,300~
4,850円
 5,100~
5,400円
3,300~
4,400円
5,100円
事務手数料新規:800円
転用:3,000円
工事費15,000円 18,000円  15,000円  18,000円
契約期間36ヶ月(自動更新)
解約金※21年目:30,000円
2年目:20,000円
3年目:10,000円

※1 プロバイダーはオフィスBB119、さんねん割を適用。
※2 さんねん割の解約金とは別に、プロバイダーのオフィスBB119も3年未満(自動更新なし)で解約をすると5,000円の解約金がかかります。

マンションタイプは建物に設置されている設備(光配線/VDSL/LAN配線)や選ぶ回線速度(1Gbps/200Mbps/100Mbps)によって細かく月額料金が設定されています

マンションタイプの最低料金は3,300円ですが、設備がLAN配線方式のプラン2なのでほとんどいないと思います。逆に、世帯数が少なく光配線方式の場合は最も料金が高くなります。(その分、速度は速いですが…)

東日本エリアのファミリータイプはWi-Fi機能のある/なしで月額料金が変わります。

他の光コラボと比べて契約期間が36ヶ月と長く、解約金も高い設定です。

オフィス光119 アドバンス

アドバンスは、メールが主体などあまりネットを使わない人向けで、料金プランとしては使った分のデータ量で料金が決まる従量制。ファミリータイプのみの提供。

 ファミリー
月額料金※14,300~6,400円
事務手数料新規:800円
転用:3,400円
工事費18,000円 
契約期間36ヶ月(自動更新)
解約金※21年目:24,000円
2年目:16,000円
3年目:8,000円

※1 プロバイダーはオフィスBB119、さんねん割を適用。
※2 さんねん割の解約金とは別に、プロバイダーのオフィスBB119も3年未満(自動更新なし)で解約をすると5,000円の解約金がかかります。

データ通信量は3GBを超えるまでは4,300円、それ以降は100MBごとに30円追加、10GB使うと最大の6,400円となります。

ベーシックに比べると解約金は多少下がっています。(それでも高いと思いますが。)

固定電話サービスのオフィス光電話をつけると月額料金に500円プラスです。

オフィス光119 スマート

スマートは、ネットは使わないけど防犯カメラやPOSレジのデータ通信が必要な人向け。こちらも料金プランとしては使った分のデータ量で料金が決まる従量制。ファミリータイプのみの提供。

アドバンスと比べるとデータ量による下限の月額料金は低く、上限は高くなっています。

 ファミリー
月額料金※13,600~6,600円
事務手数料新規:800円
転用:3,400円
工事費18,000円 
契約期間36ヶ月(自動更新)
解約金※21年目:24,000円
2年目:16,000円
3年目:8,000円

※1 プロバイダーはオフィスBB119、さんねん割を適用。
※2 さんねん割の解約金とは別に、プロバイダーのオフィスBB119も3年未満(自動更新なし)で解約をすると5,000円の解約金がかかります。

データ通信量は200GBを超えるまでは3,600円、それ以降は10MBごとに30円追加、1.2GB使うと最大の6,600円となります。

スマホでも普通に使ってしまうようなデータ通信量なので、このプランを選ぶときは自分がどのくらいデータ通信量を使っているのか把握してから選びましょう。そうしないと、高くつく場合があります。

固定電話サービスのオフィス光電話をつけると月額料金に500円プラスです。

3.僕から見たメリット・デメリット

評判や口コミとサービス内容を元にしたメリットは、

  • SOHO/店舗/法人で使うならアリではないか。

と思います。

キャンペーンもなく月額料金も高いとは思いますが、ドメインメールのオプションや、回線の24時間修理対応、デバイスのデータ復旧・バックアップなどオプションも充実(オプション料はかかります)しているので、パソコンやネットに詳しい人がいない会社や店舗にはいいのかな、というところ。

特に、もともと東名と取引のある会社は、まとめてやってもらった方が楽かもしれませんね。

デメリットとしては、

  • キャンペーンもなし
  • 月額料金も高い
  • 契約期間が36ヶ月と長く解約金も高い
  • 電話営業には注意が必要

というところで「個人利用には全く向いていない。」と言わざるをえません。

4.当ブログにも相談がありました

同じような方が他にもいると思い、ここでシェアしておきます。

相談者の方は、やはり電話営業でフレッツ光からオフィス光119に転用してしまったようです。

NTT西日本のフレッツ光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼で、プロバイダーは、OCNを使ってたのですが、自宅の光電話に(株式会社・東名)と言う光コラボ会社から、オフィス光119と言うサービスに切り替えると、月に千円ぐらい安くなると言われて、転用しました。

しかし、なにぶん光コラボには詳しくないため、この会社を信用していいのかどうか分からなくて、フレッツ光に戻そうかと思いNTT西日本に電話をかけてみたところ、転用した後なので、解約に関することは東名に電話かけてくれと言われました。

東名から郵送されてきた、重要事項説明書類には、契約内容確認書が手元に到着した日から8日間以内であれば、書面による申し出により解除することができると、書いてます。

なにぶん、コラボについて詳しくないので、解約できるか(クーリングオフ)、教えてください。書類は、3,4日前ぐらいに届きました。日にちが差し迫ってるため、早めのお返事がもらえたら幸いです。2017年12月2日。

この方が言われているのは、「初期契約解除ができるかどうか?」というところ。

僕の回答としては、日数が迫っているのもあるため、まずはカスタマーサポートに連絡をして初期契約解除がまだできるか相談をするのが先決だとお伝えしました。

また、初期契約解除や解約についてはこちら↓に連絡をするのが早そうです。

オフィス光119[ご解約についてのお申し込み・お問い合わせ]

0120-119-116
受付時間:9:00~20:00
土日・祝日も営業(年末年始を除きます)

まとめ

最後にオフィス光119についてわかったポイントをまとめておきます。

  • フレッツ光ユーザーは営業電話に気を付けること
  • 個人利用にはまったく向いていない

基本的に電話営業はロクなところがありません。繰り返しますが、ネット回線を探すならネットを使って自分で調べるべきです。

他にキャンペーンやキャッシュバックのある光回線や、月額料金が安い光コラボなんて全然あります。

フレッツ光から乗り換えを検討している人はぜひ下の記事も参考にしてくださいね^^

【2017年版】高額キャッシュバック+工事費0円でお得度MAXなネット回線まとめ

⇒   ここが一番おトクに使える!光コラボ料金比較ランキングTOP8

この記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

facebookでの購読が便利です

SNSでもご購読できます

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*