WiMAXの新端末WX04の特長と、スペック・おすすめプロバイダーを徹底比較

WiMAXの新端末WX04でネットが快適に使えて嬉しい女性

WiMAXの新端末WX04がどんな特長があるのか? 今までの端末と、どう違うのか気になっていると思います。

この記事では、WX04の特長や機能と、他の端末とのスペック比較、そしてWX04を申し込めるWiMAXプロバイダーのキャンペーン比較をして、どのプロバイダーで申し込むのが一番お得なのかもお伝えしていきます。

WX04を検討している人はぜひ参考にしてください。それでは、見ていきましょう。

1.WX04の特長・機能はどんな感じ?

まずは特長と機能からですが、旧端末のWX03と比べて次の6つの新しい特長があります。

  • NEC製で初めて「4G LTE」に対応
  • Wi-Fi環境もより快適に
  • 連続通信時間がさらにアップ
  • 買い替え時の初期設定が簡単
  • 一時的に4G LTEを利用できる
  • 速度低下の防止機能

順番に見ていきます。

1-1.NEC製で初めて「4G LTE」に対応

WiMAX端末は、HUAWEI(ファーウェイ)製のWシリーズ/Lシリーズと、NECプラットフォームズ製のWXシリーズがありますが、このWX04はWXシリーズで初の「au 4G LTE」に対応しました。

そのため、WiMAX2+の電波が届かないようなエリアでも、auの4G LTEが使えれば通信することができます。

1-2.Wi-Fi環境もより快適に

前世代の「WX03」で好評だったWウィングアンテナ(下の写真のやつ)をクレードルに搭載しているので、屋内での通信エリアが広くなっています。

Speed Wi-Fi NEXT WX04イメージ

また、固定回線用の無線LANルーターによく見られるビームフォーミング機能がWiMAX端末ではじめて追加されたことにより、快適な通信速度で使えます。

ただし、端末自体はだいたいどのWiMAXプロバイダーでも0円ですが、クレードルは別売りなので購入する必要があります^^;

ビームフォーミングってなに?

Wi-Fi接続を効率的にする技術です。通常は親機(WiMAX端末)を中心に球のように電波が広がっていますが、ビームフォーミングによって親機からWi-Fi接続する子機(デバイス)に集中的に電波を飛ばすことができるので、体感速度がより快適になります。

WX04ビームフォーミング機能のイメージ画像

※出典:UQ WiMAX

ただ、デバイス側もビームフォーミングに対応している必要があります。

1-3.連続通信時間がさらにアップ

新しい端末がでるとバッテリーの持ちが良くなりますがWX04も例に漏れません。

3,200mAhの大容量バッテリーを搭載していて、旧端末WX03と比較しても連続通信時間が約1時間アップしました。

1-4.買い替え時の初期設定が簡単

Wi-Fi設定の引越しができる便利な機能が追加されました。そんなことできるんですね。

 買い替え前のルータのWi-Fi設定(SSID、暗号化モード、暗号化key)を引き継ぎすることができるので、Wi-Fi機器の再設定が不要です。特に、Wi-Fi接続しているデバイスの台数が多い人は手間いらずでとても便利ですね。

ただし、次の点は注意が必要です。

  •  買い替え前ルーターもWPS対応している。
  • 引き継ぎ完了後は買い替え前ルーターの電源をオフにする。
  • 他社ルーターから設定を引き継ぐ場合はSSID名に注意する。

1-5.一時的に4G LTEを利用できる

4G LTE(LTEオプション)を使わない人には関係ないので飛ばしてください。

 auの4G LTEでのデータ通信を必要な時だけに抑えるために、使い終わったら「ハイスピードモード(WiMAX2+のみ)」に変わるので、不必要なデータ通信が防げます。

これはどういう事かというと、4G LTEをの通信はWiMAXのプランがギガ放題であっても、月間7GBの通信料制限を受けてしまうためです。それを防ぐための機能です。

「ワンタイムHS+A(ハイスピードプラスエリア)」機能と言うようですが、とりあえず名前が長くてわかりづらい…

1-6.速度低下の防止機能

これは、スマホの機能にあったりしますが、あたらかじめデータ量を決めておいて、その使用量に達したときに通信を停止する機能です。

これも、4G LTEを使っているとき(月間7GB)の速度低下の防止策と言ったところでしょうか。

2.WX04は3年しばりデフォルト

この端末というよりは料金プランについての注意点になりますが、WX04はどのプロバイダーも3年プラン(LTEオプション無料)のみとなってしまうので、「LTEオプションは別に興味ない」「2年しばりでいいよ」という人は他の端末が良いと思います。

これから出てくる新しいWiMAX端末は3年プランがデフォルトになりそうな予感がします… せめて2年/3年の選択にしてほしいですね。

3.他の端末とのスペック比較

現在、主流となっているモバイルタイプのWiMAX端末のスペック比較です。据え置きタイプのL01は用途が違うのでここでは載せていません。

 端末名WX04
Speed Wi-Fi NEXT WX04イメージ2
WX03
Speed Wi-Fi NEXT WX03
W04
Speed Wi-Fi NEXT W03
回線速度下り最大440Mbps下り最大440Mbps下り最大440Mbps
Wi-Fi規格a/b/g/n/aca/b/g/n/aca/b/g/n/ac
連続通信時間最大約13時間最大約12時間最大約10.5時間
Bluetooth
テザリング
ありありあり
最大接続数Wi-Fi機器:10台
Bluetooth機器:3台
USB:1台
Wi-Fi機器:10台
Bluetooth機器:3台
USB:1台 
Wi-Fi機器:10台
USB:1台 
サイズW111×H62×D13.3mm W99×H62×D13.2mm H130×W53×D14.2mm
重量約128g 約110g 約140g
カラークリアホワイト
アクアブルー
ホワイトゴールド
ディープブルー 
グリーン
ホワイト 

※バッテリーセーブモードやエコモードでのバッテリー持ち時間。

こうしてみると、どの端末もほとんどスペック的には変わりがない事がわかると思います。強いて言うなら、

  • WX04は連続通信時間が一番長い。
  • W04はBluetooth接続ができないので、例えば「外で省エネしながらテキストベースで軽いデータのやりとりをする。」と言った使い方はできない。

というところでしょうか。

4.一番お得なWX04キャンペーンはどれ?

WX04の特長やスペックはわかったけど、ここからは「どうやって申し込むのが一番お得なのか?」を見ていきます。

WX04の端末が0円で手に入ることを前提としますが、プロバイダーごとに適用できるキャンペーンが違うため、WX04を扱う主要なWiMAXプロバイダーのキャンペーン・料金を含めて比較表にしてみました。

(標準と比較するためにあえて本家のUQ WiMAXも入れています。)

上で少し触れましたが、WX04は3年契約のプランのみ申し込むことができます。

  GMO
とくとくBB
Broad WimaxBIGLOBE So-netUQ WiMAX
事務手数料3,000円3,000円3,000円3,000円3,000円
端末代0円0円0円0円2,800円
初月料金※1日割日割0円0円日割
月額料金1・2ヶ月目3,609円2,7263,695円0円3,696円
月額料金3~36ヶ月目4,263円3,4114,380円4,379円4,380円
キャッシュバック※231,100円030,00020,000円0円
3年間でかかる金額合計 127,669127,702  129,310 131,886 163,558
3年間の月平均金額3 3,546 3,547 3,592 3,6644,543 

※1 「日割」のプロバイダーは、最大(まるまる1ヶ月分)で計算。
※2 キャッシュバックは最大でもらった金額で計算。
※3 年間の月平均金額の小数点以下は切り捨て。 

こうやって見てみると、3年間の平均で払う金額はわずか1円の差でGMOとくとくBBが一番お得な事がわかります。

2位のBroad Wimaxは、キャッシュバックがないものの月額料金の安さで検討していますが、ユーザーからの評判は悪いので個人的にはおススメしていません。

最安は他にある!Broad WiMAXの料金比較と評判・解約方法まとめ

Broad WiMAXをえらぶくらいであれば、キャッシュバックの手続きが簡単な3位のBIGLOBEの方がおススメできます。

【WiMAX豆知識】

ちなみに、どのプロバイダーをえらんだとしても全て同じUQコミュニケーションズの通信設備を使うため通信速度は変わらないので、キャンペーン・料金でえらぶことが賢い選択です。

5.WX04は買いなのか?

「できるだけ最新の端末を使ってみたい。」というアーリーアダプターの人には向いています。

ですが、WX04はキャッシュバック金額が抑えられてしまっているので、「最新端末じゃなくていいから少しでもキャンペーンでお得に申し込みたい。」というのであれば、他の端末にして最大のキャッシュバックをもらう方がお得ですよ^^

【WiMAX編】 GMOとくとくBB|4つのキャンペーンと評判・口コミまとめ

まとめ

いかがでしょうか? WiMAXの新端末WX04の特長やスペック、そしてキャンペーン・料金比較をお伝えしてきました。

比較してみた結果、WX04は

GMOとくとくBB」で申し込むのが一番お得!

ということがわかりました。

ぜひこの記事をWX04、そしてWiMAXプロバイダーをえらぶ時の参考にしてくださいね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

モバイルWi-Fiの知識やお得なキャンペーンがまとめてわかる

WiMAX2+をメインにモバイルWi-Fiの知っておくべき知識や、お得なキャンペーン、端末比較やレビューなどの情報を手に入れることができます。

【主な内容】

  • WiMAXの基礎知識
  • 得するWiMAXキャンペーン
  • WiMAXの端末えらび
  • 僕が実際に使ってみたレビュ―
  • 短期レンタルのモバイルWi-Fi
  • お店で使える無料Wi-Fi

ぜひ快適なWi-Fi環境づくりの参考にしてください。


モバイルWi-Fiガイドを今すぐチェック

facebookでの購読が便利です

SNSでもご購読できます

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメント

    コメントを残す

    *