ダントツの回線速度!SNSが無料のLINEモバイル5つの特徴とその実力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
LINEモバイルの「LINEフリープラン」画像

LINEモバイルの情報をお探しでしょうか?格安SIMもたくさんのサービスがあり戦国時代のようにになってきていて、どれを選んだらいいのか迷いますよね。

日本ではユーザーが多いコミュニケーションアプリLINEからもLINEモバイルが登場しています。ここでは、LINEモバイルの売りやサービスと、回線速度の実測記事なども参照していきながら特徴をお伝えしていきます。

LINEモバイルとは?

LINEモバイルのキャプチャ画像1

日本ではユーザーの多いコミュニケーションアプリLINEの格安SIMサービスで、SIMフリースマホやdocomoのスマホを使ってキャリア(docomo,au,SoftBank)に比べて、安くインターネットやアプリが使えます。

細かくはこれからお伝えしますが、LINEモバイルの基本のメリットとしては、LINEアプリのデータ通信がカウントされないところです♪これはLINEを日常的に使って家族や友達とやりとりをしている人には嬉しい所ですよね。

それでは、LINEモバイルの特徴を細かくお伝えします。

その1.LINEアプリの認証が簡単

キャリアSIM(docomo,au,SoftBank)なら当たり前にできますが、格安SIMだとできない(やれる方法はあります)LINEの年齢認証も問題なくできて、なおかつLINEアカウントを作るときのSMS認証もスキップできるというLINEならではの優れものです。

その2.SNSアプリへのカウントフリー対応

LINEモバイルは、どのプランでもLINEアプリのデータ通信量がカウントされないで使えるので、家族や友達とのコミュニケーションがLINEメインの人には嬉しいですよね。

それと、ひと月のデータ容量が3GB以上のプランは、LINEの他に、Twitter、Facebook、Instagramのデータ通信もカウントされず使い放題なので、それぞれのアカウントを使っている人はこっちのプランがお得です。

その3.プランがシンプル

LINEモバイルのキャプチャ画像2

LINEモバイルのプランはいたってシンプルです。データ容量が1GBでLINEのデータ通信が無料のLINEフリープラン、データ容量が3GB以上でLINE以外のメジャーSNSアプリもデータ通信が無料になるコミュニケーションフリープランの2つにわけられています。

データ容量ごとのプランはトータルで5種類しかなく、あとはSMSや通話機能を付けるかどうか、となっています。ユーザー側もあまり選択肢が多いと決めきれなくて、諦めちゃいますからね^^;

ちなみに、3GB以上のプランは一見割高に見えますが、データ通信のみではなくデフォルトでSMS機能がついているので妥当な料金といえます。

 プランLINEフリーコミュニケーションフリー
1GB3GB5GB7GB10GB
データ通信500円
+SMS620円1,110円1,640円2,300円2,640円 
+通話1,200円1,690円2,220円2,880円3,220円
カウントフリーLINEのみLINE、Twitter、Facebook、Instagram

さらに、LINE MUSICがカウントフリーになる「MUSIC+プラン」というのも出てきています。コミュニケーションフリープランの4つのSNSもカウントフリーで使えます。

 プランMUSIC+プラン
3GB5GB7GB10GB
データ+SMS1,810円2,140円2,700円2,940円 
+通話2,390円2,720円3,280円3,520円
カウントフリーLINE MUSIC、LINE、Twitter、Facebook、Instagram

LINE MUSICを使う人じゃないとまったく意味がないですね^^; 月額料金としては、データ量が少ない方が割高になっています。

3GBではコミュニケーションフリープランの700円増しですが、データ量が上がるにつれて、+500円、+400円、+300円という料金設定ですね。

その4.かけ放題オプションもでました!

実は僕もLINEモバイルを使っていますが、通話料が安くなる通話アプリやかけ放題オプションがない所だけが不満でした。

それが、とうとうLINEモバイルから登場しました。やってくれましたね^^

まずは通話量が安くなるアプリ「いつでも電話」。「どこでもドア」的なネーミングです。

LINEモバイルの「いつでも電話」

このアプリをスマホにインストールして通話をするだけで通話料が

20円/30秒 ⇒ 10円/30秒

で通話できます。

お店に予約電話や、問い合わせをするときに便利です。(0570~のナビダイヤルにはかけられません。)

10分電話かけ放題オプション

名前の通り、10分までの通話は何回でも無料にできるオプションです。

月額料金は880円。

条件としては、上記の「いつでも電話」アプリで通話をすること。これをしないと普通に通話量がかかってしまうので、使う人は注意してくださいね。

その5.回線速度が優秀!

回線速度についてはITmedhia Mobileさんの速度測定記事を見ると、 LINEモバイルがドコモの純正データ通信SIMのmopera Uと並んで、時間帯に関わらず高速なのが確認できます。

「LINEモバイル」と「mopera U」の首位争い! 2強が抜きん出る

mopera Uはドコモのサービスなので早くて当たり前なんですが、格安SIM事業者は使える帯域はドコモより狭いので混んている時間帯は特に速度も遅くなりがちです。

それなのに、この結果というのは凄いとしか言いようがありません。まだ出たばかりの格安SIMサービスなので、ユーザー数が少ないから快適に使えるという見方もできますが、現時点では格安SIMの中ではダントツに回線速度が速いと言えます。

僕がLINEモバイルを実際に使ってみたレビュ―にスピードテストの結果も載せてあるので参考にしてください^^

LINEモバイルを徹底レビュー!4つの選んだ理由とリアルな口コミ

LINEモバイルのメリット・デメリットはこれ

ここで僕が思うLINEモバイルのメリットとデメリットをそれぞれまとめてみます。

メリット

  • プランがシンプルで月額料金が安い(月500円~)
  • 回線速度も問題なく速い
  • LINEや他の主要SNS(twitter、Facebook、Instagram)がカウントフリーで使える
  • LINEの年齢認証ができる
  • 電話のかけ放題オプションも使える
  • 「いつでも電話」で通話料も割引き
  • LINEモバイル同士はパケットをプレゼントできる
  • 余ったデータ量は翌月に繰り越し

デメリット

  • 複数枚もてるプランはない
  • 通話プランには1年間のしばりがつく(どこでもそうですが)

まとめ

いかがでしたか。LINEモバイルは格安SIMサービスの中でも後発ですが、自社のLINEアプリ・他のSNSアプリへのデータ通信がカウントフリーというメリットがあります。

LINEモバイルの特徴をおさらいしておくと、

  • プランがシンプルで安い
  • 回線速度が速い
  • LINEアプリの認証が簡単
  • SNSアプリへのカウントフリー対応
  • かけ放題オプションも使える

今後はどうなっていくのかは分かりませんが、今のところ実行速度も速いのと、SNSアプリ、特にLINEを普段から多く使っている人はLINEモバイルがお得ですよ。

◆公式サイト:LINEモバイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

ネット回線えらびで困っていませんか?

 ・光コラボに興味がある
 ・おトクな乗り換え方法が知りたい
 ・工事費用ナシで光回線を申し込みたい
 ・キャッシュバックがもらえるキャンペーンで申し込みたい
 ・月額料金が安いインターネット回線が知りたい
 ・インターネット回線が多すぎて選べない
 ・ネット回線選びに疲れた
 ・そもそもインターネット回線についてよくわからない
 ・自分に合ったインターネット回線が知りたい
 ・自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

などなど、些細なことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*
ネット回線の代理店で販売やコンサルティング経験のある当ブログ管理人がお答えします。


今すぐ無料相談してみる

この記事を見た人はこんな記事も見ています

SNSでもご購読できます。

コメント

    コメントを残す

    *