インターネットの回線速度が必要な人におすすめできる光回線6選!

チーターのように速い!インターネットの速度重視の人におすすめできる光回線はこれ

光回線を新規の申し込みや乗り換えで、検討しているサービスの速度がどれくらい出るんだろう?満足に使えるのかな?と気になりますよね。当サイトの無料相談でも、料金の次に多い相談内容が速度だったりします。ここでは、もともと回線速度が他よりも優れている、技術によって速度の低下を防いで速く使える、光回線をお伝えしていきます。

この記事を読めば、回線速度が速い光回線サービスがどれなのかがわかり、選ぶのに余計な時間がかからなくなります。ぜひ、お役立てください。

関東エリアなら最大2Gbpsの【NURO光】

国内最速2GbpsならNURO光

So-netの超高速光インターネットです。テレビCMでもキャンペーンを流しているので、ご存知の人も増えてきている気がします。回線速度が2Gpbsで専用の無線LANルーター、セキュリティソフトもついて月額4,743円とコストパフォーマンスは抜群。

回線速度2Gbps
月額料金4,743円
工事費用40,000円 → 0円
最低利用期間24ヶ月
解約金9,500円
提供エリア関東エリアの一部

NTTの光ファイバーの使っていない部分を使用していて、通信方式の違う独自の終端装置を提供するため2Gbpsの回線速度を誇りますが、提供エリアは関東エリアの一部とかなり限られているのが特徴です。

マンションタイプ(一応あります)が使える建物はあまりなく、戸建てはもちろん、アパート・マンションの集合住宅も電柱から部屋までの一本引きで開通させます。

NURO光の開通工事技術は少しずつ良くなっているとのことで。現在は7階建てまでの建物であれば開通ができるようです。(7階以下に住んでいても建物自体が8階建て以上の場合はNGです。)

その他のキャンペーンやメリットとして

  • 3万円キャッシュバック
  • 工事費用の実質0円
  • 無線LAN機能・セキュリティソフト標準装備
  • 訪問設定サポート1回無料
  • ソフトバンクのセット割り
  • nuroモバイルとのセット割り

もあるので、提供エリアであればソフトバンクユーザーはNURO光の方が個人的には良いと思います。ユーザーの実測を交えたNURO光の評判・口コミはこちらを参考にしてください。

NURO光の評判からわかる本当のメリット・デメリットを徹底解説!

ソフトバンクユーザーが、ソフトバンク光よりもNURO光にするべき3つの理由

◆公式サイト:NURO光

 

ドコモユーザーなら快適【ドコモ光×GMOとくとくBB】

※「ドコモ光×GMOとくとくBB」はドコモユーザーのみ申し込みができます。

GMOとくとくBB×ドコモ光のキャッシュバックキャンペーン画像

300万ユーザーを突破したドコモ光。20種類以上のプロバイダーが選べますが、その中でも最終兵器とも言える『GMOとくとくBB』は、光コラボにしたら「速度が遅くなった」というプロバイダーが多い中、全国平均で下りが300Mbps以上と快適な回線速度でインターネットができるドコモ光で唯一のプロバイダーです。

 マンションファミリー
月額料金4,000円 5,200円
事務手数料3,000円
工事費15,000円 18,000円 
契約期間24ヶ月(自動更新)
解約金8,000円13,000円

軸となるのは、IPv6 (IPoE)を使った『v6プラス』という通信方式。従来のような、データが込み合い速度が遅くなるルートは通らずにインターネット接続をするため、快適な速度が出せるんですね。

GMOとくとくBBのWebサイトでも、都道府県ごとの測定した速度や、全国平均の速度も載せてますので安心できます。

また、ほかのメリットとしては

  • 高機能無線LANルーターが無料でレンタル
  • 初期設定がいらない
  • dポイントが10,000ptもらえる
  • 西日本エリアでの転用はdポイント4,000ptもらえる
  • ドコモとのセット割りが使える
  • 最大10,000円キャッシュバック

が挙げられます。

デメリットとしては、ドコモユーザーじゃないと申し込みができない点と、ドコモ光の2年しばりの他にv6プラスの無線LANルーター0円レンタルに3年しばり(自動更新はなし。途中解約は10,000円の違約金)がつくので、ここは十分考えたうえで申し込みをしましょう。

ドコモ光×GMOとくとくBBが向いているのは、「フレッツ光から転用ができる(工事費がかからないため)ドコモユーザー」と言えます。

◆公式サイト:ドコモ光×GMOとくとくBB

 

セット割りが安い!v6プラス対応【DMM光】

DMM光のサービス内容と口コミ・評判を徹底チェック

英会話やゲームにFX、レンタルサービス、アダルト分野など幅広いサービスを手がけているDMMの光コラボ。光コラボの中では新しい事業者。

DMM光も「v6プラス」に対応したので、回線速度が速く快適にインターネットを使うことができます。

DMM光の他社にはないモノとして、ダイレクトコネクトというDMMが提供している動画コンテンツや、電子書籍のダウンロードが高速化できるサービスがあります。こちらもv6プラスを使って実現しているようですが、DMMユーザーがよりコンテンツを便利に使えることに特化した光インターネットと言えます。

キャンペーンや割引き・メリットは次のようになります。

  • 新規申し込みで月額料金4カ月分(転用は2ヶ月分)無料
  • 新規申し込みで5,000円(転用は3,000円)キャッシュバックあり
  • 転用の事務手数料0円
  • v6プラスで快適な回線速度
  • DMMコンテンツのダウンロードも快適
  • DMMモバイル(格安SIM)とのセット割りが安い
  • フレッツ光の提供エリアで使える

フレッツ光の提供エリアで使えて、ドコモ光のようにキャリアの制限を受けることがないので、申し込みできる人は多いです。

また月額料金無料とキャッシュバックは、9月~11月末までの期間限定キャンペーンなのでタイミングが合う人はお得ですよ。

月額料金や、初期費用・解約金は下のとおりです。

 マンションファミリー
月額料金3,780円4,820円
事務手数料2,000円
工事費15,000円18,000円
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
解約金9,500円

2年間使えば解約金がなくなるのも、ユーザーにはありがたいところです。

光コラボの中では並くらいの月額料金のため、高くもなく安くもないといった印象ですが、DMMが提供している格安SIM「DMMモバイル」とセットで使うと割引きの効果を発揮します

このセット割で、DMM光の月額料金が500円割引きされるので最安値レベルに安く使えるようになります。DMMモバイルは最安値級の格安SIMのため、セットで使えば通信費全体を節約することも可能です。

また、月額料金やキャンペーンの詳細は『セット割が激安!「DMM光」のサービス評価とユーザーの評判・口コミを徹底チェック』で確認できます。

◆公式サイト:DMM光

 

安心のプロバイダー【IIJ mio ひかり】

IIJmioひかり

IIJの光コラボ『IIJ mio ひかり』にも通信環境を快適にするために『v6プラス』の提供をしています。さすがはIIJといった所ですね。ただし、『IIJ mio ひかり』の場合は、もとの月額料金の設定がそこまで安くないのに加えて、オプション扱いで別料金(月額800円がプラス)がかかってきてしまいます。

また、ひかり電話を付けている場合は、v6プラス対応のひかり電話対応ルーターが付いてくるのでいいですが、ひかり電話ナシの場合、対応ルーターを追加でレンタルをするか、v6プラス対応のブロードバンドルーターを自分で用意しないといけません。この部分も、前述のNURO光やGMOとくとくBBと比べるとやや不便と言わざるを得ません。

 マンションファミリー
月額料金 3,960円4,960円
事務手数料800円
工事費 15,000円 18,000円
契約期間24ヶ月(自動更新なし)
解約金5,000円

キャンペーンもIIJブランドの格安SIMとのセット割りしかないので、もう少し料金体系を下げてくれるとユーザーとしても申し込みしやすいのではないでしょうか。契約期間の自動更新がないのと、解約金が安いところは優しいです。

IIJmioひかりのサービス内容、メリット・デメリット、評判・口コミまとめ

他の光コラボのv6プラス

他には、『@nifty光』と『ビッグローブ光』もv6プラスに対応しています。両者ともv6プラスを使うには、オプション料金は必要ないですが、

  • フレッツ・v6オプションの申し込み
  • v6プラス対応のホームゲートウェイ(ひかり電話対応ルーター)か、v6プラス対応のブロードバンドルーター

が必要です。IIJ mio ひかりと同様に、ひかり電話ナシの場合は追加で対応ルーターをレンタルをするか、自分で用意しないといけません。

v6プラス対応ルーターを自分で用意する場合

NURO光やGMOとくとくBBを申し込むなら、対応の無線LANルーターが付いてくるので問題はないですが、それ以外の光コラボでv6プラス(ひかり電話ナシ)を使っていきたい人のために、「どの無線LANルーターを買えばいいの?」という疑問にお答えしておきます。

下はBUFFALO(バッファロー)製の無線LANルーターで、メーカーサイトでIPv6の動作確認がされていますので、この中から選んでおけば失敗がないでしょう。

製品名型番
無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps エアステーション
ハイパワー Giga 1.4GHzデュアルコアCPU搭載
WXR-2533DHP2
無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps エアステーション
ハイパワー Giga 1.4GHzデュアルコアCPU搭載
WXR-2533DHP
無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1300+600Mbps
エアステーション AOSS2 ハイパワー Giga 1GHzデュアルコアCPU搭載
WXR-1900DHP3
無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1300+600Mbps
エアステーション AOSS2 ハイパワー Giga 1GHzデュアルコアCPU搭載
WXR-1900DHP2
無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1300+600Mbps
エアステーション AOSS2 ハイパワー Giga 1GHzデュアルコアCPU搭載
WXR-1900DHP
(ファームウェアVer. 2.31以降)
無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1300+600Mbps
エアステーション AOSS2 ハイパワー Giga
WXR-1750DHP2
無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1300+600Mbps
エアステーション AOSS2 ハイパワー Giga
WXR-1751DHP2
無線LAN親機 11ac/n/a/b 1300+450Mbps
エアステーション AOSS2 ハイパワー Giga
WXR-1750DHP

また、動作確認済みのIPv6サービスとしては、すでに上でお伝えした次の4つの光コラボとのこと。

  • IIJmioひかり(IPoE方式)
  • @nifty v6プラス
  • Biglobe v6プラス
  • DMM光 v6プラス

 

まとめ

回線速度に関しては、実際に使って遅くても「ベストエフォート」という言葉(回線の速度は保証しないけど、その時出せる速度で頑張ってます)で言い訳されてしまいます。

「回線速度が快適」とうたっているインターネット回線自体がほとんどない中で、今回ご紹介した各インターネット回線を比べてみると、高速無線LANルーターが元から付いてくる、『NURO光』や『ドコモ光×GMOとくとくBB』がおススメですが、提供エリアの問題やドコモユーザー限定だったりするので、条件に当てはまらない場合は『DMM光』が良いでしょう。

 

お役に立てたらイイネ・シェアをお願いします

もし、この記事が少しでもあなたのお役に立てたと感じられたら、
下のSNSからひとつでいいので、イイネやシェアをして頂けませんか?

これからも役に立つコンテンツを作っていく励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

ネット回線えらびでこんな風に困っていませんか?

  •  ・光コラボに興味がある
  •  ・おトクな乗り換え方法が知りたい
  •  ・工事費用ナシで光回線を申し込みたい
  •  ・キャッシュバックがもらえるキャンペーンで申し込みたい
  •  ・月額料金が安いインターネット回線が知りたい
  •  ・ネット回線が多すぎて選べない
  •  ・ネット回線えらびに疲れた
  •  ・そもそもネット回線についてよくわからない
  •  ・自分に合ったネット回線が知りたい
  •  ・自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

 

などなど、些細なことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*
ネット回線の代理店で販売やコンサルティング経験のある当ブログ管理人がお答えします。


今すぐ無料相談してみる

facebookでの購読が便利です

SNSでもご購読できます

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメント

    コメントを残す

    *