ソフトバンクの料金を安くする効果的な4つの方法おしえます

白くて可愛い柴犬の子供

「ソフトバンクの料金はなんでこんなに高いんだ!?」

「ソフトバンクの料金、もっと安くできる方法はないかな?」

と考えているあなたにぴったりの方法があります。

中には、自分が毎月支払っている金額が高いのも分からずに払い続けている人もいます。

僕の友人も先日、「ソフトバンクのiPhoneが毎月20,000円ほどかかっていて、馬鹿らしいから安くしたい。」と言っていました。(どうしてそんなに高くなっているのかわかりませんが…)

この記事では、ソフトバンクの月額料金を安くするための知識をお伝えします。読んだ後は、ぜひ実践できるものはやってみて無駄な出費を抑えてくださいね。

1.いらないオプションを外そう

通信系のサービスには何でも当てはまることですが、申し込みの時に強制的に付けられたオプションがそのままになっていませんか?

ひとつだけでも数百円違ってくるので、まだ余分なオプションがある人は「My SoftBank」からオプションの解約をしましょう。

例えば、下のようなオプションを「1ヶ月は無料なので。」と付けられても、解約をしないで放置しておいたら月2,840円も余分にかかってしまいます。

オプション月額料金
iPhone基本パックR500円
機種変更先取りプログラム300円
とく放題590円
ブック放題500円
Netflix950円

※Netflixは、My SoftBankからはオプション解除ができないので、Netflixのユーザーページからの解約してください。

ソフトバンクは、無料で使える下のようなオプションもありますが、

  • パーソナルカラダサポート
  • アメリカ放題(キャンペーン終了後:980円/月)
  • スマートログイン
  • VoLTEオプション

とりあえず色々なオプションを抱き合わせ商法でくっつけてくるので、「不要なものは解約するべし」です。

2.そもそものプランを見直してみる

ソフトバンクの月額料金ですが、特にデータ定額のプランを変えるだけでかなり節約できるのが下の表からわかると思います。

 スマ放題ライトスマ放題
定額料金1,700円2,700円
ウェブ使用料300円
データ定額 
1GB
2,900円
データ定額 
2GB
3,500円
データ定額 
5GB
5,000円
データ定額 
20GB
6,000円
データ定額 
30GB
8,000円

申し込んだときは、「スマホデビュー割」やなんやかんや割引があるでしょうが、この料金に契約料やスマホ端末代の割賦とか足されると思うとゾッとします^^;

自分の使ってる通信量はこう見よう

例えば、データプランの月間通信量はスマホ側の機能でザックリですが確認できます。

  • Android:歯車アイコンの「設定」をタップ。⇒「データ通信量」をタップで確認できます。
  • iPhone:ホーム画面で「設定」をタップ。⇒「モバイルデータ通信」をタップ。⇒「現在までの合計」(または「現在までの期間」)で確認できます。

ひと月に使っている通信量が5GB以下の人は、データプランは20GBとか30GBもいらないわけです。

特によく分からないで、ソフトバンクショップの店員さん任せで契約をしちゃってる人は、こんな状態かもしれませんね^^;

自分の月々の通信量に見合っていないデータプランなら、適したプランに変えましょう。

同じようにスマ放題も、「あまり通話してない。1回の通話が5分以下が多い。」と言う人は、スマ放題ライトに変えましょう。

今は、LINEやFBメッセンジャーなどのアプリで無料通話や、050のIP電話で格安通話もできますからね。

2018年9月6日新料金プラン新規受付スタート!

ソフトバンクから新発表された”ウルトラギガモンスター+””ミニモンスター”の登場により、料金形態がかなりシンプルにリニューアル。更に、SNSが世に広まった現代向けに、通話プランまでリニューアルしました。

【NEW】通話プラン
通話基本プラン20円/30秒の従量課金プラン
準定額プラン
(旧スマ放題ライト)
1回5分以内の国内通話無料
定額オプション
(旧スマ放題)
24時間いつでも国内通話無料

「LINEの連絡先しか知らない!」それは今の若い子たちには当たり前。基本的にスマホの電話機能は、普通に発信するのではなく、友人や家族との通話はLINEで済ませている方も多いようです。そのような方は、通話基本プランで使った分だけ支払うプランに。携帯電話でよく通話する方は定額プランを利用するとよいでしょう。

 

【NEW】データプラン
 ミニモンスターウルトラギガモンスター+
ウェブ使用料300円
データ定額料金1G:2,480円
2G:4,480円
3G:5,980円
4G:5,980円
5G:6,980円
50G:5,980円
更に動画SNS放題!
みんな家族割+1人:割引なし
2人:500円割引
3人:1,500円割引
4人以上:2,000円割引

ミニモンスターは、ライトユーザー向けプランですが、比較してみるとわかる通り、2GBまでしかウルトラギガモンスター+と比較しても安くありません。3GB以上毎月利用する方は、ウルトラギガモンスター+で、更にYouTubeやAbemaTV・TVerなどの動画は見放題、LINEやインスタグラム、フェイスブックなどのSNSはし放題になるのでかなりお得に。
また、ウルトラギガモンスター+は、ソフトバンクユーザー(ミニモンスター・ウルトラギガモンスター+契約者)数の人数に応じて、基本料金5,980円から1端末につき毎月割引してくれるので、家族で4人ソフトバンクユーザーがいれば、ミニモンスターの2GBを利用するよりもお得な料金で(5,980円‐2000円=3,980円)50GBのデータ通信と動画SNS放題を利用するこができるようになります。

みんな家族割+の対象者は家族だけではない

みんな家族割+SoftBank公式HPより

新料金プランの受付は、2018年9月6日からですが、これは機種購入を伴う方のみの先行受付のようです。
プラン変更のみの受付は2018年11月1日から受付開始予定とのことですので、それまでにみんな家族割+を適用するユーザー(家族や親せき・恋人・友人)を誘っておくのもいいですね。

3.「おうち割 光セット」を使うべし

ソフトバンク、おうち割 光セットの画像

家のインターネット回線とセットにして割引をうける方法も、通信費全体を抑える意味で効果はあります。

契約しているソフトバンクのプランによって、最大で毎月1,000円がソフトバンクの料金から割引きとして受けられます。

特に、家族全員がソフトバンクユーザーの家庭は効果絶大ですよ。(割引対象はソフトバンク最大10回線まで)

対象料金サービス割引額/月
スマ放題/スマ放題ライト
データ定額 50GB/20GB/5GB1,000円
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
500円
上記以外の料金プラン
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

注意点ですが、上でお伝えしたように契約プランを適切なもの(安いプラン)に変えて節約をすると、このセット割りの金額は少なくなってしまいます。

ここは一長一短なので、もし「おとく割光セット」を使うときは単純に割引額だけで判断するのではなく、通信料トータルで一番安くできるバランスにすることが大事です。

おうち割 光セットのキャンペーン

2018年3月から、「スマホ違約金還元キャンペーン」という おうち割 光セット専用のキャンペーンが始まりました。

これは、他社スマホからソフトバンクに乗り換えで発生した違約金を還元サポートしてくれるという内容になっていて、具体的にはソフトバンクの月額料金から下の金額、

  • 1,026円(税込み)× 10ヶ月

を割引きしてもらえます。

しかも、この割引きは「おうち割 光セット」のセット割引きとは別で受けられるのでお得です。

キャンペーン適用の条件としては、

  1. 「おうち割 光セット」対応のネット回線を使う(電話サービスなど条件は満たす)
  2. 「おうち割 光セット」へ申し込む
  3. 他社ケータイ違約金の支払い帳票を郵送する

このキャンペーンですが、ユーザー自身がソフトバンクショップに行って、キャンペーンの申込書類と返信用封用を受け取って郵送する必要があります。

注意点としては、以下の2点です。

  • 過去におうち割光セットに加入履歴があるモバイル回線は対象外となること。
  • キャンペーン申込月を1ヵ月目として、6ヵ月目の末日までに他社ケータイ違約金の支払い帳票を貼った証明書貼付シートを送ること。

Y!mobileでもおうち割適用可能!

ソフトバンク光のおうち割は、ソフトバンクのサービスなので、ソフトバンクユーザーでのみ適用されると思われがちですが、実はY!mobileユーザーでも割引対象になります。例えば、家族でソフトバンクユーザーが2人・Y!mobileユーザーが1人の場合は、おうち割の割引は3人分(3端末分)受けることができるのです。

対象プラン割引額
スマホプランS毎月500円割引
スマホプランM毎月700円割引
スマホプランL毎月1,000円割引
データプランL
PocketWiFiプラン
毎月500円割引

おうち割でんきセットもある

おうちでんき_SoftBank公式より

ソフトバンクでは、グループ会社のソフトバンクパワーが提供している電力サービスもあります。なんと、電気までもセットでお得に利用することができるのです。

セット割電力割引
1回線につき毎月100円割引
(2年目以降毎月50円割引)
毎月ずっと1%OFF
対象機種・固定通信サービス
通信機器インターネット
・iPhone
・スマートフォン
・ケータイ
・あんしんファミリーケータイ
・みまもりケータイ
・iPad
・タブレット
・WiFiルーター
・ソフトバンク光
・ソフトバンクAir
・Yahoo!BB ADSL
・Yahoo!BBバリュープラン
・SoftBankブロードバンドADSL

割引額が小さく感じがちですが、おうち割でんきセットの対象機種・固定通信サービスはこちら。
おうち割光セットの、スマホ割引で対象でなかったキッズケータイまでも、対象サービスとなり、ソフトバンク光などのインターネットサービスも対象サービスなので、単純にユーザー数+ネットサービス分✕100円(2年目以降50円)割引され、更に各地域の電力会社が設定している従量料金部分からも1%毎月割引されるので、かなりお得に。

ソフトバンク光の料金プランを確認しよう

 ソフトバンク光
マンションファミリー
回線速度1Gbps
月額料金3,800円 5,200円
おうち割必須オプションパック料金500円
事務手数料3,000円
工事費24,000円 
→ 実質0円 
キャンペーン・最大10万円まで他社の解約金負担
契約期間24ヶ月
(自動更新)
解約金9,500円
提供エリア全国

こちらに、これまで紹介してきたおうち割が適用され、携帯料金や電気料金を安くまとめることができるようになります。

ただし、おうち割を適用させたい場合は、おうち割の必須オプションである以下の3つのオプションに加入しなければなりません。

・光BBユニットレンタル
・WiFiマルチパック
・電話サービス

これらは、パック料金で500円で利用できますし、外出時にソフトバンクの公衆無線LANが利用できる、IPv6通信が可能になるなど、メリットが多いものですので、加入して損はないものです。

ソフトバンク光を申し込むなら代理店を活用しよう

ソフトバンク光のキャンペーンサイトは、ソフトバンク光の公式キャンペーンはもちろん適用できるにも関わらず、代理店限定キャッシュバックキャンペーンを適用することが可能です。

株式会社NEXTというお申込み窓口でソフトバンク光を申し込むと、キャッシュバック30,000円を受け取ることができます。

ソフトバンク光お申込みキャンペーンサイト

 

NURO光も選択肢のひとつ

おうち割 光セットでソフトバンクが安くなるのはわかったけど、どのネット回線を選べばいいのかをお伝えします。

まっさきに思いつくのが、ソフトバンクの光コラボ「ソフトバンク光」だと思いますが、さらに「ソフトバンク光」よりも地域が限定されてしまうものの、キャンペーンやユーザーの評判が良くておうち割が使えるインターネット回線があるのをご存知ですか?

 

それは、『NURO光』です。

 

NURO光は、So-netが提供している最大2Gpsの日本最速インターネットですが、電話サービスはソフトバンクの設備を使っているので、おうち割光セットが使えます。

提供エリアが関東エリア・東海エリア・近畿エリアのみと狭いのが難点ですが、

  • 新規の工事費0円
  • キャッシュバック:最大35,000円
  • 訪問設定サポート1回無料
  • 無線LAN・セキュリティソフト標準装備

という内容なので使える人はこちらがお得。

 NURO光
  
月額料金4,743円
回線速度2Gbps 
事務手数料3,000円
工事費40,000
実質0円
キャンペーンキャッシュバック35,000円
訪問設定サポート無料
無線LAN・セキュリティ付き
契約期間24ヶ月
(自動更新)
解約金9,500円
提供エリア関東・東海・関西エリア

 

 

◆お申込み受付キャンペーンサイト

 

4.ソフトバンク系の格安SIMにしてみる

今までの格安SIMは、ドコモやau端末で使えるものばかりでしたら、この度「b-mobile」という格安SIM事業者からソフトバンクのネットワークを使った格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」が登場しました。

b-mobile S 開幕SIMのメイン画像

ソフトバンクのSIMロックを外していないスマホ・タブレットでも使えるのが今までの格安SIMとは違う嬉しいメリットですが、今のところ対応端末がiPhoneとiPadのみ、提供しているプランはデータプランのみという所が少し残念なところ…

ソフトバンクユーザーにとっては、今後ソフトバンクのAndroidスマホへの対応や、通話プランの提供もスタートされるのが待ち遠しいですね。

「b-mobile S 開幕SIM」の料金

プラン1GB3GB7GB30GB
月額料金880円1,580円2,980円4,980円
初期費用3,000円
最低利用期間
解約金
なし

※データ量を使いきると、最大200kbpsの低速になります。

プランを選ぶ目安としては、

  • メールやメッセージアプリくらいでほとんど使わない人は「1GB」
  • ニュース・SNS・たまに動画を見たりなら「3GB」
  • ゲームをやったり動画をやる人は余裕をもって「7GB」
  • それ以上ヘビーに使うなら「30GB」

というところですね。

(同じ30GBでもソフトバンクは、データ定額の料金が月額8,000円なので全然料金が違います。)

 

もともと音声通話はあまり使っていない人や、通話はメッセージアプリや050のIPフォンアプリで代用できる人はb-mobileにしてみると、驚くほど月額料金は下がると思いますよ。

◆公式サイト:b-mobile S 開幕SIM

 

大事な注意点ですが、格安SIMはフルサービスではありません。回線速度はソフトバンクより劣りますし、ショップでのサポートもありません(電話やメール・チャットが基本)。だから、安く使える訳です。

そのため、なんでもかんでもサービス提供者に頼るような初心者向けではありません。使い方はもちろん、ある程度のトラブルも自分で対処できる方に向いています。

まとめ

いかがでしたか?今回お伝えした方法で、どれか一つでもやってみるだけでも月額料金を安くすることができます。最後にもう一度おさらいです。

  • いらないオプションを外す
  • 契約プランを見直してみる
  • 「おうち割 光セット」を使う
  • ソフトバンク系の格安SIMにしてみる

ソフトバンクの料金を少しでも安くして、その分でもっと有意義な事に使いましょう^^ この記事が参考になれば嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インターネット回線の事なら何でもご相談ください

ネット回線えらびでこんな風に困っていませんか?

  • 光コラボに興味がある
  • おトクな乗り換え方法が知りたい
  • 工事費用ナシで光回線を申し込みたい
  • キャッシュバックがもらえるキャンペーンで申し込みたい
  • 月額料金が安いインターネット回線が知りたい
  • ネット回線が多すぎて選べない
  • ネット回線えらびに疲れた
  • そもそもネット回線についてよくわからない
  • 自分に合ったネット回線が知りたい
  • 自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

 

などなど、どんなことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*
ネット回線の代理店で販売やコンサルティング経験のある当ブログ管理人がお答えします。


今すぐ無料相談してみる

facebookでの購読が便利です

SNSでもご購読できます

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメント

    コメントを残す

    *