光インターネットでテレビサービスが安く見れる㊙裏技を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
光インターネットのテレビサービスを安く導入して、みんなで楽しそうに休日を過ごす家族

最近は、インターネット回線でテレビも見たいという人が増えてきています。ただ、何をどうしたら?どこを選んでいいのか迷いませんか?テレビを見るには、やっぱりアンテナを付けるべきなのか、ケーブルテレビをひけばいいのか、と思ってる人も少なくないと思います。この記事ではできるだけコストが安くできるサービスと、とっておきの裏技をお伝えします。

この記事を読むと、具体的にテレビサービスの工事費用を安く済ませる方法と、トータルで月額料金も節約できるインターネットサービスを知ることができます。

それでは、早速見ていきましょう。

光インターネットでテレビって?

今までは家や建物の上にアンテナを立てて、テレビを見るというのが一般的でしたが、新築の一戸建てなどでアンテナを立てるとなると費用が5、6万かかります。

それとオシャレな家なのに、不格好なアンテナを嫌う人もいて、光インターネットをひくならテレビもそれで見てしまおうという人が増えてきていますし、実際に当ブログにも相談が多く来ています^^

光インターネットでテレビを見る方法

早速、具体的な方法ですが、

  • NTTの光回線がベースの光インターネットを選ぶ

という事です。これはフレッツ光であれば「フレッツ・テレビ」というテレビサービスがあります。そして、光コラボレーションのようにフレッツ光の回線を使っている各サービスは、フレッツ・テレビと同じテレビサービスを用意しているからです。

もし、申し込みたい光コラボがテレビサービスをやっていなくても、別途NTTからフレッツ・テレビのサービスを受ける事ができるので、ここも光コラボを選ぶメリットとなります。

ちなみに、KDDI系列のauひかり、So-netのNURO光はNTTの光回線ではないので、テレビサービスは使えません。

光インターネットでテレビを見れる条件

ただ、このフレッツ・テレビをベースにした光コラボのテレビサービスですが、使うためには建物の条件があります。

基本は戸建て向けということです。集合住宅でも使えなくはないですが、次の3つの条件をクリアしている必要があるんです。

  1. NTT東日本エリアであること
  2. 光配線方式であること
  3. つなぐテレビが1台であること。

ひとつひとつ詳しくお伝えします。

1.東日本エリア

住んでいる都道府県が境界あたりだと東日本か西日本かわかりづらいと思いますが、このようになっています。これ以外のNTT西日本エリアでは、フレッツ・テレビの提供はされていません…

東日本エリア

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県

群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、長野県、山梨県

(静岡県の熱海市と裾野市の一部はNTT東日本のエリア)

2.光配線方式

集合住宅向けのマンションタイプの光回線は、

  • 光配線方式
  • VDSL方式
  • LAN配線方式

と3種類あります。部屋の中まで光ファイバー線をひいてくる「光配線方式」は現状、一番多い接続の仕方なのでほとんど問題ないとは思います。

中には建物の電話回線を使ったVDSL方式や、まれにLAN配線方式の建物がありますが、この場合はフレッツ・テレビが使えません。

3.つなぐテレビが1台

これはそのままです。集合住宅でのフレッツ・テレビは2台以上のテレビの接続ができないようです。

テレビサービスの料金はどれくらいかかるの?

月額料金は月660円です。あとは、はじめに初期費用・工事費がかかりますが、少しわかりづらいので表にしますね。

(※この費用とは別に、光インターネットの初期費用・工事費はもちろんかかります。)

まずは必ずかかる初期費用は、この2つ。名前はややこしいですが、初期費用はまず5,800円かかると考えれば大丈夫です。

スカパーJSAT
敷設利用登録料
2,800円
フレッツ・テレビ
伝送サービス工事費
3,000円

そこから、テレビを1台つなぐ場合と、テレビを2台以上つなぐ場合とで料金が変わってきます。

 テレビ1台テレビ2~4台まで
屋内同軸
配線工事
6,500円19,800円

表を見ると分かるように、けっこうしますよね^^;

アンテナとの接続の違いを理解しよう

光インターネットでテレビを見るときの前提ですが、アンテナでテレビを見るときとは基本的に接続の仕方が違います。

アンテナの時は、壁のテレビ線の差込口からテレビに線をつなぎますが、フレッツ・テレビ系は光インターネットの終端装置にテレビの線が挿せるようになっているので、そこからテレビに線を伸ばします。

下の図は、NTT東日本のイメージ図を参照してますが、テレビ4台を接続するときの構成です。

フレッツ・テレビの配線図

ここで工事費を安くする裏技!

それは、「自分でつなぐ」ということです。男性なら比較的簡単だと思います。

これはテレビの接続台数が1台のときに特にやりやすいのですが、回線終端装置からテレビまで、1本の線をつなぐだけです。イメージ図の分岐器もいらないですし、分配器もいらないです。(テレビが、地デジとBS放送で別々の接続口になってる場合は分配器はあった方がいいです)

この線を1本つなぐだけで、業者に頼むと6,500円かかってしまうんです。お高いですね^^;
ここは、ぜひ自分でやりたいところです。

複数台の場合は2ステップの作業

1.大元のところ(光回線の終端装置)に分岐器を用意し1本はテレビ、もう1本は屋内配線(壁の差込口)に接続する。

2.アンテナ線が差し込まれている分配器のINの線を外し、1で壁に挿したところから来ている線を外したINのところに挿す。

あまりこういった事に詳しくない人でテレビを2台以上つなげたい場合は、はじめから業者に任せてしまいましょう。

19,800円の費用はかかってしまいますが、必要なテレビ用のケーブルや分岐器・分配器は業者がすべて用意してくれます。

おすすめの光コラボは?

おすすめするサービスの条件としては、先にも書いたようにトータルコストが安くできるところです。そのため、当ブログでは「スマート光コラボレーション」をおススメしています。

理由は単純で、ファミリータイプ・マンションタイプ両方とも他の光インターネット回線の中でも、いまだ最安値だからです。そして、初期費用・工事費の無料キャンペーンをやっているのも大きなメリットですね。

また、光インターネットのテレビサービスは、NTT系であればサービスの名前は違っても、どの事業者もフレッツ・テレビと料金は全て同じなんです。なので、トータルコストを抑えるには元のインターネットの初期費用と月額料金が安いところを選ぶのがベストという事になります。

スマート光コラボレーション 公式サイト

伏兵あらわる!! 圧倒的、最安値を更新したスマート光コラボレーション参上!

おまけ:西日本や集合住宅でどうしてもテレビサービス使いたい

という人は、NTTぷららの「ひかりTV」というサービスなら地デジ・BS放送が見ることができます。

提供エリアは決められてますが、全国の都道府県で見ることができます。提供エリアや、条件の確認はこちらひかりTVのサイトを見てください。

個人的には、月額料金が月1,000円以上かかるのと、ひかりTV単体で2年契約のしばりを受ける(解約金1万円)のでおススメはしません^^;

まとめ

光インターネットでテレビをなるべく低料金で見たい場合は、

  • 光コラボでテレビサービスを申し込む。
  • できるだけ自分で配線をする。

という事です。基本は、戸建て向けですが、集合住宅は「東日本/光配線/テレビ1台」でもいけます。光インターネットで快適なテレビライフも送ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

インターネットの事なら何でもご相談ください

インターネット選びの無料相談はこちら。

■光コラボに興味がある
■おトクな乗り換え方法が知りたい
■工事費用ナシで光回線を申し込みたい
■キャッシュバックがもらえるキャンペーンで申し込みたい
■月額料金が安いインターネット回線が知りたい
■インターネット回線が多すぎて選べない
■ネット回線選びに疲れた
■そもそもインターネット回線についてよくわからない
■自分に合ったインターネット回線が知りたい
■自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

などなど、些細なことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*
元代理店スタッフの管理人がご相談にお答えします。


今すぐ無料相談してみる

あなたにおススメの記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*