光回線を選ぶなら?フレッツ光、auひかり、NURO光を徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
光回線を悩む人々

光ファイバーのインターネットを検討中でしょうか?昔は光ファイバーといえば、フレッツ光しかありませんでしたが、最近は他にも光回線のインターネットサービスがあります。何がどういいのかわかない方も多いと思いますので、この記事では、主要と思われる3サービス:

・フレッツ光
・auひかり
・NURO光

のサービス・スペックを比較していきます。ぜひ光回線を選ぶ際の参考にしてくださいね。

1.それぞれの特長

まずは、それぞれのサービスの特長をお伝えしていきます。

1-1.フレッツ光

光回線としては一番の老舗、NTTの光インターネットです。知名度も高く、提供エリアも全国をカバーしています。合わせて利用できるプロバイダも豊富で、利用者数もNo.1です。

1-2.auひかり

KDDIの光回線設備を利用したauブランドの光インターネットです。エリアはフレッツ光ほど広くはありません。auスマートバリューを利用すると、auスマートフォンの月額料金が割引される。電話やTVのオプションを使える。他社からの乗り換えに力を入れているので、代理店も含めてキャッシュバックが高額。

1-3.NURO光

So-netが提供する光インターネットで、回線速度:最大2Gbpsを誇る最速の光回線です。エリアは非常に狭いが、無線LAN機能やセキュリティが標準で付いていてコストパフォーマンスが抜群なのが特徴。

2.サービス・スペック比較

2-1.提供エリアを比較

まずは、提供エリアを下の表で比較してみます。インターネットを使いたい場所が、提供エリアに入ってなければそのサービスは使えませんよね。ちなみに、光コラボはNTTの光回線のため、フレッツ光の項目で見てください。

項目フレッツ光auひかりNURO光
提供
エリア
全国

全国

※大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、三重県、愛知県、静岡県、岐阜県、沖縄県を除く

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県
※ 一部エリアを除く
評価

※マンションタイプの提供に関しては、上の提供エリアに入っていて、かつ建物自体に集合住宅向けの設備が導入されている場合に限り、申し込みが可能となります。

提供エリアとしては、やはりフレッツ光が広範囲をカバーできるので、大学入学や転勤など引っ越し先で光インターネットを利用したい場合は、フレッツ光が利用できる場合が多いと思います。逆に、NURO光に関しては関東エリア一都六県の中でも、限られた一部のエリアでしか使えないので申し込みの際には注意が必要です。

2-2.回線速度を比較

次に回線速度の比較をしてみます。

項目フレッツ光auひかりNURO光
下り速度1Gbps1Gbps2Gbps
上り速度1Gbps1Gbps1Gbps
評価

 速度ではNURO光が頭一つ抜けてますね。少しでも速い速度で使いたい方や、試してみたいという方はNURO光がオススメですが、くれぐれも提供エリアは確認しましょう。

2-3.料金を比較

利用者がもっとも気になるであろう月額料金の比較です。戸建て向けと集合住宅向けでそれぞれ表にしてみました。

月額費用

戸建て向け

プラン名月額料金
(プロバイダ込み)
備考
フレッツ光ネクスト ギガファミリー5,100円*1NTT東日本エリア
フレッツ光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼4,800円NTT西日本エリア
auひかり ホームタイプ5,100円
NURO光 G2V4,743円無線LAN/セキュリティ対策ツール付

*1 NTTフレッツ光に関しては、プロバイダはBBexcite(500円/月)での料金です

費用のコストパフォーマンスは、NURO光に軍配が上がります。最速でしかも無線LAN/セキュリティ対策ツールが標準で付いているので、提供エリアであればNURO光が優秀ですね。

集合住宅向け

集合住宅用の設備は下の表以外にもVDSL方式や、LAN配線方式など建物の環境によって設備が決められているため、料金プランを選べるというものではないです。下の表ではあくまで光配線方式での料金を載せています。

プラン名月額料金
(プロバイダ込み)
備考
フレッツ光ネクスト ギガマンション(プラン2)3,450円*1NTT東日本エリア
フレッツ光ネクスト ギガマンション(プラン1)3,850円*1
フレッツ光ネクスト ギガマンション(ミニ)4,450円*1
フレッツ光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ隼(プラン2)3,350円*1NTT西日本エリア
フレッツ光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ隼(プラン1)3,750円*1
フレッツ光ネクスト マンション・スーパーハイスピードタイプ隼(ミニ)4,450円*1
auひかり マンション ギガ4,050円

 –

auひかり マンションミニ ギガ5,000円– 
NURO光 for マンション1,900円~2,500円*2 無線LAN/セキュリティ対策ツール付

*1 プロバイダはBBexcite(500円/月)での料金です
*2 エントリー人数による

戸建て向けと同様に、提供エリアであればNURO光がダントツに優秀ですね。ただ、NURO光の設備が入っている建物がどれほどあるのかが問題です。

初期費用+工事費用

工事費用は各サービスとも、一括払いか、30回の分割払いが可能です。分割で工事日を払っていく場合は、全て払い終わるまでに解約をしてしまうと残りの工事費用を一括で支払う事になるので注意しましょう。

サービス名初期費用
工事費用備考評価
フレッツ光ネクスト ギガファミリー800円18,000円NTT東日本エリア
フレッツ光ネクスト ギガマンション800円15,000円
フレッツ光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼800円18,000円NTT西日本エリア
フレッツ光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼800円15,000円
auひかり ホームタイプ3,00037,500円 –
NURO光 G2V800円40,000円– 

オプションサービス

項目フレッツ光auひかりNURO光
電話
映像
フレッツTVで地デジ視聴も可能

地デジ放送、BS/CS放送は視聴できない
×
設定サポート×
セキュリティ対策*3×標準装備
無線LAN標準装備
その他 フレッツスポット, 光ポータブルauスマートバリュー対応

*3 NTT西日本エリアは、セキュリティ対策ソフトを端末1台分のみ標準装備しています。

オプションサービスは、さすがにフレッツ光は、NTTなだけに豊富ですね。特に、映像サービスで地デジ放送の視聴ができるので、持家にアンテナを立てたくない方にはいいですよね。反対に、必要最低限のオプションだけ用意しているのがNURO光と言えます。セキュリティ対策ツール・無線LAN機能が標準でついているのも魅力の一つでしょう。auひかりは、auスマートバリューが使えるため、auスマホのユーザーにとっては、スマホ料金が割引されるのでセットで使うとお得です。

まとめ

いかがでしたか。インターネットの申し込みは前提として、利用場所が提供エリアに入っている必要があるので、場所によっては選択肢が1つしかないよ、という場合もあると思います。もし、今回上げた3サービスのうち、2つ以上が利用できるようなケースであれば、ぜひ比較の参考にしてもらいたいと思います。

>>フレッツ光申し込みサイト

>>auひかり申し込みサイト

>>NURO光申し込みサイト

 


最後まで読んで頂いてありがとうございます。
当サイトを盛り上げていくために、この記事が役に立ったと感じて頂けたら
ぜひSNSのシェアをお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

インターネットの事なら何でもご相談ください

インターネット選びの無料相談はこちら。

■光コラボに興味がある
■おトクな乗り換え方法が知りたい
■工事費用ナシで光回線を申し込みたい
■キャッシュバックがもらえるキャンペーンで申し込みたい
■月額料金が安いインターネット回線が知りたい
■インターネット回線が多すぎて選べない
■ネット回線選びに疲れた
■そもそもインターネット回線についてよくわからない
■自分に合ったインターネット回線が知りたい
■自分の判断で大丈夫そうか教えてほしい

などなど、些細なことでも大丈夫なのでお気軽にご相談くださいね^^*
元代理店スタッフの管理人がご相談にお答えします。


今すぐ無料相談してみる

あなたにおススメの記事

SNSでもご購読できます。

コメント

    コメントを残す

    *