待ってました!ついにドコモ光が嬉しいキャッシュバックを開始!

GMOとくとくBB×ドコモ光のキャッシュバックキャンペーン画像

300万ユーザーを突破して快進撃を続けているドコモ光が、とうとう「キャッシュバック」まで始めてしまいました。しかも、最大30,000円分還元!乗り換えサポートキャンペーンもスタート。他社回線からの解約金を還元してくれる嬉しい内容です。(還元キャンペーンは終了しています。)

キャッシュバック対象の地域も「関西エリア」から「関東・九州エリア」も拡大しました。

ここでは『GMOとくとくBB×ドコモ光』のキャンペーン内容を詳しくお伝えしていきます。ドコモ光を検討している人はぜひ参考にしてください。

GMOとくとくBBのドコモ光

1.キャッシュバックをもらえる条件は?

今回のドコモ光のキャッシュバックキャンペーンには条件があります。その条件とは?

  1. ドコモユーザーでなければ「ドコモ光×GMOとくとくBB」に申し込むことができない
  2. キャンペーン期間中に、GMOとくとくBBのホームページから「ドコモ光」を申し込んだ人
  3. 2017年7月31日(月)までに開通すること
  4. ドコモ光回線工事完了の翌月末日までにGMOとくとくBBへ指定の方法で「キャッシュバック受け取り手続き」を完了すること

という4つの条件です。

知らない人のために下でも詳しくお伝えしますが、『GMOとくとくBB』はドコモ光の提携プロバイダーです。『ドコモ光×GMOとくとくBB』にすることによってキャッシュバックがもらえるんですね。

ちなみに、GMOとくとくBBのキャンペーンサイトからの申し込みじゃないと、キャッシュバックはもらえません。ドコモショップや家電量販店で申し込んでも「え?キャッシュバック?なにそれ」となってしまうので要注意です。

もともと関西エリア限定でしたが、テストマーケティングなのか、eo光に対抗するためのような気がしますね。今は、関東・関西・九州エリアでキャッシュバック対象エリアになりました♪

キャッシュバック金額対象エリア
5,000円中央エリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、山梨県、新潟県
関西エリア:大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、和歌山県
九州エリア:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

1-1.キャッシュバック受け取り方法

申込み手続きが終わった後に、「GMOとくとくBBお客さまセンター」から、入力したメールアドレス宛に「キャッシュバック受け取り手続きご案内メール」が届きます。

ドコモ光の回線工事が終わった翌月末日(例:2月15日に開通したら3月末日)までに、上のときに送られてきた「キャッシュバック受け取り手続きご案内メール」に返信をする形で、GMOとくとくBBお客さまセンターへメールを送ります。

返信メールをきちんと「ドコモ光回線工事完了の翌月末日まで」に送っていれば、申請した月の翌月末(例:3月に申請したら4月末)に指定の銀行口座に5,000円が振り込まれます。

手続き自体はけっこう簡単で、最短開通の翌月末と早くキャッシュバックももらえますね。ただし注意点は、開通工事が終わっても翌月末までに「キャッシュバック受け取り手続きご案内メール」を返信しなかったら期限切れということですね。気を付けましょう。

2.他社から乗り換えサポートキャンペーン

※こちらのキャンペーンは現在、終了しています。

他社回線から『ドコモ光×GMOとくとくBB』に乗り換えるときの他社インターネットの解約・撤去費用を最大30,000円分まで還元してくれます。ユーザーにとってこれは嬉しい^^

この乗り換えサポートキャンペーンは、2017年3月31日とのこと。ちょうど、ネット回線の繁忙期向けという事ですね。

2-1.還元分のもらい方

『ドコモ光×GMOとくとくBB』に申し込みをした後に、GMOとくとくBBからコンサルティングの電話(サービス内容の確認と工事日程の調整)がきます。その時に、今使っている他社回線を伝えればいいようです。簡単ですね。

3.新規の工事費も無料に

※こちらのキャンペーンは現在、終了しています。

通常は新規の工事費として、マンションタイプで15,000円、ファミリータイプで18,000円がかかりますが、『ドコモ光×GMOとくとくBB』はこの工事費用がキャンペーンで無料です。他社回線からの乗り換え費用も返してくれて、新規の工事費も無料なんて太っ腹です。

この工事費用は後からキャッシュバックではなく、もとから無料になるのでユーザーが何もしなくても恩恵を受けられるのもポイントです。

ただ気を付けるべきところは、事務手数料の3,000円はかかるのと、土日の工事で発生する追加料金の3,000円などはかかります(これはどの光コラボでも同じ)。追加の料金をかからないようにするには、平日に工事を依頼しましょう。

月額料金や初期費用、解約金をまとめたものは後述します。

4.さらにdポイントのプレゼントも10,000ptへ超UP!

今までは5,000ptだったところが、2倍の10,000ptになりました。dポイントはドコモユーザーには馴染みがあるかもしれませんが、ドコモのポイントサービスです。Tポイントではありませんw

使い方としてはdマーケットで使ったり、ドコモのケータイ料金の支払いにも使えたり(ドコモ光の支払いにも使えたらいいんですけどね)、ローソン・マクドナルド・イオンシネマ・タワーレコードなどの加盟店でも使えます。

加盟店で使う場合には『dポイントカード』が必要ですがローソンで店員さんに、dポイントカードが欲しいと言うともらえるようです。その後、利用登録をすればOKです。

クレジットカードの『dカード』で支払いをしながらdポイントをためる、加盟店などで使う、ということもできます。

また、JALマイルやPontaポイントに交換することもできるので、こっちを使っている人には嬉しいですね。

5.【西日本エリア】フレッツユーザーはdポイント4,000ptもプラス

フレッツ光から『ドコモ光×GMOとくとくBB』に転用で乗り換えたユーザーにはdポイントが4,000ptもらえます。

ただし、条件がありフレッツ光の旧回線である、「フレッツ・光プレミアム」「Bフレッツ」からドコモ光に転用したユーザーに限ります。

「フレッツ光ネクスト隼」などは対象外になるので気を付けてください。

6.ドコモユーザーにはスマホ・ケータイとのセット割り

ドコモ光を検討している人は、この部分が当てはまる人が多いのではないでしょうか? ドコモ光と言えば、ドコモのスマホ・ケータイとのセット割りですよね。

このセット割りはWebサイトを見てもとてもわかりづらいんですが、ドコモスマホの契約プランと、ドコモ光のマンション・戸建のプラン別に、単体で契約した場合と比べた割引額を計算してみました。参考までにどうぞ。

シェアパックを使っている人の方が割引率が高くて、反対にひとり向けプランで安価なプランを利用している場合は割引はあまりされないですね^^;

ちなみに、ドコモ光にはプロバイダーによってタイプA・Bと料金が違いますが、今回のキャンペーンをすべて受けられるプロバイダー『GMOとくとくBB』はタイプAのプロバイダーです。

 ドコモの契約プランマンション
タイプA
マンション
タイプB
戸建て
タイプA
戸建て
タイプB
シェアパック30-3,000円-2,800円-3,200円-3,000円
シェアパック20-2,400円-2,200円-2,500円-2,300円
シェアパック15-1,800円-1,600円-1,800円-1,600円
シェアパック10-1,200円-1,000円-1,200円-1,000円
データLパック-1,000円-800円-1,000円-800円
データMパック-800円-600円-800円-600円
データSパック-500円-300円-500円-300円
らくらくパック-500円-300円-500円-300円

7.ところで『GMOとくとくBB』って?

GMOとくとくBBを知らない人のために説明しておきます。サーバーやドメインサービスの大手GMOが提供しているプロバイダーが「とくとくBB」です。ドコモ光の他にも、フレッツ光やauひかり、WiMAXのプロバイダーもやっていていて、格安SIMも提供しています。

上でお伝えした3大キャンペーンの他にも、特典やメリットがまだあります。

7-1.どうしてGMOとくとくBBなのか

(1)回線速度に自信アリ

光コラボで特に大手のプロバイダーは回線速度がゴールデンタイム(夜や週末などネットワークが混み合う時間帯)に遅くなってしまうユーザーもいます。

GMOとくとくBBのドコモ光は【次世代技術】採用のIPv6接続に対応することで、通信速度が光コラボで特に速く、全国平均で下り200Mbps以上。混雑時にもネットの回線速度が低下せず快適に使えます。

よくありがちな、「ベストエフォート型だから速度が遅くても、何もできません。」と言っているプロバイダーに比べると、全国での速度測定の結果をWebサイトで載せている点も説得力がありますね。

また、万が一速度が【100Mbps】を下回ったらGMOとくとくBBの月額料金の支払いにも使えるGMOポイントが100ptもらえるようです。1,000ptくらい欲しいところですが、自身がうかがえます^^

(2)BUFFALO製の高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタル!

せっかくの高速インターネットも、対応速度が小さいWi-Fiルーターに繋いでしまうと そこで速度が遅くなってしまいます。GMOとくとくBBのドコモ光なら、最大通信速度1GbpsでIPv6通信にも対応した高性能Wi-Fiルーターがレンタル料金0円で使えます。これ凄いですね^^

ちなみに、BUFFALOはパソコン関連・デジタル家電関連製品の実売データに基づいた権威あるランキング、BCN AWARDの無線LAN部門で【13年連続No.1】の人気メーカーです。

無料レンタル対象ルーターの「AirStation HighPower Giga WXR-1750DHP」は現在の実売価格でおよそ10,000円の高規格モデルです。今使っているWi-Fiルーターが古くても、GMOとくとくBBのドコモ光ならルーターを買い替える必要がないのもいいですね。

(3)新規の工事費が無料!

新規申し込みの人でも、通常はかかる標準工事費(ファミリータイプ:18,000円、マンションタイプ:15,000円)が無料で申し込みができるのでお得ですね。事務手数料だけは3,000円かかるようです。

(4)ドコモ光のWEB申し込みはとくとくBBがはじめて!

全国的にCMや広告で絶大な認知度を誇るドコモ光は、今までドコモショップの販路を中心とした店頭申込メインですが、そこにGMOとくとくBBがドコモ光の提携プロバイダとして初のWEB申し込みをスタートしています。

例えば、ショップに行く手間やショップでの待ち時間(長いところでは約2時間程度)を完全に無くす事ができるので、WEBでの申し込みは時間の節約にもなり便利ですよね。

GMOとくとくBBのドコモ光

7-2.ドコモ光×GMOとくとくBBの料金は?

ドコモ光でGMOとくとくBBを使う時の月額料金や、初期費用、最低利用期間や解約金が次のようになります。GMOとくとくBBはドコモ光で使えるプロバイダーの中で、安い月額料金のタイプAです。

 マンションファミリー
月額料金4,000円 5,200円
新規の事務手数料3000円
初期工事費用15,000円18,000円
転用の事務手数料3,000円
最低利用期間2年間(自動更新あり)
解約金8,000円13,000円

月額料金だけで言うと他にも安く使える光コラボはありますが、回線速度や前述したキャンペーンをすべて含めての判断がいいでしょう。

個人的には、ファミリータイプの解約金が少し高い設定かなという印象です。

注意点としては、ドコモ光の2年しばりとは別に、v6プラス用の高速無線LANルーター0円レンタルに37ヶ月間のしばり(自動更新なし。途中解約は10,000円の違約金)がつきます。

8.ドコモ光の評判・口コミ

ドコモ光自体は、月額料金としても光コラボの中では標準的で、ドコモのスマホユーザーにはセット割りもあるので魅力的です。その反面、サポートがいまいち弱いというデメリットもあるので(300万ユーザーもいたらカバーしきれないのでは?)、そこは申し込む前にきちんと考えてから決めましょう。

ドコモ光の評判・口コミのまとめ

9.まとめ

最後に『ドコモ光×GMOとくとくBB』のキャンペーン・特典をまとめておきます。

  • 最大5,000円のキャッシュバック
  • 高機能無線LANルーターレンタル0円
  • dポイントを10,000ptプレゼント
  • ドコモのスマホ・ケータイとのセット割り

ドコモユーザーでドコモ光を検討しているのなら、プロバイダーを『GMOとくとくBB』でえらぶと回線速度も快適ですよ。特に家族でシェアパックを使っているなら、セット割りの割引額も高めなのでお得です。

『ドコモ光×GMOとくとくBB』キャンペーンサイト

 

お役に立てたらイイネ・シェアをお願いします♪

もし、この記事が少しでもあなたのお役に立てたと感じられたら、
下のSNSの中からひとつでいいので、イイネやシェアをして頂けませんか?

これからも役立つコンテンツを作っていく励みになります^^*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • ・光コラボの基礎知識
  • ・光コラボは申し込むべきなのか
  • ・光コラボのメリット・デメリット
  • ・お得な光コラボ
  • ・開通工事の内容
  • ・光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • ・光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

facebookでの購読が便利です

SNSでもご購読できます

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメント

    コメントを残す

    *