電話勧誘に注意!コネクト光の最悪な評判とおすすめできない理由を徹底解説

テレアポで光コラボを営業しているバイトくん

今あなたは、電話で「コネクト光」という光回線の勧誘を受けて、聞いたこともない名前なので不安で情報を探していると思います。

ここでは、僕がネット上で集めたコネクト光の評判や口コミと、特徴・サービスや料金からおすすめできない理由をお伝えしていきます。

この記事を最後まで読めば、コネクト光がどんなネット回線であなたが申し込むべきなのかもわかりますよ。

まずはコネクト光とはどういうネット回線なのかを軽く説明しておきます。

1.コネクト光とは

コネクト光は、光コラボ(NTT光回線の卸し)を使った光インターネットです。みなさんご存知、NTTのフレッツ光の設備を卸してもらって、自社のサービスとして提供している訳です。光コラボで大手だと、ドコモ光やソフトバンク光などで事業者全体の数としては何百もあります。

そのうちのひとつがコネクト光という訳です。なので、コネクト光の運営会社とNTTはまったくの別会社でなんの関係もありません。

コネクト光の運営会社は「株式会社プレサイド」という会社です。コネクト光の他に、ネット回線の販売代理店や、飲食店向けサービス、Webサイト制作、不動産管理・仲介、コールセンター事業をやっているようです。

コネクト光のメインイメージ

 

2.コネクト光の評判・口コミ

コネクト光については、全国の消費生活センターに苦情相談が入っているとのことで、2017年8月31日に総務省の北海道総合通信局から「株式会社プレサイド」と、その代理店の「株式会社ニューライフ」に勧誘方法等についての指導が入りました。

「コネクト光」電話勧誘に対する行政指導

※この記事の執筆時点では、営業活動を自粛しているようです。

指導を受けた悪質な勧誘方法のポイントをまとめます。

  • NTTや、NTTの代理店と誤解させるように思わせる。(実際の会社名を名乗らない)
  • 確認もしないで、元のネット回線(フレッツ光)の料金よりも安くなると勧誘する。
  • 初期契約解除や、回線速度がベストエフォート(その時の状態で上下する)などの説明がされていない。

要は、電話を受けたネット回線のことに詳しくないフレッツ光ユーザーを、

  1. あたかもNTTからの電話と誤解させて
  2. 「そのままで安くなります」と案内
  3. 実際はフレッツ光から「転用」乗り換えで、コネクト光に契約を変更してしまう

といった騙すような手口という事です。

また、twitter上でもコネクト光の勧誘方法やサービスに対しての悪評ばかりが目立ちます。

騙すような手口で、何も分からない消費者に契約をさせて、さらに回線速度が遅いとか最悪ですよね… 別の記事で書いた「あくび光」もそうですが、こういったテレアポ(電話勧誘)で営業している会社って本当にロクなところがありません。

そんなところに限って、会社のWebサイトには「お客様のために」とか「人々のライフスタイルを豊かに」、「Win-Win」という耳障りのいい言葉を使っていますが、実際は自分たちの儲けのために消費者を騙して契約を取っているだけです。

 

3.サービス・料金体系

ここで一応、コネクト光の料金をまとめておきます。

3-1.長い契約期間と高い解約金

月額料金は、Pコネクトという自社プロバイダー込みで、「3年割」という割引きを使った料金になります。これ以外に特にキャンペーンはないようです。

 マンションファミリー
月額料金4,198円 5,298円
事務手数料3,000円
工事費24,000円
契約期間36ヶ月(自動更新)
解約金24,980円
(9,980円+15,000円)

特徴としては、光コラボとしては割引きを使っても高い月額料金。

これに、光電話をつけるなら+500円/月。光テレビをつけるなら+660円/月となります。

新規の工事費用もNTT標準より高い設定。まぁ、ここはフレッツ光ユーザーから転用で契約を取るなら工事費はかからないので、どうという事はないのかもしれません。

契約のしばりは3年と長く、解約金も無駄に高いですね。通常の解約金9,980円(自動更新)に加えて最初の3年未満で解約をすると別途15,000円かかるという意味がわからない設定です。

騙して申し込みをさせて、さらに3年しばりと高い解約金でやめづらくしているのが気に入らない…

3-2.オプションは充実

もともとPコネクトというプロバイダーをやっているせいかオプションは過不足なく揃っている感じはします。

オプション内容月額料金
コネクト安心パック補償サービスと各種サポート980円
コネクト安心パック Lite通信機器の故障・トラブル対応580円
Internet Securityセキュリティソフト500円
WEBROOTセキュリティソフト500円
オフィスワープロ、計算、プレゼンテーションソフト300円
追加メールメールアドレス追加。100円
無線LAN機器無線LAN機器のレンタル500円
P-BOXデータ共有ストレージ400円
P-BOX+データ共有ストレージ+ファイル復元600円
おたさぽリモートサポート600円
コネクト安心サポート出張&リモートサポート980円
お助けパック電話&出張&リモートサポート980円
駆けつけサービス24設備トラブルに24間365日対応600円

きっと「最初の2ヶ月は無料です」と言ってオプションを申込時につけて、あとあとの解約忘れを狙って客単価を上げてるように感じます^^;

3-3.支払いには必ず手数料がかかる

ちなみに支払方法は、どれを選んでも手数用がかかるようになっています。せこくないですか?

支払い方法手数料
口座振替100円
クレジットカード100円
コンビニ決済500円
※初回のみ100円

 

今まで、いろんな光コラボを見てきた僕の経験だと、だいたいテレアポをベースにして詐欺のような手口で勧誘している光コラボは料金体系やサービス内容・オプションが似てるんですよね。

特に安くもない月額料金や、3年しばりと高額な解約金。経営者同士で元々つながってたりとか、誰かが作ったビジネスモデルを使っているんでしょうか… 謎です。

 

4.メリットとデメリット

コネクト光のメリットとデメリットをまとめておきます。

4-1.メリット

  • 強いて言えば、フレッツ光と比べると利用状況によっては安くなる場合がある。

4-2.デメリット

  • 詐欺まがいの電話営業をしている。
  • お得なキャンペーンがこれといってない。
  • 光コラボの中では月額料金が高い。
  • 契約しばりが3年と長く、解約金が異様に高い。

 

5.もし電話勧誘で騙されてしまったら…

切り替え前に気づいた場合は、すぐコネクト光のカスタマーサポートに連絡を入れてキャンセルをしてもらいましょう。

もし、知らないうちにコネクト光に切り替わってしまった場合でも、落ち度は向うにあるので事情を説明して解約金がなく元に戻してもらうように交渉をするべきです。

総務省から指導が入ったのでマシな対応をしてくれるとは思いますが、らちが明かないようであれば消費者センターに相談するのも方法です。

コネクトサポートセンター

電話番号:0120-666-525
営業時間:10 時から 19 時
定休日:日曜日、年末年始

とりあえずは、泣き寝入りはせず粘り強く交渉を続けることが大事です。

「そのままで安くなる」は危険!こんなインターネットの代理店には気をつけろ!

やられた!?ネット回線契約、悪徳業者に騙されたときのベストな対処法

どうしよう!勧誘でフレッツ光から光コラボに申し込んでしまった時の対処法

 

まとめ

ここまで読んで頂いた方なら理解されたと思いますが、基本的にテレアポでマーケティングをしてる光コラボの事業者や、ネット回線の代理店はこんなところばっかりです。個人的にはそんな会社が存在しているだけで害なので、早く廃業すればいいのにと常々思ってます^^;

当ブログとしては、コネクト光はおすすめできる光コラボではありません。むしろ関わらないようにしましょう。電話もそうですが、訪問営業も無視することが一番です。

 

また、次のようにお得な光コラボも実際にあります。

  • 月額料金が安い
  • セット割が使える
  • キャッシュバックなどキャンペーンがある
  • 解約金がない

自分である程度調べて、自分の希望に合ったネット回線を申し込むことが一番良い方法だと思います。

ここが一番おトクに使える!光コラボ料金比較ランキングTOP8

工事費用がなんと0円? 新規でもお得なネット回線5つをご紹介!

光コラボの解約金にもうさよなら!2年しばりがない光コラボ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

facebookでの購読が便利です

SNSでもご購読できます

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*