ちょっと待って!Broad光はやめておくべき4つの理由を解説

Broad光の申し込みをとめる女性

今あなたは、Broad光の案内をうけて検討しているところではないでしょうか。「安くなります。」と言われて、そのまま申し込むのはちょっと待ってください。

Broad光は、フレッツ光と同じ提供エリアで使える光コラボ(NTT光回線の卸売り)ですが、他にもっとお得な光コラボはあるんです。

ここでは、Broad光を僕がおススメしない理由と、キャンペーン・料金体系、ユーザーの口コミ、解約方法、そして安く使える光コラボの情報をお伝えしていきます。

この記事を読めば、あなたがBroad光を申し込むべきなのかの判断もできるようになりますよ。 それでは、早速見ていきましょう!

1.Broad光とはどんな光コラボ?

Broad光のWebサイトイメージ

プロバイダーやモバイル通信サービスを提供している株式会社リンクライフの光コラボです。ネット回線の代理店オールコネクト傘下の会社ですね。

キャンペーンや料金体系については、この後お伝えしていきます。

Webサイトはサポートがメインのような作りになっていて、特にBroad光を売ろうという感じはありません。ネットで情報を調べているとなんとなく分かりましたが、

  1. オールコネクト系列のNURO光・auひかりなど扱う代理店Webサイトに問い合わせや申し込みが入る。
  2. 提供エリア外だったときに、折り返し連絡でBroad光の営業をかける。

という売り方のようです。

NURO光の提供元(ソニーネットワークコミュニケーションズ)が、Broad光の営業なんてするわけないので代理店からの案内とわかります^^;

1-1.キャンペーンや割引き

Broad光のキャンペーンは特にないように見えますが、キャッシュバックの案内をされている人もいるようです。

キャンペーンがついてきても、条件として必要のないオプション加入が条件になっていたりするので、もしこのキャッシュバックで申し込みを検討している人は、条件をきちんと確認しておきましょう。強制オプションは解約を忘れると無駄に費用がかかりますからね。

1-2.料金はどのくらいかかるの?

Broad光の月額料金や初期費用、解約金は次のようになります。

 マンションファミリー
月額料金4,080円5,180円
事務手数料3,000円
工事費24,000円
契約期間24ヶ月(自動更新あり)
解約金9,800円

月額料金は光コラボの中では、真ん中くらい。2年しばりの解約金もそこまで高くはなく標準的と言えます。 ひかり電話やTVサービス、リモートサポートなど他のネット以外のオプションも標準的なものは用意されています。

2.Broad光のおススメできない理由

僕がBroad光を調べていて、個人的におススメできない理由をあげておきます。

  • 月額料金が高い
  • 初期工事費が高い
  • 契約期間が長い
  • キャッシュバックがもらえるか微妙

2-1.月額料金が高い

先にお伝えしていますが、月額料金はプロバイダーとセットで

  • ファミリータイプ:5,180円
  • マンションタイプ:4,080円

です。

この料金体系は、光コラボの中では高い部類に入りますが、ドコモ光やソフトバンク光などメジャーでないにも関わらず、この料金設定というのはどうなんでしょうか。

特に何かのサービスとのセット割引きなどもないようなので、申し込む人はいるんでしょうか?

2-2.初期工事費が高い

初期工事費は24,000円と高額。NTTのフレッツ光を標準とするならば、

  • ファミリータイプ:18,000円
  • マンションタイプ:15,000円

ですが、なぜかどちらのタイプも一律でNTTを上回る工事費設定です。

2-3.契約期間が長い

そして、契約期間が30ヶ月単位で自動更新型なのでかなり縛られます。途中解約時の違約金は10,000円かかります。

2-4.キャッシュバックがもらえるか微妙

Broad光のキャッシュバックですが、母体のオールコネクトはキャッシュバックをなかなか払ってくれないと評判なので、もしキャッシュバックをもらいたいのであれば、手続きなど自分ですべて管理・確認できる人のみ申し込むのが良いと思います。

オールコネクトの評判

3.Broad光の口コミはどうなの?

調べてみましたがメジャーではなく売り込みをそこまでしていないせいかのか、全体的に評判・口コミ自体がありませんでした。

このユーザーは「通信速度が遅い」という口コミですが、工事費のキャッシュバックをもらったあとに解約金1万円を払って解約するということでしょう。

使えないネット回線を高い月額料金を払って9カ月間も使い続けるのは相当ストレスだと思います。悲惨ですね… 

通信速度はネット回線を使う場所・地域で違ってくるので、ユーザーすべてがこうなる訳ではありませんが、同じようにネットが混み合う時間帯に遅くなってしまう可能性はあるということです。

4.Broad光の解約方法

ここで、念のためBroad光の解約方法もお伝えしておきます。基本的に解約はBroad サポートセンターに電話連絡をしての解約になるようです。

電話をする前に、手元に契約書類を用意してユーザーIDがわかるようにしてください。

  1. Broad サポートセンター 解約専用ダイヤルに連絡する。
    解約受付窓口:0120-789-262
    受付時間:11:00 ~ 18:00(月~土 / 年末年始は除く)

  2. 担当オペレーターにご解約をご希望であることを伝える。
  3. 担当オペレーターがユーザー情報を確認して、解約の処理がされる。

解約の注意点としては、〆日が毎月の25日(非営業日の場合は翌営業日)になるので、その月で解約をしたいなら必ず25日までに処理をしてもらえるよう余裕をもって連絡をするべきです。

26日以降の解約連絡はシステムの都合上受け付けて貰えないようなので、翌月の1日以降にあらためて解約連絡をする必要があります。

5.Broad光よりもお得な光コラボ情報

光コラボは全部で500以上もあり比較するだけでも大変ですが、その中で僕が知る限り、月額料金が安い順でランキングをしています。

工事費もなく、月額が最安値の「スマート光」。解約金がなく月額もそこそこ安い「DTI光」、工事費0円でキャッシュバックまでもらえる「So-net光」など、Broad光よりも安い月額料金で使うことができますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか? Broad光のキャンペーンや料金、評判、メリット・デメリットをまとめてみました。

新規ユーザーも工事費の割引きで申し込みがしやすく、またNTTグループカードを作れば1年間だけは500円割引があるのでお得に感じます。

個人的にはクレジットカードをわざわざ増やしたくありませんが、それができる人は料金的にお得に使えるでしょう。

◆公式サイト:Broad光

ぜひ、この記事を参考にあなたに合ったお得な光コラボを見つけてくださいね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • 光コラボの基礎知識
  • 光コラボは申し込むべきなのか
  • 光コラボのメリット・デメリット
  • お得な光コラボ
  • 開通工事の内容
  • 光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • 光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

facebookでの購読が便利です

SNSでもご購読できます

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*