総務省から指導。あくび光の勧誘手口や評判、料金とメリット・注意点まとめ

部下を指導するビジネスウーマン

あくびコミュニケーションズが提供している光コラボ「あくび光(AKUBIひかり)」。以前、どこかの相談サイトで知った時に「テレアポで営業している」という事で「もしや、、」とは思っていましたが、2017年6月にとうとう総務省から指導を受けていました。

当ブログでは今までに何度も言っていますが、テレアポや訪問営業でネット回線に申し込むことは絶対に避けるべきなんです。

ここでは、「あくび光」が指導を受けたダメすぎた営業方法や、ネット上の評判・口コミ、サービスと料金体系をお伝えしていきます。

1.何がどうダメだったのかポイント

総務省のサイトによると、あくび光の事業者「あくびコミュニケーションズ株式会社」と販売代理店をしている「株式会社エルアクト」という会社がテレアポで不適切な勧誘をしていたとのこと。内容をかいつまんだポイントとしては次の3つ。

  • NTTや、NTTの代理店と勘違いをさせるように名乗る
  • 今のNTTのサービス(フレッツ光)が変わらないという説明
  • 今よりも安くなると断定する案内をする

もうこれらは昔から使われてきているテレアポの悪質な手口ですし、フレッツ光ユーザーを転用させようと狙ってやっています。

当たり前なんですがルールはどんどん厳しくなってきていて、消費者に誤解を与えないためにきちんと「NTTとは違う」、「〇〇というサービスの販売代理店」と名乗らないといけません。

あくび光の指導を受けた勧誘方法としては具体的に、次のようにやっていたようです。(出典:総務省Webサイト)

名乗りが紛らわしい

あくび光の事業者名は知らせず、

勧誘の冒頭において、一方的に「NTT の料金明細の件での御連 絡です」と伝え、更に「来月からプロバイダ部分の料金を支払わなくても NTT 回線が引き続き利用できるように なる御案内です」との説明が認められた。

これは昔から横行していますが、これはやっちゃダメなんですよね…

フレッツ光の契約が転用であくび光に変わる説明がない

「今回、切替えや乗換えの話ではなく、あくまでもプロバイダ部分の料金が来月から不要になるとの話」、「フレ ッツ光のなかに、プロバイダの機能を無料で備える形になった」、「今回あくまで NTT 回線継続の話」、「今ま での契約に変更はない」との説明が認められた。 「来月から料金プラン変更適用させて頂きます」、「料金お値下げの受付」との説明が認められた。

もうこれは完全にウソの内容。騙して申し込ませる手口です。

この方法のタチが悪いところは、何もわからないようなフレッツ光ユーザーを「転用」という方法で、契約をあくび光に切り替えるんですが、今まで使っているNTTの光回線と終端装置(ONUやホームゲートウェイ)はそのままで工事もなく切り替わってしまうんです。

この後にお伝えする「転用承諾番号」をユーザーがNTTから取得さえすれば、あとはその情報を使って切り替えが進んでしまいます。

NTTのまま安くなると勘違いした消費者は何も知らずに、数か月後にあくび光からの請求が来てはじめて気づくという事になります。

「転用」というフレッツ光ユーザーにとっては便利な乗り換え方法を逆手にとった悪質な手口と言わざるを得ません。

フレッツ光よりも安くなると断定

現在利用しているサービスの利用料を確認せず、「毎月の利用料金を千円から千五百円ほどお得にして頂けます」と断定した案内をし勧誘

本来ならきちんと毎月の請求額と比較してあげて、「これだけ安くなります。」と提案しないと消費者にメリットはないので、「必ず安くなる」という言い切りは危険なんです。

ただ、NTT東西からの連絡と勘違いさせられていたら、よく分からない人はそのまま「ハイ。ハイ。」と言ってしまい、強引に手続きを進められてしまうんだと思います。

転用承諾番号をフレッツ光の割引き・プラン変更のためと説明

「今回のプランの適用に当たって、転用承諾番号を確認させていただいて、来月から料金プランが適用」、 「受付番号の確認のほうだけみなさま御協力いただいている」との説明が認められた。

転用したら、あくび光に契約が変わることを伝えていないのでアウトです。これもウソですね。

テレアポによくありがちなのが、「みなさま御協力いただいている」というように、日本人はみんながやっていると同じことをする傾向が強いので、そこを突いて安心させようとしています。

また、何かと「ご安心ください」と言ってきます。(テレアポのトークスクリプト(台本のようなもの)に書いてあります。)

もし、テレアポや何かの勧誘でこっちが何も言っていないのに、「ご安心ください」と言ってきたら、逆に怪しいと思う感覚が大事です。

あくびコミュニケーションズもグル?

あくび社が本件サービスの申込み確認のために用いる電話対応マニュアルにおいても、NTT東西であると消費者に誤認させるおそれのある表現が認められました。

よくあるネット回線の申し込みを処理する手続きとして、代理店からあがってくる申し込みには、サービス事業者側が申込者に対して

  • 申し込みの意思があるか
  • サービス内容を理解しているか
  • 申し込みの内容

を確認するためのチェックとして連絡をいれます。(代理店の不正獲得を防止するため。)

その確認連絡も、上のようにあくびコミュニケーションズ本体がNTTやフレッツ光と勘違いさせたまま手続きを進めるという状態だったとのこと。

販売代理店を管理しないといけない立場にある、あくびコミュニケーションズが一緒になって悪質な勧誘をしていたのは完全に黒ですね。

あくびのコーポレートサイトを見ると、経営理念にこうあります↓。

明るい明日が来るような生活インフラサービスを提供し、生活の質の向上を創造し、お客様・取引先・従業員の物心両面の幸福を追求すること。

目先の利益のために手段をえらばず悪質な方法で勧誘している実態とは、ちぐはぐすぎて違和感を覚えます。

前に何かの本か記事で読みましたが「その人がどんな人かは、何を言っているかより、どんな行動をしているかを見るべき。」とありましたが全くその通りですね。

会社も同じで、口では立派なことは何とでも言えるけど、結局は行動に本心が表れるんだと思います。

NTTも厳しく対応

あくび光はNTT東西の光回線を使った光コラボレーションなので、卸し元のNTTとしても下のような対応をせざるを得ないような状況だったよう。

あくび社の販売勧誘の改善が確認できるまでは、あくび社からの新規及び転用に関する申込受付を停止します。(※一部抜粋)

ただ、あくびのWebサイトを見ると9月1日から申し込みは再開しているようです。どう改善したのかはわかりませんが被害者がこれ以上でないことを願います。

 

2.あくび光の評判や口コミは?

調べるまでもないよなぁ、、と思いながらネットで評判を調べましたが、指導前の悪い評判しか出てきませんね^^; 

「アクビー」とか、「アークビー」とか発音変えたりしてるのは、もうなんか姑息すぎて笑えますw なにやってるの?

なんかこういうのは、テレアポの信用も失うし、まっとうに電話営業で頑張ってる会社にもいい迷惑ですよ。

テレアポ自体はマーケティング方法の1つとして良いとは思いますが、ネット回線のテレアポをしてるところは詐欺っぽいやり方をするところが多いんですよね。

 

3.あくび光のサービス・料金体系

ここで、光コラボとしてのあくび光の料金をまとめておきます。

月額料金は「使ってお得割」という割引きを適用して下の料金になります。正直、この割引を使っても光コラボの中では、ドコモ光やソフトバンク光よりも高い月額料金です。

 マンションファミリー
月額料金4,150円 5,380円
事務手数料新規:800円
転用:1,800円
工事費15,000円 18,000円 
契約期間36ヶ月(自動更新)
解約金30,600円
(23,400円+7,200円)

契約のしばりは3年と長く、解約金も無駄に高いですね。通常の解約金23,400円に加えて「使ってお得割」の解約金も7,200円乗っかってくるので、合計で30,600円もかかります。

特に工事費無料やキャッシュバックなどのキャンペーンも何もないのに、この解約金の高さは厳しいですね。

詐欺まがいなテレアポでフレッツ光から切り替えさせて、さらに解約金で儲けようとしていたのかと疑ってしまいます…

 

オプションはセキュリティ関係が多く用意されていて、総じてオプション料金は高めの設定のように感じます。

オプション内容月額料金
みまもりパックプラスみまもりパック+iPhone・iPadも対応
25GBのオンラインストレージ
1,740円
みまもりパックみまもりセキュリティ+インターネット設定
トラブル管理やサポート
1,540円
みまもりセキュリティプラスみまもりセキュリティ+iPhone・iPadも対応
25GBのオンラインストレージ
760円
みまもりセキュリティパソコン・スマホ対応
最大3台までのセキュリティソフト
560円
AKUBIライフ旅行・レストランなどの優待特典
不要品回収
980円
みまもり修理保証ー(説明の記載なし)980円

「みまもり修理保証」についてはWebサイトに説明がありませんが、自分が使っているパソコンやスマホの修理保証ということでしょうか…

また、「みまもりセキュリティプラス」とネット回線がセットのコースだと、オプション料金が+600円ですみます。

 

4.あくび光のメリットと注意点

最後に、今回あくび光についての情報から、メリットと注意点をあげておきます。

メリット

  • フレッツ光+プロバイダーと比べると、利用状況によって安くなる場合がある。

注意点

  • 詐欺まがいの電話営業に要注意。
  • お得なキャンペーンがこれといってない。
  • 光コラボの中では月額料金が高い。
  • 契約しばりが3年と長く、解約金が高い。

 

もし電話勧誘で騙されてしまったら…

切り替え前に気づいた場合は、すぐあくび光のカスタマーサポートに連絡を入れてキャンセルをしてもらいましょう。

もし、知らないうちにあくび光に切り替わってしまった場合でも、落ち度は向うにあるので事情を説明して解約金がなく元に戻してもらうように交渉をするべきです。

総務省から指導が入ったのでマシな対応をしてくれるとは思いますが、らちが明かないようであれば消費者センターに相談するのも方法です。

AKUBI サポートセンター

0120-941-916

受付時間 10:00~20:00(年末年始を除く)

とりあえずは、泣き寝入りはせず粘り強く交渉を続けることが大事です。

 

まとめ

今回お伝えしたあくび光の営業方法は、悪い例のひとつとしてあなた自身やご家族が引っかからないように注意してくださいね。

総務省から指導も入り、停止していた申し込み受付も再開しましたが、実際にどう改善したのかはこれから様子を見ないとわかりませんし、引き続き注意は必要だと個人的には感じます。

「そのままで安くなる」は危険!こんなインターネットの代理店には気をつけろ!

 

光コラボとしてのネット回線も他に優れたものはたくさんあるので、どこかから勧誘を受けたとしても、時間を取って自分で比較検討をしてから決めることが大事ですよ。

ここが一番おトクに使える!光コラボ料金比較ランキングTOP8

工事費用がなんと0円? 新規でもお得なネット回線5つをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

光コラボのすべてがわかる完全ガイド

 光コラボ完全ガイドでは、僕自身が代理店で働いていた経験をいかして、光コラボのすべてを一つ一つわかりやすく解説しています。

このガイドを読み終えれば、次のことがすべて理解できるようになります。

  • ・光コラボの基礎知識
  • ・光コラボは申し込むべきなのか
  • ・光コラボのメリット・デメリット
  • ・お得な光コラボ
  • ・開通工事の内容
  • ・光コラボをスムーズに申し込むための方法
  • ・光コラボの解約方法

 

お得で快適なインターネット環境を手に入れるための参考にしてください。


光コラボ完全ガイドを今すぐチェック

facebookでの購読が便利です

SNSでもご購読できます

この記事を見た人はこんな記事も見ています

コメントを残す

*